【後悔しない】食欲抑制剤の口コミランキング!目に見える効果大のおすすめを暴露

今度こそダイエット成功したいと思っていても、目に見える効果が期待できなくてガッカリ、そんな経験はありませんか?

痩せたいと切に願う女性がいちばん苦労するのは食事制限をすること、ダイエットで後悔しないことです。

そこで、リバウンドしにくい効果大が期待される食欲抑制剤のおすすめポイント・ランキング・口コミを暴露します。

食欲抑制剤はダイエットに失敗しない!

「食欲抑制剤って何?」「 ダイエットサプリと食欲抑制剤はどんな違いがあるの?」と素朴な疑問を抱いてはいませんか?

多くの女性は、効率良くダイエットするには毎日の食事の量を減らして食欲を抑えることを重視します。しかし、それがかえって裏目に出てしまい、空腹感に耐えきれずについ食べ過ぎてしまった! これはよくあることです。

食欲抑制剤は、そんな女性のダイエットの悩みに向き合い、食欲を抑える効果が期待されます。

食欲抑制剤はダイエットサプリメントとよく比較されるけれど、まったく異なるものです。ダイエットサプリは食品扱いですが、食欲抑制剤は医薬品扱いなので、購入のしやすさで比較するとダイエットサプリのほうがメジャーな存在です。

食欲抑制剤を飲むことでダイエットに成功する可能性が高い理由、それは無理せずに食欲を抑えられるので摂取カロリーを効率良く減らせることです。

これまでのように無理をして食事の量を減らさなくても、自然に食欲が抑制されるのでリバウンドのリスクを軽減できるのです。

食欲抑制剤は、食事の量を減らすダイエットが苦手な人・ダイエットでリバウンドした人・運動せずに痩せたい人におすすめです。

食欲抑制剤を選ぶポイントは「実績」重視

数多い食欲抑制剤の中から何をどのように選んだら良いのでしょうか?

食欲抑制剤について、「副作用のリスクが高いのでは?」というネガティブなイメージを抱く女性もいるようです。残念ながら中には安全性に不安材料のある食欲抑制剤も出回っています。

食欲抑制剤は安全性の高さを重視することはもちろん、販売実績が高く信頼性の高いメーカーの食欲抑制剤を選ぶことをおすすめします。

ダイエット系の医薬品には脂肪燃焼系や呼吸阻害系もありますが、食欲抑制剤と混同してはいけません。この3つのタイプのうち、もっとも失敗する確率が低いのは食欲抑制剤です。

初めて食欲抑制剤を飲む人は、どれを選んだら良いか迷うこともあります。単に売上の実績が高いだけではなく、実際に試した人の確かな実績が選ぶ決め手になるはずです。ここから先は安全性・信頼・実績の高い3つの食欲抑制剤をご紹介していきます。

【効果大】食欲抑制剤の口コミランキング!

食欲抑制剤にはいろんなタイプがありますが、ここではランキング・口コミ評価が高い人気の3商品をご紹介します。

スリンボス

スリンボスは、タイ発の食欲抑制剤です。累計出荷数が1億8000万箱を突破と、効果の実績がダントツ!

魔法の果実「ガルニシア」の成分を配合しており、食欲を抑える作用はもちろん、脂肪燃焼や血行促進などをもたらします。

さらに白インゲン豆エキスやキトサンなども含み、炭水化物の吸収をブロックし、太りにくい体質へと導きます。いずれも天然由来成分だから安心して飲めることもスリンボスの大きな魅力です。

コントレイブ

コントレイブは、FDA認可製品である最新肥満治療薬です。主な有効成分は、ナルトレキソンとブプロピオンの2種類で、脳内神経に働きかけ、食欲を抑制させます。

臨床試験の結果、平均8kgの体重減少効果が証明されています。値段が高いことがネックですが、なんとしても食欲を抑え自然に痩せたい方にはおすすめ!

リポドリン

リポドリンは、アメリカの女性に人気の高い食欲抑制剤で、売行きはトップクラスです。

リポドリンの食欲抑制成分はエフェドラエキス、風邪薬の葛根湯に含まれる麻黄(マオウ)の名で知られています。

エフェドラは麻黄色の学名で、ダイエットに良いと言われる防風通聖散にもエフェドラが配合されています。現代女性に多い冷え性や新陳代謝をアップする効果が期待されます。

リポドリンは1瓶100錠入り、黄色い丸い粒状で1日の目安量は2~3粒です。朝1~2錠・昼食後に1錠飲む、または朝1錠・昼1錠です。リポドリンは8週間続けてみて、その後はお休みの期間をおくのが理想的です。

BBX

BBXは日本国内の美容クリニックでも処方される信頼性の高い食欲抑制剤で、食欲のコントロールが苦手な女性をしっかりサポートしてくれます。

体がストレス状態になるとホルモン物質のコルチゾールが大量に分泌されます。BBXは、コルチゾールをコントロールする働きによって食欲を抑える仕組みです。

BBXは飲みやすいタブレットタイプ、1箱に30錠入り、1日に1粒が目安です。昼食前または夕食の30分前にコップ1杯の水かぬるま湯と一緒に飲むのが一般的です。タイFDA(食品医薬品承認局)認可を受けており、安全性はお墨付きです。

