【2021年最新情報】SHIRO リニューアル!新商品とSHIRO 社長 今井浩恵プロフィールまとめ

近年人気の高い自然派ビューティーブランドshiroが、10周年を迎える2019年にSHIROへリニューアルしたことが話題となりました。リニューアル新商品やSHIRO 社長 今井浩恵のプロフィールなどをまとめます。

SHIROとは?

感度の高い人やインスタグラマーがこぞって注目!ナチュラルコスメSHIRO


北海道生まれの自然派スキンケアブランドshiroがブランド創設10周年を迎え、ロゴとパッケージをリニューアルして生まれ変わった『SHIRO』。


SHIROは、良質な自然のエッセンスを凝縮したスキンケアと、スキンケアするメイクが人気で、感度の高い人や、おしゃれインスタグラマーに愛用者が多く近年人気が高い自然派ビューティーブランドです。
社長の今井浩恵氏はSHIROの商品に対して、素材の力を信じて妥協せず、いいものを作りたいという情熱と愛情を注いできたそうです。



“【SHIROについて】
「自分たちが毎日使いたいものをつくる」というシンプルな想いからスタートしたコスメティックブランド。開発から販売まですべての工程を自社で担い、自然の素材にこだわったスキンケア、コスメ、フレグランスを提案。日本全国に展開する直営店の他、ロンドンに3店舗を展開し、2018年1月には米国初のニューヨークにも出店。製品に使う素材同様、厳選した食材を届ける食のセレクトショップ[SHIRO LIFE]、素材のおいしさを料理で伝えるカフェ[SHIRO CAFE]、SHIROが提案する美しさを最大限体感できるサロン[SHIRO BEAUTY]などの業態も展開。”
(引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000032936.html)


shiro が SHIROへリニューアル

2019年6月で10周年を迎えた「shiro」。
この節目にブランド名を「SHIRO」へとリニューアルしました。

リニューアル時にロゴやパッケージなども大幅リニューアルしたことが話題となりました。

肌に優しく、使い心地がいいのはもちろんのこと。
shiroといえばシンプルでおしゃれなパッケージも人気の理由です。

リニューアル前は白色を貴重としたデザインで、スキンケアやボディコロンなどのクリアボトルは、涼しげな雰囲気も人気の1つでした。
SHIROへリニューアル後、パッケージを一新してクリアボトルではなく真っ白なボトルとなり、コスメなどはキャップが黒になり高級感が増しました。

また、SHIROのリニューアルに伴い、ショップ袋もデザインが変更されています。
リニューアル前は白色の袋に黒の文字だったのに対して、リニューアル後には紺色(ネイビー)の袋に白色で「SHIRO」の文字が刻まれています。

このようなリニューアル時のデザイン変更は、海外ユーザーへの戦略も兼ねたものだったようですね。
国内での人気はもちろんのこと、世界にSHIROが広がっていくことが期待されます。



SHIROのリニューアルに伴う「サボン ボディコロン・ホワイトリリー ボディコロン」について

SHIROのリニューアル時に、「サボン ボディコロン・ホワイトリリー ボディコロン」の販売終了が示され、SHIROユーザーはかなり驚いたようですね。
そのことについて、多くのユーザーからの再販の要望を受け止めたSHIROは、「サボン ボディコロン・ホワイトリリー ボディコロン」の再販を決めました。
SHIROは、2019年9月にブランドリニューアルを行い、要望を受け9月27日にはオフィシャルサイトで再販の決定を発表しています。
この迅速な決断はSHIROがお客様をいかに大切にしている企業なのかということがよくわかる対応でした。

人気商品の「サボン ボディコロン」「ホワイトリリー ボディコロン」を引き続き購入できるということで、多くのSHIROユーザーは胸をなでおろしたのではないでしょうか。


SHIRO リニューアル ポイント

①ロゴとマークをリニューアル!


SHIROの新ブランドロゴは、小文字のshiroから大文字のSHIROへ変更。
同時に、ブランドの頭文字であるSを使ったオリジナルのマークを発表しました。

         ②パッケージをリニューアル!


今までのshiroの白やグレーを基調としたパッケージから、SHIROではネイビーを基調とした新パッケージへリニューアルしました。

新デザインはとてもシンプルで洗練された印象をもちますね。
また、ルームフレグランスやボディオイルなどの商品は、ホワイトを基調とした新パッケージに変更しています。

SHIRO リニューアル 新商品(一部)

SHIRO リニューアル 新商品をご紹介します。
「がごめ昆布シャンプー」(250mL 1,500円+税)

北海道函館市のがごめ昆布を使い保水効果に優れている商品。
「ニーム オイルインセラム」(30mL 16,000円+税)

アーユルヴェーダで「奇跡の木」と呼ばれるニームの力強い生命力を特徴にした商品。
「シロ パフューム」(100mL 15,000円+税)

世界各国の10人のパフューマー(調香師)がプロデュースした12種類の香りを提供し、水を使う代わりに徳島県の木頭柚子と北海道のエゾヨモギの蒸留水を使用している。またパフューマー自身の思い出や、香りに目覚めたきっかけなど、12種類のストーリーが用意されているのもユニークな特徴。

ジンジャーリップスティック(全10色、各4,000円+税)


高知県矢野農園の生姜を北海道名寄市のヒマワリ種子油で抽出したエキスを使用した商品。
「ジンジャーリップバター(全10色)」(3,800円+税)

パッケージデザインをリニューアル。メタリックな新色も2色、追加される。
「ニーム オイルインセラム」(30mL 16,000円+税)

アーユルヴェーダで「奇跡の木」と呼ばれるニームの力強い生命力を特徴にした商品。

SHIRO 社長 今井浩恵 氏 プロフィール

【今井浩恵プロフィール】

1989年、創業のローレルの代表取締役に26歳で就任。2009年、社名を冠した自社ブランドの化粧品を立ち上る。2015年、ブランド名を「shiro」に変更。2019年、「SHIRO」へ リニューアル。

SHIROへのリニューアルに伴い、2025年までに海外における店舗展開数を現在の4店舗から22店舗へ、国内店舗は現状24店舗を最大33店舗まで拡大し、グローバル戦略をさらに推し進めていくことを宣言した。

株式会社シロ(SHIRO)会社概要

会社名 株式会社シロ
所在地 〒107-0061東京都港区北青山3-6-7 青山パラシオタワー9F
TEL / FAX 03-6805-0220 / 03-6805-0624
代表者 代表取締役 今井浩恵(いまい ひろえ)
専務取締役 福永敬弘(ふくなが たかひろ)
設立 1989年(平成元年)10月23日
資本金 1億円
業務内容 自社ブランド「SHIRO」の企画、開発、製造、販売、店舗運営(「SHIRO/化粧品」「SHIRO LIFE/食物販」「SHIRO CAFE/飲食」「SHIRO BEAUTY/サロン」)

SHIRO オフィシャルサイト/SHIRO オンラインショップの運営
TEL / FAX 03-6805-0220 / 03-6805-0624

【2021年最新情報】SHIRO リニューアル!新商品とSHIRO 社長 今井浩恵プロフィールまとめ

SHIROのリニューアル情報などをまとめてみました。
あなたのお気に入りのSHIROは見つかりましたか?♪最新情報は公式サイトをチェックしてみてくださいね!