DAVAO

フィリピンには現大統領が市長を務めていた都市があります。

それがダバオです。
ダバオはフィリピン現大統領のドゥテルテ氏が
長い間市長を務め、その任期の間に、
ダバオをフィリピン一安全な都市に変えました。

ダバオは、フィリピン南部にあるミンダナオ島に位置します。
マニラ、セブに次ぐ第3の都市として有名であり、
人口もマニラに次いで第2位となっています。

また、気温や気候は比較的安定しており、
一年を通して種々多様なフルーツも味わえます。

その治安の良さ、そしてダバオならではの陽気で暖かい
親切な人柄などから、フィリピンに移住する人も多く、
とても暮らしやすい都市と言われています。

しかし、ダバオはまだまだ未開発の土地を残す、
大自然が隣り合わせの地域です。

あなたはここで、
日本では絶対に味わえない南国の大自然や、
都会の喧騒から離れた、
本当のリフレッシュを体験できることでしょう。

DAVAO
ツアープログラム

◆ 現地少数民族との
民泊体験


 フィリピンという国には
7,000以上の島があります
そして
100以上から、一説では200近くの
民族からなる多民族国家です

その為、フィリピンの諸列島では
多様な少数民族の文化が
未だに姿を変えずに残っています

このプログラムでは
そんな彼らと、同じ屋根の下で
寝食を共にするという
貴重な体験ができます

物質が溢れている日本での生活とは正反対
とも思われるこの地域の生活を

ここで実際に暮らす人々と交流し
またその数日間のみですが
体験することが出来ます

◆ 現地少数民族の子どもたちとの
異文化交流


現地の小学校を訪問し
そこの子どもたちと
文化交流ができます

目をキラキラ輝かせた子どもたちと
現地で古くから継承されている
独自の文化を体験し、学び

また、こちらからは
日本の文化を伝えて
お互いの文化を交流させます

相手のことを知る為には
まず、その背景にある
文化を知り、共有することが
第一歩になります





◆ ダバオ・イーグルセンターでの
ボランティア活動


ダバオには
フィリピンの国鳥にもなっている
フィリピンイーグルを
保護する施設があります

それがダバオ・イーグルセンターです

フィリピンイーグルは
羽を広げると2M以上もある鳥です
ダバオの大自然に負けない壮大さです

大自然の中に位置する
大きなこの施設で
貴重なボランティア体験ができます



◆ マンツーマン英語留学

 
このプログラムは、英語留学プログラムです
このプログラムでは
個別英語レッスンにより

「楽しく・早く・実用的な」
英語を学べます。

あなた専属の先生に
1対1でついてもらい
実際に先生と街に出て
公共交通機関を使った移動や
買い物ができます

まさにアルシチュエーションを体験し
行く先々で必要な英語を
実際に体験しながら学べます

この方法であれば
楽しく、最も実用的なので
短期でも十分な成果が
得られるでしょう

安全確保 と 費用概要

 SMILE CAMPでは、現地での長年の活動経験より、受入れ先の幅が広く、それぞれとの関係が親密であること、そして、数十年に渡りフィリピンでの活動を行い、フィリピン行政とも関係が深い当職員の日本人コーディネーターが同行して頂けること等の、他にはない条件が揃っています。

 従って、私たちのスタディツアーでは、決まりきったツアー内容ではなく、そのプログラムも多様であり、希望によりオリジナルの「オーダーメイドツアー」を組むことも可能です。

 安全の確保や活動内容に関しても、受け入れ先の方々との信頼関係の下、直接交渉をしておりますので、各アクティビティを「安心・安全」に行って頂けます。

 また、各地域に提携病院を確保しておりますので、万が一の事態でもスムーズに対応できる体制を取っております。

 料金に関しても、各プログラムは、別の団体へ委託することなく、当法人が直接的に関与して行っていること、や現地での市場状況を常に把握している為、無駄な出費を抑えています。
 従って、各種ツアーのコストパフォーマンス水準は非常に高くなっております。

安全の確保について

 SMILE CAMPの実施するツアーには、
当NPO法人SMILE CAMP理事、またNGO法人 RISE ASIA代表でもあり、
フィリピン現地行政機関と30年以上に渡り、数多くの事業を展開してきた
日本人コーディネーターが同行します。

