出版できなかったら全額返金!
絶対出版実現コンサルティング
サービス開始

二年間のコンサルティングで商業出版が実現できなければ、全額返金いたします。簡単に出版できる方法を求めて右往左往し続ける事よりも、確実に商業出版できる方法を実践してみませんか?

定員6名

商業出版を実現するのに必要な2つのこと

今、どこの出版社に行っても、著者について聞かれることは、
「本物のコンテンツなの?(企画力)」と「自分で売れる人なの?(販売力)」の2つ。
前者は、本にするコンテンツとして、しっかりと体系化されているのかどうかということ。
後者は、その著者にはファンがしっかりいて、書店での売れ行きに初速をつけられるのかのかということ。 
もはや、この2つが揃っていないと、出版できる時代じゃなくなってきているということです。

『企画力』は私がサポートできますが、
『販売力』は自分で養うしかありません

出版に必要な『企画力』と『販売力』。
ほとんどの人が、簡単に出版しようと『企画力』だけで出版を目指そうとします。
もちろん、私自身が現役の編集者でもあるので、『企画力』についてはサポートすることは可能です。
しかし、『企画力』には限界があります。
弊社で手がけた書籍の中で、純粋に『企画力』だけで出版が決まったのは、ほんの一部。
それ以外は、『企画力』+『販売力』の合算評価によるもの。
つまり、『販売力』がなければ出版することはできないと言っても過言ではありません。あなたがなかなか出版できないのは、この販売力が無いためです。

『企画力』だけでも出版はできるけど、
あなたに『販売力』がない状態で出版してしまうと…

『販売力』がないために、企画の主導権を出版社に握られてしまい、書きたいと思っていた企画とはまったく違う企画を編集者に提案されてしまい、その企画で出版したら、まったくビジネスに活きなかった…
本を出版したいと出版プロデューサーに相談したら、プロデュース料として高額な報酬を請求され、その上、やっと決まった出版社の条件が1000部買い取りということで、さらにお金を請求された…
せっかく本を出版したのに、自分に『販売力』がないのにも関わらず、一生懸命にも販促活動を頑張ったのですが、効果がなく、すぐに書店から消え、増刷がかからなかった。一冊目の本が売れなかったため、二冊目の企画書なんて読んでももらうこともできない…
原稿を一生懸命に書いたのに、自分の『販売力』をアピールできなかったため、出版社の新人編集者が担当となり、誤字脱字なども解消されないまま本になってしまった。当然、それを読んだ読者が怒り、Amazonに酷評のレビューを書き込まれ、逆ブランディングになってしまった…
原稿を一生懸命に書いたのに、自分の『販売力』をアピールできなかったため、出版社の新人編集者が担当となり、誤字脱字なども解消されないまま本になってしまった。当然、それを読んだ読者が怒り、Amazonに酷評のレビューを書き込まれ、逆ブランディングになってしまった…

本気で『販売力』を養ってみませんか?

『販売力』を養うというのは、自分の本を買ってくれるファンを獲得するということです。
ファンを獲得するためには、自分が出版したいと思っている内容を必要としている読者を事前に集め、
ブログやFacebookなどのソーシャルメディアで信頼関係を築き、
本が出た時にこちらから連絡できるように、メールマガジンなどに登録してもらう必要があります。
『販売力』は養い方を教えることはできますし、サポートすることは可能です。
ですが代わりに担ってあげることはできません。「販売力を養う=あなたのことを応援してくれるファンを作ること」なので、あなた自身が求心力を高めないといけないからです。

見せかけの『販売力』をいくら身につけたって
本の販促には、一切、役に立ちません

あなたの『販売力』というのは、あなたが出版した時に自分の本を買ってくれる人の人数と言っても過言ではありません。
その人数が何人まで増やせるかが、商業出版を実現できるかどうかの勝負の分かれ目なのです。
ただ、何人まで増やせるかというと、つい人数ばかりに気がいってしまいすが、たんにご縁があった人の数を増やしたところで、その人たちが本を買ってくれるわけはありませんので、意味がありません。
そういう意味では、Facebookの友達の数やいいね!の数をいくら増やしたところで役に立ちませんし、メルマガの読者やTwitterのフォロワーをお金で買ったところで、一切、役に立ちません。
あなたが出版した時に自分の本を買ってもらうためには、たんに多くの人とつながるのではなく、あなたに興味関心がある人たちを集める必要があります。
そして、そういう人たちを結果的にたくさん集めていくということです。

