総合リハビリセミナー事業部

期待してセミナーに参加したけど後悔した。
そんな経験ありませんか?

  • 高額で大人数のセミナーに参加したがまったく理解ができなかった
  • 講師の人数が少なく実技指導を十分に受けられなかった
  • 理解したつもりが次の日の臨床で適応の利用者がいなくて全く使えなかった。
  • 理解したつもりが次の日の臨床で適応の利用者がいなくて全く使えなかった。

本セミナーに参加すれば
そのお悩み解決できます!

時間とお金をかけてセミナーに参加したが成果が出ない…
時間と予算をかけて流行のセミナーに参加すればいい成果が出るのではないか?
その考え方はもしかして・・・かもしれません。
このセミナーでは少人数にこだわり講師の熱の届く距離で実際に体験し次の臨床に使える
テクニック、考えを共有します!!

このセミナーを受けることで3つのメリット

【メリット1】少人数制
 1人の講師が伝えられる人数を24人と設定し直接タイムリーに質問ができる!

【メリット2】体験型
 実技を通し講師より直接触って教わることが出来る!

【メリット3】低価格
 この人数でこの価格はお得!
 資料もカラーで見やすくなっております。

セミナー対象者

  • 医療従事者(PT.OT.ST.看護師)その他、医療福祉介護に関わる方
  • 基礎から学びたい方(1年目~5年目。または学びなおしたい方)
  • 地域リハで勤めている方。またはこれから勤めたいと思っている方。
    (地域リハでの内部疾患、整形疾患を学びたい方)
  • 基礎から学びたい方(1年目~5年目。または学びなおしたい方)

セミナーに参加した人の声

理学療法士 1年目

本で読んでも実際の力加減や運動方向等がわからなかったので、実際手取り教えてもらい、フィードバックもありよかったです。

作業療法士 5年目

疾患について基礎から知ることができて良かった。人数もちょうど良く質問しやすく、時間も短時間で集中して行えた。

看護師 7年目

呼吸リハを学ぶ機会がなくどうしたら良いかわからないまま日々利用者さんと接していました。講義も分かりやすく実技も直接指導を受けることができて有意義でした。仕事に活かせるように勉強を続けたいと思います。

作業療法士 5年目

疾患について基礎から知ることができて良かった。人数もちょうど良く質問しやすく、時間も短時間で集中して行えた。

2019.9.8(日)開催
臨床解剖学的視点から考える体幹の評価と治療
~今さら聞けない解剖学~

講師:吉田 俊太郎先生

<研修会概要>

開催日時:令和元年 8月4日(日) 10:00~16:00
会場:リボン本八幡駅前校  (都営地下鉄新宿線 本八幡駅直通)
参加費:8000円  ☆グループ割 2名:7000円  3名:6000円

<研修会内容>
「体幹の臨床解剖学」について、これまでも数多く担当させていただきました。
その中でご要望が多かった内容を今回は多く取り入れたいと思っています。

【これまでにいただいたご要望】
◯意外に体幹の解剖学はしっかり覚えられていない
(例:背部の筋→脊柱起立筋として大雑把にしか把握できていないので、背部の筋群の配置など詳細を学びたい 等々)
◯背部の筋群はある程度触り分けができるようになりましたが、腹筋群も触り分けできるようになりたい。
◯腰痛は脊柱管狭窄症など神経系も重要であるかと思いますが、体幹周りの神経の走行がわからない。
◯基本的なところだと思いますが、椎間関節の角度が部位別で異なること、その理由などを知りたい
◯腹圧は重要と聞きますが、解剖学的にはどうなんでしょうか?
等々

これまでの内容に加え、新しい内容もお話ができること、私もとても楽しみです。

<タイムスケジュール>
10:00-12:00 講義と実技(休憩1回)
12:00-13:00 お昼休憩
13:00-15:50 講義と実技(休憩2回)
15:50-16:00 質疑応答

