マネージャー経験者による
実践的なリーダーシップ研修「Fusion」

単なる経験談だけじゃ意味がない。
かといって、実際に人のマネジメントについて
数多くの喜びも苦しみも楽しさも大変さも味わったことがない
ただの研修講師じゃ物足りない。

リーダーシップを身につけるための体系だてられたプログラムと事例に基づいた研修を望む方へ。
リーダーの育成は会社や組織の未来につながっていきます。
そんな思いを込めた「リーダーシップ研修 Fusion(フュージョン)」をぜひ活用ください。

リーダーシップ講師探しの悩み

  • 講師が実際のマネジメント経験がないため理論ばかりでイメージがわかない
  • 具体的な講師が実践した失敗や成功の事例がないので受講生にとって腑に落ち感がない
  • マネジメント経験を元にした講話は臨場感があるが体系だてられたフレームワークがないので受講生が実践できない
  • 講師が大企業の勤務経験がないので大企業ならではの人事異動や組織運営などへの理解が足りない
  • 講師がベンチャー企業の勤務経験がないので、大手企業向けの話のみでベンチャーならではのスピード感がある話ができない
  • リーダーだけではなく、ひとりひとりがリーダーシップを発揮する自立型人材によるチーム作りをしたい
  • 具体的な講師が実践した失敗や成功の事例がないので受講生にとって腑に落ち感がない

その悩みを解決します

元エンジニアで、マネージャー志望ではなかったからこそ

・何をしたらいいかわからない
・思いつくことをやるけどうまく行かない。逆効果。
・チームとしての成果につなげられない焦りと不安

といった経験と、でも、それを乗り越えることで

・チームとしての一体感につなげられた時のチーム力のすごさ
・チーム全員で目標到達した時の喜び
・スタッフやまわりから感謝される嬉しさ

への気づき。

そして、5名のチームから100名までのチームマネジメントを行い、ベンチャー企業から、一部上場企業での勤務経験に基づくそれぞれの企業でのマネジメントの進め方や速度の違いも熟知。

そんなマネジメントの酸いも甘いも経験し、また、単なる経験談ではなく、体系だてて伝えられるように研鑽を積んだ講師が、受講生に分りやすく、尚かつ、初めてのリーダーや日本に多いプレイングマネージャーが実践し成果につなげていける、セミナー・研修をご提供します。

受講生の声

本質を考えさせられる的を得たケーススタディが素晴らしいと感じました。

本質を考えさせられる的を得たケーススタディが素晴らしいと感じました。
EVでのエピソードが非常に印象的。
無意識に誰かを非難することで、自分を正当化する危険性。
これは、上司部下の関係性においても重要。
また、思っていることと出来ていることが違うことにも気づかされた。
出来ているつもりになって何も行動を起こさなければ、良い学びをしたとしても意味がない。
部下への感謝の気持ちが言葉となって自然に出る。
そうありたいとあらためて感じた。

上場会社メーカー レーザー設備部 K部長

自らの普段の行動を顧みる機会となり、今回の研修はよかったと思う。

自らの普段の行動を顧みる機会となり、今回の研修はよかったと思う。
自省も踏まえ、以下2点気づきがあった。

1点目は、自分では部下も出来て当然、出来ないのはおかしいと考えていた。
しかし「人はみんな違う」ということをあらためて認識すると、その考え方自体が間違っていたことに気づいた。
2点目は講習の中で、他のメンバーとの過去に言われて嫌だったひと言の議論の際他のメンバーの経験を聴き、自分も(良かれと思って)言ってしまっていることが多々あることに気づいた。

この2つの気づきをこれから留意していく。

上場会社メーカー 品質保証部 I課長

自らの可能性を最大限発揮するために、ポリシーを明文化することの重要性をあらためて感じました。

自らの可能性を最大限発揮するために、ポリシーを明文化することの重要性をあらためて感じました。
また、自らのアクションにおいて勝手に十分と思い込んでいた節があることを感じることができた。自分がリーダーとしてメンバーに貢献するという視点でのアクションが十分できているか?について考える癖をつけて行きたい。
自分を見つめなおすいい機会でした。

