サンファーマ株式会社
皮膚科領域でリーディングカンパニーを目指す会社とは?

サンファーマ株式会社は、皮膚科領域に特化したポーラファルマを買収の後、2020年1月に吸収合併し、「皮膚科領域のスペシャリティ医薬品企業としてリーディングカンパニーを目指す」と宣言した企業です。
中長期的には皮膚科領域に加えて、がん領域や眼科領域にも事業を拡大する方針です。
皮膚科領域でリーディングカンパニーを目指すサンファーマ株式会社は、どのような会社なのかまとめました。

サンファーマは皮膚科領域に特化したスペシャリティ医薬品企業としてグローバルに展開!

サンファーマは、1983年インドのムンバイで創業され、現在はインドの医薬品部門でトップカンパニーに成長しました。

サンファーマの医薬品は世界150カ国以上で提供され、国籍が50を超える3万人以上の従業員がいるグローバル企業です。

特に生産工場は世界6大陸に44カ所を有しており、高い品質基準を満たした医薬品を供給しています。

サンファーマが2012年3月に設立した日本法人が、サンファーマ株式会社です。

日本は世界第三位の医薬品市場を持ち、製品の品質基準が高いことや新幹線をインドに導入するなど両国間の関係が良い事から、サンファーマは以前から日本でのビジネス展開をしたいと思っていたそうです。

ジェネリック医薬品企業としてインドで創業されましたが、アメリカやヨーロッパでは皮膚科領域や病院市場を中核とするスペシャリティ医薬品企業に成長しています。
真のグローバル企業として成長するために、日本の医薬品市場でビジネスを成功させたいという想いから、2012年にサンファーマ日本法人としてサンファーマ株式会社を設立しました。

サンファーマ株式会社は、日本における医療用医薬品の開発、製造及び販売、並びに医薬品原料(API)及び中間体の製造、販売を目的として事業を展開しています。

サンファーマ株式会社はどのような事業を展開している??

研究開発
サンファーマ株式会社では、サンファーマグループで保有している豊富な開発パイプラインを国内で研究開発しています。
また、今までの研究開発で培ってきた皮膚科領域や外用剤の製剤技術の知見や技術を基盤として、国内外の外部研究機関等とも積極的に連携を深め、皮膚科領域の疾患に関する製剤開発、新薬開発を進めています。
2019年8月からは、非臨床試験や製剤開発を国内外の研究機関等と連携しながら、皮膚科領域のみならず、がん領域や眼科領域も含めた医薬品開発や新たな製剤の開発を目指しているそうです。
⽣産・品質管理
サンファーマ株式会社の生産会社である『株式会社科薬』は、埼玉県南西部に2つの工場(埼玉工場、所沢工場)を保有しています。日本における抗生物質の先駆けである「コリスチン」の生産を開始して以来、固形剤、外用剤、注射剤と生産品目を拡大してきた企業で、製造にあたってはGMPを遵守した厳密な生産管理、品質管理を実践しています。
サンファーマでは原材料の受け入れから中間品、最終製品の検査にいたるまでの各工程で厳しい検査基準を設けて、GMPに沿った品質保証システムを敷くとともに、常に見直しを行うことで、より効果的・効率的なシステムへのレベルアップを図っています。

製剤開発
サンファーマグループの製剤技術では、皮膚組織への薬物分布をコントロールして、必要なところに十分な量の薬物を届けることが可能になります。
高い効果と副作用の低減を図るために、医師や患者のニーズを抽出して、様々な皮膚のデータや製剤化のノウハウと照らし合わせて製剤開発を行っています。
安全性や効果はもちろんのこと、使用感にまでこだわった外用剤の創出を目指しています。

例えば....
  • 外用の爪白癬治療薬:サンファーマの開発能力とオリジナルの評価技術により創出された製剤で、爪の表面に薬剤を塗布するだけで、爪の中や奥まで十分な量の薬剤が浸透する外用剤。
  • 泡状の皮膚保湿剤:サンファーマの製剤技術力を活かして生み出されたノンガスタイプの泡状スプレー。きれいな泡の形状を作りだすことに成功しており、オリジナル技術はGas Free Foaming System(gFFS)として商標登録済。
医薬情報活動
サンファーマ株式会社では、優れた医療用医薬品の情報を全国に早く広く紹介するために全国各地で自社MR(医薬情報担当者Medical Representatives)が精力的な活動を行っています。
特に製品知識のみならず疾患知識や最新の学会報告等の専門知識も身に着けた上で、医療機関等を訪問して医薬品の情報提供ができるようにMRの教育にも力を入れています。


2020年1月1日にポーラファルマと合併し、新たな一歩を踏み出したサンファーマ株式会社!

サンファーマは、2020年1月1日にポーラファルマと合併しました。
『サンファーマの豊富なポートフォリオと研究開発力、ノウハウ』と、『ポーラファルマが国内で培ってきた実績』を有機的に組み合わせることで、日本の皮膚科領域における存在をさらに強化して、新たな価値を創出し続けていくということです

サンファーマ 会社概要

サンファーマ株式会社の企業概要


  • 社名 サンファーマ株式会社(Sun Pharma Japan Limited)
  • 本社 〒141-0031 東京都品川区西五反田8-9-5 FORECAST五反田WEST
  • 芝公園オフィス 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 KDX浜松町プレイス
  • 浜松町オフィス 〒105-0013 東京都港区浜松町1-29-6 浜松町セントラルビル
  • 設立 2012年3月1日
  • 業務内容 医薬品及びその原材料の製造、輸入、販売
  • 業種 医薬品製造販売業 (第一種 13A1X00200)、(第二種 13A2X00300)
  • 資本金 1億5千8百万円(平成27年3月期)
  • 取引銀行 三井住友銀行、三菱UFJ銀行
  • 開発・製造拠点 インド、米国、カナダ、イスラエル、ハンガリーなど
  • 電話 03-5719-6663