転職・退職のミカタ

毎月給与から天引きされる「雇用保険」も使わなければ自分に帰ってくることはありません。正しく申請を行い、受給を行いましょう。

給付金とは?

”週20時間以上勤めている人なら
誰でも”

給付金のもととなる”雇用保険”は週20時間以上勤めている”すべての人が加入”している
強制保険制度」として厚生労働省が定めています。
正社員、アルバイトに関わらず、すべての人に条件が適応されます。

転職・退職時にもらえる給付金

雇用保険では転職者の支援や様々な理由から退職のタイミングにある方へ給付支援が行われています。
過去2年間のうち合計12ヶ月以上雇用保険加入していれば給付を受けられます
しかし、給付される手当などには20種類近くあり、年齢や生活状況、退職事由、転職活動をどのように行うか。などによって給付される支給額は大幅に異なります。
給付される手当の一覧
求職者給付
基本手当
技能取得手当
寄宿手当

傷病手当

寄宿手当

就職促進/教育訓練給付
就業促進手当
移転費
求職活動費

教育訓練給付金

求職活動費

転職・退職時にもらえる給付金

「雇用保険」といって毎月給与から天引されているのを確認したことがある人も多いのではないでしょうか。
この”雇用保険”ですが、適切な手順で申請を行わないと却下されてしまったり、条件の3分の1以下の額しか受け取ることができなかった。というケースも起こりえます。

受給診断は無料ですのでまずはご相談ください。

なぜ多くの人が給付金を受け取れないのか?

制度を理解せず申請していませんか?

  • 申請が却下されてしまった。
  • 給付額が計算の30%に減らされてしまった。
  • 受給できる期間を過ぎてしまった。
  • 申請の書類が足りなかった。
  • 退社前に手続きを行わなかった。
  • 退社するまで制度を知らなかった。
  • 手続きが複雑で断念してしまった。
  • 退社するまで制度を知らなかった。

受給のために必要なこと

Step.1
制度をしっかりと理解する
※ 保険制度の違いなどはサポート窓口でお問い合わせください。

「雇用保険制度」「社会保険制度」など、人により適応する保険制度や条件が異なります。

Step.2
受給までのスケジュールを把握する
※ 退職1ヶ月まえなど、余裕を持って窓口へご相談ください。
スケジュールの手違いで受給できないケースが多発しています。
Step.3
申請書類を揃える
制度を利用するにあたっては書類が揃っていることが重要です。
必要書類は順次スケジュールに合わせて用意が必要です。
Step.4
申請の手続きをする
スケジュールの手違いで受給できないケースが多発しています。
退職1ヶ月まえなど、余裕を持って窓口へご相談ください。
Step.2
受給までのスケジュールを把握する
※ 退職1ヶ月まえなど、余裕を持って窓口へご相談ください。
スケジュールの手違いで受給できないケースが多発しています。

相談から受給までの流れ

相談窓口へご連絡(ご退職前)
・現在の状況を確認
・受給に関する相談
受給診断(ご退職前)
受給条件を確認し、ご相談者の方が該当する制度を確認します。
書類準備(ご退職前)
ご退職の前に必要書類を準備します

ご退職
必要書類を揃え、職場を退職します
ご退職前に必ず必要手続きを終えてください
受給申請を行う
ご退職後すぐに必要書類を窓口に提出します
この提出が遅れてしまうと受給が開始される日数が伸びてしまいます。
申請が受理される
必要書類に不備がなく
条件に合致していれば
予定通りに申請が受理されます
給付金の受給
無事にすべての書類が受理され
所定の手続きを終えると
給付金の受け取りが行えます
受給申請を行う
ご退職後すぐに必要書類を窓口に提出します
この提出が遅れてしまうと受給が開始される日数が伸びてしまいます。
申請が受理される
必要書類に不備がなく
条件に合致していれば
予定通りに申請が受理されます
給付金の受給
無事にすべての書類が受理され
所定の手続きを終えると
給付金の受け取りが行えます

どのような人が受けられるのか?

  • 今の職場を辞めうようと考えている
  • 会社を辞めて休養期間がほしい
  • 転職・退職のタイミングである
  • スキルアップのためのまとまった期間がほしい
  • お金をもらいながらスキル習得したい
  • 転職先を探すための時間と資金がほしい
  • 転職先を探すための時間と資金がほしい

受給診断受付中

給付金の受給見込み額・受給該当など専門担当者が診断します
自分の場合いくら受給できるのか?など窓口担当者にお尋ねください
毎月の給料から天引きされる”雇用保険”は退職時に受け取ることのできるすべての人に与えられた制度です。正しい手順で申請することで却下や減額の心配なく受給することができます。スケジュールに余裕をもち、お早めのご相談をお願い致します。