選ばれる職歴書の書き方
ビジネスマナーを学ぶ

転職活動に必要な「職歴書」
高収入を目指す職歴書の書き方

リクナビNEXT

まずはここから押えよう!


情報収集

いかに多くの情報収集ができるかが重要です。

転職先の会社を見つけるにあたり、まずは求人情報を集め、自分の希望に近い転職先を、見つけることから始めなければいけません。 そんな事は、あなた自身よく承知されているでしょうが、何故わざわざ言うのかというと、それほどまでに大事だと認識して欲しいからです。


ビジネスマナーのチェック
書類選考を突破したら、次に待っているのは面接です。面接で採用担当者は何を見ているのか?まず、あなたの経験や能力の大部分は、応募書類から判断できています。ですから、書類選考を突破したということは、それなりの評価を得たという自身を持ちましょう。ですが、採用への本番はここからです。ここでしっかり面接前にビジネスマナーを自己チェックしましょう。

職務経歴書の書き方のコツ

職務経歴書とは、これまでにあなたが、どんな会社でどのような仕事をしてきたか、そこでどんな実績をあげたかを示す書類です。ですから、たとえ応募要項に職務経歴書添付とされていなかったとしても、自ら履歴書に添えて提出しましょう。

現在、転職市場は非常に厳しい状況にあるので、他のライバルに差をつけためには、あなたの価値を正確に伝える事が大切です。


職務経歴書の書き方のコツ

職務経歴書とは、これまでにあなたが、どんな会社でどのような仕事をしてきたか、そこでどんな実績をあげたかを示す書類です。ですから、たとえ応募要項に職務経歴書添付とされていなかったとしても、自ら履歴書に添えて提出しましょう。

現在、転職市場は非常に厳しい状況にあるので、他のライバルに差をつけためには、あなたの価値を正確に伝える事が大切です。

情報収集
転職活動において、情報収集というのはとても重要な意味を持っています。
これによって転職が成功するかどうかが決まると言っても過言ではありません。

ただ求人広告を探すだけではなく、業界や業種、企業についての情報を収集していく必要があります。
最近はインターネットで簡単に情報が収集できるようになっています。

数ある情報の中から、本当に自分の転職活動に役に立つものを選んで徹底的に自分のものにしていくのが、効率の良い転職活動を送るコツとなります。
IT業界研究の情報収集
IT業界はあらゆる業界の中でもっともスピードの速い業界です。ですので、最新情報といえどもすぐに古くなってしまいます。特に技術関連の情報などは、数年過ぎれば全く使い物にならなかったりするでしょう。ですのでIT業界研究を行うためには、常に最新の動向を見ることのできる媒体を参考にします。それは「雑誌」や「インターネット」です。特にインターネットはリアルタイムで更新されますので、信用できるソースを選べば、常に最新情報をチェックできます。
企業研究の情報収集
企業研究をする上で、もっとも情報量が多いのが企業のWEBサイトです。情報は常に更新されるので、その企業の最新動向や新規事業計画を知ることができます。また、株式を公開している企業ならば、投資家向けのIR情報も参考になります。客観的な情報を知りたいのなら「会社四季報」を参考にすると良いでしょう。人の生の声も参考になります。その企業またはその企業と取引のある企業に勤めている人や人材紹介会社のコーディネーターに尋ねてみましょう。
企業研究の情報収集
企業研究をする上で、もっとも情報量が多いのが企業のWEBサイトです。情報は常に更新されるので、その企業の最新動向や新規事業計画を知ることができます。また、株式を公開している企業ならば、投資家向けのIR情報も参考になります。客観的な情報を知りたいのなら「会社四季報」を参考にすると良いでしょう。人の生の声も参考になります。その企業またはその企業と取引のある企業に勤めている人や人材紹介会社のコーディネーターに尋ねてみましょう。

ビジネスマナー


時間をいただいたお礼と挨拶

話し方、聞き方のコツ

メモは常識?非常識?

