☆あなたに「健康である」大切さに気が付いてほしい☆

人生で健康が一番大切と思っているあなたに知ってほしい!

総合健康学講座
無料講座
プレゼント中

~今よりもっと魅力的に輝くための講座~


こんなことありませんか?

  • 常に健康でありたいのに健康を害してしまった

  • 心と身体のバランスが崩れてしまった

  • 自分と家族の健康を守りたい

  • ありきたりの健康セミナーにもう飽きた
  • 心も身体も疲れ切ってしまった

  • 将来に夢も希望もない

  • 生きている意味が分からなくなった
  • 人間関係にストレスを感じる
  • 将来に夢も希望もない

☆あなたに「健康である」大切さに気が付いてほしい☆

こんなことが叶います

  • 心と身体のバランスが取れて総合的に健康になれる
  • 自身だけでなく、家族や周りの人も健康でいられる
  • 「元気」「活力」がみなぎりエネルギッシュな身体を手に入れられる
  • 不安も悩みが消え、明確なビジョンが描ける心を手に入れられる
  • 昼も夜も疲れ知らずの魅力的な肉体に改善する
  • 不安も悩みが消え、明確なビジョンが描ける心を手に入れられる

こんな方におすすめです

◇健康について総合的にもっと深く知りたい

◇元気にパフォーマンスを上げたい

◇心の健康をコントロールしたい

◇自身の本質に合った夢や志を見つけたい

そんな若さとエネルギー溢れた毎日を叶えたいあなたへ

『総合健康学講座』

輝く豊かな人生を送るためには、健康が一番大切と思っている!

そんな、あなただけに知って欲しい

総合健康学とは?

『心』『氣』『食』
3つの側面からの健康法
「心」の分野とは?
病気や感情の落ち込みだけでなく、夢や志そして運命にも強く関わっている「心」。感情コントロールの仕方や夢や希望に満ちた人生にするため、心全般について学べる。

「氣」の分野とは?
エネルギーがないと物は動かない。エネルギーは目に見えるものではないが、医学的側面から「エネルギーとは何か」を分かりやすく学べる。

「食」の分野とは?
身体は食事から作られると言われている。髪の毛・皮膚・内臓・骨・筋肉など肉体が資本である。病気(がんなど)にならないための最新情報や予防のための効果的なデトックス方法などを簡潔に学べる。
総合健康学講座では、健康を多面的に学ぶことができます。
「心の世界」「氣の世界」「食の世界」それぞれ健康になるために欠かせない、とても大切な要素です。しかし、それらを一つずつ学ぶ機会はあっても3つ一緒に学ぶ機会は少ないかもしれません。

また現在では、世の中にはさまざまな健康法が溢れています。中には「眉ツバ」とも言える怪しげな健康法も少なくありません。総合健康学を学ぶことで、心身ともに健康になれる正しい情報だけを見抜ける力がつき、自分にとって必要な健康法が見つかります。

心と肉体とエネルギー体のバランスを整えて
いつまでも若々しくエネルギッシュになりませんか?

なぜ総合健康学講座なのか?

正しい健康情報や健康法を学ぶことにより、「人生にとって健康が一番大切」であることを改めて気づくことができます。これまで「入手した情報が、商品を売るためのものに過ぎなかった」「あまりに色んな情報や方法があり過ぎて何が良いのか分からない」「いろいろ試してみても満足する健康が手に入らない」ということはありませんか?総合健康学は、商品を売るためではなく、真の健康を理解してもらうことを目的としています。3つの分野にわたる細かな情報をわかりやすくまとめることにより、健康学の全体像が見えてきます。全12講座を学び終えたとき、霧が晴れるように真の健康が見渡せるようになるでしょう。

総合健康学講座で何が得られるのか?

「いつまでも若々しくエネルギッシュに生きる」ためには、自分の感情と向き合い、価値観や本質を見つけ、夢や志に向かって歩んでいくことが必須です。そのためには、栄養価の高い旬のものを取り入れて食生活の乱れを直し、自然の摂理を守りながら生きること。さらに、パワースポットや自然豊かな場所を巡り、綺麗なエネルギーに触れること。それら全てが大切だと感じ取り、自分の人生に自然と取り入れられるようになることです。それを学べるのが総合健康学です。総合健康学を学び、豊かな感情のもと、素敵なコミュニケーションを取って心身ともに健康に、そしてエネルギッシュになりましょう。バランス良く健康に「今を生きる」を実践しませんか?

