宿曜アロマテラピー協会代表
柳 澤 ゆ き

宿曜占星術師範
西洋占星術研究家
JEA協会認定ティーチャー
月よみ師
英IFA認定アロマセラピスト

アロマセラピストへの道

結婚後すぐ取り組んだ辛い不妊治療。

そんな渦中にアロマセラピーに出逢い、植物の力でどんどん元気になっていく 自分の姿に驚きました。

自分のように アロマセラピーを使って、いろんな方を元気づけたいと セラピストになることを決意。

約13年間 施術や講師活動を続けてきました。


活動中に手にした本、ワンダーセラー氏が著した『メディカルアストロロジー入門』。

古代ヒポクラテス時代から、人が病気になるのは星の影響と考えられ 治療やヒーリングには 近年まで占星術が取り入れられていました。

星と呼応するハーブを使って、体液や気質のバランスをとる手法に興味を持ち、夢中で占星術の研究を始めました。

アロマセラピーで再現できたら良いなと。

大きな転機は突然に

でも、突然訪れた大きな転機。

2011年3月11日 東日本大震災で自宅が被災しました。

震源地から遠く離れているのに 何故我が家が?何故私だけが?と嘆く日々。

大きな経済的負担を抱え、泣いて過ごしました。


震災の傷が癒されないのに、今度は体調が悪くなり、手術をして卵巣ガンだと判明しました。

崖から突き落とされたような絶望感を再び味わうことに。



術後は、医療に頼るのではなく 本来持っている自然治癒力を高めて治そうと決意。

心の問題と生活習慣を大きく転換させることに命がけで取り組み、おかげさまで無事完治しました。

いただいた新しい命

ガンを治す中で、心の問題が身体に影響を与えることを実感しました。

同じ病の仲間たちが、たった一度きりの人生なのに、望んでいない人生を歩んでいることに大きな衝撃を受け、心へのアプローチが本当に大切だと痛感しました。

再び新しい人生を手にし、自分らしい人生は何かと考えた時、セラピストを目指した時のように、誰かのサポートをしたいと考えました。

その方法として、以前から学んでいた占星術を選択。

カウンセリングだと敷居が高いけれど 占星術は気軽に相談できる メリットがあること。

また、ホロスコープは魂のブループリント、望んでいる人生そのものだから。

私の使命は、魂のブループリントをお伝えすること

鑑定していく中で気づいたことは、言葉だけではなかなか好転しない方が多いということ。

なので、占星術に 得意分野のアロマセラピーをオプションとして使い始めました。

香りは目に見えないエネルギーですが、肉体、感情、魂・霊性まで全てを癒してくれます。

潜在意識や無意識の領域までアプローチするので、自然に無理なく行動を促し、お渡しするアロマミストは継続的に心身をサポートが可能です。

その結果、望む人生を選択し自立するように導いてくれます。

これまでの自分の経験を最大限活かし、占星術と植物の力で 心身の健やかさと 自分らしく生きることの大切さをお伝えしていきたいと強く願っています。

ホロスコープを読み解くことは、魂のブループリントをお伝えすること。私の使命だと確信しています。

今は、お一人おひとりのこころに真摯に向き合っています。

宿曜アロマテラピーの伝道者になる

さらに
宿曜占星術最高師範である竹本光晴先生と出逢うチャンスをいただきました。

大きな幸運に恵まれ、宿曜占星術師範を取得。

2020年春 《宿曜アロマテラピー》 という新たなヒーリングメソッド(Magic)を 考案し、商標登録を済ませました。

古代の叡智を優しい植物の香りで再現します。

過去~現在を繋ぎ、未来を自らデザインできる、ヒーリングメソッド。

この地球(Terra)に、あなたらしい華(Flower)を 咲かせましょう! 

宿曜アロマテラピーとは