上場会社メーカー 成形事業部G技術部  M課長

何を言うのかより、誰が言うかによって伝わったり、伝わらなかったりする。正しいことが伝わるわけではない。

何を言うのかより、誰が言うかによって伝わったり、伝わらなかったりするという事。正しいことが伝わるわけではない。

怒る叱るは尊敬されてからという言葉が結構ズシンときます。
かりやさんの物腰柔らかい話し方、身のこなし、身振り手振りがこころにすーっと入ってきました。

歯科医院 N院長

先に手段ばかり考えてしまっていたことに気が付きました。

今まで後輩にどのようにすればもっと積極的に仕事に打ち込むことが出来るのだろうと、先に手段ばかり考えてしまっていたことに気が付きました。

まずは“プラス受信”で「後輩と共に成長できるチャンスなんだ」ととらえることから始めていくこと。そして、自己責任で自分にも何か原因があったのではないのかと、自分の日頃の行動、言動を見つめなおしていくことで解決法(手段の選択)が見つかってくるということを学びました。

後輩がチャレンジしやすい環境を作っていく。そのためにも自分が率先して色々なことに挑戦していきます。

歯科医院 Y主任

なぜその仕事をするのか?という部分がとても大事だと思う

なぜその仕事をするのか?という部分がとても大事だと思うとともにきちんと共通の認識として皆で理解した上でやり方、商品、サービスにおとしていく事が必要と感じました。
とても分かりやすく、個人的には「欲求のプロフィールシート」など直ぐに使用できるツールなどもいただけたので行動に起こしやすいと思いました。

卸売業 U事業部長

何かを変える前に自分の思考と行動を変えてみようと前向きに捉える習慣をつけたい

過程が大事と分かっていながら何かの成果を質よりもスピードで求めてしまうこと、言葉で外的を使わなくても空気感で威圧的になってしまうこと、相手に変わって欲しいと求めてしまうこと。

まずは自分が源泉。何かを変える前に自分の思考と行動を変えてみようと前向きに捉える習慣をつけたいと思います。

かりやさんは、穏やかで和やかでとても安全で安心な空間作ってくだり、とてもリラックスして受講させていただくことができました。ありがとうございました。

歯科医院 Kリーダー

困ったら来るだろうと思っていたが、人によってはまったく来ないメンバーもおり、そのようなメンバーとは知らず知らずの間に壁が出来ていたと思う

メンバーとのコミュニケーションを意識的に増やしました。
具体的には私がメンバーの席に行って、時間があれば30分ほどテーマの進捗、困っていることなどを聞いて回るようにした。

結果として、以前、トラブルが大きくなるまで、報告に来ないこともあったが、相談のような形で私が聴いて回ることにより、「困っていること」として、情報を入手できるようになった。
意識していなければ、私に報告しに来る人以外とコミュニケーションが取れていないということに気づいた。
困ったら来るだろうと思っていたが、人によってはまったく来ないメンバーもおり、そのようなメンバーとは知らず知らずの間に壁が出来ていたと思う。

上場会社メーカー 設備事業G 計測課 K課長

自らの普段の行動を顧みる機会となり、今回の研修はよかったと思う。

自らの普段の行動を顧みる機会となり、今回の研修はよかったと思う。
自省も踏まえ、以下2点気づきがあった。

1点目は、自分では部下も出来て当然、出来ないのはおかしいと考えていた。
しかし「人はみんな違う」ということをあらためて認識すると、その考え方自体が間違っていたことに気づいた。
2点目は講習の中で、他のメンバーとの過去に言われて嫌だったひと言の議論の際他のメンバーの経験を聴き、自分も(良かれと思って)言ってしまっていることが多々あることに気づいた。