本当の『販売力』を身につけるのに
必要なプロセス

Step
1
自分が出すべき本の企画を考える
まずは、あなたのビジネスモデルを精査し、どの部分に出版を取り入れるかを検討します。取り入れる部分が決まったら、出版の目的を明確にして、本の内容と切り口を決めていきます。
Step
2
必要としているターゲットの悩みを考える
次に、本の内容を求める人は、どんな悩みや欲求を持っているのかを考えます。そして、その悩みや欲求を持っている人は、どんなキーワードで検索し、情報を探しているかを調査していきます。
Step
3
ブログを書いてアクセスを呼び込み、信頼される
調べたキーワードを意識しながら、検索して辿り着いた読者が求めているであろう記事を書いて、読者の信頼を獲得していきます。もちろん、Facebookでシェアをしていきます。
Step
4
メールマガジンに登録してもらい、関係性を構築する
無料レポートなどの特典をぶら下げずに、単純にメールマガジンの読者を増やしていきます。メルマガでは、ブログでは書けないような情報を発信し、読者とのさらなる信頼関係を築きます。
Step
5
出版企画書を書いて、出版社への売り込み
メルマガ読者が集まってきたら、いよいよ出版企画書を書いて、出版社へ売り込みます。情報発信で内容が精査され、メルマガ読者も集まっているので、企画力と販売力が揃ったことになります。
Step
6
出版決定!販促をしっかりやり、二冊目を狙う
本を出版したら、メルマガとブログ、Facebookを活用して、しっかりと本を売っていきます。そして、その本を使って、ビジネスを加速させて、さらに次の出版を目指します。あとはこれを何度も繰り返すだけです。
Step
2
必要としているターゲットの悩みを考える
次に、本の内容を求める人は、どんな悩みや欲求を持っているのかを考えます。そして、その悩みや欲求を持っている人は、どんなキーワードで検索し、情報を探しているかを調査していきます。

『販売力』さえ身につけば、誰でも幸せな著者人生を歩めます

『販売力』は出版を実現する上で、重要な要素です。
この『販売力』がないことが起因して、足元を見られ、いろいろなトラブルに発展することもよくある話です。
さらに言えば、無名の新人著者に出版社はなかなか営業のリソースを割いてはもらえません。
つまり、自分の本は自分で売らなければならないということです。
何もせずに本は売れず、一冊で終わる著者になるのか、自分で販促を頑張り、二冊目、三冊目と
出版できる著者になれるかは、あなた次第ということになります。

『販売力』を身につけることで
出版の道はこんなに開ける

お金をかけずに出版できる
『販売力』があれば、出版社と強気に交渉できるようになり、出版するのにお金をかける必要はありません。場合によっては、出版社からオファーをいただけるようになります。
本の企画にも主体性を持てる
本の企画というのは、一般的に出版社の編集者が決済権を持っていますが、自分に『販売力』があることで、内容に対しても自分が主体性を持って意見することができます。
本が売れて、増刷もかかりやすい
本は発売して一ヶ月以内が一番増刷がかかりやすいと言われております。その最初の一ヶ月で販促活動を行うため、すぐに在庫がなくなり、すぐに増刷がかかるでしょう。
本が売れて、増刷もかかりやすい
本は発売して一ヶ月以内が一番増刷がかかりやすいと言われております。その最初の一ヶ月で販促活動を行うため、すぐに在庫がなくなり、すぐに増刷がかかるでしょう。
自分の好きな出版社から出版できる
著者と出版社は、売り手と買い手の関係性です。自分に『販売力』があれば、売り手市場となり、自分が好きな出版社を自分で選ぶことができるようになります。
ネットとリアル書店で販促
本を出版した後に、すぐに販促活動を展開できるため、売れ行きの初速をつけることが可能です。初速をつけることで、書店に長く置かれる本となります。
二冊目、三冊目につながる
本が売れて増刷を繰り返すことで、著者としてブランディングかかります。そうなると、二冊目、三冊目の出版もしやすくなりますし、場合によっては出版社からオファーもあるでしょう。
二冊目、三冊目につながる
本が売れて増刷を繰り返すことで、著者としてブランディングかかります。そうなると、二冊目、三冊目の出版もしやすくなりますし、場合によっては出版社からオファーもあるでしょう。

確実に出版を実現するために
最長で二年だけ本気で頑張ってみませんか?

『販売力』の必要性は、十分にご理解いただけましたでしょうか?