期待を超えるおもしろさ、これって本当に健康講座?

カリキュラム

総合健康学では「心」を<感情>と<思考>、「身体」を<肉体>と<エネルギー体>とそれぞれ2つに分けて考えます。つまり、「2つの心と2つの身体のバランスメソッド」です。この4つのバランスをとることで真の健康が実現できます。そのためにはまず「心」「気」「食」の分野を総合的に学ぶ必要があるのです。この3つの分野を総合健康学講座では、12回に分けて学べる環境を用意しています。

受講者の声

今後にどう生かせますか?
◆自分自身を好きになれそう
◆タ-ニングポイントから価値観を探すワ-クは、今後も価値観を探す際に使っていこうと思った
◆思考が現実化するというところで、意識した行動も心掛けていきたいです。また、相手からも貴重な時間をもらってることや、自分にとっての時間も相手の時間も、どちらも大切にできるように意識したいです。
◆誰と過ごしたいのかや、命を削るという考えを常にもって予定を組みます。
◆自分のあり方や、自分が何者としてどこに向かうのか、といったところを見直すきっかけになったのが良かったです!
◆知る、感じる、理解する、認める、行動するの順番に、日頃の自分の感情と向き合っていこうと思った。本質探しも楽しかったので、またやってみます!
◆心の健康を維持しながら、自分の本質を見つける大事さを周りにも伝えていきたいと思います。
◆経営者としてお客様に良いパフォーマンスが出来る仕事が出来るように愛のあるモノを摂り入れていくようにします。
◆男性、女性のニーズの認識をしてコミュニケーションする事。
◆疲弊する原因に、恐怖モチベーションが大きな部分を占めているので、解決して生きる効率を上げていきたい。
◆相手に合わせて4ニ-ズを意識したコミュニケーションをとることは意識していたが、自分自身の、4あるいは6ニ-ズのバランスをとれるようにもなろうと思った。
◆自分自身を今日学んだやり方で認めてあげる作業をより実践し、同じように女性で「感情」「心」のコントロールに悩んでる人のお役にたちたいと思った!
◆気を充たす。感情を素直に表す。
◆パワースポットの呼吸法。
◆気が乗る、気が晴れる、気が休まる行動をしていきます。
◆自己免疫機能向上を目指したい!
◆食生活を本気で意識しなくては!!
◆腸内環境を良くしたいと思います。
◆旬のものを意識して積極的に取り入れたいです。
参加の目的はなんですか?
◆天野先生がどんな事をやっているのか?が気になったことと、起業家は身体が資本であるので、メンテナンスの材料になればと思い参加しました。
◆自分の身体の声をきっかけに、健康について意識するようになりました。以前、より健康を学びたいと思って受けた天野先生の講座内容が目から鱗だったので、今度はすべて知りたいと思って今回も受講しました。
◆健康について理解を深めたいと思ったから。
◆健康に興味があったので。
◆健康力を高めたい。総合健康学を学びたい。
◆常に健康でありたいと思っているが、実は健康を害していて10年来の糖尿病であり股関節の手術を考えたりしているので一から考え直したい。
◆昨年事故で健康を失ってから、初めて健康について意識するようになりました。
◆健康への意識を更に深めたいので!
◆毎回新鮮な講義が聞ける。より真の健康になりたい。
◆心身ともの健康を手に入れたいから。
◆「健康」について栄養面以外の角度からも知り、最終的には人に伝えたいから。
◆心と身体のバランスを考えた健康を目指したいため。
◆いつまでもバランスの良い健康な自在人でいたいから。
◆気の勉強を復習したかったから。
◆より深く「気」について知りたかったため。
◆氣についての知識を深めたい。自分はよく胃を壊したりが多かったので、自己コントロールができるようになりたいと思い参加させていただきました。
◆学び吸収し実践して、良いものは周りに伝えたいから。
◆再受講して 腑に落としたかったから。
◆前回参加して面白かったので。
参加の目的はなんですか?
◆天野先生がどんな事をやっているのか?が気になったことと、起業家は身体が資本であるので、メンテナンスの材料になればと思い参加しました。
◆自分の身体の声をきっかけに、健康について意識するようになりました。以前、より健康を学びたいと思って受けた天野先生の講座内容が目から鱗だったので、今度はすべて知りたいと思って今回も受講しました。
◆健康について理解を深めたいと思ったから。
◆健康に興味があったので。
◆健康力を高めたい。総合健康学を学びたい。
◆常に健康でありたいと思っているが、実は健康を害していて10年来の糖尿病であり股関節の手術を考えたりしているので一から考え直したい。
◆昨年事故で健康を失ってから、初めて健康について意識するようになりました。
◆健康への意識を更に深めたいので!
◆毎回新鮮な講義が聞ける。より真の健康になりたい。
◆心身ともの健康を手に入れたいから。
◆「健康」について栄養面以外の角度からも知り、最終的には人に伝えたいから。
◆心と身体のバランスを考えた健康を目指したいため。
◆いつまでもバランスの良い健康な自在人でいたいから。
◆気の勉強を復習したかったから。
◆より深く「気」について知りたかったため。
◆氣についての知識を深めたい。自分はよく胃を壊したりが多かったので、自己コントロールができるようになりたいと思い参加させていただきました。
◆学び吸収し実践して、良いものは周りに伝えたいから。
◆再受講して 腑に落としたかったから。
◆前回参加して面白かったので。

