国公立大学[ 前期試験] 小論文指導 
センター試験C判定から大逆転添削
後期試験は結構チャンスです!
先着10名(1月募集です)
2週間の指導で
合格答案に!
 

小論文答案指導
群馬県高崎市
スカイ予備校
(通信制全国対応)
私は、受験生の人生を変えてきました

10回書くだけで合格レベルの答案になります。 
先着限定10名のみ→残り1名
通信制・全国対応 後期試験まで2週間あれば
20回の答案が可能です。前期試験終了後でも十分間に合います

みなさんこんにちは。スカイ予備校の小論文担当の五十嵐です。

私の小論文添削で【人生を変えた】女子高生の話をします。
彼女は、センターC判定以下からの逆転でした。

かつて私が担当した生徒Aさんは、どこにでもいる普通の女子高生でした。
Aさんはセンター試験までまったく小論文の勉強をしたことがなく、
模擬試験で1回だけ受験しただけだったそうです。

第一希望は、県立看護大学でした。
しかし、最近は医療系の人気が高く、看護学部、理学療法、作業療法など
男女を問わず人気があります。

これらの大学に共通していることは、個別の2次試験では小論文と面接があり、
点数化されているということ。
しかも、センター試験と2次試験の比率がセンター重視です。
だから、センター試験が終わるまでは、センター試験中心の勉強であることは、
しょうがないことだといえます。

Aさんも、そんな受験生の一人でした。
しかし、残念ながらがんばってきたセンター試験で失敗し、目標点よりも
40点も低い点数でした。

大手予備校のセンターリサーチの判定は、B判定よりも15点低い位置。
おもいっきりC判定以下です。

はっきり言って逆転は難しい状況です。

彼女は、夏のオープンキャンパスに参加して、県立看護大学が好きになり、
どうしてもこの大学に行きたいと強く願うようになりました。

しかし、センター試験で失敗したため、高校の担任の先生や両親からも
志望大学の変更を余儀なくされたのです。

どうしてもあきらめたくなかった。
この大学で勉強をして、看護師になりたい
という強い気持ちがあったのです。

「絶対に志望大学を変えたくない!」

そんな気持ちで、Aさんは担任の先生と両親を説得して、この県立大学を
受けることにしました。 私立大学も受験し、県立大学が無理ならば、
私立に行くことを約束してです。

センター試験後、私との小論文のやりとりが始まりました。
最初は「志望理由」という軽いテーマから始まりました。
これまで文章を書いたことのない彼女の答案は、はっきり言って合格答案から
ほど遠いものでした。

自分の情熱を、どう文章にしたらいいのかわからなかったのです。
それを順序立てて、わかりやすく書く方法がわからなかったのです。

センター後に小論文試験対策を開始したため、私立の入試と重なり
2月上旬までは非常に過酷な日程だったようです。

彼女の文章が変わってきたのは、5回目以降の添削が終わったころです。
小論文で一番大切なことは、構成と展開です。

構成ができていない小論文の答案は、読みにくいものとなります。
また、展開が弱い小論文の答案は、説得力に欠けます。
よく小論文を書き慣れていない受験生は、時間が足りずに満足した答案が
かけず、時間終了となります。  

これでは、絶対に合格できません。
Aさんは、私の厳しいリクエストにがんばって耐え、2日に1本のペースで
答案を仕上げて来ました。

その結果、彼女の答案の実力はみるみる上がり、10回目が終わるころには、
合格するのに十分な答案レベルになったのです。

私は、「行ける!合格できるかも!」と感じました。

そして、Aさんは、無事県立看護大学の前期試験に合格できました。
センターリサーチでは、思いっきりC判定以下でした。 しかし、結果は合格です。

センター試験の失敗を逆転できました。
彼女からメールで合格の知らせを聞いたとき、私は本当にこの仕事をしていて
良かったと感じました。 

教えた生徒が合格する瞬間は、予備校講師をして、これ以上うれしいことはありません。

特にセンター試験で失敗して、逆転合格した生徒であればなおさらです。
彼女の合格の裏には、センター試験のリサーチ結果に安心し、小論文試験の対策を
しなかった受験生が数十人いると思います。

