美味しいお米から作ったプレミアムな米粉

滋賀県 信楽高原が育てた逸品

信楽高原のピュアなお水で育んだお米を「米粉」にしました。

通常、スーパーで安く売られている米粉は、
もともと家畜資料用米から製粉されたものが大部分です。

そこで私はもっと美味しい米粉を作りたいと考えました。
その答えが、無農薬コシヒカリ米からの米粉製粉。

ちょっとお高いかもしれませんが、独特の優しい甘みが料理の味わいを深くし、
あなたのお料理を一層引き立ててくれるはずです。

信楽高原が育てたプレミアムな米粉をお試しください。
もっちり甘く美味しい
米独特のもっちりした食感や甘さを、粉を使った料理でも味わえます。
ヘルシー
小麦粉に比べ消化のスピードがゆっくりなので血糖値が上がりにくく、油を吸いにくいので、天ぷらの衣などに使うと、からっと揚がってヘルシーです。
扱いが簡単
グルテンが含まれてないので、ふるわなくてもダマにならず、混ぜすぎても失敗しません。
更に、後片付けも簡単に洗い流すことができます。
扱いが簡単
グルテンが含まれてないので、ふるわなくてもダマにならず、混ぜすぎても失敗しません。
更に、後片付けも簡単に洗い流すことができます。

日本の数あるお米の品種の中でも、コシヒカリは誕生から60年超の歴史を持っています。
その人気は不動のもので、今でも全国で作付け面積NO.1のお米です。

日本人にとってもっとも身近な品種はコシヒカリと言っても過言ではありません。

「米粉」は、加工食品としてはまだなじみのない分野ですが、このコシヒカリの特性を熟考し、
製粉過程の創意工夫を繰り返し丁寧に作り上げました。

私たちの願いは、単なるグルテンフリーの流行として、またアレルギー対策の小麦粉代替品として使うのではなく、長く日本人に愛されてきたコシヒカリの美味しさを、「米粉」としても楽しんでいただき、その魅力を一人でも多くの方々に届けることです。

米粉がこんなにおいしいなんて!

パンケーキ
クッキー
天ぷら
唐揚げ
カレーとろみ
離乳食
離乳食

米粉はとても扱いやすく、使い方次第でもっちり、サクサク、ふわふわなどのバラエティ豊かな味わいと食感を生み出せます。

例えば、パンはもちもち、クッキーはサクサク、ケーキはしっとりふわふわ・・

お料理のとろみ付けに使うこともでき、スープ、シチュー、カレー、ホワイトソースなど
アイデア次第で用途は無限大です。

信楽産 無農薬コシヒカリ米粉

コシヒカリを米粉にしてしまった贅沢な逸品

500g 850円

特徴

  • 食べて美味しいコシヒカリ米が原料
    食べても美味しいお米を贅沢に使った米粉です。
    一般的にお安く売ってる米粉で有名なミズホチカラという品種は、もともと家畜飼料または米粉用のための品種で、そのまま美味しいご飯として食べられないお米です。
  • こだわりの製粉方法は湿式気流粉砕
    水分を浸水させてから粉砕することによりでんぷん損傷(粉へのダメージ)の少ないきめの細かい米粉になります。
    でんぷん損傷の大きい米粉は吸収が多くなり、パンなどの膨らませるものには不向きですが、コシヒカリの米粉は損傷率が少ない方法で製粉しているので、パンにも使っていただける粉です。

  • 無農薬米なのでお子様にも安心
    コシヒカリが原料の米粉・・ってことだけでも魅力的なのですが、これが更に無農薬栽培ともなれば、赤ちゃんにも安心して食べさせてあげることができます。
    離乳食作りにはこれ以上ない素材です。
  • こだわりの製粉方法は湿式気流粉砕
    水分を浸水させてから粉砕することによりでんぷん損傷(粉へのダメージ)の少ないきめの細かい米粉になります。
    でんぷん損傷の大きい米粉は吸収が多くなり、パンなどの膨らませるものには不向きですが、コシヒカリの米粉は損傷率が少ない方法で製粉しているので、パンにも使っていただける粉です。

販売ショップご案内

米粉ショップ 「AEC米粉ぷろ」

店名に込めた思い

「AEC」(安土エコロジー倶楽部)は
農業が大好きで、日本の農業の将来を真剣に考え、
農作物の安全安心を追究するために結成されたグループです。

「米粉ぷろ」(米粉ぷろじぇくと)とは、
日本農業の根幹であるお米を、様々な用途から研究し、
もっと可能性のある食べ物として普及させていきたいとの思いから
立ち上げたプロジェクトです。

米粉の可能性を追求し、美味しさを追求し、安全性を追究し、
日本の食卓をより豊かにすることを目標に活動を続けております。

当サイトをご覧いただいたご縁を大切、米粉の美味しさを一人でも多くの方々に触れていただけたら幸いです。


お電話の受付時間   9:00 - 17:00
050-6866-1610
土日祝日はお電話の受付はお休みさせていただきます。