総合健康学講座の感想

食の分野
◆身体・心・エネルギーのそれぞれの関係性を知り、アウトラインが理解できたので実践しやすくなったと思います。
◆自然に反しない、自然を意識した食、感覚を常に感じるようになれそうです。
◆野菜を多く取る、腸内環境を整えることは意識していましたが、今後は食事と栄養のとくに質の高いバランスを意識したいと思います。
◆食事が、身体作り、腸内環境、肝機能、季節毎の不調など、様々なことに影響することが分かった。
◆1年前より若返ることが出来そう。ビタミンCの重要性、タンパク質の摂取バランスの比率を学べた。
◆それぞれの臓器の働きや、心とエネルギー・身体の3つのリトックス・デトックスが大切ということを知りました。
◆身体のリトックス、デトックスは気にしていましたが、心のリトックス、デトックスにも深い意味があることが分かりました。
◆デトックスの臓器のことを知った。断片的には分かっていたつもりのことがほとんどなのに、体系的に理解できていないことが分かりました。
◆日々の食、運動、心のデトックスが身体を作っているということ。日々なにを食べて過ごしたかももっと振り返っていこうと思った。
◆デトックスとリトックスはかなり大事。オステオパシー続けていきたいと改めて思いました。
◆良いものを良いものと意識して食しないと、意味がなくなってしまうことにびっくりしました。今まで知らなかったことを色々学べるのですごく勉強になります。
◆デトックスを栄養面でしか捉えていなかったので、心や気の観点を知ることが出来て良かったです。自然療法的観点からまとまった知識を教えて頂き大変勉強になりました。
◆取り入れたら捨てることも大事。取り入れ方、捨て方も意識していく。
◆悪い気の抜き方を知れた。
◆栄養などの質を理解し、それに応じた食事やサプリメントの取り入れ方が大事だと思う。
◆西洋医学からの観点の話が多かったので受け入れやすかったです。
◆ある条件下で細胞はがん化すること知りませんでした。自分でもコンサル出来るように栄養学方面ももっと勉強が必要だと思っています。
◆医学の勉強は個人的に大好きなのですべて勉強・復習になりました。何事にも言えますががん・食事・心・栄養をピンポイントで考えると「点」にしかなりませんが、すべて「線」で繋がっていると解釈できると、すんなり理解が出来ました。
◆ガンは生活習慣病で食生活の見直しが再度大切だと認識しました。水と酵素の取り入れ方、またガンになったときの対応法も参考にします。
◆多くの未病を食事で改善できるということを教えていただけました。食事についてもっと本気で取り組まなければならないと思いました。
◆毎日5000勝0敗を保つことが大切なことを学んだ。
気の分野
◆「氣」を充実させてオーラを放つ方法などを知った。
◆氣について、イメージしたことがなかったので改めて考えてみたいと思いました。
◆気について勉強したことが無かったのでおもしろかったです。
◆いい意味で期待を裏切るおもしろさ。本当に健康塾?と思うくらいの内容でした。
◆健康、アンチエイジングなどいろいろ勉強してきていますが、全く違う切り口での健康塾でとても楽しかったです。
◆「気」というより「モチベーション」や「テンション」で今まで考えていましたが、その考え方だと「感情」と「思考」にギャップが生じてしまうことに気が付かされました。
◆気を理解をすることで、生活のコントロールが出来、仕事にも活かせると思いました。
◆今までは天からしかもらってなかったが、地からも気をもらえることを知った。
◆気を医学的に説明できることを知りました。
◆氣を使ったらまた取り入れることが大切であると同時に、愛のあるモノから摂ることが重要であると感じました。
◆気の数値化が衝撃的!
◆相手の気を利用できること。気を見える化すること。精神疾患との因果関係などを学べた。
◆自主性・主体性を意識することが大事だと思いました。
◆気が良くなる行動、悪くなる行動があることを知りました。
◆気の量と波動、イメージ力について学べた。
◆気を分類して考える事で、自分が今充足してないなと感じるところに意識を向けられると、修正しやすくなりそうだなと思いました。
◆気力は人と人とで受け渡しながら生きているということを知った。
◆うつ病になってしまう原理とその対処法(気を満たすこと)を知りました。普段の思考回路ではたどりつけない見方・知識にふれ楽しかったです。
◆気の種類の考え方。ありがとうございました。
◆気の話を聞いて、気が少し楽になりました。もっともっと話を聞きたいと思いました。
◆気について実践したことがおもしろかったです。呼吸法が気持ちが良かったです。
◆気を満たす方法、呼吸法を楽しく勉強できました。家族でやってみます。また、参加したいです。
◆「気で体温が上がる」というのにすごく興味を持った。
◆内容が素晴らしかったです。気を何となく感じていたけれど、理解できない部分を分かりやすく解説して頂いたので、意識してその状況を作れるようになると思いました。
