シミウスホワイトニングリフトケアジェルの悪い口コミ・評判


皮膚科院長のブログ・シミやそばかすへの効果なし!について

シミウスなどの薬用美白化粧品について、皮膚科院長のブログで解説されていますね。

院長は、シミウスなどの美白化粧品ではシミが消えることはないと説明されています。

シミウスの公式サイトでは、臨床試験によりシミやそばかすへの効果が認められたとの記載がありますが、院長はこの内容には懐疑的なようです。

シミウスのシミへの効果の臨床実験の結果は、株式会社医事出版社が月刊誌として発刊している「診療と新薬」に記載されています(2017年5月28日号)。

「診療と新薬Web」では、過去の記事の情報や趣旨について確認することができます。

シミウスの効果:医学雑誌の医学と薬学でシミへの効果が紹介されています

シミウスのシミへの効果について紹介します。

医学と薬学「診療と新薬」という医療情報誌に、シミウスが臨床試験でシミへの効果があると認められた旨が書かれています。

シミウスのシミへの効果について記載されている医学雑誌は審査のある雑誌で、シミ予防対策やシミ改善についての効果が認められた旨が書かれています。

シミウスは、元ミセス日本でありフリーアナウンサー・美容家・モデルなど、多方面で活躍されている朋原エミさんが効果を実感している化粧品としても話題になりました。

メビウス製薬のシミウスジェルの臨床試験では、被験者は35歳以上~56歳以下の女性を対象とし、シミウスジェルとマッサージを併用し、4週間使用したときの効果について記載されています。

この臨床結果では、シミの予備軍だけでなく、すでにできてしまったシミにも効果的であることが認められています。

では、次にシミウスのシミに対する効果(臨床試験)について詳しく説明していきます。

シミウス公式サイトある臨床試験の結果では、上記の記事のように「シミやシワなどの状態が改善され、見た目の年齢も若くなった。」との効果が報告されています。

シミウスを塗布するだけではなく、正しくリンパマッサージをしながら塗布をしたときの結果とのことであり、正しくマッサージをすることでより効果がアップすると言えます。

しかし、皮膚科院長のブログでは、老人性色素班(シミ)は化粧品では消えない旨の説明があります。

皮膚科院長のブログ内容を元に、シミやそばかすの根本的な改善方法について紹介します。

皮膚科医のシミウス効果への記事について

シミが消える化粧品はありませんが、炎症後色素沈着というシミは化粧品で消えることもあります。

ただ、正確には化粧品で消えているわけではなく、肌の代謝(ターンオーバー)で消えるので、そういったシミは、化粧品を使わなくても自然に消えます。

女性にとって最も頻度が高く、悩むシミは「老人性色素斑=日光黒子」というシミで、加齢や紫外線の影響で起こります。

このシミは、化粧品、医薬部外品では消えません。もちろん自然にも消えません。また、肝斑、ADM、そばかすなど、臨床上よく見かけるシミも化粧品、医薬部外品で消すことはできません。

シミウスでは老人性色素班(シミ)が消えない理由

皮膚科院長のブログでは、老人性色素班は美白化粧品では消えないと説明されています。

日本の様々な化粧品や医薬品メーカーのサイトを調べてみると、正確には「シミを完全に消し去ることはできないが、薄くすることはできる。」とされています。

老人性色素班(シミ)は、主に紫外線を浴びることで起こります。

紫外線を浴びるとメラノサイトが活性化され、メラニンが過剰に生産されます。

健康な肌であれば肌のターンオーバーによってメラニンが排出されるため、メラニンが蓄積されることでシミになることはありません。

しかし、紫外線対策をしっかりと行っていないとメラニンが蓄積され、メラニンが過剰に作り続けられてしまいます。

紫外線を浴び続けると肌のバリア機能が低下し、ターンオーバーが乱れがちになり、メラニンの排出がスムーズにできなくなり皮膚内部に蓄積してしまい、メラニンが黒化しシミとなります。

シミができている部分は常にメラニンが過剰に生成されている状態となり、肌の奥に絡みつくようにメラニンが蓄積しています。

このように肌の奥に絡みつくように蓄積しているメラニンは、肌のターンオーバーの力で排出させることは難しいのです。

しかし、最近できたシミや、薄いシミは、メラニンがそれほど過剰に蓄積していない状態のため、肌のターンオーバーを正常化することで薄くすることは可能です。

シミウスは出来てしまったシミは消せるの?

