お客様の声の紹介

<7歳男の子のお母さん>
受講前の息子は登校しぶりの状態で、暴言暴力が出てくるようになって一刻も早くなんとかしたいのに、必要な支援を受けられずに困っていました。

受講後、本来のニッコリ笑顔が増えできる行動も増えました!周りを気遣う優しさも出てきました。

私は母としての自信を取り戻し子育ての軸をしっかり持てるようになりました。
<6歳男の子のお母さん>
園の行事に出られない母子分離不安傷つきやすいなどに困っていました。

受講後、去年は出られなかった行事に出られました!
園で嫌なことがあっても回復が早くなりました。
園での出来事や自分の好きなことなど、いろいろなことを話してくれるようになり、親子の会話が増えました。
<4歳男の子のお母さん>
息子の不安の強から私から離れられず、一緒にいてイライラすることが多く困っていました。
療育相談に行っても「様子見」とされ、具体的にどうしたらいいのか分からず困っていました

受講後、やる気がUPして興味が広がりました!
私と一緒じゃなくても夫と二人でおでかけを楽しめるようになりました。
イライラが激減して、親子で笑顔でいられる時間が増えました。
<5歳男の子のお母さん>
療育に1年間通っても、成長に物足りなさを感じ、自閉症スペクトラム(ASD)と診断された息子に家庭でできることを探していました。

受講後、息子と目が合う回数が増えました!
息子と心が通い合うようになりました。
息子を褒めたくても褒められなかったのが、自然に褒められるようになり、親子で自信をつけていくことができました。
<6歳男の子のお母さん>
園の行事に出られない母子分離不安傷つきやすいなどに困っていました。

受講後、去年は出られなかった行事に出られました!
園で嫌なことがあっても回復が早くなりました。
園での出来事や自分の好きなことなど、いろいろなことを話してくれるようになり、親子の会話が増えました。

こんなお悩みはありませんか?

  • 新しいクラスに慣れるのに時間がかかる

  • いつもとちがうことが苦手
  • 切り替えが苦手
  • 新しいことができるのに時間がかかる
  • 不安が強い
  • 人前での発表などの本番に弱い
  • いつもとちがうことが苦手

このような方におすすめです!

  • 長い間、療育に通っても思うような成長が見られない
  • 「見守るように」と育児書に書いてけれど、いつまで見守り続ければいいのか分からない
  • つい他の子どもと比べてしまって自己嫌悪の嵐
  • 子どもがグズグズするとイライラしてしまう
  • 療育相談に行っても「様子見」とされ、頼るところがなくて困っている
  • 長い間、療育に通っても思うような成長が見られない

この小冊子では
ストレスに弱い男の子の
自立力を伸ばす方法
をお伝えします!


自立力を伸ばす
脳を育てるおやこ遊び
を2つプレゼント!

脳を育てるおやこ遊びをすることで
得られるメリット

ストレスに弱い男の子に必要なのは、
適応できるように
励ますことではなく、
「新しいことにワクワクする脳」
をしっかり育てること。
このおやこ遊びでは、
2つの大事な力
を伸ばすことができます!


2つの大事なチカラって?

2つの大事な力とは
「『やればできる』と自分を信じる力」
自立力、自立していける力です!

この2つを伸ばしてあげることで

・やる気がUPする
・興味が広がる
・できることが増えていく

など、ストレスに弱いことによる
困りごとを解消することができるんです!

必要なのは愛情だけ♡
いつでもどこでも
できます!

やり方を覚えてお子さんと一緒に
楽しく遊ぶだけ!

脳を育てるおやこ遊びは
特別な道具の必要がなく
いつでもどこでも
できます。

遊ぶときのコツはたった2つ
ですから簡単に
取り組むことができますよ。

発達科学
コミュニケーションとは?

発達科学コミュニケーションとは
お母さんの声かけを変えるだけ
子どもの脳の発達が加速する

コミュニケーション術のことです。

ストレスに弱い男の子の脳を発達させるたに
必要なのは
”脳科学に基づいた
脳に届くコミュニケーション”。
なので、
療育などに頼らなくても
お母さんの声かけでがわが子を
発達させることが
できるんです!

