綜合武術 尚武会

Sogo Bujyutsu  Shobu-kai

2019年10月12日(土)
関市 刃物祭り 演武

関市刃物祭り演武
2018.10.6

新 演武会場

今年の会場 「春日神社」
http://www.seki-kasuga.com/

〒501-3857  岐阜県関市南春日町1
交通アクセス (1)長良川鉄道刃物会館前駅から徒歩で5分

刃物祭り 公式HP

演武会場
春日神社

本年度は「春日神社」になります。
自分も10年近くやっていて初めての場所になります。
次年以降も同じ場所で演武出来るかはわかりません。
歴史ある神社の前で、魂を込めて演武していきます!

綜合武術 尚武会

◆「綜合」とは
martial arts (武芸) としてではなく、古流居合や古流剣術をはじめ日本の伝統古武術や各武器術をまとめた略としてSo Go (綜合)と日本語として称するものとする。
◆「尚武」とは
「基本的に闘わずに済ませる」精神と強さを養う。
日本の古武道、古武術を学び、自身の身体と精神と向き合う事を目指す。

◆参加資格
・聴覚障害者である事 (健常者も協力体制維持の為、多少入れる事が考えられます)
・武術(道)に興味を持つ者 (経験、段位不問 趣味にしている者も可)
・武術(道)をする者たちを応援したい者(ボランティア可)
・公序良俗に反する行為を犯さない事

・h29.06.22発足

国際サイレント武道連盟 創立40周年記念大会  〜国際サイレント武道連盟〜

2018.11.30~12.02 

当「尚武会」のメンバーで参加させて頂きました。貴重な国際交流の場、様々な事を学ばせて頂きました。ありがとうございます。

IMFD連盟

「 一礼 」

土曜日1回、日曜日2回と演武の機会を頂きました。遠く離れた諸国より来日された方々の為にもと、精一杯振るわせて頂きました。

皆さま、来場応援ありがとうございました。

Jun Matsui FB

演武種目

アルゼンチンからのカルロスさんを加え4名で「居合」演武を披露しました。
・全剣連制定居合
・各個の型
・組太刀
・杖道
・介錯

杖道演武 動画

「 介錯 」

「真剣」とは、抜かずに終えられるのがしあわせ
抜かざるを得ない事態になるという事は、乱世のあかし
先人たちの魂打つ刀剣を前に自問自答していく
武士道とは何ぞや?
先人達からの今を生きる者たち、後世の者たちに
与えられた課題なのかもしれない

介錯

ふかマン    Fukaman 
松井淳桜俊   Jun Matsui Ohshun 
披田野隆司森善 Takashi hidano Moriyoshi

Japan Deaf Expo 2017
演武を終えて

松井淳
居合術

今大会は観て頂けるお客様の為にも、本物の武術的な動きだけでなく、ひとつのエンターテインメントとして「魅せる」動きを少々取り入れてみました。余計なものを省き、消す動きをあえて強調させたりする。それは同時に悪い見本の勉強をさせて頂く良い機会になりました。次回はより綿密に進行予定を立てて臨ませて頂きます。ありがとうございました。

披田野隆司
抜刀術

「聞こえない外国人に日本刀の魅力を伝えたい」

居合の文化をDEAFの舞台で発信していくこと。
初めての試みであり、意見の衝突も少なくないなかで議論を重ねてまいりました。
「居合」というものは勝ち負けを競うものではなく、正確な刃物の扱い方を知り、礼儀やマナーを学んでいくことによって、人間形成を成していくのだと再確認させられました。
自分も課題を発見し、今後は活人剣を身に付けたいと思っています。

ふかマン
立木撃ち

精神論、技術論。そういったものを一切合切捨てて、黙って立木撃ちしていく。
即ちこれ、動禅也。
少なくとも耳聴こえない者で、「示顕流の理念を理解」してるのは私だけだと自負しています。
興味ある方にはその理念と仕儀を伝えていく所存です。
一方、新たな居合術を学び得る意志もあります。こちらは真剣術ですので、どのような学びになっていくかが今から楽しみです。

