あなたの想いを書に込めて作品をお創りいたします。
故人様のお名前や思い出の文字を『書』として飾ってみませんか?


弔いの『書』


弔いの『書』

書家・春陽がご家族の想いを『書』に仕上げます。

故人様への想いをうかがい、ご希望の文字にその想いを込めて『書』として作品をお創りします。裏打ちをしてすぐにお好みの額に入れて飾っていただけるものをお届けします。(ご希望の方には別途追加料金にて額装してお届けします。)

ご依頼から発送まで2週間ほどのお時間を要します、あらかじめご了承願います。


亡くなった方のお名前を作品にというご依頼にはそれぞれの想いがあります。


生まれる前からお名前を決めていた待望のお子さんを流産で亡くされた方は、今生きていたら5歳になるとお子さんへの想いを話してくださいました。一日たりとも忘れたことにない我が子を他の人には知られぬ形でそばに置き、毎日感じていたいとのことでした。この世に存在はなくとも我が子への母性を深く感じました。


お母様を亡くされた方は、本家に仏壇があるけれど毎朝お水やお花をお供えし手を合わせている場所に遺影ではなく作品を飾りたいとのことでした。お経をあげお線香を焚く弔い以外にも、おひとりおひとりの生活様式に合わせて故人様と向き合われている真摯な姿がありました。


お父様のお名前から譲り受けた一文字、我が子に授けたその一文字を作品にしてほしいとの想いをお持ちの方もいらっしゃいました。傍でご機嫌に遊ぶお子さんにも受け継がれていく家族の想いがみえました。


目にみえないけれどご家族をつなぐ想いを作品にさせていただきます。             
                  書家・春陽
 


価格(送料込み、税別)
基本形式:裏打ちだけでの
     お渡しとなります
     ひと文字となります
オリジナル:できるだけご要望
    にお応えいたします。

ハガキ半分サイズ 約5㎝ ×7㎝

 30,000円

ハガキサイズ  約10㎝ × 14㎝

50,000円

半紙サイズ/B4    約 26㎝ × 36㎝

70,000円

オリジナル


オリジナルをご希望の方には、ご相談に応じます。

オリジナル


オリジナルをご希望の方には、ご相談に応じます。

ご購入の流れ

お申込み 書のサイズが、小、中、大でご決定の場合は、【PayPalで購入する】からお進みください。その場合、PayPal(銀行のデビットカード、クレジットカード)でのご入金となります。
ヒアリング PayPalでのご入金確認後、メールを配信いたします。
フォームに従い*発送先ご住所*ご希望文字(一文字)*個人様とのご関係*文字への想い*故人様への想い*故人様のお人柄、をご記入後、ご返信ください。
作成、配送 ご希望の文字にその想いを込めて『書』として作品をお創りします。裏打ちをしてすぐにお好みの額に入れて飾っていただけるものをお届けします。(額装をご希望の方は、「オリジナルサイズ」にてお申し込みください。)
およそ2週間後に、発送いたします。
作成、配送 ご希望の文字にその想いを込めて『書』として作品をお創りします。裏打ちをしてすぐにお好みの額に入れて飾っていただけるものをお届けします。(額装をご希望の方は、「オリジナルサイズ」にてお申し込みください。)
およそ2週間後に、発送いたします。

弔いの書

(ハガキ半分サイズ)約5㎝ ×7㎝
販売価格
30,000円
(税別)
ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

弔いの書

(ハガキサイズ)  約10㎝ × 14㎝
販売価格
50,000円
(税別)
ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

弔いの書

(半紙サイズ/B4)    約 26㎝ × 36㎝
販売価格
70,000円
(税別)
ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

オリジナル お申込み

【ご依頼主様の声】

S.E.様  30代女性 
調布市在住
第2子をお腹の中で亡くしました。長女と一緒に名前も考えていた
のでその中のひと文字を依頼しました。供養はしましたが、仏壇を
置くのはなんだか違う気がしていた時、春陽さんの作品を知りこれ
だと思いました。リビングに飾っていますが、時々長女が自分の部
屋に持っていきます。長女自身が寂しい時や飾っている作品が寂し
そうだからといって…。自然に家族の中に存在してくれています。