これから出版を目指すのであれば、この『販売力』は絶対に養ってください。
『販売力』を養うのに必要な情報もノウハウも巷にはいっぱい書籍などで出回っております。
ソーシャルメディアに精通されているのであれば、間違いなく、それだけで十分に『販売力』を養うことは可能です。

ただ、逆にソーシャルメディアに精通されていないのでれば、注意してください。
『販売力』を養うためには、どれだけ自分自身を客観視できるかというのが重要なポイントとなります。
これができないと、いくら一生懸命に取り組んでも、まったく役に立たない不毛な作業をすることになってしまいますからね。

それはさすがに忍びないということで、今回、私にしかできないサービスを立ち上げることにしました。
それが、この『絶対出版実現コンサルティングサービス』です。

このサービスは、私が起業して20年の中で作り上げてきたビジネスモデル、書籍編集者として培った経験、出版実現コンサルタントとして実績、ウェブ集客やオウンドメディア運用のコンサルティングをしてきた成果…それら今まで培ってきたこれら全ての集大成です。

なので、どんなに長くても二年もあれば、私が必ずや『販売力』を身に付けさせてみせます。
もちろん、早い人であれば、そんなに時間がかからないもしれません。
最長で2年ということですから、半年で出版することだって可能です。※2年を待たずにして出版が決まった場合の返金については最下部の注意事項をお読みください。
そして、『販売力』が身についたら、私が『企画力』をサポートし、そのまま出版実現のお手伝いまでさせていただきます。

絶対出版実現コンサルティングサービスの内容

  • 月に一回、Zoomか面談でコンサルティング
  • 毎月、課題の提出と添削
  • Facebookグループで質問し放題
  • 気まぐれで、Zoomを使ったグループコンサルティングやセミナー
  • 不定期でオフ会を開催
  • 毎月、課題の提出と添削

これで出版が実現できなかったら、全額返金します!

弊社の出版実現のノウハウとソーシャルメディアでのファン作りのノウハウを詰め込んだ
今回の絶対出版実現コンサルティングサービスで出版できなかったら、嘘でしょうと思っています。
それぐらい自信がありますので、全額返金保証させていただきました。
徹底的にやっていきたいと思っておりますので、先着制で定員を6名とさせていただきます。
確実に出版を実現するために最長で二年間だけ頑張ってみませんか?

山田稔からのメッセージ

私が出版プロデュースをはじめて10年になります。
これまでに、全国からたくさんの著者を輩出し、たくさんの本を手掛けてきました。

最初は本を出版させることにばかり意識がいっておりましたが、たんに出版しただけでは著者は幸せになれないということを悟り、幸せな著者さんとは? 幸せな著者さんになるためには? と試行錯誤をした結果、私が出版実現セミナーで話している内容に辿り着きました。

しかし、話しを聞いただけで動ける人はほとんどいません。

理由は簡単です。
皆さん、何かきっかけがあって出版したいとセミナーに参加されると思うのですが、出版に必要なのはもっと手前の部分にあります。
それは、そもそも、今、出版しても大丈夫なビジネスモデルなのでしょうか? という部分です。
この話しは、出版実現セミナーでも話している話しですが、自分でそこを見直すことができる人はほとんどいらっしゃいませんでした。

やっぱり、出版がしたいんでしょうね(笑)

そこで、今回の絶対出版実現コンサルティングサービスを思いつきました。
私が、私の手で、ひとつひとつをアドバイスして、確実に皆さんを幸せな著者さんにしていこうと思っています。

そして、一緒に学んだメンバーがどんどん飛躍し、ビジネスが加速していってくれたら、こんなに嬉しいことはありません。

本気で取り組む意欲がある覚悟を持った人をお待ちしております。

尚、この内容で、この価格は最初で最後になるかもしれません。
なので、是非、この機会を絶対に逃さないようにしてくださいね。

講師プロフィール

出版実現コンサルタント
高校生の時からビジネス雑誌で取り扱われ、その時のご縁で
出版社のコンピュータ雑誌の編集部、広告代理店で制作部を経て、
エディトリアルデザイン会社として独立。
書籍の企画、編集、執筆業務を拡大し、編集プロダクションとして法人化。
その後、出版プロデュース業を始め、 全国から著者を輩出し、
多くのベストセラーをプロデュース。
さらに、ウェブのスキルと持ち前の編集力を活かし、
ウェブ集客やオウンドメディア運用のコンサルティングも開始。
今では、パソコン書、ビジネス書などを中心に20年連続、
年間50冊以上の書籍出版を手がけている。
なかでも、アフィリエイト、Facebook、アメブロ、LINE、iPhone、スマホの
書籍に関しては、日本一の冊数を制作している。

お申し込みについて

会費   : 月額50,000円(税込)
支払方法 : カード決済のみ(PayPalでの決済となります)
受講場所 : 弊社会議室 or ご自宅
受講環境 : PC(Facebook、Zoomを使ってやり取りをします)

返金に関する注意事項

・今回は、二年以内に絶対に出版を決めていただきます。二年以内に決まらなかった場合、お支払いいただいたお金を全額返金いたします。

・二年間を待たずに出版が決まり、卒業される場合は別として、出版が決まっている訳でもないのに、途中で退会された場合は、返金保証は適用できません。

・毎月課題を出します。全額返金保証はこの課外をしっかり取り組んだ方に限ります。課題もせずにただお金を払って出版できるということではありません。