情熱が組織を強くする

自分の力を発揮したい。もっと大きく成長したい。
自分の手で、会社を更によくしたい。
新日本製薬は、そんな「情熱」を持つ人たちがつくる会社です。
会社をつくるのは、社員一人ひとり。
あなたの、その「情熱」が新日本製薬をより強くします。
今日よりも、明日。明日よりも、明後日。
100年繁栄する企業に向かって、さらに強い組織を目指して。

メッセージ

新日本製薬株式会社、代表取締役の後藤
失敗を恐れない、チャレンジ精神を持った人。
自分の将来の夢を叶えたい。自身をもっと成長させたい。そんな働く目的を実現させるため、新日本製薬を生涯の会社にするという気持ちを持ってこの会社を選んでほしいと思います。私も新日本製薬と縁を持てたおかげで、さまざまなことにチャレンジさせてもらいました。多くのチャンスを得ることのできる会社です。ものごとを理屈で考えるよりまずは行動。今しかできないことがあるはずです。そのなかで得られた小さな成功体験は、きっと皆さんの自信になるでしょう。ぜひ失敗を恐れず、積極的に色々なことにチャレンジし、自分の可能性を見い出してほしいと思います。また当社は、経営理念の実現に力を入れています。経営理念は原点です。当社が100年繁栄し続ける会社となるために、その将来を担ってくれる新入社員の皆さんには考え方を共有して、社会人である前に人としての強さと優しさを身につけてほしいと思っています。仕事をしていて立ち止まることがあれば経営理念に立ち返り、なぜ仕事をしているのか、誰のために仕事をしているのかを考えてください。そして、社会人としてどのような人生にしていくか、その答えを同僚や上司とともに探し出してほしいと思います。仕事を通して人間力を高め、お客さま、会社の仲間、自分の家族など、他人の幸せを自らの幸せと考えることができる人は素晴らしいと思います。「あの人に頼めば大丈夫」と周囲から必要とされ、世の中の役に立てる立派な社会人になってください。
代表取締役 後藤孝洋

企業理念

経営理念
お客さまには最高の満足と信頼を
社員には幸せと未来への夢を
私たちは社会に貢献する企業として
限りなく幅広い発展をめざします

ビジョン

世界中の人々の
健やかで心豊かな暮らしを創造します

バリュー
常に現状に満足することなく
感謝の心と使命感で
何事にも全力で挑戦します

コミュニケーションメッセージ
One to One health&beauty-care


事業内容

新日本製薬株式会社の化粧品事業
化粧品事業
新日本製薬の医薬品事業
医薬品事業
新日本製薬株式会社の健康食品事業
健康食品事業
新日本製薬株式会社の健康食品事業
健康食品事業
新日本製薬の部門図
EC
新日本製薬のオンラインショップの運営、ウェブ上での広告企画、効果測定、データ分析・解析を行っています。また、SNSやLINEを活用し、お客さまとの新たな接点を設け、より便利に、より快適に新日本製薬の商品やサービスをご利用いただけるよう強化していきます。
店舗
全国10箇所に直営店を構え、カウンセリングを行いながらお客さまのお悩みに合わせた提案をしています。また全国の400を超える取り扱い店では、通信販売で培ったノウハウを活かし、直接お客さまの肌状態を確認して一人ひとりに合ったカウンセリングをface to faceで実施。すべての女性にオンリーワンの美しさを提供しています。
管理
理念にある「お客さまの最高の満足」を実現するためには、「社員一人ひとりが幸せになること」が重要であると考えています。管理部門は、社員がいきいきと働くためのサポートや、各種社内行事の設定等で社員の成長を支援しています。
品質保証
お客さまに安心して、商品をご利用いただくため、新日本製薬では徹底した検査体制・衛生管理のもと、自社商品の品質管理を行っています。 お客さまの肌に触れる、口に入る商品を扱っている会社だからこそ、より高い安全性を追求しています。
管理
理念にある「お客さまの最高の満足」を実現するためには、「社員一人ひとりが幸せになること」が重要であると考えています。管理部門は、社員がいきいきと働くためのサポートや、各種社内行事の設定等で社員の成長を支援しています。
コールセンター
コールセンターは、通信販売の根幹をなす部門です。注文を受けるだけのオペレーターではなく、お客さま一人ひとりの生活スタイルや悩みを把握し、適切なアドバイスができるコミュニケーターの育成を行っています。多様化するお客様のニーズに合わせ、専門的な視点からお客さま一人ひとりに合った商品をご提案。
物流センター
物流センターでは、商品の入庫から在庫管理、梱包までを一貫して行い、お客さまのもとへ心を込めて送り出しています。また、誤配や破損、返品をなくすために配送会社と協力して、厳しいルールをつくり実践しています。お客さまのお手元にお届けする最終工程だるという想いのもと、新日本製薬の社員一人ひとりの感謝の気持ちも一緒に、大切にお届けしています。
研究開発
お客さまの肌や健康のお悩みを解決するため岩国研究所で自社生産した国産生薬のエキスを抽出。自社オリジナルの新規素材を開発することで、より専門性の高い商品の企画化をめざし、日々研究を続けています。
商品企画
日々、お客さまから寄せられる多くのお悩みやご要望のお声をもとに、商品を企画しています。お客さまのライフスタイルをより豊かに、そしてより多くの笑顔につながる商品を提案することで、美と健康のサポートのみならず、より良い人生そのものを創造することをめざしています。
マーケティング
お客さまの購買データや、市場の動向を分析し、それをもとにタイムリーにお客さまのニーズにお応えできるよう、適切な商品情報を発信するテレビCMや広告、会報誌などの企画制作を行っています。
研究開発
お客さまの肌や健康のお悩みを解決するため岩国研究所で自社生産した国産生薬のエキスを抽出。自社オリジナルの新規素材を開発することで、より専門性の高い商品の企画化をめざし、日々研究を続けています。

