Project SOLA

誰も理解できない道を進め。未来が君を信じてくれる。

Profile

住田広樹

1979年愛知県生まれ。
上京してITサラリーマンを経験した後、脱サラして長野県に移住して農業を始める。新時代の農村を作るべく、起業準備中です。

経歴

2008年 village sola project開始

奥多摩の山奥で10万坪の原野を舞台に、村作りプロジェクトを行いました。……残念ながら、様々なハードルと準備不足のため、2年ほどで頓挫。

準備中

2008年 古民家シェアカフェ

上記と同時並行し、青梅にある古民家を借りて古民家カフェとアートギャラリーを行いました。こちらもやはり、準備不足のために同じタイミングにて閉館しました。

準備中

2008年 スコップ農園

メンバーを募って、山の村作りと古民家カフェと耕作放棄地を開拓して農業を行っていました。さすがに色々な部分で無理が出てきて失敗しましたが、非常に色んな経験を得ることができました。

準備中

2008年 集落再生活動

過疎化する集落に都会から人を呼んで農作業を手伝いながら、集落の再生事業を行っていました。

準備中

2010年 古民家リノベ生活

東京都日の出町の山奥にある11LDKの古民家に住んで、家の改修をしながら林業ボランティアや地域NPOにて活動していました。

準備中

2011年 東日本大震災復興支援活動

東日本大震災の復興支援活動として、震災後の1〜2ヶ月に4回ほど現地入りし、食べ物を届けたり嗜好品を届けたり、野菜の露店を開いたり、民間にしかできない支援活動を行いました。

準備中

2011年 長野県にIターン

震災後には元々決まっていた長野県南信地区へIターンして、農業を始めるべく研修を開始しました。

準備中

2011年〜2013年 農業研修

約2年間の農業研修では、大規模農業としてコメ・麦・大豆や小規模多品目の有機農業、そしてハイポニカ水平栽培という高設ベッドを使ったトマト栽培の研修を行いました。
これらの経験を元に、blogを書いています。

未来農業media

2012年 西表島出稼ぎ

農業ができない長野の冬の間は、南の島へ行って海岸のゴミ清掃のリゾートバイトに参加しました。
これまでの人生で最もキツかった仕事の一つです。

活動記録

2013年 東南アジア視察

同じく2年目には、農業の海外展開を調査するために東南アジアのタイ・カンボジア・ラオスを周りました。ラオスでは現地で農業をして欲しいと依頼がありましたが、残念ながら資金不足などのため、断念しました。

準備中

2013年 現住所へ引っ越し

農業研修を終えた後は、現住所である長野県上伊那郡箕輪町へ引っ越し、独立して新規就農を開始しました。
同時に、【農村JACK】プロジェクトも始まりました。詳しくはリンク先サイトをご覧ください。

農村JACK

2014年 香港にてイチゴ栽培

3年目には、受託を受けて香港の農村にて日本式イチゴ栽培を行いました。世界ランキングに入るような大富豪の家に商品を納品したりして、非常に貴重な経験が得られました。

準備中

2015年 金沢大学にて自動運転車に試乗

社会の発展から取り残されていく農村に次世代のテクノロジーを取り入れるため、開発中の自動運転車に乗せて頂く機会があったので、参加してきました。
来るべき高齢化社会に向けて、一刻も早く農村は自動運転を取り入れるべきだと思います。

準備中

2015年 数ヶ月間ドラム缶風呂生活

あまりに色々なプロジェクトを行いすぎて、冬の間に壊れたボイラーを直すお金も無くなり、仕方なく数ヶ月間の間、薪でお湯を沸かしてお風呂に入っていました。
これはこれで非常に面白い経験でした。

準備中

オウンドメディア

様々なメディアを活用しています。興味ある方はぜひご覧ください。

現在の主なプロジェクト

現在力を入れている、主なプロジェクトです。
これ以外にも幾つか将来に向けて種蒔き中の企画もあります。

次世代農村RPG【農村JACK】

「目覚めよ、勇者よ……!」

世界の農村を使った、現代とファンタジー、リアルとデジタルを融合した、新しい村作りの地方創生プロジェクトです。
会員制で、グループ拠点をどこでも使うことができるシェアリングエコノミー事業を行っていきます。

サイトを見てみる

実績

実行委員会賞受賞

信州ベンチャーコンテスト

CChannelの森川氏を審査員長として迎えた、長野県の第二回信州ベンチャーコンテストにて実行委員会賞を受賞しました。これにより、長野県知事との会食に参加致しました。

第三期生採択

社会起業家アクセラレータプログラムSUSANOO

NPO法人Eticと孫泰蔵氏が主催する社会起業家向けプログラムSUSANOOの第三期生として採択され、メンタリングプログラムとピッチコンテストに登壇しました。

自動農業【Yggdrasill】 〜ユグドラシル〜

「宇宙農業時代の始まり」

ユグドラシルは、圃場のDATAをIoTでセンシングし、それらをハイテク農機具と組み合わせることによって離れた場所からも農業ができる、自動農業を実現していきます。
そして、これから加速していく、宇宙での農業に向けた研究を行っていきたいと考えています。

FBページを見る

実績

第三回世界農業ドリームプラン・プレゼンテーション
安倍昭恵夫人も熱心に支援して頂いている世界農業ドリームプラン・プレゼンテーションの第三回プレゼンターとして登壇致しました。

未来農業media

農業を次のステージへ

農業界はまだまだブラックボックスな状態で、外から見たら中の世界がよく分かりません。これからより注目を集める農業界の様々な情報をお届けしています。

blog

問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

メッセージは送信されました。
ありがとうございます。