伝わる英語で夢を叶えませんか?

今までになかった
ネイティブ舌を手に入れるトレーニング 
土台を変えるから
ほんとうに、誰にでも、
ネイティブ発音が再現できる!


発音がキレイだと自信を持って話せる
だからもっと伝わる

正しい英語発音は、頭で覚えるものではないから、勉強しても身につきません。

あなたの耳がいいか悪いか、それも関係ありません。耳に頼って、音を真似て身につけるものでもないからです。そのような発音矯正の方法もたくさんありますが、結果を出せたとしても、何年もかかる、たいへん遠い道のりになります。

あなたに、英語の知識があるか、得意かどうかも、関係ありません。

逆に、今から英語を始めるという方には、発音から始めることをお勧めします。カタカナ英語をたくさん身につける前に、発音を身につければ、意味はわからなくても、正しい音が聞き取れるようになるので、そのあとの勉強も大変スムーズになります。

やり方はとても簡単です!
コツを意識しながら、
口の開け方をちょっと変える練習をするだけ!!
それだけで、本物の英語の音になるから、びっくりしますよ!

発音を学ぶ、というよりは「トレーニング」
だから、
本当に誰にでもネイティブの音が再現できるようになります。

NYで20年の研究からわかった、日本人が外国人のように発音できるようにするための、舌と口の動かし方トレーニング法『スライドメソッド』
あなたも試してみませんか?

著書はアマゾンでベストセラーを達成!
レビュー数136!

著書【ニューヨーク発 最強英語発音メソッド 日本人のカタカナ英語を克服する 英語発音”2週間”マスタープログラム】は、2018年7月の発売から1ヶ月弱でアマゾンのベストセラー達成!レビュー数136!
◎ スライドメソッド は、経験に頼ったり、CDなどの音源を使って似た音を出す、世によくある発音の矯正とはまったく違うメソッドです。神経運動学に基づいて、口の中に物理現象を起こす、いわばトレーニング!だから誰でも、いつからでも、身につけることができるのです!
◎ NYで20年、日本で教育されたカタカナ英語の発音に悩み、生きる自信さえも失いかけた日本人の「発音駆け込み寺」として、3000人以上の悩みを解消し、生きる勇気を与えている

◎ どんな質問をしても、口の筋肉と舌の位置で物理現象を起こしネイティブ発音を出す方法を、明確に答えてくれる、と生徒から絶大な信頼を得ている

神経運動学の観点からも「スライドメソッド」は
極めて効率的な英語発音矯正法です!

はじめまして!

モリヤマ先生のスライドメソッドに、私の専門である神経運動学の視点からアドバイス、またその効果を科学的に立証するために3年ほど研究チームに参加させていただいた細川晶生と申します。ご著書「ニューヨーク発最強英語発音メソッド」では、筋ゆる先生として登場しています。

研究の中で知った、日本語発音の特性を英語と比較した際の、根本的な違いには驚きました。生粋の日本人には特殊な方法を使わなければ、正しい英語発音は不可能なのだと。

モリヤマ先生が理論ではなく直感的にこのメソッドを発見し、十数年にわたり試行錯誤を繰り返しながら研究を重ね「日本人のための本質的な英語発音法」を確立され、それらすべてが、理にかなったもので衝撃的でした。

神経運動学の観点からもスライドメソッドでの発音矯正法は、極めて効率的な方法と言わざるを得ません。

ところで!キレイな英語発音ができないのは
あなたのせいではありません!

こんにちは!

最強のアメリカ英語発音法 スライドメソッドの開発者で講師のモリヤマハルカです。


今このページに来てくださったあなたは、発音のことでどんなことをお考えでいらっしゃいますか。


もしかしたら.....

日本で英語や英会話を教えていらっしゃるかな?

