こんにちは!

最後の婚活【無料LINE講座】の折り返し地点になりましたね!

3日目ですが、既に多くのノウハウを説明してきましたが、一朝一夕で身につかないノウハウもあります。

だから…

上手くいかなくても落ち込む必要はありません。

なかなか習得できなくても自分を否定する必要はありません。

最初から上手くいく人なんていないんです!

毎日少しずつ訓練して…

毎日少しずつ進化すればいいんです。

注意点は途中で投げ出さない事。

投げ出してしまうと今まで積み上げてきたものが0に戻ってしまいます。

無料LINE講座で解説したノウハウだけでも習得するまで続けてみてください。

早ければ1,2週間。

遅くても1ヵ月あれば習得できます。

少しずつ一緒に前に進んでいきましょう!

さて、無料LINE講座3日目のテーマは「習慣化」です。

繰り返しになりますが、昨日解説した会話のキャッチボールは一朝一夕で習慣化できるものではありません。

「どうしても忘れてしまう」

「なかなか上手くいかない」

今まで何かしらの習慣化を試みた方はこんな悩みを抱えていると思います。

そんな悩みを乗り越えつつ習慣化までの道のりをしっかりと解説していきます。

それでは無料LINE講座3日目いってみましょう!

習慣化すべき3大要素

早速ですが習慣化すべき3つのポイントを紹介します。

【停止】

【準備】

【愛情】

あなたの職場にこんな人はいませんか?

「気が利く」

「話してると落ち着く」

「相談しやすい」

このような人達は【停止】【準備】【愛情】の3つのポイントを上手く活用しながら会話をしています。

なかには意識的なトレーニングの末に無意識で活用している人もいれば、絶賛とレーニン中の方もいらっしゃると思います。

職場や友人知人で当てはまる方は見つかりましたか?

その人があなたの目下の目標です!

あなたはあの人たちのように…

なれます!!

今日の解説通りにポイントを抑えて習慣化できれば…

なれます!!!!

まず、【停止】から解説していきましょう。

会話には流れがありますよね?

相手の話を聞く流れ

相手の話を深堀する流れ

相手の話に装飾する流れ

自分の話を切り出す流れ

色々あると思います。

会話には流れがありますが、この流れを逆流させたり、流れをせき止めるのが会話のキャッチボールをができない人の典型的な例です。

では、なぜ逆流させたりしてしまうのか。

実は誰しも起こりうる問題なのですが、緊張やその場のテンションで【状況判断】を冷静にできなくなってしまうのです。

経験ありませんか?

「楽しくて自分ばっかり話してしまった」

「緊張でひたすら話し続けてしまった」

まさに状況判断がうまくいっていないケースです。

この流れを断ち切るためには【停止】を使います。

会話を始める前、会話の区切りのタイミングで一度止まってみてください。

停止して状況判断をしてください。

今はどんな会話の流れなのか。

相手は何を話したがっているのか。

相手は何を聞きたがっているのか。

これらを会話の前と区切りのタイミングごとにどんどん止まって思考を巡らせてみましょう。

ポイントは状況判断を定期的に行う事です。

最初は停止するたびに会話も止まりますが、止まったとしても相手は気にしません。

「考えているんだな」

と気にも留めない程度です。

あなたも同じ経験をした記憶があると思います。

この停止と状況判断を繰り返しているうちに、停止する時間が徐々に短くなってきます。

最終的には自然の会話の流れレベルで停止と状況判断ができるようになるでしょう。

次が【準備】です。

職場でこんな経験はありませんか?

・大事な会議が1時間後…資料が未完成で心に余裕のない状態

・大事な会議が1か月後…資料が未完成だが心に余裕がある状態

前者は雰囲気から話しかけちゃいけないオーラが出ていますが、できることなら会話もしたくないですよね?

極端ですが、心に余裕のない方は通常の会話のキャッチボールでも相手からそのように思われてしまいます。

声がこわばったりしませんか?

早口になっていませんか?

挙動不審になっていませんか?

だけど…

心の余裕が生み出せれば全て解決できます。

心に余裕のある人は周囲を観察し、相手を見極め、適切なコミュニケーションができるようになります。

心の余裕がなくなってい状態は往々にして予測していないイレギュラーが発生した時です。

自分の想定していなかった質問や事象が目の前で起きたら思考は停止しますよね?停止するだけならいいのですが、混乱してしまうと自分が何を話しているのかわからなくりますし、一方的に話続けてしまう場合もあります。

これを回避するためにはあらかじめイレギュラーをイメージしておくことです。

スポーツで言うところイメトレといったところです。

イメトレはイレギュラー発生時の立ち回りが非常にスムースになります。

例えば、気になる人と一緒に食事に行ったとして…

「財布を忘れてしまった!!」

というシチュエーションがあったとします。

この時、状況を想定する事が出来ない人はパニックになってしまいますが、状況をイメトレしておけばスマートに回避する方法、笑いにもっていく方法などある程度の回避策を忍ばせておくことができます。

もしくは、気になる人が同じ趣味だった場合…これもイレギュラー対応になるでしょう。

何故なら、好きが共有できる相手であればテンションが上がり一方的に喋り続ける危険性もあります。

これではトンネルビジョンから抜け出すことはできません。

この場合は、同じ趣味を持っていた場合の質問の深堀り方をイメトレしておくといいでしょう。

簡単なところからだと「いつから始めたの?」「きっかけは?」「(趣味のジャンルの中で)特に何が好き?」といった深堀の質問や、「○○って最新情報があるよ」とトピックスを相手に共有するのも一つの手です。

聞く順番や相手の回答によって、次の深堀り方をあらかじめイメトレしておけば一方的に話し続ける事もなく相手と趣味の話に花を咲かせることができるのです。

ここまでできるようになればトンネルビジョン卒業も間近!

最後は【愛情】です。

これは説明は不要です。

会話の相手、気になる相手、同僚、知人友人。

コミュニケーションの対象となる人たちに愛情を注ぐことです。

相手をおもやる気持ちや、相手をもっと知りたい気持ちがあれば、相手の事をもっと知りたくなり質問や会話を自然と深堀りしてしまいます。

直接言葉にしなくても

「いつも楽しい職場ライフにしてくれてありがとう」

「楽しいプライベートの時間を共有してくれてありがとう」

愛情を言語化したり頭で思い浮かべるだけで十分に効果があります。

相手に対する愛情が今以上に大きくなり、会話を手助けしてくれる事でしょう。

目指すはメタビジョン

因みに【トンネルビジョン】の反対の現象(行動)は【メタビジョン】と呼びます。

今紹介した内容を毎日、会話の前、会話の区切りで思い返してください。

そうすれば、あなたも

「気が利く」

「話してると落ち着く」

「相談しやすい」

と言われるようになります!

ムリじゃありませんよ?

行動と継続さえ繰り返していけばあなたも一緒にいて楽しい存在に成れるんです。

気になる人から一緒にいたいと思ってもらえるんです!

少しずつ!!前に進んでいきましょう!!