新生ホームサービスさんで
外壁リフォームをやってみた結果

外壁リフォームって悪徳業者もいるイメージがあり、どこにすればいいか分からない人って多いと思うんです。
それは自分もそうだったから・・・
家のことなので安ければ良いというわけでもなく、しっかりと信頼できるところにお願いしたいというのが本音でした。
どこにお願いすればいいか迷っている人のため、きちんとしているところは正当に評価されるべきだという想いがあり、自分がやってみた結果を公開してみます。
リフォームをお願いした業者は新生ホームサービスさんにお願いしました。

※このページに掲載している画像はすべて実際の画像です。


外壁リフォームの流れ

外壁リフォームをお願いするとどういった流れで進んでいくのかを説明します。
外壁と屋根の塗装、ベランダの防水施工をお願いしたため全体の工期としては約2週間ほどとなりました。
雨の日は作業を行わないため、雨の日が続くと全体の工期も延びることになります。そのため、梅雨時期などは避けた方が良いかと思います。

1.壁のひび割れ

1

調査・診断

家全体の計測や外壁に亀裂がないかなどの状態を確認しました。
亀裂は数ミリでも内部に行くほど大きくなっていき、放置するとそこから雨水が入り込み、壁の木材へ深刻な影響を与える可能性があるとのことで、営業の方から丁寧に説明を受けました。
塗装するにあたり大きな問題がないかどうかを確認し、調査・診断を行って頂きました。

2.チラシ

2

見積もり・申し込み

予算により数パターンの見積もりを確認しました。
今回は自然石調セラミック系塗材といわれるフォーシーズンで施工をお願いしました。
ここで重要だと感じた点は、不安がある場合は納得するまで話し合い、安易に契約はせずじっくり
検討するべきです。
やはり高額になるため、信用してお願いできると判断してから契約をする方がお互い気持ちよく先に進めます。
新生ホームサービスさんではクーリングオフについての丁寧な説明や、相談窓口に第3者機関があり、コンプライアンスにも力を入れているというところにとても安心感がありました。
3.粗品とあいさつ文

3

ご近所へのご挨拶

工事開始後は騒音もあるため、業者の方が粗品を持ってご近所へ挨拶まわりに行ってくれました。
実際工事が始まると、子育て中のご家庭などにはご迷惑をかける可能性があるため、しっかりご理解いただく必要があります。

4.足場部材

4

工事の打ち合わせ・工事開始

現場監督の方と工事の工程など詳細な確認を行い、日々の作業内容は「工事報告書」をいただき、その日の施工内容を聞いて1日の作業が終わるという流れになります。
日中は仕事で家にいないことが大半だと思いますが、気になった点はその都度、現場監督に連絡することができます。
雨の日は作業が見送られ、順調にいけば約2週間ほどで完成となります。

5.家

5

仕上げ作業最終点検

全体的に施工に問題がないかを現場監督と一緒に確認を行い、確認書にサインをして
施工完了となります。
施工完了後に支払いとなります。
1.壁のひび割れ

1

調査・診断

家全体の計測や外壁に亀裂がないかなどの状態を確認しました。
亀裂は数ミリでも内部に行くほど大きくなっていき、放置するとそこから雨水が入り込み、壁の木材へ深刻な影響を与える可能性があるとのことで、営業の方から丁寧に説明を受けました。
塗装するにあたり大きな問題がないかどうかを確認し、調査・診断を行って頂きました。

リフォーム前後の比較

築年数が約20年になる家になります。
今回が初めての外壁リフォームとなり、外壁と屋根のビフォーアフターの画像を比較してみます。

外壁①

外壁①ビフォー

Before

リフォーム前の外壁の接写になります。
元の塗料も吹き付けで施工されており、年数が経っているため汚れが目立つ状態になっていました。。

外壁①アフター

After

リフォーム後の外壁の接写になります。
フォーシーズンで同じく吹き付けでの施工になります。
色は全体的に一番白に近い塗料でお願いし、とても高級感のある仕上がりとなりました!