きっと、とても真摯にご自分のお仕事に向き合っているあなたは、ご自分がネイティブのように発音できないことを、心の中で恥ずかしく思っていらっしゃるかもしれませんね。


お子さんたちに教えていらして、ネイティブでもない私が、自分の発音を子どもたちに聞かせて真似をさせるような教え方で、このまま続けててもいいのだろうか。

そんなふうに、これからのこと、お子さんたちの将来のことを考えて、なんとかしたい、と思っておられるかもしれません。


または、
アメリカの本当に厳しい英語社会で生き抜いていらして、発音ができないことで、会議や商談の場のために、膨大な時間を割いて睡眠時間を削って準備をなさっていたり、準備をしてもしても、その前日には夜も眠れなかったりなさっていますか。


カフェやレストランで、簡単な単語なのに、何度もなんども聞き返されて、店員さんにもいやな顔をされ、もっと簡単な単語はないか、と探している自分がイヤになったり。


うまく伝えられなくて、オーダーしたものと違うものを渡されても、言い返せなくて、そのまま欲しいものを諦めて、そんな自分をダメな私とせめてみたり。

大きなことではないかもしれないけれど、生活の中でたびたび不便さを感じて、そんなことがあるたびに、苦しくなってアメリカでの暮らしが辛くなっていらしたり。


何かの集まりでも、話の輪に入れなかったり、みんなといても孤独を感じていらっしゃったり。


それとも
20年前の私のように、アメリカにキラキラした夢を見てやってきたものの、発音のせいで笑われて人間以下のような扱いで屈辱を味わう、そんな日々に、心がズタズタになっておられたりする方も、いらっしゃるかもしれません。


私自身も、カタカナ英語をバッチリ身につけてアメリカにやって来ました。


「カタカナ英語でなんとかなるさ」と思っていましたが、最初の数年間は、言いたいことが伝わらないことで、人間以下のような扱いも受け、本当に辛かった。


それから、発音指導の恩師と出会い、自分の発音と向き合い7年間学びました。その間に、指導者としても免許皆伝を得ました。


自分の学んだことが、他の日本の皆さんの国際社会での活躍の助けになればと、発音矯正をお伝えし始めました。


さらに、孤独を抱え、辛い日々を生きていた私を温かく見守ってくれた方たちがいてくれたように、私も同じようになれたらと思い、NYのマンハッタンで、厳しい英語社会で発音に悩む日本人の皆さんの駆け込み寺として、本当にたくさんのお悩みを聞き、その改善のために一緒に歩んで来ました。


まずはじめにお伝えしたいことがあります。

英語の発音ができないこと。
それは恥ずかしくもなんともないです。


あなたが英語の発音ができないのは実は、あなたのせいではなく、日本の英語教育のせいなのです。


日本人が日本語を話す口のまま、英語を発音しようとすることが間違いであることを知らず、ただ音を真似させるだけで、英語のように発音しよう、という教育。


さらに、全く違う音なのに、カタカナを英語の単語にふって読ませられた、あの日本の教育のせいです。


それから、発音が日本語なまり(Japanese Englishなどど言いますよね)でも、それは悪いことではないのです。


世界中の人が英語を話しますが、多くの国の人がそれぞれの国のなまりで話しています。


アメリカ国内で、ネイティブ英語発音の中にも、無数になまりは混在していて、ネイティブであってもそのなまりに悩む人もたくさんいます。


ただ、日本語のなまり、カタカナ英語で身につけてしまった発音というのは、英語の世界ではとても不便なんです。


そのカタカナ英語で話そうとする以上、日本語を発音している同じ口のままで発音しているかぎり、出て来る英語の音は、本来の音とはまったく違う音になってしまからです。


じゃあ、一体どうすればいいのだろう?というお話を、これからしていきますね。
きっとあなたの英語発音を改善するために、お役に立てると思います!


発音が改善すると...?

カタカナ英語を身につけた私たちは、多かれ少なかれ、発音にコンプレックスがあるのではないかと思います。


発音が改善するということは、そのコンプレックスがなくなる、ということです。だから、自信を持って相手と会話ができるようになります。


伝わっているだろうか?と、相手の顔色を気にしていれば声も小さくなり、それがさらに相手にいいたいことが伝わらない原因になるのですが、相手の顔色など気にせず、自信を持って話せるようになり、すると声もしっかりと出てくるので、さらに相手に伝わりやすくなります。


会話も弾み、相手と深く分かり合えるようになります。


人と接すれば嫌な対応をされることは、日本でもあることですが、そういう時に、英語の発音が気になっていたら、私の発音のせいだ、と自分をさげすんでしまうかもしれません。

