魂の記憶・神聖幾何学模様アート

2011年からほぼ毎日曼荼羅や神聖幾何学を描いてきました。たくさん描いたから気がついた神聖幾何学模様の事をここでお話しています。神聖幾何学模様は「生きやすい自分になる、幸せになる」図形です。


神聖幾何学、きっかけは曼荼羅アートから

考案者 にいぬま れい子
曼荼羅アートのご縁でフラワー・オブ・ライフを知りました。いろいろと調べたら描いてみたくなり、でもコンパスだと大変そうだから自分なりに描き方を工夫し型紙を作りました。フラワー・オブ・ライフを描いていたら、教えてほしいというご縁をいただくようになりました。人に分かりやすくお伝えするには?とさらに描き方、製図に改良を加えました。それが、曼荼羅アート発展でお伝えしているフラワー・オブ・ライフです。

(曼荼羅アートについてお知りになりたい方はこちら)

多くの方がこの模様に惹かれて、この模様が描きたいと思ってくださり日本国内外かられー夢の曼荼羅アート基礎・応用・発展を受講しに来てくださいました。中には「意味は良くわからないけれど、見たらどうしても描きたくて」と飛行機に乗っていらっしゃった方もいます。

なぜ、この模様に心惹かれる人が多いのか、、、

もっと神聖幾何学の事が知りたくなりました。 

その後、自分の中で許可が出るごとに、他の神聖幾何学の図形を描きました。
そして、次に考えることは皆様がその図形を描けるようにお伝えするには?です。
その描き方を考えはじめると、頭の中に描くための製図やその手順が浮かんできました。
そうして、少しずつですが描き方をお伝えできる神聖幾何学模様が増えていきました。

そうして、神聖幾何学模様アートシリーズは

長い時間をかけて少しずつ生まれました。

こちらは神聖幾何学模様アートで描く絵です。

フラワー・オブ・ライフ
(生命の花)

れー夢が初めての方向けの入門講座で描くことができます。基礎フルーツ・オブ・ライフでもこちらの描き方をお伝えします。

フルーツ・オブ・ライフ
(メタトロンキューブ)

基礎の時間にお伝えいたします。曼荼羅アート認定インストラクター様はこちらから始めることができます。

ゴールデンスパイラル

応用1としてお伝えしています。永遠に続くφの螺旋。フィボナッチ数列や黄金率についてもお伝えします。

ヴェシカパイシス

応用2としてシード・オブ・ライフ以上の円を描いてその上に描いていきます。ご希望に応じて陰陽の図や目の描き方もお伝えしています。

マカバ

応用3として描きます。マカバはこの図が回転しているものを言います。止まっている図形はスターテトラヒドロンと言います。フラワー・オブ・ライフの上に描いていきます。奥にあるものをイメージして半透明に描きます。

プラトン立体

フルーツ・オブ・ライフの上に載せて描いていきます。3次元の世界を構成しているといわれる5つの立体をお伝えします。アートはその中から好きなものを選んで描いていきます。応用の最後に描きます。(認定証発行)

ツリー・オブ・ライフ
(生命の樹)

発展として描きます。フラワー・オブ・ライフの引き寄せの花を描いてその上に描いていきます。私たちの中から生命の樹を育てるイメージで描くアートです。(修了認定証発行)

ラビリンス(迷宮)

ブラッシュアップとしてご希望の方にお伝えしています。中心(ゴール)に近くなったと思ったら遠ざかる、、、ラビリンスは人生の旅路、私たちの体だったりもします。



フラワー・オブ・ライフ(生命の花)は

神聖幾何学で有名な図形の1つです

このフラワー・オブ・ライフは19個の円を持ち、外側は2つの円で囲まれています。フラワー・オブ・ライフは「生命の花」とも呼ばれ、様々な古代遺跡など、世界中から発見されている模様です。ホルスの目とフラワー・オブ・ライフが一緒にある写真も見たことがあります。

日本の幾何学模様も関係あります。

昔からの模様と聞くと、麻の葉模様などの吉祥文様が思い浮かぶかと思います。麻の葉模様は魔除けなどの意味もあり、また、麻の葉のように真っ直ぐ成長してほしいそんな願いを込めて赤ちゃんの産着、肌着などに使われています。麻の葉模様はこのフラワー・オブ・ライフからきているといわれています。

日本の幾何学模様のキーワードは6です。神聖幾何学と同じです。2次元平面の幾何学のキーワードも6です。

受精卵はこの3次元に存在するフラワー・オブ・ライフと同じという話もあります。

フラワー・オブ・ライフは私たちのDNAに深く刻まれているとも言われています。

そして、フラワー・オブ・ライフは飾ると場のエネルギーをよくするといいます。
私が描き始めたきっかけは、「じゃあ描けばもっといいことがあるかも?」です。

 フラワー・オブ・ライフは決まったこの形を手順を追って描いていきます。
そうすることで自分の中にある生命の核の部分に何か働きかけるかもしれません。
実際、描いていてそのように感じている方は多くいらっしゃいます。

