出張・派遣・外注カメラマンによる
葬儀・お通夜
故人を偲ぶ会
お別れの会
セレモニーの
写真ビデオ撮影

撮影代行業者に
葬儀やお別れ会の
撮影を依頼

大切な方との思い出のセレモニー
最期のお別れの場面を
記念映像として永遠に
全国対応で急な依頼にも対応可能

派遣・出張カメラマンによるプロの撮影

葬儀 お通夜での写真・ビデオ撮影

Q、葬儀やお通夜での写真や動画の撮影は非常識だったりマナー違反にはならないのかが心配

A、昨今、葬儀で故人の親族、ご家族が撮影されること自体は非常識ではなくなってきています。特に、お身内だけでお別れをする家族葬では、故人との最期のお別れを写真や動画で残す方もいらっしゃいます。
Q、写真やビデオの撮影を依頼した場合には、どのようなカメラマンが撮影を担当されるのでしょうか

A、プロの撮影カメラマンに依頼した場合には、礼服を着用し参列者さまになじむような振る舞いで、故人との最期のお別れのシーンを撮影します。
Q、お葬式・告別式での写真撮影のタイミングがわからない

A、勝手に許可もなくとることはよくありません、撮影前に喪主との相談が必要であります。
ご遺体撮影のタイミングは、お別れの儀の最後に「最後に綺麗な姿を一枚撮らせてください」と断りを入れ撮りましょう

Q、葬儀中の写真やビデオ撮影をプロカメラマンに依頼することのメリットは?

A、カメラマンが撮影スタッフとして認識してもらうことができるので、葬儀中の様子を写真に撮っていたとしても、不快感を持つ人は少ない。

参列者は葬儀に集中することができるほか、納得いく写真やビデオを撮影してもらうことができる。

Q、お通夜・お葬式・告別式・葬儀・お別れの会・式典・火葬場での故人との別れを写真やビデオ撮影を依頼したい。

A、葬儀や故人を偲ぶ会などのセレモニー撮影を依頼できる撮影代行業者はございます。

Q、葬儀・お通夜などのセレモニーでの写真撮影やビデオ撮影を依頼したい場合は、葬儀を頼んだ葬儀社に依頼しなくてはいけませんか?

A、葬儀社に必ず頼まなくてはいけないというルールはございませんので、撮影を専門的に扱っているプロの撮影業者に依頼することも可能です。

Q、葬儀中の写真やビデオ撮影をプロカメラマンに依頼することのメリットは?

A、カメラマンが撮影スタッフとして認識してもらうことができるので、葬儀中の様子を写真に撮っていたとしても、不快感を持つ人は少ない。

参列者は葬儀に集中することができるほか、納得いく写真やビデオを撮影してもらうことができる。

「プロの撮影」では、お通夜・告別式・葬儀・お葬式・お別れ会・故人を偲ぶ会・友人葬・家族葬・社葬・式典など各種セレモニーの写真撮影、ビデオ撮影を依頼することができます。
外注カメラマン・出張カメラマン・派遣カメラマン専門の撮影業者は「プロの撮影」がオススメです。

撮影はもちろんのこと動画編集やDVD・ブルーレイ制作、コピーまで、一括で任せられるのが「プロの撮影」です。しかも撮影実績が1000件以上あり、経験豊富で確かな腕のプロカメラマンが日本全国、急な依頼にも駆けつけてくれます。

完全定額制(追加料金なし)

葬儀・お通夜などセレモニー撮影の費用と撮影プラン

【撮影費用】
「プロの撮影」に葬儀、お通夜、
お別れの会などの撮影を依頼した場合の費用
【撮影プラン】
フルパック:¥230,000
スタンダード:¥130,000 
ライト:¥80,000
撮影のみ:¥59,000

出張撮影代行カメラマンの対応エリア

【プロの撮影】では全国どこでも低価格・定額制で対応してもらえます。

出張撮影対応エリア一覧

【北海道・東北地方】
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
【関東地方】
茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県
【中部・北陸・甲信越地方】
新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県
【近畿地方】
三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県
【中国地方】
鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
【四国地方】
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
【九州・沖縄地方】
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

葬儀・お通夜での写真・ビデオ撮影のまとめ

  • シャッター音やカメラマンの動きが式の妨げになるようなことは避けなければならない
  • カメラマンは礼服を着用
  • 腕章を付けるなりして撮影者としての認識を持たせる
  • カメラマンは僧侶が式を執り行うのに差し障りの無いように振る舞う
  • カメラマンはあらかじめ喪主やご遺族を許可を得る
  • モラルに反した行動は慎む
  • プロのカメラマンに撮影を依頼しているので参列者は式に集中できる
葬儀で撮影をしてはいけないという法律はありませんし、宗教的な教えもありませんが、ご遺族のご意向に沿った撮影を心掛けましょう。

セレモニー撮影をプロのカメラマンに依頼する