でも、発音が気にならなければ、そういうことは考えないかもしれません。相手にきちんと対応してくれるように、堂々と申し入れることができるのではないでしょうか。


なんども言い返す不便さはなくなり、伝えたいことが一発で伝わる爽快さ。自分の耳にも、ネイティブ発音が聞こえてくるので、変化に気づいて嬉しくなります。


ビジネスマンの方なら、発音に自信があれば、堂々と話せ、説得力も増します。そして、あなたの思いはストレートに伝わり、信頼を得られ、商品に自信があることもそのまま伝わるようになり、商談が円滑になります。


また、このメソッドを始めた方がおっしゃるのが、相手の発音が聞き取れるようになった、ということです。

相手に聞き取ってもらえるだけでなく、 相手の発音も聞き取りやすくなるのです。 


日常会話だけではなく、昇進や進学のために勉強しているが、TOEIC / TOEFLの点数が上がらないと思っている方、リスニングが弱い、と感じておられる方、電話やZOOMなどで会議に参加したり、ネイティブとのやりとりをされる方にもとても効果的です。

スライドメソッドで発音が改善した
体験者の声

面白いほど英語が聞き取れるようになっています!

TVで流れる英文が聞き取れる部分が多くなってきていることを、面白いほど実感しています。アメリカのドラマを見ていて、字幕がなくても笑っている自分に気が付いてハッとしました。

英語に関して「聞き取れない」ことを、変に難しく考えすぎていた自分の鉄壁が取っ払われた感じがします。ネガティブなマインドが解放されました!
大石祥子

聞き取れなかった単語が聞き取れるようになりました!

海外に住み、簡単な単語なのに聞き取れなかった単語が聞き取れるようになりました。車のFMから流れてくるニュースや音楽も前よりは聞き取れるようになって嬉しいです!
Ai Kanaya

英語発音で聞き返されることがあまりありません。

英語圏在住ですが、発音で聞き返されることがあまりないです。

また自分の発音が間違っている場合に自分で気づくことができます。間違いに自分で気づくことができるのはとても重要だと思います。
Tadaomi Eto

英語を話す時のストレスが激減しました!

100%発音記号が読めるようになり、分からない単語を耳頼りにせず、辞書を見て正しい型を再現するようになれました。おかげで、心理的障壁が激減しました。

ネイティブが話している音声も、強弱や音の波のようなものが聞こえるようになりました。

英語で話すときはいつも挙動不審+それを隠してドキドキしていたが、そのようなストレスが激減しました!
Chikako Yamauchi

発音記号を見れば、「正しい音」が
わかるようになったのはすごいです!

発音記号を見て正しい発音、アクセントがわかる、というのは半年前の自分には考えられなかったことです。

人の目を気にする癖のある私でしたが、家族に白い目で見られながらも夜中に発音練習をしていました。いつのまにか「人からこう思われているかも・・・」そんな自分は(実生活のなかでも)どこかに消えてしまい、自分の信じたものを、自分の望む未来を手にいれるために向かっている、そんな思いが自分の軸となった気がしています。
Ayumi Maeda

これからの分がで仕方ありません!

先生に発音を聞いてもらうと、音を聞いただけで、「今舌が少しこうなってるでしょ、それをもう少しこうすればいいよ」というアドバイスを受けるのですが、それがとても的確で、その指導の通りにすると、魔法のように音が変わるので、驚きます。

こんなに楽しく、しかも続けられていることに、自分の今後が楽しみで仕方ありません。
Akiko Ikeda

早口ニューヨーカーの言葉がすんなりと耳に!

始める前と比べて、聞き取れるようになりました!onlineの会に参加した時、早口のニューヨーカーの言葉が、前よりもすんなりと聞こえてきたんです!

講座を聞いているとなんだか不思議と前向きになれます。メンバーのみなさんの雰囲気もとてもよくて、世界中で、繋がっている!というだけで嬉しいです。
Kumiko Yoda

 英語の歌も自信を持って歌えます!

英語はかなり聞き取りやすくなったと思います。

英語の歌も、まだ発展途上ながらも、気持ちよく、自信を持って歌えます。
Kazuyo Yoshida

ではなぜ?
私たちはネイティブのように発音できないのでしょうか...?