たずねて良いこと悪いこと

マナーチェック

  • 入室の際のドアノックは3回。
  • 入室したらドアは両手で閉める。
  • 「お座りください」と促されてから着席。
  • 面接官が話をしている時にうつむかないように注意する。
  • 発言する時は面接官の目を見てハキハキ話す。
  • 面接中のメモは会話の妨げにならないように短めに。
  • 調べたら、すぐにわかるような質問をしない。
  • 業務と関係の薄い質問をしない。
  • 逆質問の時間を自己アピールの時間と勘違いして長々と話さない。
  • 入室の際のドアノックは3回。

職歴書の書き方とは?


表現の仕方

①『情報は要点だけを簡潔に』:職務経歴書は、面接に向けての水先案内のようなもの。ですから、面接時の会話の中で、話を膨らませるだけの余地は残しておこう。そのためには、面接担当者に、もっと詳しい話が聞きたいと思わせるように、要点だけを簡潔にかつ具体的に書く。

②『メリハリをつけた内容に』:採用担当者が知りたいのは、あなたを採用したら、どんなメリットがあるのかということ。ですから、希望職種に関する経歴は詳しく書き、関係の無いものはサラッと書く。こうしてメリハリのある表現をすることで、効果的にプラス面をアピールできるのです。

③『箇条書きが基本』:一つの情報が長々と書かれていると、読むのに気力が失せてしまいます。ですから、文章を長くならないように結論を書くこと。その点、箇条書きは、伝えたいことが強調できて読みやすいですね。

④『わかりやすい表現を心がける』:その職種に精通している人にしか、わからないような専門用語は使わない。必要であれば必ず、補足説明を加えて書くのがマナーです。また、常用漢字を使い、接続詞はひらがなで書くと読みやすい。

⑤『主語は省略』:「私は」の主語が頻繁に出てくると、うっとうしく感じられたり、主観的なイメージが強くなってしまいますので省いた方がいいですね。


良いレイアウト構成とは

書式自由の自作職務経歴書では、内容はさることながら、あなたの書類作成能力レベルも見られています。ですから、美しくレイアウトの整った職務経歴書を作成する必要があります。すると、あなたの評価もそれだけで良くなります。見やすいレイアウトにしあげましょう!

職務経歴書は、横書きに作成するのが基本です。まずは、上下左右の余白を上手に利用しましょう。例えば、余白が少なく文字がぎっしり詰まっていると、読み手は見ただけでうんざりしてしまいます。その逆に、余白が多いと、内容に乏しくやる気も感じられなく捉えられてしまいます。要するに、行間や上下左右の余白をどの程度とるか、そのバランスがポイントです。

目安としては、ワープロで作成する場合、文字サイズは標準の10.5ptで、余白は上下20mmに左右16mmにし、行間は6.35mmに設定するといいでしょう。この設定にした場合に入る文字量は、A4で48字×40行、B5で40字×33行になります。この値を参考に、各項目をレイアウトしてみましょう。

また、項目が変わるときには、1行あけ、同じ種類の情報は、頭ぞろえか尻ぞろえにしよう。すると、見た瞬間の第一印象はグッと良くなりますよ。


職歴を「キャリア式」で

職歴のまとめ方のもうひとつは、「キャリア式」です。この場合は、勤務先や年代にこだわらず、過去に経験した職務分野ごとにまとめる方法です。この「キャリア式」の場合、会社という視点よりも、職種という視点に重点が置かれています。ですから、強調したい職務やスペシャリティーの高さ、そして、あなたの専門知識をアピールできるメリットがあります。書き方のポイントは、最もアピールしたい職務から順に書いていきます。そして、その職務でどの程度の力量が、今あるのかなども詳しく書きましょう。反対に、希望職種と関係の無い職務については、簡略化してしまい、メリハリをつけるといいです。ですが、このまとめ方では、職歴全体像が分かりにくいので、「編年体式」の略歴をつけた方が親切です。

「キャリア式」は技術職や専門職の人に適した形式です。アピールすべき技術や技能を持っている方の場合、例えば、担当したプロジェクトごとに項目を分けて書くと、その実績や能力をアピールしやすくなります。また、何回か転職を繰り返している場合も、職種が一定しているなら、その職種のキャリアアップのプロセスを記すのに適しています。他に、職歴が短い人でも、職務内容を細分化することで、効果的にアピールできます。