◆気を大きくしてオーラのある素敵な女性になれるようにしていきたいです。何回聞いても気づきがあり、日々呼吸法をしています。
心の分野
◆気質、性格、本質探し 感情と思考を知った。
◆本質は変わるという事、感情について知る事ができた。
◆ボディーランゲージで感情を変えられること。社会的役割をふまえて価値観を探したこと。
◆感情を知り認めることができた。
◆自分を知ることの大切さを学べた。
◆ワークで自分の本質を再認識できた。
◆3つのモチベーションのこと、本質は役割と価値観で決まることなどを知った。
◆自分の才能、気質を知る事が大事。ワークで話す事で自分の価値観や志が確認出来て勉強になりました。
◆感情と思考の構成がわかり、自分自身の見つめ直し方の指針がわかった。
◆ニ-ズは自分で変えられること。 本質、価値観がわかっていると、1つの夢を達成しても志をもとに次の夢がみつかること。 心の病=躁鬱病ではないことを知れた。
◆欲がベースにあり、ニーズもある。それぞれを自分自身にあてはめて状況理解、認識する事で、より自分を認めてあげられる作業ができるんだと知れてよかったです!ニーズも時と場で変わっていいんだと安心できた!
◆志、本質の部分。自分の本質の原石が分かった気がしました。いつもありがとうございます。またお願いします。
◆「あいさつ」という第一歩で印象は変わるなと思いました。
◆心の病は3つだけということを知った。
◆自分自身を知らない人が多い中、相手を理解してコミュニケーションをとれないのは当然だと思った。自分自身を知る教育をしていかないと犯罪などは減らせないと感じた。
◆挨拶・コミュニケーションの大切さを知ったこと。
◆(1)本質とは何か知れたこと。(2)心の病気の3つを知れたこと。(3)コミュニケーション以前に、まずは自分が人生に責任を持った確立された個人になることが大切と知れたこと。
◆コミュニケーションの概念が変わりました。今までは自分という個人の外で何をするかにばかり焦点が当てていました。ですが、天野先生のセミナーを聞いて、まずは個人を確立して初めて、他人に何ができるのかを考えられるのかなと思いました。
◆気質から本質、役割、志、夢と繋がっていたことを知った。
◆心の病についての考え方とても勉強になりました。
◆本質について教えて頂き、自分が何をしたいか、何をしている時が楽しいか自分の存在意義が少しずつ分かってきました。コミュニケーションは相手をほめることをもっと自然にできたらと思います。
◆適性があり、価値観があり、志が見えて、夢が出来る構造になっていることを学んだ。
心の分野
◆気質、性格、本質探し 感情と思考を知った。
◆本質は変わるという事、感情について知る事ができた。
◆ボディーランゲージで感情を変えられること。社会的役割をふまえて価値観を探したこと。
◆感情を知り認めることができた。
◆自分を知ることの大切さを学べた。
◆ワークで自分の本質を再認識できた。
◆3つのモチベーションのこと、本質は役割と価値観で決まることなどを知った。
◆自分の才能、気質を知る事が大事。ワークで話す事で自分の価値観や志が確認出来て勉強になりました。
◆感情と思考の構成がわかり、自分自身の見つめ直し方の指針がわかった。
◆ニ-ズは自分で変えられること。 本質、価値観がわかっていると、1つの夢を達成しても志をもとに次の夢がみつかること。 心の病=躁鬱病ではないことを知れた。
◆欲がベースにあり、ニーズもある。それぞれを自分自身にあてはめて状況理解、認識する事で、より自分を認めてあげられる作業ができるんだと知れてよかったです!ニーズも時と場で変わっていいんだと安心できた!
◆志、本質の部分。自分の本質の原石が分かった気がしました。いつもありがとうございます。またお願いします。
◆「あいさつ」という第一歩で印象は変わるなと思いました。
◆心の病は3つだけということを知った。
◆自分自身を知らない人が多い中、相手を理解してコミュニケーションをとれないのは当然だと思った。自分自身を知る教育をしていかないと犯罪などは減らせないと感じた。
◆挨拶・コミュニケーションの大切さを知ったこと。
◆(1)本質とは何か知れたこと。(2)心の病気の3つを知れたこと。(3)コミュニケーション以前に、まずは自分が人生に責任を持った確立された個人になることが大切と知れたこと。
◆コミュニケーションの概念が変わりました。今までは自分という個人の外で何をするかにばかり焦点が当てていました。ですが、天野先生のセミナーを聞いて、まずは個人を確立して初めて、他人に何ができるのかを考えられるのかなと思いました。
◆気質から本質、役割、志、夢と繋がっていたことを知った。
◆心の病についての考え方とても勉強になりました。
◆本質について教えて頂き、自分が何をしたいか、何をしている時が楽しいか自分の存在意義が少しずつ分かってきました。コミュニケーションは相手をほめることをもっと自然にできたらと思います。
◆適性があり、価値観があり、志が見えて、夢が出来る構造になっていることを学んだ。
無料講座プレゼント中