ストレスに弱い男の子が
自立できてきた!
と喜びの声が
続々と集まっています

子どもと一緒に遊べるようになりました!<4歳男の子のお母さん>

息子は4歳になっても一人遊びが好きで、ごっこ遊びはほとんどしないので一緒に遊びたくても遊べませんでした。

ですが小冊子に紹介されている脳を育てるおやこ遊びは息子に合っているようで、何度も「やって~」とお願いするくらい気に入ったようです。

ほんの数分でも親子で笑顔で過ごせるだけで、表情が豊かになってきました。

<ポイント>

T君は他人への興味が薄く、
人とのかかわりが苦手なタイプです。

子どもは自分に必要なものを求めるので、
脳を育てるおやこ遊びが
自然に受け入れられました。

おやこ遊びを通して
社会性を無理なく
伸ばしていけます

宿題に取り組めるようになりました!<7歳男の子のお母さん>

K君は集中力が弱いので
宿題、特に書き取りが苦手でした。

宿題を始める前に
集中力をUPさせる
脳を育てるおやこ遊びを
試したところ、
机に向かっていられる時間が
長くなりました!

「宿題できた!」と
自信がついたようです。


<ポイント>

T君は体幹が弱くて疲れやすいので
机に長く座ること、
集中するのが苦手なタイプ
です。


集中力をUPさせる
脳を育てるおやこ遊びを通して
脳を覚ますことができるので、

無理強いすることなく
宿題に取り組むための集中力を
養うことができます。


思い切って療育相談に行ったのにまさかの「様子見」!頼るところがなくて不安が心が押しつぶされそうでした

発達科学コミュニケーショントレーナー
さくま よしこ
静岡県富士市在住。
小5長男・小2長女
年長次男・2歳次女
の子育て真っただ中です。

長男はADHDグレー、
次男はASD・LD傾向です。

次男が年少のときに
人前での発表が苦手で固まったり
変化に弱かったり
言い聞かせが通じなかったりで
困り果てていました。

ネットや育児本を読み漁って
試してみても、
付け焼き刃な知識では
かえって
次男の不安を強める一方に。

思い切って療育相談に行くも
まさかの「様子見」、

頼るところがない!

不安で心が
押しつぶされそうになったけど
私がやるしかない!

にわか専門家では
うまくいかないと分かったので
発達科学コミュニケーションを
学ぶことにしました。

すると、
療育に頼らなくても
次男のやる気を
グンっと引き出せて、

2週間たつと
できることが増えて
自立していきました!

普段のコミュニケーションと遊びを良くすると
脳はグングン発達して、
発達の特性は長所になっていきます。

やる気を引き出してできることを増やし、
自立する力をはぐくむことは、
目の前の問題を解消する
ためだけではありません。

その先の「これからの人生」を生き抜く力
を与えることにもつながっていきます。

変化に弱い男の子には究める力があるので、
普段のコミュニケーションを整えてあげれば、
どんどん才能を発揮し始めます。

今は、日々の成長に感動し、
子育てにやりがいを感じています。

過去の私のように困り果てている
お母さんを助けたい!

短所が長所になっていく
わが子の成長に感動する
お母さんを増やしたい!

そんな思いで活動しています。





お子さんに”本当に届く対応”を手に入れませんか?
変化に弱い男の子を育てていると
「何を言っても通じない…」
「いつまで寄り添い続けたら自立していけるの?」
と”今までの子育てが通じない
という壁に
ぶち当たることが多くあります。

あきらめるのはまだ早いです!
お母さんは「変化に弱い男の子への正しい子育て法」を知らないだけなんです。
この小冊子を読んで
変化に弱い男の子への
「正しい対応」
手に入れてください^^

そして、
ダウンロードしていただいた方限定の特典🎁
ぜひ受け取ってくださいね。