切腹と介錯

今大会中の数々の不手際に対して切腹を以って責任を取らせて頂きました。

舞台での演武動画

型2本のみ。1分足らずの動画になります。 更に技術を磨いてまいります。

https://www.facebook.com/fukamankansou/videos/342789522831930/

演武動画

DEAF居合武術 人物紹介

披田野隆司
1974年生まれ 愛知県出身
最終学歴 名造芸短大卒

2歳の頃から高熱のため感音性難聴と診断される。
30代半頃離婚。その頃刺される夢を度々見るよう
になった。何とか対処法をと病院など試した末に、
松井さんの通う道場を見学。すがる気持ちで居合を
始めた事により、悪夢に悩まされることが無くなる。
いつしか段を取得していき夢中になっていく自分が
いた。現在も地元道場にて向井田武先生に師事。
先生亡き現在は、武心会の存続に尽力する。

松井淳
1972年8月生まれ 愛知県出身
最終学歴 NSCデザイン専門学校卒

生まれた時から先天性難聴です。8年前の38才頃居合
に出会う。地元道場「武心会」に通い始めたが、自身の未熟さを痛感して更に上の世界を目指し「修心流居合術兵法」町井勲先生に師事。退門した現在は武心会の師範代に就き、「尚武会」の方では同じ聴覚障害者たちに「武術」を伝えていく為に尽力する。

ふかマン
1972年9月生まれ 沖縄出身
最終学歴 筑波大学付属ろう学校高等部卒
0.3か月時に肺炎高熱による両耳失聴。20歳台時、示現流立木稽古を3年続ける。
「人物像を見極める」という仕事の観相に”居合”は大変に有益。かつ、日本の心をより身につけるために、改めてZEROから居合術に入門。

■DEAF活動の一部■

YMCAキャンプ(神戸三宮)
演武
2016年8月

ジャパンデフEXPO
演武
2016年7月

サーフショップ太田 
新年餅つき大会演武
2018年1月3日
主催の太田さんより演武の依頼を受けました。当日は年始という事もあり、稽古初めとしてこの一年の武運長久を祈願して執り行わせて頂きました。

関市刃物祭り演武
2018.10.6

刃物祭り試斬

岡崎聾学校演武
2018年05月13日

母校より、演武&講演の依頼を頂きました!岡崎聾学校にて恩返しさせて頂きました。「居合」演武だけでなく、二人が始めたきっかけから「居合」とは何か?など講演させて頂きました。応援ありがとうございました。

母校より、演武&講演の依頼を頂きました!
本年度5月13日、
岡崎聾学校にて恩返しさせて頂きました。
「居合」演武だけでなく、
二人が始めたきっかけから
「居合」とは何か?など講演させて頂きました。
更に満足いく演武を魅せられるよう
日々精進していきます!

Japan Deaf Expo 2017
土、日演武させて頂きました。応援ありがとうございました。

日時 2017年9月8日(金)         9日(土)        10日(日)
当イベントは終了しました。
会場 大宮ソニックシティ  主催 特定非営利活動法人 サイレントJAPAN

ボタン

この画像のような雰囲気で構えますので、目印にしてください!多少実際のブースと違う所があるかもしれませんが、ご了承ください。(原文のまま)

3日間このブースを構えさせて頂きました。来場された方々ありがとうございました。この経験を次に繋げていきたいものです!

演武プログラム

+++お願い+++

■管理人へのFB申請やメールについて

■FB申請について■
基本的に相互の合意の下で受理させていただく形をとっています。
面識のない方々に関しては、メッセージなどで一声頂いてから承認して頂く形をとっています。 挨拶のほどよろしくお願いいたします。

■メール送信について■
件名などに「ジャパンデフEXPOでお会いしました」「こちらのHPを見ました!」など付けて頂けると把握しやすいです。ご協力お願いします。

setsuyen1580sx@yahoo.co.jp