BBXの主成分はL-カルニチン・ガルニシア・フィカス・唐辛子などです。数種類のダイエット成分で食欲を抑え、ダイエット中のイライラ・ストレス解消効果・脂肪蓄積を防ぐ効果も期待できます。

リデュース

「世界が認めるダイエット医薬品」のフレーズで知られるリデュースは、日本人女性の体質にも合います。

食欲を抑える成分としてシプトラミン配合、1日の摂取量の目安は1粒です。黄色のカプセルタイプで、飲み込みやすい大きさです。1粒に含まれるシプトラミンの量は15mgです。

シプトラミンは、神経伝達物質を体内にへの取り込みを防ぎ、満腹中枢に適度な刺激を与えます。これによって食欲を抑え、自分で意識しなくても食事の量を減らせるのです。

理想的な飲み方は、午前中または午後に空腹を感じる時にコップ1杯のお水と一緒に1錠飲むだけです。食事の30分以上前にリデュースを飲んでおくと良いでしょう。

食欲抑制剤がもたらすメリット

食欲抑制剤を飲むことでどんなメリットが得られるのか、おもに3つあります。

食欲を抑える

食欲抑制剤がもたらす最大のメリットは食欲を抑えること、ダイエットに失敗する多くの女性は無理な食事制限を続けており、その反動で過食になることです。

食欲を抑えられる医薬品なので、過食になってリバウンドするリスクが軽減される、これは大きなメリットですね。

ストレスなく痩せる

ダイエットは長丁場なので、時にはストレスになることもあります。ストレスが続くようなら誰だってすぐにあきらめてしまい、3日坊主になるのは当然です。

ダイエットでストレスを感じるのは、食事の量を減らす必要があるからです。その点、食欲抑制剤には食欲を自然に抑えられるので、食べることにストレスを感じることもありません。

ダイエット効率を上げるためにはストレスとは無縁でいたいもの、そう考えると食欲抑制剤は女性の強い味方となってくれます。

食費が浮く(笑)

食欲抑制剤を飲むことで食べる量を減らせるので、その分の食費が浮くというメリットもあります。家計の占める割合でもっとも高いのが食費、毎日の積み重ねはやはり大きいですね。

食費が浮けば家計のエンゲル係数が下がり、体と家計もスリムになる、ダイエットと節約効果の一石二鳥です。

知っておきたい食欲抑制剤のリスク、副作用

食欲抑制剤は医薬品だから体に気になる症状が出ても仕方がないと思ってはいませんか?

食欲抑制剤には食欲を抑える効果・ダイエット中のストレスを軽減する効果などが期待される一方、副作用のリスクが懸念されるとも言われています。

中には「食欲抑制剤を毎日飲んでいたら副作用が出てしまい、長く続けられずに辞めてしまった」そんな話を目に耳にすることもあります。

食欲抑制剤として販売される商品によっては、残念ながら疑わしいものもあります。

食欲を抑えるのに効果的と謳われた成分でも製造方法や配合量に問題がある商品だと、副作用が懸念される可能性も出てきます。

食欲抑制剤選びで失敗しないためには、安全性の高い成分のみが配合されている商品を選ぶこと、メーカーの信頼性で選ぶことが肝心です。そのためには、食欲抑制剤を正規販売店から購入するのが最善策です。

食欲抑制剤は実績・信頼性が高いものを選ぶことはもちろん、正しい飲み方を続けることが肝心です。当サイトでは安全性の高い成分配合・メーカーの信頼と実績が高い食欲抑制剤のみを厳選してご紹介してします。偽物や粗悪品は掲載していないので、食欲抑制剤を初めて購入する人も心配ご無用です。

【韓国・大ヒット】サクセンダと呼ばれる食欲抑制剤が話題

お隣の韓国と言えば女性の美意識が強い国、韓国人女性は常にダイエットを意識しています。そんな韓国でダイエット用の医薬品として販売されるサクセンダという商品についてご存知でしょうか。

サクセンダとはリラグルチドの名で一般的に知られており、この商品はノボノルディスクファーマ社 (デンマークの製薬会社) から販売されています。韓国ではサクセンダが大ヒットとなり、肥満の治療薬として用いられています。

サクセンダの主成分はリラグルチドで、この成分はおもにⅡ型糖尿病の患者の治療薬として用いられます。糖尿病を患うと、血糖値が急上昇しますが、それを抑制する作用をするのがリラグルチドです。

サクセンダに配合されるリラグルチドの量は3.0mg、糖尿病の予防・改善の効果が期待されています。飽食の時代と言われる現代では、年齢・性別に関係なく糖尿病予備群が増えています。

サクセンダには、血糖値を正常の範囲内に回復する効果と心血管系の病気の予防の効果も期待されています。臨床試験の結果、長期間に渡って継続する投薬としては、安全性が高い医薬品だと言われています。