実は、言葉を話す時の私たちとアメリカ人の、口と舌の使い方には、はっきりとした違いがあります。


日本語を話す時わたしたちは、顔の(大きく分けて)3つの筋肉を協力して動かしています。このスライドメソッド では、その3つの筋肉が協力して動く働きを「筋肉連動」またその連動して動く3つの筋肉たちのことを「日本語連動筋」と呼んでいます。

その動きのおかげで、舌が固く固まり、日本語のキレのある音が出せます!だからその筋肉の動きは、日本語を話す時にはとても大切で必要なのですが、その筋肉連動こそが、ネイティブのように発音することを、邪魔しているのです!


それが、日本語を話す口のまま英語を話そうとする、日本の英語教育が間違いだ、とお伝えした理由です。


ここで少し余談ですが、お友だちにアメリカの方がおられたら、その方に「肩たたき」と言ってみてもらってください。私たち日本人はクリアに「た」を3つ続けて言うことができますが、彼らは、同じように言おうとしても途中で止まってしまったり、濁った音になったりしてしまうはずです。

私たちがネイティブのように発音するためには...?

わたしたち日本人が、ネイティブのようなキレイな発音で話すためには、
日本語を話す時に私たちが使っているその3つの筋肉の連続した動き「筋肉連動」をやめさせて、顎と舌を切り離して、舌だけを自由に動かせるようにする必要があります。



え?

そんな筋肉の連動した動きを止めることができるのか?と思われたかもしれません。


赤ちゃんの舌はとてもしなやかで、どの言語も話せる可能性を持って生まれます。

私たちも同じでした。



生まれてから、日本で育ったために、自然に、しかし確実に「日本語を話す」という
筋肉のトレーニングを積み重ねて、今普通に、わたしたちは日本語を話すことができています。



トレーニングで身につけたものですから、
今からでも、誰にでも、
英語を話すためのトレーニングをすることで
身につけることができます。



英語の勉強をした方なら、
こんなことを言われたことがありませんか?



「英語の筋肉は、日本語とは別のところを動かすからね。
だから、しっかりと頰の筋肉を動かして!!」



皆さんの中にも、こんな風に
言われるがままに、頰の筋肉を力強く動かした記憶がありませんか?


でもそれが実は逆なのです!


そのように、まるで筋トレをするように動かせば動かすほど、
先ほどお伝えした3つの筋肉(日本語連動筋)が、
より力強く、日本語を話すために、動いてしまう、筋肉連動が起こるのです。。。



ネイティブたちには、そのような筋肉連動はなく、
口(顎)と舌が独立して動いているため、舌もしなやかに自由に動き、
私たちが苦手なRやLの音もクリアに出せるのです。


ネイティブの口元をよく観察していただければ、
そのゆるい感じにお気づきになる方もおられるかもしれません!


このスライドメソッドでは、最初に、ひとつひとつステップを踏んで、筋肉連動を解き、その日本語連動筋を使わない口の開け方をしっかりと身につけます。



「日本語連動筋を使わない口の開け方を身につければ、発音矯正の95%は完了します」と言ってもいいほどです。


日本語連動筋を使わない口の開け方を身につけるステップは5つあります。
慣れれば、まるでギアを入れ替えるように、一瞬でできるようになります。



その発音矯正の95%の土台を身につけてから、系統立てて整理された方法スライドメソッド で、一つ一つの英語の音を口の型と舌の位置で物理現象を作り、再現できるようにトレーニングしていきます。


その方法は、スライドメソッドでネイティブ発音が身につく5つの理由の(3)コツが早くつかめる、のところでお伝えしますね。

スライドメソッドで発音が改善した
体験者の声

聞き返されることが本当に少なくなりました!

会話で聞き返されることが本当に少なくなりました。

通じない単語があった場合も、自分でその理由がわかるようになってきました。
アメリカ在住 TH

長年のR音コンプレックスが解消!魔法のようです!

スライドメソッドは、私にとって英語発音の壁を乗り越えるための魔法です。

特に単母音2「r」の音はずっとコンプレックスを感じてきたので、それから解放されたことに感謝しています。
HY

アメリカ英語ネイティブの娘からもOKが出ました!