そのような受験生もしっかりとした小論文指導を受ければ、
彼女に逆転されることはなかったでしょう。

小論文という試験科目は、あまり適切な指導を受けたことがない
受験生が多いため、センターで有利になっても、2次試験で逆転されてしまうのです。

しかし、それは受験である以上、仕方がありません。
その受験生の人生もある意味、変わってしまったのかもしれません。


Aさんの例でいえば、約60点以上逆転したことになります。
しかも、センター試験450点、小論文100点、面接100点という配点です。

たしかにAさんは、県立看護大学に行きたいという強い希望があったため、
面接の点数は低くはなかったと思います。しかし、面接で40点も50点も
他の受験生と差がつくとは思えません。

だから、小論文で逆転できたと言えます。
もし、彼女が私の小論文添削を受けなかったら100%合格はしていないと思います。
これは断言できます。

だから、ある意味、私はAさんの「人生を変えた」とも言えます。
特に看護師という仕事は、国家資格ですから、一度取得すれば
一生その資格を活かせます。
理学療法士や作業療法士、教員なども同様です。

私は毎年受験生とかかわれることを誇りに思っています。

そして、合格発表の日に彼らの人生を良い方向に変えたという
満足感・達成感で満たされます。

しかし、受験生本人はもっと感動し、一生忘れないことでしょう。
たった1,2ヶ月の付き合いですが、適切な小論文指導を受けただけで、
第1志望の大学に合格できるのです。

今まで文章を書くのが苦手だった、という受験生は心配はいりません。
みんなそうですから。私は毎年2月から3月末にかけて、国公立大学の
の発表があるまで、かかわった生徒の合格だけを考えています。

だから心配は不要です。
あなたが合格レベルの答案になるまで、完全にサポートします。

逆に「文章を書くのが好き!」という受験生のほうが、
合格答案になるまでに時間がかかります。
好きなことを、だらだらと書いてしまうからです。

小論文の答案に大切なものを、再度確認します。
それは、「構成」と「展開」です。
それらは、教材「小論文の基本講義」で説明しますので、是非聞いてマスターしてくださいね。

もし、小論文試験の対策で不安やお困りな点があれば、お気軽にお電話ください。
私、五十嵐が直接お電話でお答えします。

お問い合わせ先 
フリーダイヤル 0120-595537 
スカイ予備校 小論文担当 五十嵐

追伸: 小論文添削は時間がかかります。無制限コースは、【先着限定10名のみ】です。
私は、試験までは、その10名の受験生の合格のために24時間を使っていく予定です。 

添削費用11万000円は決して安い金額ではありません。 
しかし、11万0000円で国公立大学に合格できれば、高いですか?
4年間の学費の合計を考えたらどうでしょうか?
しかも自宅から通える大学であればなおさらです。ご検討ください。

●学芸大学、慶応大学SFCを受験する方は別のコースになります。
特に、学芸大学はこれまで6人指導して、6人全員が合格しています。
2017年にはセンターリサーチD判定から合格した生徒もいます。

【注意】一度納入した金額は、一切返金できませんので、ご了承ください。

担当講師 紹介

五十嵐 弓益 
(スカイ予備校 塾長)
公立大学工学部卒業

小論文添削指導歴 20年
これまでに指導した生徒は
のべ500名超

<担当者からのメッセージ>
センター試験後から始める小論文指導。たった10回の添削指導で合格答案が書ける。小論文は正しい指導を受ければ、短期間で合格できる、とてもコスパのいい科目です。
ご相談、ご質問はお気軽にお電話ください。

tel 0120-5955-37

お問い合わせ   tel 0120-5955-37
(毎日土日も10:00-21:00)
お申し込みはこちらから(24時間)

よくある質問(Q&A)

