ケーススタディ型
マネジメント判断力テスト

より簡易に、より客観的に、より迅速に評価いたします。
ご好評につき無料トライアルを設けました。

こんなお悩みありませんか?

  • 社内評価だけで管理職登用を決めているので、マネジメント能力を客観的に
    評価できているのか
    不安がある。
  • 昇進昇格試験の客観性と高めるために、外部の評価を取り入れたいが、
    簡便かつ安価に評価ができるツールが見当たらない。
  • 昇格試験に社内で論文審査を行っているが、対象者が多いため評価者の負担が
    大きく時間もかかってしまう。評価の客観性・信頼性を担保しつつ、多人数を
    短時間で評価できるツールはないか。
  • 他社と比較し、自社人材の能力傾向と課題を明らかにしたい。
  • 他社と比較し、自社人材の能力傾向と課題を明らかにしたい。
そんなあなたに

ケーススタディ型
マネジメント判断力テスト

当社は創業30年間にわたり、大手上場企業のマネジメント教育を支援してきました。

マネジャーには、高い組織成果を出し続ける責任があります。そのためには、強い意志と情熱(基本的価値)を持って、自らが方向を定め(課題構想力)、組織を巻き込み(組織運営力)、徹底してやりぬくこと(業務推進力)が求められます。

これらのうち、マネジメント判断力テストでは、ケーススタディを通して、課題構想力に関わる「思考スキル」と基本的価値に関わる「志向性」を測定することができます。

ここが違う!

サービスの特長

高いコストパフォーマンス
本格的なケーススタディを用いた客観的かつ公正な評価を、お一人様@30,000円で受けることができます。
オンライン対応
紙面で受験することに加えて、オンラインでの受験も可能です。
※オンライン受験は8月上旬サービスリリース予定
迅速な結果報告
テスト実施から約2週間でアウトプットレポートを納品いたします。このスピード感もご好評いただいている理由です。
迅速な結果報告
テスト実施から約2週間でアウトプットレポートを納品いたします。このスピード感もご好評いただいている理由です。

こんな方にお勧め

  • 管理職登用の多面評価の一環として、簡便かつ安価に客観的な評価ができるツールを探している人事担当者
  • ケーススタディを用いて、実際のマネジメント場面で適切な判断が行えるかを評価したいとお考えの人事担当者
  • 大規模選考の一次スクリーニングとして、信頼できる外部の客観的評価ツールを探している人事担当者
  • 人事評価制度の見直しに伴い、従来のマネジメント評価ツールを一新したいとお考えの人事担当者
  • 社内での評価誤差を避けるとともに評価負荷を下げるため、評価の一部を外部の専門機関に委託したいとお考えの人事担当者
  • 大規模選考の一次スクリーニングとして、信頼できる外部の客観的評価ツールを探している人事担当者

料金

名称 料金
マネジメント判断力テスト
1名~実施可能
30,000円
お一人当たり
組織課題レポート
マネジメント判断力テストの傾向から組織課題を分析いたします。
(実施人数が20名以上~ご対応可能です)
500,000円
分析・仮説立案・対策の提案をご提示します。
組織課題レポート
マネジメント判断力テストの傾向から組織課題を分析いたします。
(実施人数が20名以上~ご対応可能です)
500,000円
分析・仮説立案・対策の提案をご提示します。

期間限定!お得なキャンペーン実施中!

新規ご契約キャンペーン
3名分無料トライアル
通常価格 30,000円/1名
キャンペーン期間:20年6月8日〜20年7月31日
ご好評につき、期間限定となりますので、お早めにお申し込みください。
※既にサービスご利用中のお客様は本キャンペーンをご利用になれません。
※すでに他社の評価ツールを導入されている方は、個別相談会も受け付けておりますので、
 お気軽にご相談ください。

お客様の声

導入して良かったです

大手製造業
これまで、社内で論文審査をしておりましたが、社内評価者の甘辛で点数の客観性に限界を感じておりました。
加えて、事業部サイドに合否の説明をすることに忙殺されていたことから解放され、非常に助かっております。

こんな評価ツールを探していました

大手金融
管理職登用の数年前に受験することで、マネジメント能力の現状を把握し、能力開発に活用しております。
非常に客観的かつロジックがしっかりしているので、受験者本人の納得感も高く、ピンポイントで能力開発課題が明確になる点が良いと感じています。

こんな評価ツールを探していました

大手金融
管理職登用の数年前に受験することで、マネジメント能力の現状を把握し、能力開発に活用しております。
非常に客観的かつロジックがしっかりしているので、受験者本人の納得感も高く、ピンポイントで能力開発課題が明確になる点が良いと感じています。

よくある質問


Q
インバスケット演習と何が違いますか。
A
インバスケット演習は、限られた時間のなかで大量の案件処理を通じて、個々の問題をいかに的確かつ迅速に処理できるかを測るタスク処理型の評価ツールです。
一方で、マネジメント判断力テストは、ケースを通じて職場全体の問題状況をどのように捉え、課題化し、対策を立てるのか、課題形成プロセス全般における思考力や志向性を評価します。
Q
対象となる階層は管理職以外はありますか
A
管理職以外に主任・係長クラスを対象としたテストもあります。
その他の階層や資格に応じて、カスタマイズで企画・開発することも可能なので、
ぜひ一度ご相談ください。
Q
ケース(状況設定)はどのような種類のものがありますか
A
BtoBやBtoC、メーカーや小売りなど幅広い業種・業態、事務系・技術系職種など、多数のケースをご用意しております。
貴社のご希望に適うケースをご提案させていただきます。
Q
評価アルゴリズムは開示可能ですか
A
可能です。
ご要望に応じて、経営者もしくは人事担当者に限って開示させていただきます。
Q
対象となる階層は管理職以外はありますか
A
管理職以外に主任・係長クラスを対象としたテストもあります。
その他の階層や資格に応じて、カスタマイズで企画・開発することも可能なので、
ぜひ一度ご相談ください。

会社概要


会社名 株式会社ソシオテック研究所
代表者 廣川 真一
住所 東京都千代田区紀尾井町4番1号
ニューオータニガーデンコート23階
住所 東京都千代田区紀尾井町4番1号
ニューオータニガーデンコート23階

お問い合わせフォーム

下記フォームにご記入いただき、プライバシーポリシーをお読みの上、送信ボタンを押してください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
下記URLから利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

https://www.socio-tech.jp/privacy2/