この神聖幾何学を描くという作業は本来あるべき自分に戻るために、
自分の根本的内側を整える、活性化させるのに大きな手助けをしてくれると
確信しています。(DNAレベルに働きかけ活性化させるという説もあります)



曼荼羅アートと神聖幾何学模様

曼荼羅アートは、中心を意識するという決まり事がありますがそれ以外は自由に模様を広げていくアートです。曼荼羅アートは描いている自分自身を癒し、自分とは?という気づきや自分軸を整えることも可能となります。自分の内に向かっていく【内観】アートとして皆様に愛好されています。

神聖幾何学模様アートは曼荼羅アートとは逆に、決まった形を描いていきます。一見自由がないように感じますが、仕上がった絵はどれも同じものはありません。同じ形なのに描く方によって違ってくる、無意識の中で自由を表しているといっても過言ではないと思います。

また、決まった形を描くというのはその時の気持ちや場の雰囲気に影響されます。綺麗に描けるときもあればズレる日もあります。描き慣れた私でも描けない日があります。

自分自身の何かと向き合い、描くことで何かを整えることができるのがこの幾何学を描くということに繋がります。

私自身の経験から、幾何学を描くということは、自分自身のずれを修正することも可能になるといえるでしょう

実際、フラワー・オブ・ライフは描くことによりDNAを整えるとも言われています。曼荼羅アート基礎・応用・発展の最後にフラワー・オブ・ライフがあるのは認定の関係ですが、描いている先生の中には「曼荼羅アートで自由にふわふわと動きだしたものを自分自身の中にどっしりと落とし込むという作用があって良いですね」とおっしゃる方もいます。


神聖幾何学模様は光の幾何学です。

右の図はヴェシカパイシスと言います。直訳は魚の浮き袋ですが、別名「原初の光」と言われています。描き始めは点そして線、それが円になり、その円が動いてうまれたのがヴェシカパイシスの光。フラワー・オブ・ライフはこの光を増やして描く絵です。

神聖幾何学は知識を取り入れるのもいいでしょうが、やはり描くことで形を自分の中に入れていくのが大切だと思います。つまり図形の持つエネルギーはその形自体が発するものではなく、その図形を鏡にして映し出された貴方自身のエネルギーです。
神聖幾何学を知る見るということは、このような事が起きていると考えています。

光の幾何学が中に入りこみ自分のエネルギーが輝きを増す。
この図形を作ったり描くことで自分自身の光を可視化することが出来る。
描いた図形を見ることで、自分の光を再認識することができます。
再認識することで自分の中に光がさらに刷り込まれます。

流れとしたらこんな感じでしょうか?

光を取り入れる⇒描くことで可視化する⇒光を再認識する⇒描くことで再現化できる

そして、再現する事で光の幾何学が自分の中に定着してくる

描いていて感じた神聖幾何学のことをお伝えしますね。

私たちの世界はゴールデンスパイラルの螺旋がたくさんあります。このゴールデンスパイラルはフィボナッチ数列とも深いかかわりがあります(フィボナッチ数列から生まれるとも言えます)花や樹、台風や宇宙、、、

そして私たち自身の時間の流れもこのゴールデンスパイラルで考えることができます。同じことの繰り返しの毎日でも、その出来事は私たちの中では層となっていく訳で、、、それは私たちは絶えず進化している事だといえるのではないでしょうか?

私たち自身が螺旋、ゴールデンスパイラルと仮定して人との出会いと別れをお話しした時、
ちょうど別れを経験したばかりの方が「乗り越えられそうです」とおっしゃっていました。

描いた多くの方が「とても気持ち良かった」とおっしゃるのがゴールデンスパイラルです。

強いヒーリング効果があるといわれている模様です。マカバ瞑想をヒントに、この絵は向こう側が透けて見えるように描いていきます。見えない向こう側を想像して描くことで、自分のエネルギー的なものが活性化されていくようです。

この絵を描いた方の中にはお掃除が止まらない、心の断捨離が始まったという感想をおっしゃる方もいます。私自身、3日続けて描いた時にエネルギーの動きに体が付いていけなく起きていられない(眠い)状態、好転反応が起きたことがあります。

形がもたらす不思議をすごく感じる神聖幾何学模様です。

※マカバとは動いている状態を言います。止まっているこの絵は「スターテトラヒドロン」と言います。

私たちの世界は美しい曼荼羅

曼荼羅アートと神聖幾何学模様アートは別のものではありません。れー夢式曼荼羅アートを確立したあとに神聖幾何学を描き始めたため、講座では別のように扱っていますが、実はこの2つは繋がっています。神聖幾何学を先に知っていたら曼荼羅も神聖幾何学シリーズの1つとして扱っていたと思います。

分子、原子、細胞等のレベルで見たとき、私たちの世界にあるものは
細かいものがくっついて出来ていると言えますね。

それらが美しく整って結合している場所は居心地のいい空間と言えるのでは?
居心地のいい空間に嫌な臭い、騒音などが入ってくるとその結合は乱れます。

私たちの肉体も健康なときは、美しく結合しているわけで、
そこに何かが入り込んだり、変化することで美しい結合は壊され、
体や心が不調になると考えられますね。

3次元の世界は、物が結合して一つの形として見えていますが、
それは3次元だからそう見えているだけで、本来はどうなんでしょうか?

