2000年4月より健康増進法の一部を改正する法律が全面施行され、

公共の施設において原則屋内禁煙の場所が増えた。

一方で、客離れなどのデメリットもある中で、禁煙化自体が難しい業種もあるようだ。

2020年4月の法律改正で何が変わったか?

法律改正により、これまで敷地内禁煙の対象だった学校や児童福祉施設、病院に加えて飲食店や企業オフィスなども原則屋内禁煙となった。

参考:政府広報オンライン
法改正の簡潔な目的として『受動喫煙対策』であり、不特定多数の方へ健康被害を広げないための施策だと言える。これまで喫煙が当たり前だったパチンコ店も分煙(または全面禁煙)が義務化されたため、仮に煙草を吸いながらの遊戯にしても、指定煙草(加熱式煙草)でないと認められない。

また、喫煙と関連して歩き煙草・路上喫煙については、各自治体によって禁止条例の有無が変わる。路上の歩き煙草で全国初の禁止条例を出した東京都千代田区をはじめ、福岡市などで過料が決められている。

参考:歩きタバコのある自治体

一方で、歩きタバコを注意された者が暴行などで逮捕されるニュースもよく聞く。禁煙店舗での注意と同様、仮に違反している者がいても気軽に指摘できない世の中だからこそ、受動喫煙対策の意味や重要性を知っておくべきだ。

法律改正で本当に禁煙化が進んでいるのか?

正直なところ、この法律改正を受けて正直に禁煙化する店舗は全てではない。実際、灰皿を普通にテーブルに置いている居酒屋もあるだろうし、パチンコ店も分煙が難しいためフロアの大半を加熱式煙草の喫煙エリアにするなど、抜け道や問題点も多いと思われる

参考:パチンコ禁煙化によるデメリット

また、仮に店内を禁煙にしても店舗入り口での喫煙や路上へのポイ捨てが顕著になるだけで、歩行者の受動喫煙という新たなトラブルも生む可能性が高い。

個人的な意見であるが、法律を守らない店舗への処罰を厳しくするか、煙草の価格を上げるなど根本的なところから対策をしないと簡単には変わらないのでは。
私は10年前、ヘビースモーカーだった。

だが、健康について本気で考えて、煙草を吸うこと自体無意味だと気づいた。

今後は喫煙者のために、禁煙を無理なく進める方法や体験談などを掲載していきたいと思う。