白石新四国設置八十八ヶ所所在地及び本尊と設置者

 故喜多和十翁は文化九年三月本県杵島郡六角村大戸区に生まれる。特に我が一生は仏心に帰依し、折も、我が白石地方の弘法大師の霊場の由来は、昔、高祖弘法大師が唐土より御帰朝の際、北明村築切道免橋に上陸せられ、有縁の地に弘法大師霊場のなきを憂い、翁は意を決し明治九年に奉納補命佛経日本廻り国い美名を得て、四国西国及び九州各々の御霊場を始め神社仏閣を数回に亙り巡回し遂に四国八十八ケ所のご霊場より、ここの御霊砂を迎えて明治十五年に至る。
 七か年をもって我が白石新八十八ヶ所のご霊場佛堂の建立を、白石地方の各村各区の世話人を選定。双方ともに力をあわせて安置建立を終わり、明治十六年十月には、稲佐山の大師堂の北側に発願者として奥の院と名附けて大師を建立し明治十七年十二月二十七日に七十四歳にて死去せらる。

第一番札所       深通り中      千手観音        井上嘉市

第二番札所       深通り     阿弥陀如来         野中平次郎 草場逓左ヱ門 高木徳左ヱ門

第三番札所       福吉        釈迦如来        大串喜兵門 中村林蔵 野口平次郎   場逓左ヱ門 吉田次助

第四番札所       住之江         大日如来        松尾善左ヱ門 川﨑武吉
                                            南入り口

第五番札所       六府方           地蔵尊         渕上利左ヱ門 井上伊八
                                            正平搦

第六番札所       六府方           薬師如来           同上二人
                                            大福寺

第七番札所       福富            阿弥陀如来          小野平兵衛 山口倉吉 吉田次助 堀伸介   達磨坂

第八番札所       福富下      千手観音              山口倉吉 江口豊吉

第九番札所       福富中        釈迦如来                川﨑要七  溝口文佐ヱ衛 田中倉佐ヱ門
                                             大弘寺

第十番札所       福富       千手観音              同上三人
                                             観音搦

第十一番札所    福富中          薬師如来         森口伊兵衛 江口順蔵 江口久米三

第十二番札所    福富中          虚空蔵菩薩            同上三人

第十三番札所    福田北          十一面観世音        溝口太佐ヱ門 吉原豊助 溝上査太郎   北村嘉吉
                                             成就院

第十四番札所    福富南          弥勒菩薩            不明

第十五番札所    太原             薬師如来          川﨑兵佐ヱ門 香月忠太夫
                                             八軒家

第十六番札所    太原下        千手観音                  不明
                                             天満宮

第十七番札所    中太原        薬師如来            溝口伊佐ヱ門 川﨑伊ヱ門 川﨑兵左ヱ門   香月忠太夫 川﨑義十
                                             神護社

第十八番札所    遠ノ江中       薬師如来            溝口林藤 江口権兵衛

第十九番札所    遠ノ江上       地蔵菩薩                 同上二人

第二十番札所    上太原        地蔵菩薩            森熊市 山口国五郎
                                             世尊院

第二十一番札所 上太原          虚空蔵菩薩                同上二人
                                             高縄手