新生ホームサービス 映画部

新生ホームサービス映画部部長の独り言 vol.2

トロフィー

主演男優賞について

今年度のアカデミー賞の主演男優賞は前評判(口コミ)の高かった「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリングではなく、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のケイシー・アフレックでした。名前を聞いてピンと来ると思いますが、「アルマゲドン」や「パールハーバー」で有名なベン・アフレックの弟です。
ケイシーも子役として長く演技はしていますが、演技では兄を超えたということでしょう。
兄は「アルマゲドン」や「パールハーバー」で日本では人気のある俳優ですが、アメリカでは演技においてあまり良い評判はない印象です。しかしながら、脚本家としては1997年の「グッドウィルハンティング」でマット・デイモンと共同でアカデミー賞を取っており、その後監督としても2013年に「アルゴ」で作品賞に輝いているので映画の才能は高いんでしょうね。
ちなみにこの「グッドウィルハンティング」は良い映画でした。見た当時は泣いた記憶があります。私はロビン・ウィリアムズが大好きなのでそれみたさに映画を見たのですが、本当に感動したのを覚えています。この映画でマット・デイモンを初めて知ったのですが、その後も良い作品に出ていますね。演技者としてはまだまだだと思いますが、脚本を書けるあたり映画をよく知っているなという感じがします。少し童顔なので何となく役の幅が狭くなりがちな気がしますが。
少し古い映画になりますが、この映画は良くできていて終わり方もありきたりなアメリカ映画と少し違う感じで終わるので、ぜひ見てほしい映画です。
ベン・アフレックは途中であまり印象はないですが、最後の方ですごく効果的に出てきて感動の場面があります。この時の演技はなかなかいいんじゃないかと思います。
その後のアイドルっぽい演技よりこの時の路線で言った方が良かったのにと思います。
どちらにしろ2人ともアカデミーをとるのはすごいことですね。
ちなみに私はロビン・ウィリアムズの映画では「今を生きる」「レナードの朝」が感動する映画ですね。でもコメディアン気質のロビン・ウィリアムズならではの映画としては、「グッドモーニングベトナム」や「ミセス・ダウト」なんかがらしい映画だと思います。
映画賞なんかのインタビューではシャイな感じが良くわかる人で、常にモノマネをしながら話をするところなんかが印象的です。自殺という最期を遂げましたが、私はなんとなくわかる気がします。ちなみに私は竹中直人さんのインタビューを見ていると、ロビン・ウィリアムズに似ているなと感じたりします。


新生ホームサービス映画部部長の独り言 vol.1

トロフィー

アカデミー賞について

第89回アカデミー賞が発表されました。
前評判が高く、歴代最多の14部門のノミネートされた「ラ・ラ・ランド」は結果的に主演女優賞、監督賞等6部門の受賞でした。
この映画の監督の「デイミアン・チャゼル」は、若手監督として前作「セッション」につづき(セッションでは助演男優賞や録音賞など3部門)アカデミー賞を受賞しました。
今回のアカデミー賞と言えば、作品賞発表間違いで話題になり、檀上まで上がってから間違いに気が付いて訂正するなどバタバタした割にクレームが出ないことが不思議でしたが、これさえも陰謀みたいな言われ方をしているところがアメリカらしいところかなと思います。
新生ホームサービス映画部部長としては、作品賞・主演男優・主演女優賞を獲った映画を注目しています。
今回の作品賞は「ムーンライト」ということで、4月に日本で公開予定だそうで今から楽しみにしています。
さて、新生ホームサービス映画部部長として歴代作品賞で特に印象が残っているのが「シンドラーのリスト」です。監督はスピルバーグで、娯楽作品の印象が強い監督ですが、かつて「カラーパープル」という黒人差別を扱った映画(この映画も良い映画ですが)で前評判もよく、10部門ノミネートされながら無冠で終わるという悲劇があり、差別があるのではなどと言われていました。自身がユダヤ人であることもあり、「シンドラーのリスト」は再度アカデミー賞を取るために作られた感のある映画だと感じます。映画自体も白黒とカラーを上手く使った映像、ドキュメンタリー風な映像を入れたりと工夫を凝らしているのですが、私が感じたのは計算されつくした脚本・映像のすごさです。
多分ほとんどの人が全く同じところで泣くのではと思うほど計算されています。さらにビックリするのが、実は撮影時に同時に「ジュラシックパーク」という娯楽大作を撮っているところです。それほど作品自体のテーマが監督としても重かったのでしょう。スピルバーグは人の表情(特に子供)の変化を取るのが上手い監督だなという印象です。特に「太陽の帝国」という映画で、最後の方での主人公の少年の表情の変化の撮り方がすごく印象的で上手いなと思いました。この映画の子役は「バットマン ビギンズ」や「ダークナイト」のクリスチャンベールなことを最近知りました。ちなみにチョイ役でベンスティーラーも出ているみたいです。ちなみにちなみに、日本軍をテーマにしているのでガッツ石松も日本兵役で出ています。
古い映画ばかり紹介しましたが、ぜひ見てもらいたい映画ばかりですので、新しい映画と共に古い映画もぜひ見てほしいです。