ツアー中いつでも、何でも気軽に尋ねて頂けるので安心して下さい。

 

◆マニラでの安全対策
 マニラ首都圏での活動時には、ケソン市のHerbert M Bautista 市長から
 安全保障を受けます。
 また、万が一事故が発生した場合には、市長の伴侶である市議会議員の
 Maria Teresa Gana女史を介して市長と連絡をとる体制を構築しています。


◆ダバオでの安全対策
 ダバオ市及びダバオ市周辺での活動時には、IPHC(ダバオメディカル
 センター)と連携体制を取っており、万が一事故や病気等が発生した
 場合でも、早急かつ適切な対応が可能な体制を整えています。
 ダバメディカルセンターは、ダバオ地域では最上位の国立第三次医療施設
 であり、活動範囲はダバオ全域に及びます。


◆ツアー中の安全対策
 全日程において、引率者として当法人職員である日本人コーディネーター
 が同行します。(長期滞在については要相談) 


◆安全のための特別対策
 現地では、1人1台「パーソナル携帯電話」を無料で貸し出しています。
 こちらから支給の携帯電話を使って頂くことで、誤って多額の通信料を
 支払う等の心配もありません。
 また、この携帯電話は、常に同行コーディネーター、各種受入れ先の担当者、
 そして提携医療機関とダイレクトに連絡を取ることができます。


◆個人の安全確保の対策
 安全確保の為、集団行動を原則とし、個人行動は厳禁とします。
 また、誓約書の提出を義務づけます。



医療機関について

聖路加医療センター
ケソン市

診療時間:
 月~金 8:00~17:00
※緊急時時間外対応あり


聖路加医療センターは、最新の設備を備えており、海外からの医療ツアーを受け入れるなど、国際的な評価が高い病院です。

ホームページリンク

聖路加医療センター
グローバルシティ

診療時間:
 月〜金 8:00~17:30
 土   9:00~12:00
※緊急時時間外対応あり


聖路加医療センター(グローバルシティ)も、最新の設備を備えており、同様に評価も高い病院です。

ホームページリンク

Tokyo Health Link

診療時間:
 月〜土 8:00~20:00
 日   9:00~18:00



同病院は日本人が経営しており、
日本人対応室があります。
http://www.tokyohealthlink.net/japanese-assistance/

ホームページリンク

IPHC
ダバオメディカルセンター

診療時間
 月~金 8:00~17:00
 土   8:00~12:00
※緊急時間外対応あり


ダバオメディカルセンターは、地域の最上位の国立第三次医療施設であるため、救命救急等にも対応できる施設である。

ホームページリンク

旅までの流れ

STEP

1

SMILE CAMPに連絡を取る

     HP下部に、電話番号とEmailが記載されています。
     そちらよりご連絡ください。

     ※「HPを見ました」と言っていただけるとスムーズです。

STEP

2

ヒアリング

     面談にて、ヒアリングを行う為、日程を調整する。

     ※面談日程が合わない場合は電話・Email等
      でのやり取りも可能です。

STEP

事前説明会

     ヒアリング後、ツアー内容を決定します。
     そして、出発前に参加者への事前説明会を行います。

     ※原則として、事前説明会は安全確保の為にも必ず行います。

STEP

いざ出発!

     事前準備は完璧ですね。
     空港での団体手続き等の面倒な作業も
     スタッフが代行してくれるので安心です。

     後は、飛行機に乗って目的地へ!

STEP

2

ヒアリング

     面談にて、ヒアリングを行う為、日程を調整する。

     ※面談日程が合わない場合は電話・Email等
      でのやり取りも可能です。
SMILE CAMPより
【ご参加される皆様へのメッセージ】


SMILE CAMPスタディツアーで

あなたが 今まで知らなかった
新しい世界を

「知って」「体験して」「感じて」

そして、あなた自身の中の「変化」を感じてください


勇気を持って ご参加されたあなたが、
これから 体験することは
あなたの これからの人生の
あなただけの 大切な財産 となることでしょう

1つの出逢い、1つの体験、1つの旅が
これからのあなたの 人生の中 で
何か 大切なことに気付く旅 になれば幸いです
 

NPO法人 SMILE CAMP

TEL :070-6467-1023
Email:smilecamp.japan@gmail.com