初回のレッスンで「スライドメソッド の口の開け方」といつもear(耳)だと言われてしまう、【y(year)】の音を教えてもらいました。そのあと、英語ネイティブの娘に聞いてもらったら、いつもは大笑いで「耳!」と笑われるのに一発合格!今では発音自体も上達していると高評価を受けてます!
ニューヨーク在住 YB

確実に口の中の動きが変わり、聞き取りも格段に良くなりました!

昔から持っていた固定観念を根底からくつがえし、日本人にしか実感できない方法で発音が矯正されるハルカ先生のスライドメソッドに出会ったことで、確実に口の中の動きが変わったことははっきりとわかりますし、英語の聴き取りも以前に比べ格段にできるようになりました!
YM

本当の意味で、正しい発音とは何かを学びました。
あとは実践するのみです!

正しい音と、全ての母音と子音が(本当は)どうやって出る音なのか理論と実践の仕方を学んだことが自信になっています。

あとは修正をしていくだけ、という道筋がそこにあるので、やっていくだけです。
東京都在住 KK

最強英語発音矯正法「スライドメソッド 」とは?

日本語の口の動き(連動している)と英語の口の動き(連動していない)の違い
口の開け方を変えたあとの音の変化に注目して動画をご覧ください!

スライドメソッドで発音が改善すると...?

発音が改善するとどうなるのか?いうことは、すでに記載したのですが、ここではスライドメソッド で発音が改善すると?ということをお伝えします。


スライドメソッド は音を真似する発音矯正ではありません。


日本語連動筋をゆるめた土台に、系統立てて作られた、正確なネイティブ発音を出すための、口の型と舌の位置をトレーニング。


そのトレーニングは、発音記号に合わせてやっていきます。
土台を身につけ、母音と子音の口の型と舌の位置を学び終えるころには、ご自分で辞書を見て、この発音記号だったら、この口の型と舌の位置、ということがわかるようになります。だから、辞書さえあれば、どんな音も再現することが可能になります。


多くの方が学校で発音記号を習ったけれど、英語の発音に活かしておられないのを残念に思っています。発音記号は、本当にたくさんのこと、英語を正しく発音するためのたくさんの情報を教えてくれます。


ですから、スライドメソッドで発音記号と一緒にトレーニングを積み上げていくと、新しい単語に出会っても辞書があれば!発音記号を見れば、正しい音が出せるようになります。これから先もずっと使うことができます。


英語を組み立てている音の組み合わせはたくさんあります。そのため、音真似をして発音を矯正していたら、その組み合わせを耳に頼って覚えなくてはならない上、聞こえ方に差もあり、結局、英語を日常的に話すネイティブたちには、違った音として届いてしまう結果になります。


本来の発音の仕組みを知っていれば音は、正確な音は一つしかないのですが、それぞれの耳が聞き取る音が違うので、真似ができなくもなります。

さらに、言い換えると、ある音がある単語の中では音真似して出せても、他の単語の中で、他の音と組み合わさると、どう発音したらいいのかわからなくなって、途端に道に迷ってしまうのです。


音真似ではなく、きちんと正しい音が出せるようになれば、あとはその一つ一つの音をつなげるだけです。


また、ご自分にとって必要な単語を、このメソッドを使って発音できるようにしていくことができます。その方法も、このメソッドではお教えしています。


ビジネスマンの方には、ビジネスで使う英語を、主婦の方には、買い物やお友達との会話に使う英語を使って発音の矯正をしていただけます。

だから、今のあなたに必要な使える単語や文章が発音できるようになります!

その時、あなたがこれまで身につけてきた知っている単語は、伝えるための道具へと変わります。


スライドメソッド開発&講師プロフィール

最強英語発音スライドメソッド開発&講師モリヤマハルカ

モリヤマハルカ (もりやま はるか)

英語の発音矯正指導のプロフェッショナル、日本人のための発音矯正プログラム「スライドメソッド」開発/講師、パフォーマー・演技指導者。

NYで20年間、3000人以上の日本人の発音を改善、通じない悩みを解消。

生徒は、ビジネスパーソン、アナウンサー、俳優、パブリックスピーカー、弁護士、経営者、医者、ジャーナリスト、英語教師、歌手、フライトアテンダント、留学生、主婦まで幅広い。

