スモールサンゼミNAGOYA・9期・第5回(通算101回目)

ウインクあいち・1208
(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)

「今後の経済動向と中小企業経営」

2017年をピークに今後徐々にスローダウンするとみられている日本の景気。

懸念される「米中貿易戦争」の影響や「紅い半導体」(中国産半導体)のインパクト。

AIやEVなど技術革新がもたらす100年に1回といわれる産業構造の変化。

――日本の中小企業を取りまく経営環境はいよいよ大きな変化の時代を迎えます。



経営者は、経営環境のそんな劇的変化にも「揺らぐ」ことなく、

また「遅れる」ことのない強靭な企業を作っていかなければなりません。

講演では、そうした企業づくりのための指針を示します。

今こそ、低金利、低倒産という「ぬるま湯」状態に慣れてしまった

企業経営者の意識変革が求められているのです。

開催概要

スモールサンゼミNAGOYA・9期・第5回
(通算101回目)
テーマ
「今後の経済動向と中小企業経営」
日 時 2018年 12月 17日(月)
会 場 ウインクあいち 1208会議室
◎JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
◎ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分

参 加資 格 Small Sunゼミ会員
スポット参加

ついて
Small SUnゼミメンバーでない方で、参加をご希望の方は下記メールアドレスにて、お問合せ下さい。
eri@smallsun.jp
懇親会 4,500円(予定) 
*近隣の居酒屋にて開催。
*講師の越智昌彦氏も参加します。
懇親会 4,500円(予定) 
*近隣の居酒屋にて開催。
*講師の越智昌彦氏も参加します。

講師紹介

・中小企業サポートネットワーク(スモールサン)主宰・エグゼクティブプロデューサー
・立教大学名誉教授
1951年名古屋生まれ。立教大学経済学部卒業。立教大学経済学研究科博士後期課程単位取得退学。東邦学園短期大学専任講師、名城大学商学部専任講師を経て、1993年4月より立教大学経済学部助教授。2001年4月より2017年3月まで同教授。

バブル経済の分析など経済学者として研究活動を続けながら、2008年以降「中小企業サポートネットワーク」の主宰として、中小企業への的確な情報の提供、経営者が主体的に参加する勉強会の開催など積極的に中小企業支援活動を展開している。BS11の「中小企業ビジネスジャーナル」ではメインキャスターとして番組作りにかかわるほか、テレビ東京「未来世紀ジパング」などでテレビのコメンテイターとしても活動している。

主催 スモールサン・ゼミNAGOYA

スモールサンゼミNAGOYA

経営者のための「知的サポートネットワーク」―それが“スモールサン”です。

Facebook

2018年度(第9期)講師のご紹介

山内 新人氏
コ‐クリエーション合同会社 CEO
(ゼミNAOYA地域プロデューサー)
「スモールサンゼミNAGOYAで何を学ぶか?~もっとコラボしよう!~ 」(8/20 講演)

「今期の講義で実践したこと・成果」(’19 7/22 講演)
倉都 康行氏
リサーチアンドプライシングテクノロジー株式会社 代表取締役
産業技術大学院大学 グローバル資本システム研究所 所長
「世界経済が日本に与える影響と対策」(9/18 講演)
内藤 真一郎氏 
株式会社ファインドスターグループ 代表
「新規事業・経営者人材の創りかた」(10/15 公開講演)
越智 昌彦氏
株式会社ひらく 代表取締役
八洲学園大学 准教授
「社員の社会人基礎力を養うのに経営者がしなくてはならないこと!」(11/19 講演)
山口 義行氏
スモールサン 主宰
立教大学 名誉教授
『世界経済が日本に与える影響と対策』(12/17,'19 6/17 公開講演)
影浦 泰一氏
株式会社東京商工リサーチ 取締役
生き残るための経営管理①
「どうなる?2019年の日本経済と中小企業経営を読む」('19 1/21 講演)
川野 雅之氏
有限会社川野コンサルティング
生き残るための経営管理②
「中小企業の生き残り戦略と金融動向」('19 2/18 講演予定)
野長瀬 裕二氏
摂南大学 経済学部 教授
首都圏産業活性化協会(TAMA協会) 会長
「モノづくりの現場からの最新レポート」('19 3/18 講演)
他、精鋭講師講演予定。
*各講師の講演日程及び講演テーマは変更する場合がございます。
越智 昌彦氏
株式会社ひらく 代表取締役
八洲学園大学 准教授
「社員の社会人基礎力を養うのに経営者がしなくてはならないこと!」(11/19 講演)

ゼミNAGOYAは、このような学びの場です。

向上心があり、意識の高い経営者仲間を作りたい
新たなビジネスを創出するアイデアが欲しい
愛知県内で、専門的な学びの場を探している
参考となる経営実践事例や経営ノウハウを得たい
中小企業に必要な経済情報や景気情勢を知りたい

このような方、ぜひご参加ください。

    • 中小企業の経営者
    • 専門的な学びを求める方
    • 経営課題を抱えている方
    • 最新の知識を勉強したい方

経営者のための「知的サポートネットワーク」
スモールサンとは?

現代は中小企業といえども、経営者が孤軍奮闘しているだけでは、いろいろな経営上の課題がうまくこなせない時代です。
そこで、中小企業支援の様々な専門家と経営者が接触する機会をもっと増やす必要がありますし、専門家の方もネットワークを組んで企業支援に当たらなければなりません。

2008年9月、私はこういう問題意識から中小企業サポートネットワーク「スモールサン(SmallSun)」という組織を立ち上げました。

中小企業(small business)のSmallとサポートネットワークsupport network)のSUNをとって、略称を「スモールサン」としました。
中小企業の1つ1つが「小さな太陽」となって輝いてほしいという意味もこめました。
現在このネットワークに加盟している中小企業経営者は1600名ほどにも上っています。

また支援者として、このネットワークに現在15名の専門家――彼らをスモールサンでは「プロデューサー」と呼んでいます――が常時かかわってくれています。
毎月2回会員向けにニュースを配信して、景気情勢など中小企業を取り巻く経済情報を提供したり、中小企業庁長官など行政担当者と私が対談して中小企業が知っておくべき中小企業支援政策などについても情報発信しています。

もちろん、専門家や経営者にも登場してもらって、中小企業が参考にすべき経営実践事例や経営ノウハウなども紹介しています。

さらに、スモールサンゼミと称して経営者自身が積極的に運営に関わる勉強会が全国に組織されていますし、マーケティングや人材育成、さらに海外進出といった個別テーマでセミナーをしたり、企業個別相談会なども実施しています。

私はこうした活動を通して、個々の企業が発展するだけでなく、中小企業の社会的地位の向上を果たしたいと考えています。
こうした理念に共感していただける方は、ぜひお仲間になってください。
なお、スモールサンの運営は㈱中小企業サポートネットワークが担っています。

中小企業サポートネットワーク(略称スモールサン)主宰
エグゼグティブプロデューサー/立教大学名誉教授 山口義行

スモールサンゼミNAGOYAの思い

中小企業経営者自らが、新しい産業の創出・革新の担い手となり、挑戦的でグローバルな視野を持つ経営者となるため、知的ネットワークを構築する場を提供しています。

そして受動的でなく能動的に、主体的に学び・幅広く情報発信し、情報交換・収集する場を作っていきましょう。