Q
料金はいくらぐらいですか?
A
下記の添削指導料をご覧ください。
Q
文章を書くのが苦手ですが、大丈夫ですか?今までに答案を書いたことがありません。
A
全く問題ありません。逆に文章を書くのが苦手の生徒さんの方が短期間で伸びます。
Q
看護医療系と教育学部以外の学部の入試の添削はありますか?面接内容にも対応していますか?
A
小論文の基本は同じなので問題ありません。これまでに看護医療系と教育学部の受験生が多く、合格率が高い傾向があります。私立大学などの小論文指導も可能です。小論文ができるようになると、面接の点数も上がります。論理的に説明することができるようになるからです。
Q
申し込みの流れはどんな感じですか?
A

お申し込みフォームはこちら
(振込口座を自動メールでお送りします)

五十嵐から生徒さんへ電話し、カウンセリング(ヒアリング)にて受験校などの確認

入金処理(銀行振込でお願いします)

指導スタート(最初に小論文の基本動画を配信します。最初にそれをみてください)

Q
教材は何を使いますか?また答案の提出や添削はどのような形ですか?質問がある場合はどうしたらいいですか?
A
教材は過去問題があれば、それをやります。ない場合は、五十嵐が用意します。答案は市販の原稿用紙で書いて、ラインで写真をとって送ってください。それを添削し、動画にて解説して返却します。動画にて、あなただけのオリジナルの添削を返却します。質問があれば、ラインで連絡ください。
Q
他の小論文指導塾、サービスと何が違いますか?
A
一番の違いはこれまでに毎年多くの小論文指導をしてきた塾長が直接指導することです。他のサービスでは大学生や大学院生が添削をする場合もあります。また再提出なども時間がかかります。

そして、添削して「ここがダメ」というダメ出しの添削が多いと思います。ダメだしは、誰でもできることで、「ではどうしたらいいのか、改善策は何か?」という視点がないと意味がありません。単なる批判ではなく、どうしたらいいのか。この指導が生徒さんの答案の質をあげるフィードバックになります。

また添削などを動画解説で返却します。そのため、情報量が違います。他のサービスでは提出した答案の余白に、赤字でアドバスがあるだけで、少ない余白に抽象的なアドバイスをもらっても、次に何をしていいのか困惑します。一方、スカイ予備校では、「この一文は論理が飛躍しているので、・・・・・という視点で書いたほうがいい。そして、プラスアルファとして、・・・・という切り口で書くと追加点が望める」ということを五十嵐が動画内であなただけのアドバイスをします。情報量を比べてみてください。
Q
提出した答案はどのくらいの期間で返ってきますか?
A
2日以内を目安にしてください。これまでは一応24時間以内に返却はしています。
Q
高校の先生が添削をしてくれるようです。高校の先生とスカイ予備校の五十嵐先生の指導内容が違ったらどうしたらいいですか?
A
学校の先生(特に国語の先生)が添削をしてくれるケースもあります。これはこれで結構注意が必要です。
特に担任の先生だと断れませんね。

国語の先生は、普段学校の授業で読解を教えています。これは筆者の主張をいかに読み取るか、がポイント。
小論文は、自分の意見をいかに読み手に伝えるか、がポイント。つまり、180度違うものです。

その先生は毎年何十人も小論文の指導をして、合格者を多数出していれば、力のある先生と言えます。
しかし、そうでないのならば・・・・・

私は毎年、多くの受験生に小論文指導をしているのですが、ほぼ100%の生徒が高校の先生の小論文指導を並行して受けます。いや受けざるを得ません。そして、ほぼ100%その先生の指導と私の指導が合わず、生徒さんは困惑します。

そんな時、私はその生徒に言います。
「私と学校の先生の指導が違う場合、納得できる方を選んでください。」と。

これまでの生徒で、私を選ばなかった生徒は一人もいません。
そして、みなさん合格して行きます。(合格実績は一番下にあります。)

