ぼうり 奥熊野のお雑煮

熊野街道を南へ 奥熊野には幻の郷土料理があった

南北朝の時代、突然その地を訪れた僧侶をもてなす餅もなく、この「ぼうり」をだした。
高貴な僧侶に出す餅もなかったことを恥じ、何百年もの間、お正月にお餅を食べずにいたという。

今こそ「ぼうり」を!

親芋(サトイモの親)でつくる「ぼうり」で元旦を祝うと、お餅をのどに詰まらせるような心配もありません。
カルシウム強化、低カロリー!
原材料:親芋、うなぎ半助、醤油、味醂


見出し

里芋の収穫後
親芋と小さい小芋が捨てられるように畑に転がっています。
@ひまりえん
土を落とします
きれいさっぱり
さらに水洗いして、親芋と小芋にわけます。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

見出し

小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

予約する

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信