会社概要

社名 新敦栄股份 有限公司
住所 高雄市苓雅區廣州一街163號7樓之2
メール sintonei@ms81.hinet.net
電話 07-223‐5398
FAX 07-223‐5841
電話 07-223‐5398

会 社 役 員

代表取締役社長 勝野 哲郎       
副社長   翁  裕欽(貿易業務、経理部門)
副社長  菊口 美義(生産、品質管理部門)

沿 革

1973年(昭和48年)   台湾に台湾健康食品を設立
1974年(昭和49年)   冷凍食品農産品事業開始   
1997年(平成9年)  台湾で口蹄疫発生のため台湾健康食品を発展的に解消し台堅食品(股)公司設立  
2008年(平成20年)   1月台堅の主たる業務であった豚肉加工工場(日本農水省の許可工場)が移転の為、
            日本農水省の許可工場でなくなるその為大幅に縮小。
              新敦栄を設立し業務を引き継ぐ  

事業内容

会社特色

(1)日本政府のハムソーセージ1級の技術者が副総経理で常駐しております。特に豚肉加工品は、日本の農水省の輸出許可の有る工場で生産しております。

日本ヘの輸出や台湾に進出した日本企業を主に、
日本の美味しい味の商品を開発生産指導して造った
安心、安全な美味しい商品を、お届けしております。

(2)特に豚肉加工品は、日本の農水省の輸出許可の有る工場で生産しております。

日本人の技術者が常駐してますので色々なメリットが有ります。

弊社のメリット

①日本人の好む味は台湾人とは微妙に異なります。この微妙な差は日本人で無いと理解出来ません。
②日本政府の安全基準を理解してますので、日本で問題無く通関し販売出来る添加物で生産します。
③また日本のユーザーが必要とする規格書等などの作成も早くスムーズですし、必要な証明書等などの準備も早く対応出来ます。

(3)商品の共同開発だけで無く、添加物の安全性の確認指導や生産ラインの異物対策等などを含めて取り組んでいる協力工場があります

①枝豆等の農産品の工場

通常の緑の枝豆だけで無く、茶豆の枝豆、黒豆の枝豆、ほうれん草等です。

②小籠包や饅頭の飲茶の工場

日本政府の豚肉加工品の許可証が有りますので、豚肉の入った小籠包や焼賣も輸出可能です。日本のディズニーにはミッキーマウスやドナルドダックの刈包を供給してます。この工場の饅頭や刈包の生地が美味しく、刈包は全世界に40Fコンテナで100コンテナ/年以上輸出してます

③タピオカや雪花氷の工場

タピオカは日本のディズニーにカラフルなミッキーマウスのタピオカを供給してます。また、生タピオカのIQFのバラ凍結品、日本政府と台湾政府で生産特許を修得している即席タピオカ、カラフルタピオカや個食パックを生産してます。また雪花氷も生産輸出してます。

④素食の工場

台湾は素食がかなり発達して沢山の工場が有ります。弊社は大手の全世界に輸出している商品をピックアップしてご案内しております。味や包装形態も日本市場に受け入れられる商品にアレンジしてご案内しております。

⑤うずら卵の工場

最近、日本での養鶉数がかなり減少して不足しております。タイ、中国から輸入してますが最近引問い合わせが有り輸出を開始致しました。台湾は鶏のインフルエンザ汚染地域ですので生は輸出できません。現在輸出許可商品は、うずら卵も鶏の卵も水煮パック、水煮缶、レトルトパックの卵、味付け卵 ピータン等です。

⑥カットフルーツの工場

台湾はトロピカルなフルーツの宝庫です。美味しいフルーツが沢山有ります。これをカットフルーツにしたり、ジュースにしたりして冷凍商品で輸出します。

⑦焼き芋の工場

台湾の焼き芋は 日本の安納芋と同じ様な味と食感の焼き芋です。最近日本で注目されてますが、台湾では通年コンビニで販売しております。夏場は冷たいままで、場は温めて美味しく召し上がれます。

⑧コーティングジュースの工場(POP BOLL)

日本ではまだ馴染みが薄い商品ですが、ヨーロッパを中心に全世界に輸出している商品です。特にドイツ フランス、イタリア、アメリカ、オーストラリア、ロシアで伸びてます。日本市場はこれからの商品です。

⑨鰻蒲焼き工場

台湾の鰻の蒲焼きは日本のタレで美味しいですが、近年は原料不足で高騰して不安定な状況です。

(4)台湾で約40年間自社工場で生産しており、現在に至りますので、台湾の商品や工場の内容などの情報をもっております。

何か必要な商品や気に成る商品の情報やご案内も可能です!
特に台湾に進出して食材が集まら無いとか、味が不満で改良したい時は協力しております!
又、食材以外でもタピオカを販売したいが容器やストローが無い、タピオカのシールする機械が無い、等のご要望にはストローも機械も輸出しております。最近はストローが環境汚染で問題視されてます。
この問題に対応するお客様には、紙ストローのご案内もしております。

(5)船積みが便利になります

台湾から買いたいが冷凍コンテナでは量が多すぎて残念ながら諦めたお客様が意外と多いです。
弊社は毎月冷凍コンテナを日本向けに数コンテナ走らせます。
このコンテナに合い積みで輸出入が小数量でも可能です!!
取り掛かりは、販売状況がわからないので最低数量で対応しております。
また輸入の経験が無く、輸入手続きが心配や面倒な方数量が少ないと通関費用が高く成ると心配な方は 
日本に通関業務の窓口が有ります。
通関業務だけで無く、販売のお手伝いも可能です。

日本の輸入窓口

TK-T
株式会社ティーケートレーディング
東京都大田区大森北2-3-15
営業時間: 10:00 - 19:00
電話 03-3298-5101
FAX  03-3298-5102
E-mail sasaki@tktrading.co.jp
HP  http://tk-t.com

人を大事に、人を幸せに

勝野 哲郎 (かつの てつお)
『食品会社として、世界中の人の幸せを願っています』

勝野 哲郎 (かつの てつお)
 1946年7月23日 函館出身 血液型 A型 

 『明治ハム』入社、新商品開発室から、
台湾の『台湾健康食品』へ出向。台湾にて
冷凍食品加工輸出産業の第一人者となる。
7年間の日本本社勤務を経て、再び台湾へ。
2008年『新敦栄股份有限公司』設立、同社
總經理となる。 在台歴は40年を越え、台湾
の日系外食産業への商品供給、商品開発など、
を中心に幅広く活躍中。

メディア出演

タシナム

弊社総経理の勝野が『冷凍食品のパイオニア! ~オイルショックからの起死回生』というタイトルにて
インタビューを受け記事にしていただきました。

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

イメージ動画