東京衛生学園
はりきゅう
マッサージ治療室

大森駅5分の専門学校附属治療室
逆子治療は、ぜひご相談ください!
2019年4月 RENEWAL OPEN
ご予約はお電話で

03-
3763-8500

予約受付時間

11:30〜17:30

日祝、休校日は休診

治療費

逆子のお灸
2000円
小児はり
2,000円
マッサージ30分
3,000円
その他
患者さまのご要望に
応じた治療を
行っております

小児はり
2,000円
当治療室では、患者様に安心して治療を受けて頂きたいという思いから、原則として予約制となっております

逆子治療とは?

逆子への鍼灸治療では、おおむね70%以上が改善
28週~31週までが効果的です!タイミングを逃さない治療をお勧めいたします!

週1~2回当治療室で「お灸」を続け、自宅でも施灸するのがポイントです

※逆子の「お灸」のコツをお伝えします

用意するもの

・棒灸(和紙で艾を巻いた直径2㎝程度の円柱状の灸)

・アルミホイル(棒灸を消火する際に巻いて使う)30㎝

・灰皿、ライター


使用経穴

・三陰交(内くるぶしの上で指四本並べた、脛骨後方)
・至陰(足の第5指爪の外側付け根) 

1日1~2回

4ヵ所合計で40~50分間くらい

棒灸の一端に火をつけ、皮膚面から2~3㎝離して皮膚をあぶって温めます


注意事項

①食事と入浴前後は1時間以上空け、落ち着いた時間に行う

②煙がでるので換気しやすく、臭いがでても困らない所で行う

③棒灸中に気分が悪くなったら、施灸を中止し横になって休む

④施灸後は、胎児の動きが大きくなることがあるため10~15分安静にする。胎児の背中を上にして横になるとよいでしょう

⑤3週間の治療を1クールとする

参考文献『逆子の鍼灸治療』形井秀一編著 医歯薬出版株式会社

逆子治療体験者の声
(一部をご紹介させていだきます)


36週の患者さま
年末にお世話になりました。 
逆子・・・無事に治りました♪12月27日と1月5日に、再度検診に行ったところ、どちらも逆子ではなくなっていて、切腹回避!出来ました。36週に入っていて、ギリギリだったのに、ほんとに助かりました。 ただ今38週に入り、2900g近くになっているので、もういつ産まれてもおかしくない状態に入りました。  渡辺先生ほか、二人の先生と助手さん助手くんにも、大変お世話になりました!よろしくお伝えくださいませ~。。。 ほんとにお世話になりました。ありがとうございました。また、何かあったら、お世話になりたいと思います。その時は、宜しくお願い致します。 それでは、寒さも本番になりますので、お身体おきをつけ、ご自愛くださいませ~。失礼いたします。


38週の患者さま

先日逆子の鍼お灸をして頂き、帝王切開前日に見事正常に戻りました!
そして21日に元気な男の子を出産することができました。
自然に分娩することができたので産後の回復も早く、非常に感謝しております。
またお世話になることがあるかと思いますが、取り急ぎご報告いたしました。

ACCESS

東京衛生学園 はりきゅうマッサージ治療室

大田区大森北4-1-10富士ビル3F
JR京浜東北線「大森駅」
中央改札口 東口より徒歩5分

京浜急行線「大森海岸駅」より
徒歩15分
tel:03-3763-8500

 月 10:30~17:30
 火 13:30~20:30
水・木  9:30~16:30
 金 13:30~17:30
 土   10:30~17:30

休診:日祝、休校日

STAFF

渡辺 明春
 治療室室長
月~木土曜担当
松岡 桜
受付担当
 田坂 里織
月金土曜担当
川井 孝治
 火曜担当
高橋 大希
火金曜担当
上野 悠香
 金曜担当
TOKYO EISEI GAKUEN COLLEGE
東京衛生学園専門学校 webサイト
https://www.teg.ac.jp/