1996年、24歳で演劇留学のため単身NYへ渡る。カタカナ英語の高い壁にぶち当たり、発音矯正専門家グリーン氏に7年間師事、その間に免許皆伝を受けた。

プロとして発音指導を続ける中、日本人とアメリカ人の口の動きの違いを研究し続け、英語発音をじゃまする日本人だけが持つ3つの筋肉のつらなった運動を発見。その筋肉の動きをゆるめるコツを体系化し「スライドメソッド 」を編み出した。

筋肉運動・神経学専門家の細川晶生氏が、医学的にも、スライドメソッド が有用であることを証明。

さらに、日本人がカタカナ英語を2週間で克服するプログラムとして、スライドメソッドのすべてを伝える著書を出版。『ニューヨーク発最強英語発音メソッド〜スライドメソッド 〜』は発売1ヶ月でベストセラーを達成(レビュー数132)

発音ができないのはあなたのせいじゃない、発音が原因で自信を失ってしまう日本人を一人でも少なくしたいという熱く強い思いで、今日も指導を続けている。

琉球新聞に記事掲載、他NY情報誌にも発音コラム連載、NY日本クラブで単発講座開催

千葉県生まれ。

スライドメソッドでネイティブのように
発音できるようになる5つの理由

1. 日本人に特化したプログラム

​日本語と英語の発音メカニズムの違いに着目し、生み出された日本人向けのプログラムです。

日本語の口の開け方では、英語発音はできません。
習慣的に使ってきた口の動きが舌を固め、聴きづらいカタカナ英語を招きます。

日本人のこのクセをとり、英語を滑らかに発音できる唇、舌、あごへの切り替えを根本からひとつひとつ丁寧に教えます。

これができれば、発音矯正の95%は完成です!

誰にでもできます!
ただしコツをつかんで正しく練習すれば!です

2. レッスンが楽しい。だから続けられる!

舞台演技指導経験をフルに使った、エンターテイメント性の高い楽しいレッスンです。
飽きさせません。だから最後まで続けられます。

レッスンは
・ライブ配信なので、疑問がすぐに質問、解決できる
・会員制のFBグループ内でも疑問を解消し、学びを深められる
・相談室や個人発音確認で講師に直接チェックを受けるチャンスが豊富
・どこを改善するのか、明確な指導が受けられる

せっかく始めても続かなかった、のでは身につきません。
このスライドメソッド では、たくさんの、楽しく続けて結果を出すための工夫があります。

3. コツが早くつかめる

鏡、録音、動画、様々なイメージを使い、復習し易く分かりやすいメソッドです。

大切なことは
1)日本語連動筋を使わない口の開け方(ギアチェンジ)
を身につけ

正しい英語発音のための
2)5つの口の型(笛)
3)13種類の舌の位置
4)2種類の天窓
5)2種類の声帯

これらを、母音と子音それぞれの音を通して、実践しながら、
物理現象をご自身の口で再現していきます。

このような音マネではない
誰にでも再現できるように確立されたメソッド
で、
初心者の方でも、
通常の英語ネイティブの先生の発音矯正では数年かかるレベルに、
個人セッションでは平均わずか11回で、
ライブレッスンとグループレッスンを合わせた
スライドメソッド+では半年弱で到達できます。

​日本語の筋肉の動きを理解した講師だからこそ、論理的に最短で指導します。

​4. 発音専門のスペシャリストが指導

講師は、アメリカ人の俳優やアナウンサーに標準語発音を指導する、発音矯正のプロの元で7年間師事、免許皆伝を得、発音矯正の指導をしてきた経験豊富なプロフェッショナルです。

指導者として、本物の英語発音を教える確かな土台があります。

20年間で3000人以上の日本人生徒(アナウンサー、俳優、経営者、駐在員、MBA留学生、主婦まで幅広く)指導してきました。

5. 一緒に学ぶ仲間の存在

発音矯正そのものは、一人一人が、自分に向き合うプロセスです。

でも、その道のりはひとりだと孤独で辛いもの。

このスライドメソッドには、スライドメソッド プラスという、会員制のFBグループがあり、ともに学ぶ仲間と交流したり、

つまずいたり、やる気がなくなったり、悩んだりしたときには、みんなであたたかく見守り、支え合い、逆に、発音を褒められた!などの嬉しいことも分かち合える、比較したり競争のない、あたたかいコミュニティがあります。
スライドメソッド で発音の悩みから解放され
ネイティブ発音が身につき
言いたいことが伝わるようになる。

相手の言いたいことも聞き取れる。

それだけではなく
豊かな英語社会の中で
あなたも堂々と自分の居場所を
手に入れませんか?

