新型コロナウィルス拡大に伴う緊急事態宣言および社会情勢を鑑み、残念ではございますが本年のアワード開催を見送ることと致しました。
何卒ご理解いただきくよろしくお願いいたします。

社会的インパクト・マネジメント・アワード 開催趣旨

社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(以下、SIMI)では、第1回目となる社会的インパクト・マネジメント・アワード2020を開催致します。

社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブでは、社会的インパクトの創出や向上を図るためのマネジメント(社会的インパクト・マネジメント)のあり方を検討し、ガイドラインの策定(2018年10月公表)や事例収集を行うなど、その普及促進に取り組んでいます。
社会的インパクト・マネジメントとは、事業の社会的な効果や価値に関する情報にもとづいた事業改善や意思決定を行い、社会的インパクトの向上を志向するマネジメントのことです。

これまで、実践事例を調査する中で、多くの団体がそれぞれ工夫を凝らして様々な取り組みを行っている一方、マネジメントの在り方には悩みや課題を抱えている団体があることを知りました。
そこで、日本全国から社会的インパクト・マネジメントの取り組みを集め、また発信していくことで、社会的インパクトの創出・向上を後押ししていきたいと考え、この度、新たに「社会的インパクト・マネジメント・アワード(SIMA)」を創ることになりました。

第1回目となる今年、SIMA2020にたくさんの皆様からのご応募をお待ちしております。

社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブとは

社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(Social Impact Management Initiative: SIMI)は、日本において事業者、資金提供者・仲介者、行政、中間支援組織・シンクタンク、評価者・研究者など多様なメンバーが連携して、日本全体として「社会的インパクト・マネジメント」を普及させるためのマルチセクター・イニシアチブです。2019年1月時点で160を超える団体がメンバーとなっています。
http://www.impactmeasurement.jp/

社会的インパクト・マネジメント・アワード 概要

1. 目的 事業者が実践した、優れた社会的インパクト・マネジメントの事例を社会と共有することで、社会的インパクトの創出の加速を目指します。

特に大事にしたいのは次のような点です。

● 社会的インパクト・マネジメントに関する多様な取組の可視化と共有
● 社会的インパクトを向上させるための、試行錯誤や失敗の経験も含めた幅広いチャレンジの発掘と応援
● 社会的インパクト・マネジメントや社会的インパクト評価のよりよいモデルの発掘
2. 募集対象・応募条件 【応募主体】

社会的インパクトを創出する事業・プロジェクトであること

・非営利・営利や組織形態・法人格は問わない
※個人による事業・プロジェクトは対象ではない

・日本国内に拠点を持ち、活動実績として1年以上経過していること
※活動地域の国内外は問わない

以下に該当する団体、事業は対象外とします。
・非合法的行為・反社会的行為等を行う団体、事業
・特定の政治活動又は宗教活動を主たる目的とする事業
・公共の秩序、安全を害するおそれのある団体、事業

3. 応募書類 「応募書類」に必要事項を記入のうえ、事務局までメールで送信してください。
4. 募集期間 2020年4月1日~5月13日 (※郵送の場合は、当日消印有効)
5. 審査方法 審査員による書類選考
6. 審査基準 (1) 生み出したい社会的インパクトが明確かつ共有されていること
(2) 現状に対して適切に社会的インパクト・マネジメントを実践している、もしくは試みていること
(3) 社会と共有したい社会的インパクト・マネジメントの実践事例であること
7. 審査委員 5名(詳細は下記の記載参照)
8. 発表・表彰 ・発表:2020年7月頃
・表彰:Social Impact Day2020 にてプレゼンテーションおよび表彰
 受賞者には賞状・表彰楯及び副賞を授与
9. 主催 社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ
10. 問い合わせ先 社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ アワード事務局
award@impactmeasurement.jp
担当:高木・土岐・川合
3. 応募書類 「応募書類」に必要事項を記入のうえ、事務局までメールで送信してください。

参考

社会的インパクト・マネジメント・ガイドライン

社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブにて2018年10月に発行したガイドラインです。社会的インパクト・マネジメントの具体的な実施要領を示しています。

http://www.impactmeasurement.jp/wp/wp-content/uploads/2018/11/impact-management-guideline-ver1.pdf

社会的インパクト・マネジメントの取り組みを集めて発信し、社会的インパクトの創出・向上を後押ししていきたく、多くの皆様のご応募をお待ちしております。