【ATAO】 limovitro(リモヴィトロ)ハーフサイズのウォレット

【ATAO】 limovitro(リモヴィトロ)ハーフサイズのウォレットご紹介

人気の【ATAO】limovitro(リモヴィトロ)にハーフサイズ登場!


大聖堂のステンドグラスのようなイタリアンレザーを使用してつくられた「【ATAO】limovitro(リモヴィトロ)」のロングウォレットは、テレビドラマでも使われるなど大人気。

その「【ATAO】limovitro(リモヴィトロ)」から、ロングウォレットを半分にしたハーフサイズが登場です♪小さめのバッグにも余裕で入る「【ATAO】limovitro(リモヴィトロ)」ハーフサイズの魅力を調べてみました。

【ATAO】 limovitro(リモヴィトロ)
楽天で見てみる!

ハーフサイズでも機能は十分


この写真のロングウォレットをちょうど半分にしたサイズですが、中央にコインポケットが1つ、カード専用のポケットは2枚あります。コインポケットの脇にも収納が可能なので、紙幣8枚、カード8枚、コイン999円程度が収まり、ミニウォレットとして十分すぎる収納力です♪

また、カード専用ケースとして利用する場合は、厚みのあるクレジットカードなどを約10枚、薄手のショップカードなど約5枚程度を入れることができます。

特徴のあるコインポケット


【ATAO】のウォレットの特徴でもあるファスナーのないコインケース。飛び出してこないかと心配になりそうですが、コインは飛び出さない作りになっているのでご安心を♪

しかも、紙幣とコインが一度に取り出せて、会計もスムーズにできますね。また、パンパンに膨らんだお財布は、カッコイイとはいえませんが、膨らんでコロンとかわいくなるのが、limoの特徴でもあります。

【ATAO】のウォレットは、使いやすさとコンパクトさに、こだわって作られています。

シャルトルブルーとセピアボルドーの2色展開


カラーは、ロングウォレットと同じく「シャルトルブルー」と「セピアボルドー」の2色あります。

「シャルトルブルー」は、鮮やかなブルー・ピンクを中心に、パープル・ワイン・ネイビーなど一つ一つのカラーに存在感を感じるカラーバランスになっています。パッと目を引く色使いですね。

「セピアボルドー」の方は、深みのあるボルドーを基調として、透明感のあるイエロー系のブラウン・グリーン・チョコなどのカラーをアレンジしています。落ち着いた色使いが素敵です。

このイタリアンレザーは、選び抜かれた厚手のカーフに型押しされたクボミ一つ一つに、手作業で一滴ずつ色を散らせていくという職人技が光るレザーです。

手の込んだステンドグラスのような繊細グラデーションは、うっとりするほど綺麗です。

商品紹介


【ATAO】 limovitro(リモヴィトロ)ハーフサイズウォレット
商品番号   355-1106


  • 仕様
コインポケット×1
カードポケット×2 


  • サイズ・重さ
横:約10.5cm(外寸)
縦:約9cm(外寸)
重さ:45g
マチ無し


  • 素材
エナメルレザー×牛革×コットン 


  • 価格
13,000円  (税込 14,040 円) 
※送料別途かかります。


【ATAO】 limovitro(リモヴィトロ)
楽天でチェック!

【ATAO】 limovitro(リモヴィトロ)ハーフサイズウォレット まとめ


実は私、この「【ATAO】 limovitro(リモヴィトロ)ロングウォレット」のシャルトルブルーを使っています。ネットで見かけてひとめぼれし、自分へのご褒美に購入したのが、3年前になります。

会計でお財布を出すたびに、パッと目につくのか「素敵なお財布ですね♪」と必ず言われるので、気分がウキウキになります。3年たった今でも色褪せることなく、むしろ手に馴染んで使いやすくなりました。

【ATAO】(アタオ)といえば、今注目の日本のハンドバッグブランドですよね。神戸随一のファッションエリア旧居留地から話題になり、現在では、神戸のランドマーク的な存在「神戸国際会館」にショップがあります。

スタイリッシュ&エレガントなデザインはもちろん、上質な素材や丁寧なつくりなど、ファッションに目の肥えた芦屋女性たちの話題になったことも納得です。

そんな【ATAO】(アタオ)が作った「【ATAO】 limovitro(リモヴィトロ)ハーフサイズウォレット」ですから、持っているだけで自慢したくなりますね。

ロングウォレット派の方の小さめのバッグ用として、またカード入れ専用ケースとして、機能十分でデザインがオシャレな「【ATAO】limovitro(リモヴィトロ)ハーフサイズウォレット」は、要チェックですね!!

【ATAO】 limovitro(リモヴィトロ)
詳しくは、こちらでも紹介