スライドメソッド発音改善した
体験者の声

心が健康に!
どうすればいいかわからなくて自信がなかったことが、発音というものが明確にわかるようになっただけ、やり甲斐が生まれ、心が健康になった気がしています!(スペイン在住 NI)
ニュースが聞き取れ、発音を褒められます!
ネイティブの発音がだいぶ聞こえるようになり、newsが俄然よく聞こえるようになりました。カナダ人と話していたら、発音がいいね、と褒められました!(SK)
微細な音の聞き分けができるように!
スライドメソッド での練習により、一音一音の精度が高まり、英語らしい深い音が少しずつでるようになり、諦めていた伸びしろを引き出してもらうことができました。英語を聴く力も高まったと感じています。やればやるほど、音が鮮明になっていく感覚です。微細な音の聞き分けができるようになりました。(東京都在住 CM)
ニュースが聞き取れ、発音を褒められます!
ネイティブの発音がだいぶ聞こえるようになり、newsが俄然よく聞こえるようになりました。カナダ人と話していたら、発音がいいね、と褒められました!(SK)
電話でもコミュニケーションが取れます!
英語でネイティブと電話でやり取りをしても問題なくコミュニケーションが取れるようになりました。身振り手振りなどの視覚的情報がなくても、音声だけで落ち着いて会話のやり取りができるようになったのはまさに発音矯正のおかげです。(カリフォルニア在住 TM)
発音記号を見て正しい発音がわかります!
発音記号が分かるようになったので、単語を調べたり、単語を覚える際も発音記号を見ればどのような発音をすればいいか分かるようになりました。その際に、発音しづらい単語があっても、発音記号が分かるのでどう発音してどう音をつなげるべきかのゴールが理解できる点は大きいです(音に頼って、手探りで発音アプリに発声し続けるようなことがないです)(アメリカ在住 TM)

〜1月から開催〜冬の短期集中コース ご案内

最短最速で結果を出したい方にお勧めします!

スライドメソッド は書籍も出しております。ですが、一人で書籍で学ぶには限界があります。

何か新しいことを学びたい時、例えば、テニスを「自己流でやる」のと「スクールに通う」のとでは、上達のスピードと結果に差が出るのは明らか、ですよね。

発音矯正でも同じことが言えます。特に、スライドメソッド は筋力トレーニングです。

あなたが抱えている発音に関する悩みや問題に、明確に答えを出せる指導者と一緒に、コツをつかんだトレーニングをすることで、あなたの求める結果に早くたどりつくことができます!

またこの短期集中コースでは、本ではお伝えできなかった、発音のコツも盛りだくさんでお伝えしていきます!

コース詳細と特徴

・Zoomを使用した、全7回 計14時間で、英語発音の全ての音を楽しく学ぶ、オンライン講座

・「ニューヨーク発 最強英語発音メソッド」著者、モリヤマハルカによる直接講義

・毎回、日本時間の土曜日22時から2時間のレッスンにリアルタイム参加可能

・参加者限定のfacebookグループにご招待

・レッスン内 及び FBグループ内で質疑応答

・コース期間中に、参加者向けライブQ&Aを、2回開催

・各レッスンとライブQ&Aは7日間、録画の視聴も可能

期間:2021年1月30日〜3月13日 全7回
曜日と時間:毎週土曜 日本時間22時〜24時
(すべて日本時間表記です、海外にお住いの方はご注意ください)

第一回:1月30日(土) Day1〜2    基本位置、単母音1〜2
第二回:2月06日(土) Day3〜4    単母音3〜10
第三回:2月13日(土) Day5〜6    破裂音・鼻音1〜22
第四回:2月20日(土) Day7〜8    破裂音・鼻音3、摩擦音4〜5
第五回:2月27日(土) Day9〜10    摩擦音6〜8、かつ音1〜3
第六回:3月06日(土) Day11〜12  側音、破擦音1、2、二重母音1〜5
第七回:​3月13日(土) Day13〜14  二重母音6〜10、リンキング