誤解して欲しくないのは、学校の先生が「ダメ」なのではありません。
学校の先生は、小論文の指導の経験が少ないだけなのです。
Q
途中でコースの変更はできますか?
A
回数を追加することはできますが、その場合は料金表に書かれたコース分の追加費用がかかります。差額とはなりませんので、ご注意ください。
Q
答案の原稿用紙は市販のものでいいですか?またどうやって提出、返却されますか?
A
書いた答案は写真を撮り、ラインで送ってください。それを添削した解説動画(非公開のYouTube)を作りますので、そのURLを送ります。そこで解説動画をチェックしてください。その時に、詳細なアドバイスをしますから、メモを取り、次回の答案作成に役立ててください。

なお、解説動画は短くて2分、長い時は30分近くなります。おおよそ5−10分以内の内容となります。レベルが上がれば上がるほど、動画解説は短くなります。
Q
後期試験だけ、小論文試験を受けますが、それでもいいですか?また前期で受かったら後期試験は受けません。この場合どうしたらいいですか?
A
後期試験で小論文試験がある場合は、今から準備をして、1週間に一度程度の提出で良いと思います。そして、前期試験が終わったら、すぐに後期に向けて準備をすることお勧めします。毎日、答案練習をしましょう。

前期試験終了後から発表まで2週間程度ありますから、後期試験の勉強が有利にスタートできます。前期試験で合格し、後期試験を受ける必要がなくなった場合であっても、論文の勉強は大学生になってから必要なスキルであるため無駄になりません。前期合格の場合、特別に3月末まで小論文の添削を実施します。大学に入ってからこの勉強が無駄にならないようにします。

そして、前期試験が不合格の場合、多くの受験生は前期発表から慌てて勉強を始めます。後期試験まで5日くらいしかありません。そんな短期間で小論文をマスターするには難しいと思います。
Q
料金はいくらぐらいですか?
A
下記の添削指導料をご覧ください。

添削指導料(全て税込)


添削10回            66、000円(税込)
添削10回+面接指導(60分X5回)110、000円(税込)

添削15回            88、000円(税込)
添削15回+面接指導(60分X5回)  143、000円(税込)

添削20回以上(期間内無制限)  110、000円(税込) 
添削20回以上(期間内無制限)+面接指導(60分X5回)165、000円(税込)

学芸大学専門コース  
 添削20回以上(期間内無制限)  165、000円(税込)  
 添削20回以上(期間内無制限)+面接指導(60分X5回)220、000円(税込)

慶応大学SFC専門コース  
 添削20回以上(期間内無制限)  165、000円(税込)  
 添削20回以上(期間内無制限)+面接指導(60分X5回)220、000円(税込)

*一度の納入された費用は、一切返金いたしませんので、ご了承ください。
(無制限コースは試験まで2週間あれば20回以上の添削が可能です。
直前期は1日2−3本は書けます。合格答案を確実にしたい方は
無制限コースをお勧めします。)

お申し込みはこちらから

スカイ予備校概要
合格実績

ここ数年の小論文指導の合格実績

(国公立大学:推薦含む)
群馬大学、高崎経済大学、群馬県立女子大、群馬県民健康科学大学、前橋工科大学、東京学芸大学、宇都宮大学、和歌山大学、埼玉県立大学、弘前保健大学、茨城県立医療大学 他

(私立大学)
早稲田大学、慶應大学、中央大学、立教大学、法政大学、明治大学、日本大学、専修大学、東洋大学、駒澤大学、立命館大学、国学院大学 他

(医療系大学:推薦含む)
群馬大学(看護)、群馬県民健康科学大学(看護)、岐阜県立大学(看護)、パース大学(看護)、新見公立大学(看護)、京都府立医科大学(看護)、大分大学(看護)、埼玉県立大学(看護・検査)他

アクセス

スカイ予備校

■電話受付
 14:00~20:00 ※土日祝除く
■mail
 info@sky-yobiko.com
■アクセス
 高崎市下小鳥町 ケンタッキーより徒歩1分(とりせん小鳥店横)