シミを完全に消し去ることはできませんが、薄くすることはできます。薄いシミならば、きちんとケアすることで、ほとんど見えないほど薄くすることも可能です。

シミのできた皮膚では、メラノサイトによりメラニンが過剰に作り続けられ、シミは次第に濃くなっていきます。過剰なメラニン生成の働きを抑えるには、メラニン対応成分でケアすることが有効です。

また、シミのできてしまった皮膚は、通常の皮膚より表皮のターンオーバーが滞り、メラニンが蓄積しやすい状態に。

ターンオーバーを正常化させ、メラニンの排出を促せば、シミは薄くすることができます。

上記のように、美白有効成分配合の化粧品を使用することで、すでにできてしまったシミやそばかすを薄くすることは期待できそうです。

シミウスで「1週間でシミが消えた!」や「シミがポロっと消えた!」ということは期待できませんが、今あるシミやそばかすを薄くすることはできますし、シミ予備軍がシミになるのを予防する効果は期待できるので、早めの美白対策がおすすめです。

肝斑はマッサージなどの刺激で濃くなることがある

肝斑は非常に治療が難しいとされているシミです。

老人性色素班との区別もつきにくいので、自己判断は難しいかもしれません。

肝斑は、マッサージなど強く刺激することで色が濃くなる可能性があります。

肝斑は顔を擦る癖がある人や、強い力でマッサージをする、女性ホルモンの影響など、様々な原因があると言われています。

シミウスはリンパマッサージとの併用により美白効果が高まるとされていますが、肝斑がある方は強いマッサージはおすすめできません。

肝斑は両頬などに広範囲にできやすいため、肝斑のある部分は強い力でマッサージをせずに、ところどころのツボを刺激するくらいにして、フェイスラインや鎖骨周辺などをしっかりとマッサージすることをおすすめします。

肝斑は治療の難しいシミですが、年齢とともに改善することもあり、30代・40代以降に薄く目立たなくなったという方も多いのです。

シミウスを使用するときは無理に強い力でマッサージをせず、ハンドプレスでジェルがしっかりと浸透するように手のひら全体を使って押さえましょう。

ニキビの炎症はマッサージなどの刺激で悪化することがある

ニキビや肌荒れのある部分は肌のバリア機能が低下し、少しの刺激にも弱い状態となっています。

マッサージなどの刺激により炎症が悪化することがあるためおすすめできません。

大人ニキビは顎周りや小鼻の周辺などにできやすいですよね。

赤みや熱を持っているニキビは炎症状態なので、触らずに清潔に保つことが重要です。

ニキビなどの炎症がある肌は、マッサージなど血行促進に繋がることをすると、毛穴が開きやすくなり皮脂分泌が過剰になり、ますますニキビができやすくなります。

ニキビや肌あれがあるときは、収れん効果のある化粧品を使い毛穴の開きを抑えるのが良いですね。

シミウスは収れん効果のある成分を配合しており、有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムは強い抗炎症作用を持つため、ニキビや肌あれが改善することが期待できますよ。