総合健康学講座修了証

総合健康学講座 全12講座受講すると修了証が発行されます

12講座終了証取得者の声


平塚佳輝さん

◇人に紹介するとしたら何点?

8.0点

◇その理由は?

個人的には講座の内容は10点満点なんですが、健康に興味がないとなかなかここまで(全講座)を受けられないかと思った。

◇どんな人に総合健康学講座をおススメしたいですか?

日本だと健康というと身体のことだけだったりして、実際に病気になる前の状態が見逃されがちになる。(本来は)心の状態で感情と考え方とか、体の状態が全部整っていないと本当の健康状態は感じられないと思うので、そういった部分の身体な部分とか感情な部分で苦しんでいる人にすすめたいと思います。

澤田有里さん

◇人に紹介するとしたら何点?

8.5点

◇その理由は?

(総合健康学)講座に関しては自分自身では10点満点なのです。8.5点にした理由は本気で変わりたいという意識がないとなかなか伝えるのが難しいのではないかと思ったからです。あとは、私自身が元々講座を見つけたきっかけとして、自分が身体を壊していて本気で予防医学として何が悪いのか知りたかったので参加したのもあった。天野さんの講座は食だけでなく心のバランス気のバランスすべて知った上で健康の奥深さを教えて頂いたことは良かったと思います。

◇どんな人に総合健康学講座をおススメしたいですか?

私自身の体験も含めて、今身体の不調で悩んでいる人、仕事でまだ何をやりたいか見つからない人などトータル的に身体の健康、心の健康で悩んでいる方にお伝えしていきたいと思います。

笛木まな美さん

◇人に紹介するとしたら何点?

8.0点

◇その理由は?

心と気と身体のバランスと考えた時に心と身体はなじみがありそうだけど、気という話についてはなじみがない人が多いかなと思って、それで説明の際にちょっと怪しいかなと思われちゃいそうだから。聞いてみるとそんなことはないけれど。

◇どんな人に総合健康学講座をおススメしたいですか?

