埼玉インテリアコーディネーター協会とは


インテリアで暮らしを豊かにするための活動をしています。
埼玉インテリアコーディネーター協会は、埼玉県を中心に
インテリアコーディネーターやそれらに興味のある方が集まり、インテリアで暮らしを豊かにするため、県内でセミナーや勉強会、イベント企画等の活動をしている団体です。

インテリアコーディネーターのお仕事

インテリアコーディネーターは夢を形にする専門職です

「毎日を心地よく暮らしたい」という思いは、誰でも持っています。心地よさの感覚は人それぞれですが、好みの色や素材を使い、自分の趣味やライフスタイルに合った空間では気持ちよく過ごすことができます。

インテリアコーディネーターは「どんな風に暮らしたいか」をヒアリングし、「こんな雰囲気の空間に住みたい」というアバウトな要望を具体的に住まい手のライフスタイルに合った住空間に導きます。

インテリアや住宅や商品に関する幅広い知識・専門的な技術などを駆使し、家具やカーテン、照明等の商品をトータルにプロデュースすることがインテリアコーディネーターの仕事です。


(公益社団法人インテリア産業協会HPより)

活動報告

キッズわくわくワーク(ワークショップ) 2019.9.22

公益社団法人インテリア産業協会様よりご依頼いただき、
埼玉県上尾ハウジングステージ内「キッズわくわくワーク」にて
子供たちにインテリアコーディネーターのお仕事体験ワークショップを開催しました。
このイベントではmarimekkoやサンゲツの生地を使った「ファブリックパネル作り」を通して
子供たちにインテリアコーディネーターのお仕事内容や楽しさを体験してもらいました!

賛助会員様

株式会社ユザワ 様
リリカラ株式会社 様
トーソー株式会社 様
株式会社トミタ 様
株式会社サンゲツ 様
株式会社川島織物セルコン 様
株式会社ニチベイ 様
立川ブラインド工業株式会社 様

会則

入会案内

準備中

お問合せ

有難うございます。

お問合せはこちらのメールアドレスまでご連絡をお願いします。

埼玉インテリアコーディネーター協会 事務局
saitama.ick@gmail.com

埼 玉 イ ン テ リ ア コ ー デ ィ ネ ー タ ー 協 会 会 則

第1条
(名称・事務局)
この会は、埼玉インテリアコーディネーター協会と称し、事務局を埼玉県内に置く。
第2条
(目的)
この会は、インテリアコーディネーター及び各会員同士の情報交換、技術向上、人材育成、
生活者に対する啓蒙活動等、各会員間の相互利用、共同の利益と健全な発展及び親睦を図る
ことを目的とする。また、各会員の職能向上を図り、品性を磨くとともに社会貢献すること
を目指す。
第3条
(正会員及び理事)
この会は会の目的に賛同し、正会員はインテリアコーディネーター有資格者及びインテリア
コーディネート業務に携わっている社会人をもって構成する。新たに正会員に加入するには
役員と事務局の2名以上の推薦によって正会員とする。尚、正会員以外に事務局及び正会員
の推薦により自由にオブザーバーとしての例会への参加を可能とする。
第4条
(事業)
この会は目的達成の為、次の事業を行う。
1.総会、講習会、研究会、座談会、見学会等による情報・技術の交換及び勉強会
2.会員相互の親睦
3.その他、目的達成に必要な事業
第5条
(運営)
1.会議は役員会(理事会)をもって運営し、会⾧が招集する。尚、会員は希望があれば事務
局へ事前に申し出て、オブザーバーとして参加することができる。但し、事務局が必要と
認める場合とする。
2.必要に応じ、臨時役員会を開催する。
第 6 条の1
(役員)
本会に次の役員をおき、役員会において選任する。
・会⾧ 1 名
・副会⾧ 若干名
・事務局⾧ 1 名
・事務局次⾧ 若干名
・理事 若干名 ・相談役 若干名
・会⾧は本会を代表し、業務を統轄する。
・副会⾧は代表を補佐し、代表が事故あるときはその職務を代行する。
・事務局⾧は会計、会務等を処理する。
・事務局次⾧及び理事は各役員の業務を補佐し、各役員が事故あるときはその職務を代行す
る。また、会の運営、推進にあたる。
・会計監査は会計処理を監査する。
・会の運営等において顧問的な相談役をおく。
第 6 条の 2
この会の運営・事業を円滑にするために、情報賛助会員を役員会において推薦する。
第 7 条の 1
(会計)
この会の運営の収入は、会費、事業収入、寄付金、会社が拠出する補助金、その他をもって
充当し、会計年度は毎年 4 月 1 日より翌年 3 月末日までとする。
第 7 条の 2
この会の会費は役員会によって決定とし、入金方法は各会員からの振り込みとする。
1.正会員 \ 6,000/年
2.情報賛助会員 1 口¥ 12,000/年 ※入会時に徴収する。
3.原則としてオブザーバーは例会のみの参加とし、参加時に実費徴収とする。
4.必要あるときは臨時会費を徴収する。
5.決算会計報告については会計監査を受けて、全会員に報告する。
6.途中入会の場合は月割り計算を基本とする。
第 8 条
この会則は令和元年9月 4 日より施行する。
第 9 条
付則(活動規約)
本会則に記載していない細部事項は、全て役員会(理事会)決議によって決めるものとする。
第 10 条
(後援)
本会の運営及び事業について、役員会が運営し、情報賛助会員が後援とする。
第 11 条
(除籍)
・やむを得ないと認められる事情を除き、会費を 3 カ月以上遅滞した場合。
・本会の目的に反し、本会の名を著しく傷つけるような行為をした者、あるいは業務を遂行
した上で、インテリアコーディネーターとしての信用を著しく損なうような行為をした者。
・会の進行に著しく支障をきたす行為をした者。
・本人の申し出や役員会で脱会適当と認めた場合。