この2つの気づきをこれから留意していく。

上場会社メーカー 品質保証部 I課長

いわゆる研修と違う4つの強み

1
実経験に基づくわかりやすい事例
5名~100名までのチームマネジメント経験による失敗事例から成功事例まで豊富な事例と共に、現場で起こる大小様々なケースについての経験に基づく講義により、単なる机上のリーダーシップ論に終わらない講義を行っています。
店舗から、ベンチャー企業、中堅企業までカバー
30名のベンチャー企業、一部上場企業双方の勤務経験、ベンチャー企業の立上げの他、独立後は雑貨店経営もおこなっていることで、店舗や医院クラスから、10名~80名程度のベンチャー企業、社員数800名規模の中堅企業、またベンチャーから事業拡大に伴い急激に組織が大きくなっている過渡期におけるチームづくり、その中でのリーダーシップの発揮など幅広く対応が可能。

経験則だけではない体系だてられたメソッド
単なる講師の経験に基づく、講師だからできるような自己流のメソッドではなく、多くのリーダーシップ論、心理学、行動科学を元に組まれた「メンタリングマネジメント※」をベースにしており体系だてて学ぶことが可能です。

※メンタリングマネジメント
アントレプレナーセンターの福島正伸によるメソッドで、航空会社やコンビニエンスストア、信用金庫などの大手企業の他、中小企業にも導入。
日本全国に21名いる公認資格「自立型人材育成インストラクター」としてセミナー・研修を実施
知識⇒実践⇒振り返りによる実践学習
リーダーシップは頭で学ぶものではありません。
また、研修におけるグループワークだけでも弱い。
研修で知識を得、グループワークと事例で腑に落とし、その次のステップとして、実際に現場で実践をし、振返ること。
そして、次の講義の際に、うまく行った事例、うまく行かなかった事例を参加者で共有するとともに、講師からのフィードバックによる実践学習が最も効果的です。

そのため、単発での研修も実施していますが、最も効果的な研修としては3回から6回の実践研修で知識習得、体感、宿題による実践、振返り、疑問解消による論理的かつ体感的学習を推奨しています。
店舗から、ベンチャー企業、中堅企業までカバー
30名のベンチャー企業、一部上場企業双方の勤務経験、ベンチャー企業の立上げの他、独立後は雑貨店経営もおこなっていることで、店舗や医院クラスから、10名~80名程度のベンチャー企業、社員数800名規模の中堅企業、またベンチャーから事業拡大に伴い急激に組織が大きくなっている過渡期におけるチームづくり、その中でのリーダーシップの発揮など幅広く対応が可能。

講師プロフィール

苅谷 浩司
株式会社ビーコネクト 代表取締役
経営コンサルタント
福島正伸認定 自立型人材育成インストラクター
ナポレオン・ヒル財団 認定インストラクター
東京都中小企業振興公社 商人大学校 講師
1966年東京生まれ。
法政大学経営学部にてマーケティングを学ぶ。

フューチャーアーキテクトにて、流通業・サービス業を中心に基幹業務システム再構築のITコンサルティング、プロジェクトマネジメントを行う。

プロジェクトチームのリーダーとなった当初は、メンバーからの質問には何でも答えようとしたり、考え・方法を押し付けることで、自分も苦しく、チームがまとまらなかったが、「思い込みのリーダー像」を手放したことで、うまくいくように。

以来、管理手法ではなく、人間行動学に基づいた「チーム力の上げ方」に興味を持つ。メンバー1人ひとりの力を最大限に発揮して、成果を出すことに重点を置く。
最大100名のプロジェクトチームを含め、チームマネジメント歴15年。


