ポートフォリオ作品集

角張汐音

〜自己紹介〜

角張汐音(かくばり しおね)
平成12年1月31日生まれ。神奈川県茅ヶ崎市出身。

 小学校高学年の頃からニコニコ動画に「歌ってみた」の動画を投稿し始め、自身の動画が「世界の新着動画」に選ばれた経歴を持つ。幼い頃から美術と音楽に励み、高校では軽音楽部で弾き語りユニット「塩味の味噌汁」を結成し、神奈川県小田原市の音楽イベント「小田原イズム2016」に出演する。
 現在は早稲田大学法学部に在学中。学業やサークル活動の傍ら、飲食店や企業の社内に飾る絵やウェディングボードの制作経験を生かし、創作活動に勤しんでいる。


作品紹介

題名「貝の絵」

第49回神奈川県中学校美術展 テレビ神奈川賞受賞作品
画材:アクリル

 この作品は、中学校の美術の授業で制作した作品です。実物の貝をみながら、「空気にも色がある」ということをテーマに、貝の中の空洞の濃淡を意識して制作しました。この作品は、第49回神奈川県中学校美術展に展示され、テレビ神奈川賞を受賞しました。受賞されるにあたって、色の使い方や濃淡の表現の仕方など学びになることが沢山あり、その後の自身の創作活動にとって大きな影響を与える作品となりました。

題名「 So natural 」

使用ツール:ペイントツールSAI


 こちらの作品は、「人間の自然らしさ」をテーマに制作した作品です。人の頭に果物や花などの植物が乗っかることは通常考えられないことですが、敢えて人の頭に乗せることによって、自然と共存している人間像を表現しました。この作品は早稲田大学学生掲示板アートボート化計画「wasedart」の参加作品であり、キャンパス内をアートで彩ることを目的に掲示板に掲示されました。

題名:「Sungazing」

画材:アクリル 

 こちらの作品は行政書士事務所の方からご依頼を頂いて制作した作品です。「サンゲージング」をテーマに、会社様のロゴマークを太陽の中心に描き制作しました。サンゲージングとは朝日や夕日を肉眼で直視する行為のことを言いますが、サンゲージングには第3の目、即ち"真実を見る目"が開花するという効果があることから、ご依頼頂いた会社様が真実を見極める目で常に第一線でご活躍されることを願い作成しました。

他作品多数あります

題名「Shall we talk over a cup of coffee?」

使用ツール:ペイントツールSAI

 この作品は早稲田大学学生掲示板アートボード化計画「wasedart」の参加作品です。「友好」をテーマに、カエルが普通ならばエサともいえるようなミミズに対し「一緒にお茶しませんか?」と仲良くなりたい姿勢を見せている様子を表現しました。
題名「こんなときだからさ」

使用ツール:ペイントツールSAI、Windows Movie Maker

 こちらの作品は、Youtubeに投稿しているオリジナル曲「こんなときだからさ」の動画の一部です。作詞、作曲、編曲と動画制作を全て一人で行い、複数楽曲を制作しております。
 この作品は、「人は余裕があってはじめて人に優しくできる」ということを学んだ実体験をもとに制作した作品です。宇宙意識と自分自身をつなげるというヨガの印「チンムドラー」をキーワードに、大変な状況の中でも深呼吸して共に歩いていきたいという思いを込めた一作です。
題名「世界一」

画材:色鉛筆

 こちらの作品は、自然栽培農家の方から「世界一」という品種のトマトを頂いた感謝の気持ちから、お礼として制作させて頂いた作品です。実際の「世界一」という固定種のトマトを見て描きました。食とアートを通して、自然と向き合い、人と関わりあうことの大切さを学ぶ素晴らしい機会をいただきました。
題名「世界一」

画材:色鉛筆

 こちらの作品は、自然栽培農家の方から「世界一」という品種のトマトを頂いた感謝の気持ちから、お礼として制作させて頂いた作品です。実際の「世界一」という固定種のトマトを見て描きました。食とアートを通して、自然と向き合い、人と関わりあうことの大切さを学ぶ素晴らしい機会をいただきました。