Shizen Engineering Consaltant

次世代に向けた自然エネルギーの基盤をデザインする

事業内容

再生可能エネルギー発電所の土木設計に対するコンサルティング事業

太陽光発電所

土木設計の最適化、及び土木に関わる事業リスク評価をお手伝いします。
  • 太陽光発電所は、自然条件が厳しい山林を開発する案件が多いのにも関わらず、適切な土木設計をしていない発電所自体が多く、事業性や事業リスクで悩まれている方がいらっしゃると思います。
  • 太陽光発電所の土木エキスパートとして、お客様の抱える問題点に対して、ステークホルダー(お客様・設計事務所・施工会社・県庁や市役所・METI等)と連携して解決策を提案します。

洋上風力発電所

土木設計の最適化をサポートします
  • 洋上風力発電所の土木設計は、基礎の安定だけを考えるのではなく、構造の比較検討、材工での最適化設計およびライフサイクルコストの最小化を踏まえた設計を行う必要があります。
  • 海洋構造物のエキスパートとして、お客様の抱える問題点をステークホルダーと連携して解決策を提案します。

プロフィール

宮嶋 裕史( Yuji Miyajima)

大学院卒業後、9年間、大成建設株式会社にて、主に、石炭、原子力、LNG発電所の海洋土木設計に従事。その後、2014年5月に自然エネルギーのベンチャー企業に転職し、土木エンジニアリング部のチームリーダーとして、40プロジェクト(400MW)以上(2019年5月時点)の太陽光発電所のEPC事業を経験。化石燃料による発電所と自然エネルギーの発電所の双方の経験から、自然エネルギーの健全な普及には、自然エネルギーの発電所を理解した土木エンジニアの貢献は欠かせないものと感じ、より多くの事業者様に自然エネルギーの土木技術を届けるため、2019年6月からフリーランス活動を開始する。

名古屋工業大学大学院 工学研究科 社会工学修了
ビジネスブレークスルー大学大学院MBA修了

技術士(建設部門):土質及び基礎

ガチ土木ブログ:https://renewable-civil.hatenablog.com


問い合わせ

renewable.civil@gmail.com
下記の内容をメール頂ければ、2日営業日以内に、電話いたします。
[会社名]
[住所]
[氏名]
[電話番号]
[問い合わせ内容]