コース参加資格

1)レベルは問いません!英語を話したことのない方も大歓迎

2)真剣にアメリカ英語発音を学びたい方

3)競争意識を持たず、マイペースに学ぶ方

4)他人を尊重し、ポジティブで優しい方

5)他の参加者のプライバシーを守れる方


楽しく健全な雰囲気の中で、本気で結果を出すコースです。

以上の条件を満たさない方、約束できない方は、参加をお断りします。

よくある質問

  • Q
    わからないことがあったらどうしたらいいですか?
    A
    ZOOMを利用したオンラインレッスン、ライブQ&A、参加者限定のFacebookグループなどで、質問して疑問を解消しながら進みましょう。
  • Q
    やってみたいけれど、もうだいぶ年齢がいっています、できるでしょうか?
    A
    発音は口の中で起こるシンプルな物理現象です。しかも、筋トレは逆効果ですから、筋肉の緩め方を具体的に覚えていくプロセスとなります。何歳でも遅すぎるということはありません。いつからでもできます。
  • Q
    レッスンに毎回ついていけるか心配です。
    A
    モリヤマのレッスンはいつも、たとえが豊富でわかりやすく、楽しい、だから続けられる、と好評です。心配なことがあれば、ライブQ&AやFacebookグループで相談してください。
  • Q
    成果は保証してくれますか?
    A
    講座を「聞いただけ」「知っただけ」で結果を求めても、思うような成果を出すことは難しいでしょう。

    発音は音真似ではありません。
    口の筋肉や舌の使い方を実践すれば、誰でも同じようにできる、物理現象です。

    講座で学んだことを、自分の口で、その物理現象が再現できるまで、実践する。
    その実践を積み重ねて行くことが成果となります。

    スライドメソッドは、日本人の口でネイティブ発音を、より早く、確実に成果を出せるメソッドです。

    ですが、発音の勉強をコツコツ続けることは、一人ではツラい道のりです。
    疑問がたくさん湧いてくるでしょうし、投げ出したくなることもあるでしょう。

    そのために、レッスン中はもちろんのこと、ライブQ&AやFBの特設グループを使って、あなたの実践をサポートする場を提供します。

    毎週のレッスンに参加、もしくは録画を見て、簡単な課題をこなすことのみに集中してください。
    7週間の間、それさえ守り通せれば、必ず効果を感じられるはずです。

    あなたが行動すれば、した分だけ成果は必ずついてきます。一緒にがんばりましょう!
  • Q
    このお値段は一回の料金でしょうか?
    A
    今回、新たなサービスの提供のコンテンツ作成に役立てる目的もあり、大変お安く提供させていただいております。このような格安でのご提供は滅多になく、また次回開催の場合は、金額もあがります。ぜひこの機会をご利用いただきスライドメソッド を体験、体得していただけたらと思います。
  • Q
    やってみたいけれど、もうだいぶ年齢がいっています、できるでしょうか?
    A
    発音は口の中で起こるシンプルな物理現象です。しかも、筋トレは逆効果ですから、筋肉の緩め方を具体的に覚えていくプロセスとなります。何歳でも遅すぎるということはありません。いつからでもできます。

参加費とお支払い

著書ニューヨーク発最強英語発音メソッド

■ コース参加費:¥5500/$50

■ お支払方法:PayPal(クレジットカード可能)/銀行振込

■ 使用するテキスト:「ニューヨーク発 最強英語発音メソッド」

英語の発音で悩んでいるあなたへ

わたし自身もみなさんと同じように、日本で英語教育を受けて大人になりました。

そして24歳でアメリカに渡り数年間は本当に本当に苦労しました​。

英語発音ができないことで、相手にされない。
そんな経験をして、どうにかしたい!と英語発音矯正の先生のもとを訪ねて努力しました。

今わたしがお伝えしていることは、あのころのわたしが、もっと早く教えて欲しかった!と、思うことばかりです。

できるだけわかりやすく、最短最速で、本物の英語発音を身につけてほしい。

そう願って、レッスンを続けています。

発音が苦手で自信がない
そのために尻込みしたり諦めたり

英語発音のそんな悩みはもう解決して
自信を持って生きていきませんか?