ソーシャルレンディング投資とは

年利3パーセント前後~ファンドによっては10パーセント前後の高い利回りを狙うことの出来る、新たな投資手法。

ソーシャルレンディング事業者には、どのような会社があるか。

国内では、現在、20社以上のソーシャルレンディング事業者が活動している。
一例は下記。
SBIソーシャルレンディング
大手金融サービサー「SBIグループ」の関連会社「SBIソーシャルレンディング株式会社」が提供するソーシャルレンディングサービス。
いつでも出資出来る常時募集型ファンドが用意されている。
オーナーズブック
東証マザーズ上場企業、ロードスターキャピタル株式会社が運営。
全てのファンドに、不動産担保がついている、という特徴がある。
クラウドクレジット
伊藤忠商事などの国内有力企業からの出資が話題を呼んでいる。
国際分散投資型。
Funds(ファンズ)
1円から出資可能なファンドを提供。
2019年1月サービスローンチの新規事業者。

ソーシャルレンディングには、どのようなリスクがあるか。

ソーシャルレンディングにおいて考慮を要するリスクは、「事業者リスク」と「ファンドリスク」に大別される。
事業者リスク
悪質なソーシャルレンディング事業者に引っかかってしまうリスク。
ファンド記載内容等も虚偽の場合がある。
日本ではこれまで、既に複数社のソーシャルレンディング事業者が、
監督官庁から、行政処分を受けている。
ファンドリスク
担保がついていないファンドや、為替ヘッジがついていないファンドなど、
各ファンド固有のリスク。

ソーシャルレンディング事業者はどのようにして選べばよいか。

各ソーシャルレンディング事業者の信用力等をよく見極め、慎重に口座開設を進める必要がある。
その際、ソーシャルレンディング投資関係ブログも参考にできる。
例えば、下記のようなサイトを参考にすることが出来る。

ソーシャルレンディング投資情報総合サイト