実は私たちの世界は細かい物がくっついているだけで、
絶えず生まれては消えてと変化しているのかもしれません。

美しい世界、それは整った幾何学の組み合わせ、、、曼荼羅です。
絶えず生まれては消えて、また生まれる美しい曼荼羅に私たちは囲まれて生きています。

そして、私たち自身も美しい曼荼羅なんです。

想像するだけでうっとりしてしまいますね。



自分の中のツリー・オブ・ライフを育てる

ツリー・オブ・ライフ(生命の樹)はカバラ、タロットカード、オーラソーマなど色々な所で出てきますね。

アダムとイヴが食べたのは「智恵の樹の実」と言われています。知恵をつけた2人がこの「生命の樹の実」を食べるのではないか?そう怖れた神によって二人はエデンの園を追い出されます。

私がこの生命の樹の意味を調べて思ったのが、この図形を使って自分自身の意識を上昇させる事が出来るのでは?ということです。ですので神聖幾何学模様アートのツリー・オブ・ライフは、上昇するを意識して描いていきます。

自分の中の生命の樹を育てるアートワークです。

最初に自分の中にフラワー・オブ・ライフを核(種)として描きます。そこからツリー・オブ・ライフを育てると言う考えで描いています。立体的なイメージは上にある写真の黒いツリー・オブ・ライフです。


ツリー・オブ・ライフのテーマは【上昇】です。



つまづいた時、ラビリンスを思うと勇気が沸いてくる
私たちの人生の路はラビリンス(迷宮)。ラビリンスは一本道。ゴールに向かって信じて進めば良いんです。
中心に近ついたと思えば遠く離れていく、でも最後は中心にたどり着きます。下の図形はラビリンスです。よかったら指で辿ってみてくださいね。

~ラビリンスは人生の旅路~

何かに悩んで迷走してしまった時、その先にあるものは?答えなのか?更なる迷いなのか?

その迷いの道は何ですか?

もし迷路に迷い込んでしまっているのでしたら、そこにある今の迷いは本来、受け取るべきものではないかもしれない。違う道があるかもしれない、、、これを乗り越えた先に何もないかもしれないでも、答えにたどり着けるかもしれない。

これって、誰もが感じる「人生」についてかもしれません。

これをラビリンスで例えたら、すべての迷いも、障害も、最後の答え(目標など)に行くために用意されたものであり、それを超えることができるから、そこにあるんだということ。

同じ迷いでも、どちらがいいかなと思いますか?私はラビリンスに入りたいです(^^)

神聖幾何学模様アートを申し込み

エネルギーは循環しながら変化している。

私は神聖幾何学を数学的、宇宙や自然の叡知や法則云々と絡めて話すより、描き続けてきたことで感じ取った、神聖幾何学をお伝えしたいと思っています。

私たちも地球も宇宙も同じエネルギーの流れを持っています。お互いに影響し合いながら世界は出来ているのかもしれないです。

よく「今の状況は自分で作っている」とか「自分が望んだ結果」という話を聞きます。それって良い現状ならこの理論もすごく素敵だと思いますが、世の中には病気や貧困その他苦しい状況にいる方も多くいらっしゃいます。その方たちに同じことを言えますか?

私の考える「今」は自分から出たエネルギーが他の影響を受けて変化したものが自分に戻ってきている結果ではないのかなと思います。そして他の人に対しても意識するしないにかかわらず自分のエネルギーが影響を与えているのかもしれません。

これが私の考える「今の状況」です。

ひとりひとりが美しい宇宙の曼荼羅を作ると世界も美しくなる

大きな宇宙について語るのも素敵ですが、私は自分の中の宇宙を大切にしたいと思っています。上の方に載せていますが、決まった形を描く神聖幾何学は自分の中を整えてくれることがあります。神聖幾何学の図形を知ること描くことは無意識の中で自分自身が整っていく作用があると思います。そして整っているとは美しい曼荼羅になっているということです。

自分の宇宙を大切に整えていくことは、すなわち周りや大きな宇宙すべてを整えることに繋がります。逆もあります。大きな宇宙の中にいる私たち、その一人一人が同じような宇宙を持っている。

それは自己相似性、すなわちフラクタルです。フラクタルは図形として自然界にあるものなどとても興味深くて大好きな神聖幾何学です。フラクタルの考え方を「今を生きていく自分」に当てはめてた時、まずは自分自身をしっかりと整えることが大事だということに気が付きました。

図形を知ること、その図形を「今を生きる」に当てはめて考えることで、神聖幾何学は「より生きやすい自分」に導いてくれる手助けをしてくれます。

他にもアートにしていない神聖幾何学模様がたくさんあります。こちらは私の中でしっかり落とし込みができたら皆様が描けるようにご紹介していきたいと思っています。


神聖幾何学模様アートに興味ある方はお気軽に問い合わせ下さいね。