G.Y.様  40代男性 
中央区在住
父からもらったひと文字を食卓を囲む部屋に飾っています。その文
字は息子の名前にも入れました。早いもので父を亡くした頃に離乳
食を無邪気に食べていた息子も小学生になり、宿題を食卓でしてい
ます。わたし自身も朝食時には作品が目に入ると自然に背筋が伸び
ます。作品に見守られ、支えられています。


K.M.様 50代女性 
港区在住
母の名前を玄関に飾っています。シンプルでモダンな作品はインテ
リアに溶け込んでいますが、調子が良い時は「元気にいってらっし
ゃい!」と、不調な時は「無理しないでね、気をつけて!」と送り
出してくれる。良いことがあった日は「よかったね!おめでとう」
と、悲しいことがあった日は「頑張ったね!おかえりなさい」と迎
えてくれる。不思議な作品です。


N.T.様  70代女性 
知多市在住
夫が好きだった言葉を寝室に飾らせていただいています。2年ほど
よく眠れず暗闇でその作品にいろいろ話しかけましたが、そのおか
げでくよくよせず一番辛い時期を乗り越えられた気がしております
。お仏壇にも手を合わせますが、今でも一番身近でその言葉がわた
しに寄り添ってくれています。






名前にこめる想い


お子様の誕生を記念しお名前を作品にというご依頼の時は、名付けた方の想いをお聞きして創ります。

生れて授かる名前は、こんな人に育って欲しい、こんな人生を歩んで欲しいと名付けた人の想いのこもったもので、お子様にとっては生れて初めての財産となります。

親から一文字を譲り受けたり、兄弟姉妹で意味合いがあったり、字画を考えたり…幸多き人生を歩んでいけるよう願いがこめられています。

わたし自身も名前の意味合いと共に、妹・弟と字画が揃えられており仲良く助け合って欲しいという親からの願いがあります。



成人を迎える方のお名前を作品にというご依頼もあります。お孫さんへのお祝いとのことでした。

20歳(ハタチ)になれば名前はその人を表すものになります。お孫さんに会わせていただき作品を創りました。お話していると初々しさの中に夢や希望が満ち溢れ、授かった名前や育ててもらった感謝を口にされる方が多いです。時には表装もその人の印象から特別なしつらえとなります。



亡くなった方のお名前を作品にというご依頼もありました。

待望のお子さんを流産で亡くしてしまった方は、すでに名前を決めておられました。今生きていたら5歳になります…とお子さんへの想いを話してくださいました。一日たりとも忘れたことにない我が子を他の人には知られぬ形でそばに置き、毎日感じていたいとのことでした。この世に存在はなくとも我が子への母性を深く感じました。


お母様を亡くされた方は、本家に仏壇があるけれど毎朝お水やお花をお供えし手を合わせている場所に
遺影ではなく作品を飾りたいとのことでした。


お父様のお名前から譲り受けた一文字、我が子に授けたその一文字をリビングに大きく飾りたいというご依頼もありました。想いをおききする傍でご機嫌に遊ぶお子さんにも受け継がれていくご家族の絆がみえました。


その名前を授かった時、成人や結婚など人生の節目、そしてこの世を去ってからも名前に込められた想いは愛情として存在します。お名前を書かせていただくことは、目にはみえない家族の想いを作品にできるとても幸せな時間です。

              書家・春陽 Shun-Yo

SNS

プロフィール
書家・春陽 Shun-Yo

- - - - - 経 歴 - - - - -
書家・雪墨会主宰・東京在住

3才から名古屋にて書を始め師範取得
大学卒業後、企業に就職

1998年 創作活動開始

2004年 雪墨会設立

2010年 東京に転居

  現在 東京都在住

文字を心の表情で書き分けると共に
決まりごとから離れ
心象風景を墨にのせ
和紙・墨・胡粉・金・銀・岩絵の具など
自然の恵みから作品を創作し
国内外で発表中

ワークショップから個人指導まで
心の表情を書の表情で表すことに
重きをおいた指導を行い
「かきゆめプロジェクト」として
多方面との共創にも取り組んでいる。

『近代食堂』(旭屋出版)にて「繁盛の書」連載

書籍
『春陽の書と墨象 Lange d'amour』
『MABAYUI』
『FUKASHI』
『KOTOHOGU』
『気持ちのよい日本のことば(全11巻)』
(以上、雪墨会)

『幸せになれるペン字練習帳』(河出書房新社)