<その他>
動きやすい服装でお越しください。

2019.9.21(土)開催
呼吸リハビリテーション
~運動療法~
講師:稲垣 武先生

<研修会概要>
開催日時:令和元年9月21日(土) 13:00~17:00
会場:リボン本八幡駅前校 (都営地下鉄新宿線 本八幡駅直通)
参加費:5000円  ☆ただいま早割中(~9/13):4000円


<研修会内容>
呼吸リハビリテーションに必要な病態の理解について
呼吸リハビリテーションにおける運動の評価、リスク管理
 パニックコントロール
症例報告
実技指導


<その他>
・動きやすい服装でお越しください

ナイトセミナー

「宗形テクニック」
痛みに効くセルフコントロール術
講師:宗形 美代子先生
1993~2014:カイザー病院勤務
       Clinical Specialist

〇第1回 2019年9月25日(水)午後7時~午後9時30分
腰痛そして臀部と股関節の痛みを軽減させるためのセルフケアを学ぶ

〇第2回 2019年10月2日(水)午後7時~午後9時30分
首の痛みと肩こりを軽減させるためのセルフケアを学ぶ

▶臨床23年の経験から解剖学、運動学、オステオパシー、PNF概念を交え確立
▶安全かつシンプルで効果的、短時間での疼痛軽減が可能
▶患者の自主訓練やセラピストの自己管理に適している

参加費:各日5000円 ☆ただいま早割中 ⇒ 3000円

2019.10.20(日)開催
PNFの臨床応用 脳卒中片麻痺患者のデモンストレーション

「遠隔後効果(速攻効果)を利用したアプローチ
~関節的アプローチの理解と習得~」

講師:原田 恭宏先生

<講義内容>
臨床において、問題となる部位を直接アプローチすることや改善することが困難な場合があります。
①痛みを有する場合        
②機能障害が重度な場合      
③動作への関連付けが困難な場合など
そこで今回この講習会では、遠隔後効果を利用したエビデンスのある手技・発散・強化効果やアナトミートレインの筋膜連結を利用する手技を説明・伝達し、習得して頂くことを目的をしています。

1.患者デモンストレーション    
2.理論的背景や考え方・進め方の説明
3.手技の実技練習         

今後、開催予定のセミナー
循環器・呼吸器疾患のリスク管理とフィジカルアセスメント
講師:山本 周平先生
信州大学医学部付属病院 リハビリテーション部 理学療法士
*ご好評につき再び開催いたします!

詳細は・・・coming soon...

7.20研修報告

  • 令和元年7月20日に千住秀明先生をお呼びして研修を実施しました。
  • 70名を超える医療従事者の方々に参加して頂きました!
  • 臨床現場ですぐに役立つ呼吸リハビリテーションの知識や技術を学んでいただけました。


H31.1.27 研修会報告

【循環器・呼吸器疾患のリスク管理とフィジカルアセスメント】

平成31年1月27日(日)開催
講師:山本 周平先生 信州大学医学部付属病院 理学療法士
   医学博士、心臓リハビリテーション指導士、認定(循環)理学療法士、コクラン日本支部正会員
   論文・著書多数あり


「1.5分間のフィジカルアセスメント」
先生が臨床で実践しているアセスメント方法です。
身体的な所見と聴診により心不全の状態を見極め、運動負荷を向上するか、一度立ち止まるか…判断する指標とされているそうです。
一つひとつのアセスメント方法は在宅や施設でも可能で、明日からできる実践的なものでした。

「既往歴:慢性心不全」・・・高齢者を対象としたリハビリテーションではよく見かけます。
維持期≠安全 
維持期の臨床場面では、全身状態の変化に早く気づき適切な対応をすることが求められます。
私は1.5分間のフィジカルアセスメントから始めたいと思います。

今回の研修会では、心疾患と関わりの深い呼吸器疾患についてもお話いただきました。
その中でも、実際に正常の呼吸音と異常な呼吸音の違いを聞き比べる、体験型の研修により理解を深めることができました。

心疾患・呼吸器疾患ともに日々のフィジカルアセスメントが一歩深くなる研修会だったと思います。

ご好評のため、同様のテーマでもう一度研修会を行うことが決定しています!
詳細はこちらのホームページでご案内しますので、チェックをお願いします。