新生ホームサービス映画部 活動記録:昼食会

新生ホームサービス映画部昼食会風景

顔合わせを兼ねて、昼食会を実施しました。メンバー全員が自分の好きな映画を3本選び、昼食を食べながら映画についての思いを語りました。

活動風景

邦画・洋画問わず、ジャンルも様々なものが挙げられていました。中には最近の話題作もあり、前評判に比べて実際はどうだったかなど話の内容も多方面に渡りました。

ピザ

今回の昼食は各々用意をしましたが、中には「映画と言えば!」とピザを持参して来ている人もいて、みんな噂に違わず映画好きでした。

映画部メンバー

新生ホームサービス映画部部長T.M

T.M

映画部部長。新生ホームサービスの映画王。好きな映画は列挙しきれません。映画の話をしだすと止まりません。

凄腕料理人M.K

M.K

映画部でありながら凄腕の料理人。好きな映画も「二ツ星の料理人」。「となりのトトロ」も好きな動物愛護家。

スーパースポーツウーマンA.U

A.U

映画部でありながら他スポーツ系クラブにたくさん所属するスーパースポーツマン。しかしホラー映画好きと言う隠れた一面有り。

愛犬家T.M

T.M

ワンコを愛し、ワンコに愛され、ワンコと共に生きる愛犬家。観る映画も犬を中心とした動物系がほとんど。感動ものに弱いです。

映画女子A.T

A.T

ミュージカル、ヒューマンドラマ、ファンタジーなど様々な映画を観る映画女子。「レミゼラブル」を観た時は感動の涙が止まりませんでした。

ご意見番N.H

N.H

ラブストーリー、アクション、ホラーなどジャンルを問わず観る映画部のご意見番。俳優にも詳しい。ハリウッド女優のようなオーラを持つ。

最年少S.S

S.S

フランス映画とインド映画好きなグローバルな思考の持ち主。映画部最年少でありながら古い映画もよく知っています。

にぎやか担当M.I

M.I

映画部にぎやか担当。好きな映画は1990年公開の「ミュータントタートルズ」。家庭を愛する2児のパパでもある。

静かなる情熱化N.Y

N.Y

映画部の静かなる情熱家。好きな映画は「ブロークバックマウンテン」。キラリとセンスが光ります。

心優しい映画評論家T.Y

T.Y

心優しい映画評論家。鋭いツッコミも放つ映画部一の話術士。「魔女の宅急便」がお好き。

ホラー映画マスターC.M

C.M

軽いホラーからハードなホラーまで広い守備範囲を持つホラー映画マスター。曰く、「ホラーは最高のコメディ」とのこと。そして猫好き。

映画部発起人M.O

M.O

映画部の発起人。映画の趣味は映画部部長にかなり影響を受けているよう。「シンドラーのリスト」を観ると同じシーンで毎回号泣。

アクション映画好きT.O

T.O

「スパイダーマン」や「メンインブラック」などアクション映画好きな映画人。手から糸を出し、壁を駆け上がるのが目標。

映画部のドンH.Y

H.Y

百獣の王の風格を持つ映画部のドン。困った時にはみんなが頼る映画部のお父さんのような人。映画熱は未知数。これからの発言に期待!

マルチエンターテイナーT.N

T.N

社内イベントの司会、舞台俳優など様々な顔を持つマルチエンターテイナー。好きな映画も多岐に渡り、映画のことを語るときはええ声で語ります。

採用担当J.Y

J.Y

「好きな映画を3本教えてください」の問に20本以上のあらゆるジャンルの映画で答えた大の映画好き。採用担当として普段から学生と喋っているからか、最近のトレンドにも詳しい。

更新中

更新中

更新中

更新中

更新中

更新中

更新中

更新中