健康の情報が色々とあるなかでどの情報が正しいか分からない人はもちろん。
人生を楽しみたい人。健康でないと何もできないから

黒澤真帆さん

◇人に紹介するとしたら何点?

8.0点

◇その理由は?

総合健康学で食と心と気のバランスというところを主に天野さんは教えて下さっているんですが、周りの人で気についてとっかかりとしてスピリチャルと思ってしまいがちの人が多いので、2点減点してしまったのですが、友達としてそういうことを理解してくれる人にたくさん広めたいと思っています。

◇どんな人に総合健康学講座をおススメしたいですか?

自分の心のバランスを崩してしまっている人とか健康に意識を向けている人にすすめたいと思います。

桜井雅明さん

◇人に紹介するとしたら何点?

9.5点

◇その理由は?

総合的に健康を考えられる講座はないためみんなに知ってもらいたいと思います。

◇どんな人に総合健康学講座をおススメしたいですか?

健康について意識の低い人や自分がどうしたらよいか分からない人にすすめたい

柴田桃子さん

◇人に紹介するとしたら何点?

9.0点

◇その理由は?

通常の健康セミナーは食事とか睡眠とか運動とかにフォーカスしているんですけれども、天野先生のセミナーは気とか心の問題とか感情とかメンタルにもフォーカスしているのでとてもバランスが良いと思って楽しく通わせて頂きました。

◇どんな人に総合健康学講座をおススメしたいですか?

実際に健康に意識のある方は経営者の方、起業家の方、子供を持っているお母さん、それからデットクストレナーさんなど、もともと健康に興味がある人にはより深い学びを得られると思いました。

講師紹介

天野智樹

〈プロフィール〉
 薬剤師
 日本総合健康協会 代表理事
 メディカルメソッド研究所 所長
〈経歴〉
1997年 明治薬科大学卒業 薬剤師国家資格取得
1997年~ 三共株式会社入社
2007年~ 統合医療推進のため独立
2013年~ 日本総合健康協会 代表理事 就任
2018年~ メディカルメソッド研究所 所⻑ 就任

〈ご挨拶〉

「健康は何ものにも代え難いもの」。その思いを胸に、大手製薬会社のMRとして人々の健康のお役に立つことを夢見ていました。しかし夢は実現するどころか、勤めた10年で「保険適用にならない未病や予防の領域」「本来は必要ない診療を行わなければ経営を維持できない医療機関」そして「大量の薬を勧められるがまま服用し続ける患者さま」という、理想と現実の大きな差を目の当たりにしたのでした。

このような医療体制では健康を手に入れることや、健康を保つことは難しいということに気づいたのです。本来であれば患者さまが本当に必要としている治療法や手段を提供するのが医療機関です。しかし現在の日本の医療業界ではそれが実現できていません。一人でも多くの人を助けるためには、医療機関に任せているだけではダメだと感じ、製薬会社を辞めて独立しました。そして15000人以上のさまざまな分野の専門家から医学や健康学について学び、3000種類以上の健康・医療情報を得ました。しかしそれでも、目の前の大切な人を救うことが出来ない現実に、自分の不甲斐なさと力不足を痛感しました。

毎日「これだけの情報があっても、なぜなかなか健康になれない人が多いのか」を考えていくうちに、私自身が一つのことにこだわりすぎており、考えが偏っていたことに気づいたのです。それからは、健康を得るためにトータルバランスを取ることが大切だと知り、たどり着いたのが「総合健康学」でした。「気の分野」「食(肉体)の分野」「心の分野」この3つの視点から健康を考え、バランス良く生きることで、生き生きと自分らしく輝けるようになりました。私は『人生で1番大切なものは健康』と思っている人に、講座を聞いてもらいたいと心から想っています。総合健康学を学び、いつまでも若々しい、エネルギッシュな人生を一緒に築いていきましょう。



書籍

総合健康学
 ~『きれい』と『健康』を叶える3つの鍵~

著者: 天野智樹

定価 : 307円

出版元 : 日本総合健康協会

発行日 : 2014年03月03日

Amazon:電子書籍

活動実績

メディア
社会貢献

東久邇宮文化褒賞 受賞

無料講座プレゼント中

協会概要

日本総合健康協会 
Japan General Health Care Association
〒163-6002
 東京都新宿区西新宿6-8-1 新宿オークタワー2F MBE217
 090-1420-1980
 http://www.sogo-kenko.org
 info@jpmsa.org