なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成


世界で一番命の短い国シオラレオネやその周辺国の現状


多くの感染症の蔓延により経済的に困窮しているシエラレオネ
シオラレオネでは様々な伝染病が蔓延しています。例えば、エボラ出血熱、ポリオ、麻疹、黄熱、破傷風などです。これらの病気の影響で平均寿命が短くなり、人口も減少しています。また、親を感染症で亡くした孤児が大量にいます。それらの悪循環で、シオラレオネの経済発展は阻まれています。

シオラレオネってどんな国?

シオラレオネについて
シエラレオネはアフリカの西海岸にある国で、人口は約756万人。アフリカの中でも比較的小さい国です。この国は、世界の最貧困国の一つに数えられ、約70%の人達が1日たった$1.90以下で生活しています。また、「世界一寿命が短い国」という名前で世界では知られており、その平均寿命は約51歳前後です。
シオラレオネが抱える問題
・伝染病の蔓延(2014年5月のエボラ出血熱の感染拡大など)
・平均寿命が短い
・親を伝染病などで亡くした孤児が多い
・労働者の低い賃金と低い農業生産性により、安定的な収入のないこと
などがあります。
小児死亡率 日本の約52倍の子どもたちが5歳未満で命を落としています
人口千人あたりの病床数 0.40床 182位/191カ国中
衛生施設 9割が安全な衛生施設を利用できていません
識字率 識字率は女性65%、男性51%です
貧困率 8割近くの人が1日3.2米ドル未満で暮らしています
貧困率 8割近くの人が1日3.2米ドル未満で暮らしています

例えば、皆様が現状を理解し改善していけば

病床を増やし、貧困と経済発展の悪循環を緩めることが出来ます。
低賃金重労働な過酷な労働状況の改善が出来ます。
伝染病による孤児を減らし、児童労働が減り、平均寿命が上がります。
伝染病による孤児を減らし、児童労働が減り、平均寿命が上がります。