シミのケアは秋が肝心!!
シミが気になった時の、とっておきの ○○とは?

秋になって「こんなところにシミが!!」

シミができる一番の原因は、紫外線。

紫外線が最も強い夏も終わり、ようやく朝晩過ごしやすくなって日射しも弱まってくるこの時期、

ふと鏡に映った自分の顔に、「まさかこんなところに!」と今まで見かけなかったシミを発見!なんてことはありませんか?

日傘をさしたり日焼け止めをして気をつけたつもりでも、紫外線の吸収力やお肌の新陳代謝(ターンオーバー)のペースも人それぞれ。

いずれにしても夏に浴びた紫外線の影響が最もでる季節が秋なのです。

そもそも肌にシミができる原因は?

代表的な原因の1つは紫外線

 お肌にシミができる原因としてあげられる「紫外線」。
シミの原因の80%がこの紫外線といわれています。
 通常、日焼けをしても、お肌はターンオーバーを繰り返しているため、一定の周期で古いお肌から新しいお肌へ生まれ変わります。
 そのため、メラニン色素が沈着することなく、体外へ排出されますが、加齢が原因でターンオーバーの周期が長くなると、メラニン色素がお肌に残ってしまい、紫外線によって大量に発生した活性酸素の影響で肌が酸化しやすくなり、シミが出来やすくなるのです。

つまりシミは、①紫外線による酸化 ②加齢によりターンオーバーの周期が長くなる 

この2点が合わさってできるケースがもっとも多く、言い換えれば「シミは肌の酸化や老化によって起こる」といえます。

若い時にシミができていなくても40代を過ぎてから目立つこともあるので、年代を問わずケアをする必要もあります。

酸化や老化に対抗する「還元力」

抗酸化力より強力!?
「還元力」とは?

酸化とは物が古くなったり劣化することで、それを抗って食い止める力を抗酸化力といいます。

そしてこの抗酸化力をも凌ぐ力、更に元のかたちに還す力を「還元力」といいます。

還元力を持つものは肌に良いとされているビタミンCや水素水などごくわずかなものです。

しかしこの還元力を有効に活用できる方法があれば、誰もが避けがたい酸化や老化が原因のシミのケアが叶うかもしれないのです。

ファンデでも隠れにくくなったシミには
酸化に強い還元泡でケア

毎日、泡をのせるだけで⁉
美肌の基本は「洗顔」です。

予防を頑張っていたのに、いつの間にか出来てしまうシミ。場合によっては、ファンデーションでもなかなか隠れませんし、顔全体が老けた印象になってしまいます。出来てしまったシミは、早急に解消し、新たなシミを作らないようケアをする必要があります。

ケア方法にも色々ありますが、できうる限り肌に負担をかけずに自然な形でどうにかしたいもの。

そこで今、体に優しいシミのケア方法として口コミで広まっているのが、竹塩石鹸の泡を使った洗顔です。

竹塩石鹸に含まれる竹塩には、酸化や老化に対する真逆の力、「還元力」があり、還元力を含んだ泡が、酸化によるダメージ肌を優しくエイジングケアしてくれます。

還元泡ならコレ!
『高濃度 竹塩石鹸』

中でも100%天然素材で作られた高濃度の竹塩石鹸は、白いメレンゲのような還元泡がダメージ肌を優しく癒し、竹炭と塩の豊富なミネラル成分で肌がサッパリとスベスベ。竹炭微粉末のスクラブ効果で毛穴の汚れもとってくれます。

肌の角質を柔らかくさせる働きが塩にはあるので、余分な角質や老廃物を除いてくれるため肌もつるつるの美肌になります。

肌トラブルがある人や敏感肌でも無添加石鹸なので、安心して顔以外にも身体や頭皮、頭髪など全身にも使えます。
濃密な還元泡で優しく肌を洗ってみてください。

 「高濃度 竹塩石鹸」をもっと詳しく知りたい方は、コチラをクリック!