しかし、サクセンダには1つ問題点があります。それは、これを服用することにより人によっては吐き気をもよおすことです。

その確率は高く、サクセンダを投薬した患者のうち、約4割という結果でした。サクセンダを飲み始めてからずっと吐き気の症状が続くことはなく、体が慣れてきて自然に治まると報告されています。

しかし、サクセンダを処方して吐き気の症状が治まるまでには、飲み始めてから数週間かかるケースも出ているようです。韓国で発売されるや否や品切れ・品薄になり、ニーズの高い商品となりました。

サクセンダはサプリメントや飲み薬ではなく、皮下脂肪に直接投与する注射薬、韓国では次世代のやせ薬として話題となりました。皮下脂肪の多い部位と言えばおなか・太ももなど、気になる部位に対して自分で直接注射するといった使い方です。

サクセンダ自体の副作用も懸念されるところですが、それ以上に深刻なのが韓国で乱用されていたり、間違った使い方をすることです。

本来、サクセンダは糖尿病患者の治療薬として使われるはずの医薬品です。しかし、若い女性の間では人気が過熱してコスメを買うような感覚になってしまった人もいるようです。

中には中古品を売買するといったケースもあり、製薬会社からの正規に購入したものではなく、知り合いから手に入れたものを使う人もいるという話も聞きます。

医薬品は医師の処方箋が必要であり、自己判断で購入して良いものではありません。万が一、身近にサクセンダを個人的に売買する人がいたら、それは違法行為です。間違った使い方をすると副作用を引き起こすリスクもありますので、注意が必要です。

韓国のサクセンダに限らず、「この医薬品、本当に大丈夫かな?」と気になる時は、医薬品医療機器総合機構や厚生労働省の公式サイトなどで、注意喚起を促すこともありますので、要チェックですね。

日本の承認された食欲抑制剤といえばサノレックス

日本国内で承認された食欲抑制剤にはサノレックスがよく知られています。医療機関で処方される食欲抑制剤ですから、安全性と信頼性の高さでは問題ありません。

サノレックスは病院やクリニックでは抗肥満薬として用いられており。食欲を抑える働きをします。食事の量を減らそうとしてもできない人、肥満を解消したい人向けの医薬品です。

サノレックスは、脳内の満腹中枢にダイレクトに働きかけて食欲を抑え、食べる量を減らすメカニズムです。少量の摂取で満腹感が得られるようになり、空腹になるのを抑えます。

一般的に、サノレックスを飲む期間は3ヶ月を目途としますが、人によっては飲み始めてから耐性ができて食欲が元に戻る可能性もあります。

サノレックスは1日1回、1~2錠を目安に飲みますが、気になるのはコスパの悪さです。1錠あたりの価格は400円、これを1日に2錠飲むと800円という計算です。

1日1錠ずつ毎日飲んで2ヶ月間継続するとした場合、1ヶ月分が約12000円、2ヶ月間でトータルして約24000円、高額なのがネックです。

市販の食欲抑制剤ならフーディアチコリ

ダイエットサプリなら老舗の小林製薬やDHCなどいろんな種類がありますが、その多くがダイエット中のストレス解消・不足しがちな栄養素の補給・便秘解消を目的としたものです。食欲を抑える効果が期待されるダイエットサプリは、残念ながらほとんど見かけることがありません。

その中で食欲を抑えるサプリとして注目されるのが、フーディアチコリです。

フーディアチコリには、ハーブのチコリ由来のイヌリン・ギムネマ・フーディアが配合されています。すべて自然の植物由来成分でヨーロッパを中心に美容と健康・ダイエットに幅広く愛用されています。

しかし、フーディアチコリはサプリメントですから食品扱いであり、食欲抑制剤としての効果大とは言い難く、そこまでの効果は期待できないのが残念です。

また食欲抑制剤とは違い、脂肪吸収抑制剤としてはゼニカルジェネリックのオルリファストがおすすめです。

まとめ

この記事では医薬品としての食欲抑制剤について、安全性と実績の高い3種類の食欲抑制剤を選び、それぞれの特徴と成分についてお伝えしました。

スリンボス・コントレイブ・リボドリン・BBX・リデュースと5種類の食欲抑制剤を厳選しましたが、その中でも堂々のランキング1位はスリンボスです。

最後に、リデュースの魅力についてあらためてお伝えしましょう。

リデュースは医療の現場から誕生した食欲抑制剤で、飲用2週間後には9割以上もの人が「かなり満足した」「満足した」という結果です。

安全性の高いシプトラミンが主成分で、神経伝達物質・セロトニンの作用をほどよく調整し、食欲をコントロールします。

多くの女性が食欲をうまくコントロールできずに挫折します。ふだんからよく食べる人・食べ過ぎると太ることがわかっているのに、反動でつい食べる人、そのような方にピッタリの食欲抑制剤、それがリデュースです。正しい飲み方で続けていけば、ダイエットと健康の強い味方になってくれることでしょう。