シミウスのクマ(色素沈着)への効果:目元のクマ解消

シミウスのクマへの効果について紹介します。

クマ(色素沈着)には様々な原因があります。

血行不良や寝不足などの青グマには、シミウスの美白成分の効果は期待できません。

目の下のたるみにより影グマ(黒グマ)は、顔のたるみが改善することで影が解消されるため、クマが目立たなくなります。

シミウスを正しく使用することで、影グマ(黒グマ)の改善が期待できます。

目の周りの茶色のクマは色素沈着であり、目を擦るなどの刺激により角質が肥厚が原因となり起こります。

小さなシミやそばかすが目周りに集まることで茶色く見えることもあります。

シミウスの美白効果は、目周りの茶グマ(色素沈着)の改善に効果的です。

目周りは皮膚がとても薄く、茶グマができやすい部位です。

メイク落としや洗顔などの刺激が茶グマの原因となるため、目周りはなるべく触らないようにし、マッサージをするときも優しくリンパの流れに添ってマッサージをしましょう。

シミウスのほうれい線への効果:40代・50代のシワに効果的

シミウスのほうれい線への効果について紹介します。

ほうれい線は頬のたるみに引っ張られることで起こります。

頬やフェイスラインがたるむことで皮膚が引っ張られ、ほうれい線となって現れます。

つまり、頬やフェイスラインのたるみがなければほうれい線などのシワを薄くすることができます。

シミウスジェルを正しく使用しリンパマッサージを行うことで、頬やフェイスラインのたるみが解消し、ほうれい線などのシワを改善する効果が期待できます。

40代・50代になると、コラーゲンの生成量が低下し肌の弾力が低下するため、たるみが現れ、たるみが原因でほうれい線が濃くなってしまいます。

ほうれい線の解消には頬やフェイスラインのリストアップが効果的です。

シミウスホワイトニングリフトケアジェルのリフトアップ効果は多くの40代・50代が実感しており、シワやたるみの改善に効果が期待できます。

シミウスの男性への効果:男性のシミやそばかすにも効果的

シミウスは、シミ&たるみに効果的な化粧品です。

男性の肌悩みでは、肌のベタつき(オイリー)・肌荒れ・顎や口周りの乾燥・くすみなどが多いと言われています。

メンズ化粧品の多くは、肌内部の乾燥を解消し乾燥が原因となるベタつき・肌荒れ・くすみなどをケアする商品となっています。

シミやたるみに悩む男性も、肌内部の乾燥をケアすることで改善する可能性が高いです。

男性は女性に比べて皮脂腺が多く、オイリー肌に悩む方が多いため、オイルフリーの化粧品がおすすめです。

口・顎周りの乾燥ケアのために、保湿力が高くさっぱりとしたテクスチャの化粧品が良いでしょう。

シミウスは女性の年齢肌におすすめの商品ですが、男性の肌悩みには男性の肌質に合った化粧品のほうがベターだと思います!

もちろん、シミウスを男性が使っても良いですし、シミやそばかすの改善は効果的ですが、男性はUVケアをしっかり行っている方は少ないため、UVケアをしっかりと行い新しいシミを予防することが重要です。

シミウスの保湿効果について:乾燥性敏感肌でも保湿効果を実感

シミウスはシミ&たるみケアに効果的な化粧品ですが、天然由来の保湿成分が豊富に含まれています。

シミウスは肌への浸透性が高く、保湿成分を肌の内部までしっかりと届けることで高い保湿力が実感できます。

また、シミウスジェルのみの使用でも乾燥しにくいため、乾燥肌や敏感肌の人でも乾燥が悪化することがありません。

エアコンの発達や建物の機密性の向上などにより、室内は常に乾燥した状態となっていることが多いです。

スキンケアを選ぶ際は、長時間の保湿が可能なものを選びましょう。

シミウスは長時間の保湿が可能なので、乾燥肌や敏感肌の方におすすめです。

シミウスの毛穴効果について:毛穴の開きを解消

シミウスの毛穴への効果について紹介します。

年齢肌悩みの1つに「毛穴の開き」「毛穴の黒ずみ」「たるみ毛穴」があります。

加齢により肌がたるむと毛穴が下方にひっぱられることでたるみ毛穴となります。

乾燥により皮脂分泌が過剰になると毛穴が開き、皮脂とメイク汚れや空気中の汚れなどが混ざり合い酸化することで皮脂が黒ずみ、毛穴の黒ずみとなります。

たるみ毛穴・開き毛穴・毛穴の黒ずみは、肌の内部の保湿対策をすることで改善することができます。

たるみや毛穴の開きの原因は、どちらも肌内部の乾燥です。

シミウスは高い浸透力により保湿成分を肌の奥まで届け、乾燥肌をケアすることができます。

いちご鼻をなんとかしたい!小鼻の黒ずみは改善できる?

シミウスはいちご鼻の改善にも効果的です。

毛穴の黒ずみは、毛穴に皮脂や汚れが詰まることで角質が酸化し黒ずむことで起こります。

いちご鼻は定期的な角質ケアで予防することができます。

しかし、たるみにより毛穴が広がっている場合は、角質ケアをしても毛穴の開きが目立ってしまいます。

シミウスはマッサージを併用することでリフトアップ効果が期待できるため、たるみが改善することで毛穴の広がりが目立たなくなります。

また、マッサージを併用することで肌のターンオーバーが促進し、肌の汚れや老廃物を排出しやすくなるため、小鼻の黒ずみの改善に繋がります。

シミウスのニキビへの効果について:ニキビ跡・大人ニキビへの効果について

シミウスは美白&たるみに効果的な化粧品ですが、有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムは高い抗炎症作用を持つ成分であり、肌荒れに効果的とされています。

ニキビがある状態の肌は刺激に弱く敏感になっている状態であり、紫外線などの外部からの刺激によりダメージを受けやすくなっています。

ニキビやニキビ跡は紫外線によるダメージを受けやすいため、シミなどにつながりやすいのです。

肌の炎症は様々な肌トラブルの原因となるため、早い段階で改善したいですね。