実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

  

<2021.08.01> アーティストの募集を終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。<2021.09.01>第1回滞在アーティスト決定 菊地智子氏

Art Meets Furusato
ARTIST IN RESIDENCE

火口に
もっとも近い廃校で、
営み、つくる。


鹿児島県にある桜島の古里地域で始める
アーティスト・イン・レジデンス「Art Meets ふるさと」
ジャンル問わず多様なアーティストが1〜1ヶ月半程度、
廃校となった小学校に滞在し、制作、交流、生活する取り組みです。

火山の躍動と海の恵みを感じる、
自然と人が交差する豊かな地域は人口約100人の過疎集落です。
桜島を背に畑仕事へ精を出し、湧き出る温泉で疲れを癒し、
錦江湾へ沈む月の明かりを眺め1日を終えます。

そんな「閉じてゆく地域」に、
アートが出会いどんなことが起こるだろう。
どんな制作が行われるだろう。

桜島で営み、桜島でつくる。
その響きを地域住民と囲いともに感じたいと思っています。

第1回滞在アーティスト 菊地智子氏
(写真・ヴィデオ・インスタレーション)

1973年 東京生まれ
武蔵野美術大学空間デザイン学科ファッションデザイン学部卒業。

写真、ヴィデオ、インスタレーションを主なメディアとして、セクシュアリティー、生と死、国境など、現代社会における様々な「境界」をテーマに、「境界」における個人の心の揺れ、相反するものや様々な矛盾の間に生み出される衝突により被写体の内外で生まれるエネルギーを視覚化している。

「I and I」で2012年度第38回木村伊兵衛写真賞、2015年には「The River」で第1回プリピクテジャパンアワードを受賞。写真集に『I and I』(L’Artiere イタリア)。森美術館、東京都写真美術館、川崎市民ミュージアム、Fondazione Modena Arti Visive(イタリア)、Kadist Art foundation(サンフランシスコ・パリ)に作品が所蔵されている。

  

廃校になった旧改新小学校。
校舎の3Fに位置する、
体育室がメインの創作スタジオとなります。
館内の備品で必要なものを使ってOKです。
その他にも、交流スペースやデスクワークスペースもあるので、
制作物に合わせて都合の良いように利用ください。

  

約250年前の噴火の影響で温泉が湧出した、島内の観光地。
茶褐色の温泉、ゴツゴツした溶岩、傾斜にある畑など、
島内でも火口に近く躍動する火山のエネルギーを感じる地域です。

  

学校に隣接する教員住宅は35年ほど前に建てられ、
桜島らしい屋根が平べったくコンクリートでできています。

和室が3部屋あり、フローリングが主流になった
現在では、どこか懐かしい空間となっています。
部屋は二つあります。
調理器具、食器、もろもろ揃えています。
ゆったりくつろげます。
調理器具、食器、もろもろ揃えています。

   

日 程 10月1日〜12月12日(うち1〜1ヶ月半程度)
人 数 1組
滞 在 ulalaふるさと 891-1544 鹿児島県鹿児島市古里町264
審 査 書類選考及びオンライン面談で決定




選考員

宮里 明人氏〈東京学芸大学 教授/東京〉
漆 祟博氏 〈一般社団法人AISプランニング 代表理事/北海道〉
原田 真紀氏〈インディペンデント・キュレーター/鹿児島〉

応援していただける方!

 AMF 

第1回AMFパートナー
 特定営利活動法人アスクネット 
桜島シーサイドホテル

海と桜島のあいだにある「改新小学校」便り

お問い合わせ
電話:080-6955-1688
Mail:info@folklore-f.org
担当:米蔵 雄大
主催:一般社団法人folklore forest
共催:一般社団法人AISプランニング
事業:鹿児島市市民とつくる協働のまち事業