メリハリをつけてアピール

職務経歴書を書く際、ただ自分の職歴を一覧にして並べるだけの人がいます。しかしこれでは、採用担当者はあなたに興味を持ってくれません。

応募企業で求められるキャリアやスキルを強調し、その部分は具体的に記入します。逆に不要なスキルやキャリアは軽く触れるだけで構いません。

アピール内容に強弱をつけて職務経歴書を書いてください。


転職活動では、求人企業ごとに求められるキャリアやスキルは違います。

企業が求める人材に完璧に合致しなくても、少しでもそれに近いことが伝わるように職務経歴書を作成することが、転職を成功させるコツです。

そのために職務経験の棚卸しを行い、どんなキャリアやスキルが採用担当者の興味を惹くか、考えながら職務経歴書を書いてください。


志望動機の書き方

職務経歴書の志望動機は、業界や職種の志望理由ではなく、その会社を志望した理由を書き、これまでの経験を活かして貢献したいという意欲を示します。

履歴書では書ききれなかった内容も、職務経歴書に盛り込みましょう。


志望動機はどの企業でも通用するような漠然としたものではなく、その企業にマッチした内容にすることが大切です。

求人企業の業務内容、独自性、商品力、経営方針など、他社との違いや優れた点を挙げ、貢献したいことをアピールします。

単に「~をやりたい」と書くのではなく、「これまでの~の経験を活かして、~である貴社で~をやって貢献したい」という形で書きましょう。


・履歴書に書いた志望動機を詳しく説明する
・その企業で活躍できる人材であることをアピール
・前職の経験を活かして貢献したいという熱意も述べる
・ダラダラと書かず、200字程度にまとめる


自己PR書の書き方

自己PR書は「何を」「どのように」アピールするかがポイントです。


1、企業が何を求めているかを把握
的外れなアピールにならないためにも、求人企業がどんな知識・能力を持った人材を求めているかを情報収集し、分析することが大切です。

 2、応募企業との接点を探す
自己PRに説得力を持たせるためには、応募企業との接点を示し、入社後にどんな貢献ができるかを説明することが大切です。

 3、自分の長所を仕事に絡める
自分の長所が仕事の場面でどんな効果をもたらすかをアピールします。「意欲」「向上心」「誠実さ」はどんな企業でも通用する長所です。

 4、簡潔に論理的にまとめる
冗長とした文章は避け、簡潔に書きます。また全体の構成を見て論理的な思考の持ち主かどうかが判断されるので、構成に筋道を立ててください。

 5、多すぎず少なすぎず
たくさん書けばアピールになるという考えは間違い。用紙サイズや文字量が指定されていない場合は、A4用紙1~2枚程度にまとめてください。


職歴を「キャリア式」で

職歴のまとめ方のもうひとつは、「キャリア式」です。この場合は、勤務先や年代にこだわらず、過去に経験した職務分野ごとにまとめる方法です。この「キャリア式」の場合、会社という視点よりも、職種という視点に重点が置かれています。ですから、強調したい職務やスペシャリティーの高さ、そして、あなたの専門知識をアピールできるメリットがあります。書き方のポイントは、最もアピールしたい職務から順に書いていきます。そして、その職務でどの程度の力量が、今あるのかなども詳しく書きましょう。反対に、希望職種と関係の無い職務については、簡略化してしまい、メリハリをつけるといいです。ですが、このまとめ方では、職歴全体像が分かりにくいので、「編年体式」の略歴をつけた方が親切です。

「キャリア式」は技術職や専門職の人に適した形式です。アピールすべき技術や技能を持っている方の場合、例えば、担当したプロジェクトごとに項目を分けて書くと、その実績や能力をアピールしやすくなります。また、何回か転職を繰り返している場合も、職種が一定しているなら、その職種のキャリアアップのプロセスを記すのに適しています。他に、職歴が短い人でも、職務内容を細分化することで、効果的にアピールできます。

オススメ転職エージェント

私達のお勧めの転職エージェントをご紹介いたします。
転職エージェントに登録すれば、上で記載したような転職のお悩みも直ぐ解決♪
私たちはこれからも
あなたの転職活動を応援します◎