2004年8月株式会社ビーコネクト設立。

15年以上にわたるコンサルティング経験による企業の

■業務課題や経営課題の「見える化」と「解決」
■企業業務におけるIT活用
■行動科学に基づいた事業価値の明確化と商品・サービスの見直し

や100名までの組織リーダー経験による

■自立型人材の育成
■共に価値を創りだす共創組織のリーダー育成
■共創組織のチームビルディング
■プロジェクトビジネスの企画・運営

のコンサルティングや研修、セミナーを手掛ける。
主な実績

東京都中小企業振興公社
商人大学校講師(2017年~現在)
日本商工会議所青年部 全国大会
倫理法人会モーニングセミナー講話

デンタルオフィスYOSHIDA スタッフ研修
中里デンタルクリニック 全体研修
NPO法人オーダーメイドサポートこもも役員研修
NPO法人Loveaomoriproject研修

伊藤忠テクノソリューションズ プロジェクトリーダー研修
パナソニックプロダクションエンジニアリング 部課長研修

1966年東京生まれ。
法政大学経営学部にてマーケティングを学ぶ。

フューチャーアーキテクトにて、流通業・サービス業を中心に基幹業務システム再構築のITコンサルティング、プロジェクトマネジメントを行う。

プロジェクトチームのリーダーとなった当初は、メンバーからの質問には何でも答えようとしたり、考え・方法を押し付けることで、自分も苦しく、チームがまとまらなかったが、「思い込みのリーダー像」を手放したことで、うまくいくように。

以来、管理手法ではなく、人間行動学に基づいた「チーム力の上げ方」に興味を持つ。メンバー1人ひとりの力を最大限に発揮して、成果を出すことに重点を置く。
最大100名のプロジェクトチームを含め、チームマネジメント歴15年。


2004年8月株式会社ビーコネクト設立。

15年以上にわたるコンサルティング経験による企業の

■業務課題や経営課題の「見える化」と「解決」
■企業業務におけるIT活用
■行動科学に基づいた事業価値の明確化と商品・サービスの見直し

や100名までの組織リーダー経験による

■自立型人材の育成
■共に価値を創りだす共創組織のリーダー育成
■共創組織のチームビルディング
■プロジェクトビジネスの企画・運営

のコンサルティングや研修、セミナーを手掛ける。

セミナー・研修講師代

25万円~(3時間半)
  • 既存の定番リーダーシップ研修(3時間半)25万円+消費税+旅費(実費)です。
    ただし創業5年以内で10名~20名程度の店舗や医院、ベンチャー企業様などについては特別に15万円+消費税+旅費(実費)で受けております。
  • 最も効果的な3回~6回の連続式研修については、課題の提示と課題のフィードバック含めて1回の研修代として25万円+消費税+旅費(実費)です。(経営陣や人事部担当者との事前ミーティングも含む。東京の場合は対面で、遠方の場合は1回は対面、複数回必要な場合はZoomを使ったTV会議にて実施)
  • 地域の中小企業振興を目的とした、官公庁・経済団体および、商工会・商工会議所、NPO法人、社団法人、倫理法人会などの非営利組織からの依頼で、予算が決まっている場合は特別に定価以下で依頼を受けております。お気軽にご相談ください。

講師依頼の対応エリア

日本全国
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

旅費
渋谷を起点として会場まで1時間を超える場合は往復にかかる交通費の実費を別途請求する形となります。
また、当日内の帰社が困難な場合、ビジネスホテルの宿泊費を別途請求させて頂くか、もしくは主催者様に宿泊ホテルの手配をお願い致します。
※青森県、秋田県については毎月出張しています。
 該当期間中であれば東京からではなく、青森市、秋田市を起点とした交通費の実費で対応しています。
 まずはご相談ください。

講師依頼・お問合せフォーム

下記よりお問合せ下さい。3営業日中にご連絡を差し上げます。
3営業日を過ぎても返信がない場合は、お手数ですが再度ご連絡ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

会社概要

社名
株式会社ビーコネクト
設立
2004年8月30日
代表者
代表取締役 苅谷 浩司
所在地
〒150-0044
東京都渋谷区円山町6番7号
主な事業
経営コンサルティング
リーダーシップ研修
自立型人材育成研修
プロジェクトプランニング・ディレクション
あおもりビジネス実践塾(起業家育成)
代表者
代表取締役 苅谷 浩司