外壁②

外壁②ビフォー

Before

リフォーム前の外壁帯部分になります。
ここはかなり状態がひどく、ベランダ部分から雨水が入り込んでいるのか塗料が浮き上がり剥げてしまっていました。。

外壁②アフター

After

リフォーム後の外壁帯部分になります。
ベランダの防水施工などできる限り原因となる問題を対処していただき、驚くほど綺麗になりました!

目地

目地ビフォー

Before

リフォーム前の目地になります。
劣化してひび割れてきていました。
こういったところから水が入っていくようです。。

目地アフター

After

リフォーム後の目地になります。
劣化している部分を取り除き、新たに目地を埋めて塗装を行っているので、目地部分がしっかり見ないと分からないほどになりました!

雨樋

雨樋ビフォー

Before

リフォーム前の雨樋になります。
チョーキングと呼ばれる状態で触ると色がつくようになっていました。。

雨樋アフター

After

リフォーム後の雨樋になります。
光沢があり、表面はツルツルになりました!

雨戸

雨戸ビフォー

Before

リフォーム前の雨戸になります。
こちらも同じようにチョーキングと呼ばれる状態になっていたため閉める時などに触ってしまって指が白くなることがありました。。

雨戸アフター

After

リフォーム後の雨戸になります。
雨樋と同様で光沢が出て、表面はツルツルになりました。
当たり前ですが、もう指が白くなることはなくなりました!

換気口

換気口ビフォー

Before

リフォーム前の換気口になります。
サビが目立つ状態で、外観はかなり汚い状態でした。。

換気口アフター

After

リフォーム後の換気口になります。
2度塗りでサビが目立つ部分もすっかり綺麗になりました!

ベランダ

ベランダビフォー

Before

リフォーム前のベランダになります。
画像からも分かるようにかなり酷い状態です。
ベランダ床部分の防水も薄くなってきている状態でした。。

ベランダアフター

リフォーム後のベランダになります。
FRP防水を行い、しっかりと水を弾く状態になりました。
これで雨水が染み込むこともなくなり、外壁帯部分の塗装剥がれも防げそうです!

屋根

屋根ビフォー

Before

リフォーム前の屋根になります。
スレート屋根は雨と紫外線で汚れもあり、金属部分のサビが流れて汚くなっています。。

屋根アフター

After

リフォーム後の屋根になります。
汚れを落とし綺麗にしてから塗料を塗り、コーキングも施してくれました。
これでしっかりと雨から家を守ってくれそうです!

リフォーム後の感想

外壁リフォームをするにあたり、業者の方からそろそろリフォーム時期だということで話を聞く機会が何度かありましたが、業者を決めることはなかなか難しいと感じていました。
というのも相場や塗料の違い、業者によっては何に力を入れているのかはバラバラであり、大切な家のことなので安ければいいというわけでもないため決めることが困難な状況でした。
また業界のイメージもよくないことが慎重になり、決めることを遅らせる原因の一つであると思っています。
そして、どの業者でもクレームが一切ないということはなく、ネガティブな情報ばかりがインターネット上で目に付くという現実がありました。
そういった情報を見るとそれが真実かどうかを確かめることは困難なため、選択肢から外すことで結局どこにしたらいいのか分からないという状態になっていました。

今回は新生ホームサービスさんに施工をお願いし、とてもよかったと感じています。
何より一番の決め手は信頼できるという点です。
営業の方や現場監督の方には不安な点や気になる点はしっかり説明していただき安心して施工をお願いできました。
また、実際作業を行っていただいた職人の方も丁寧・迅速な作業内容で満足のいく仕上がりでした。
こうした実績を一つの評価として残るようにこのページを作成しました。

外壁リフォームするにあたりどこにお願いしようか悩んでいるという方、新生ホームサービスさんの口コミや評判が気になっている方のご参考になれば幸いです。