社会貢献活動

スマイルプロジェクト・ワン

新日本製薬のスマイルプロジェクト・ワン
人と人とのつながりを大切にして、笑顔の輪を広げる活動を行っています。
NPO法人ハッピーマンマ
NPO法人ウィッグリング・ジャパン
大野城いこいの森ロードレース
障がい者スポーツ選手雇用センターC's Athlete
新日本製薬のスマイルプロジェクト・ワンNGO国際人権ネットワーク
NGO国際人権ネットワーク
新日本製薬のスマイルプロジェクト・ワン(認知)特定非営利活動法人ジャパンハート
(認知)特定非営利活動法人ジャパンハート
新日本製薬のスマイルプロジェクト・ワン特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
新日本製薬のスマイルプロジェクト・ワン特定非営利活動法人SOS子どもの村JAPAN
特定非営利活動法人SOS子どもの村JAPAN
新日本製薬のスマイルプロジェクト・ワン飲酒運転撲滅運動
飲酒運転撲滅運動
新日本製薬のスマイルプロジェクト・ワン博多どんたく港まつり
博多どんたく港まつり
新日本製薬のスマイルプロジェクト・ワンふくこいアジア祭り
ふくこいアジア祭り
新日本製薬のスマイルプロジェクト・ワン社会福祉法人JOY明日への息吹「JOY倶楽部」
社会福祉法人JOY明日への息吹「JOY倶楽部」
新日本製薬のスマイルプロジェクト・ワン(認知)特定非営利活動法人ジャパンハート
(認知)特定非営利活動法人ジャパンハート

エコプロジェクト・ワン

未来の子どもたちのために、美しい地球を守る活動を行っています。
新日本製薬のエコプロジェクト・ワン山村塾「笠原棚田米サポーター」
山村塾「笠原棚田米サポーター」
新日本製薬のエコプロジェクト・ワン特定非営利法人ガイア・イニシアティブ
特定非営利法人ガイア・イニシアティブ
新日本製薬のエコプロジェクト・ワン社内マイ箸・マイカップ推進
社内マイ箸・マイカップ推進
新日本製薬のエコプロジェクト・ワンエコキャップ運動
エコキャップ運動
新日本製薬のエコプロジェクト・ワン地域清掃活動
地域清掃活動
新日本製薬のエコプロジェクト・ワン地域清掃活動
地域清掃活動

社員インタビュー

入社を決めた理由や魅力、就活生へメッセージ

社員インタビュー

入社を決めた理由や魅力、就活生へメッセージをご紹介

新日本製薬の社員、行時留衣

新規事業に正解はない。
失敗を恐れず、成功につなげたい。

私は中国出身で、九州の大学への留学を機に来日しました。卒業後は、東京の大手総合コンサル会社で、会社の経営計画の策定戦略、通信系キャリアやメーカーなどの新規事業の立ち上げ、海外支社の業務改善などの経営コンサルに携わっていました。企業の外から第三者の立場でコンサルティングすることも勉強になっていましたが、次第に、当事者として自社のために自分の手で、新事業を構築したいという想いが募ってきたことと、大学時代に過ごした第二の故郷・福岡にいずれは戻りたいと考えていたタイミングで「一緒に新しいことをやりましょう」とチャンスの声が。未経験でしたが通信販売という業態にはビジネスモデルの1つとして興味を持っていましたので、何か新しいことにチャレンジできそうだと思い入社を決意しました。
行時留衣(中途入社2年目/芸術工学部卒)
経営企画 課長
新日本製薬の社員、諸石奈々

仕事で成果を出して、
お客さまや会社に貢献していきたい。

新日本製薬の魅力は、社員一人ひとりの意見を聞いてもらえることだと思います。どんなに経験が浅くても、自分が思っていることを発言すれば一意見としてしっかり耳を傾けてもらえます。意見を受け入れてもらえるとうれしいですし、やりがいにもつながります。また、早い段階で大きな仕事を任せてもらえるのも魅力の一つですね。私の場合、広告企画に配属されて半年も経たないうちに、広告スペースを購入する仕事を担当することに。大きな金額が動く仕事ですが、任せてもらえたことをうれしく思ったと同時にその経験から、責任のある仕事は、やりがいにもなりますし、何より自分の成長につながることを体感しました。
諸石奈々(新卒入社6年目/文学部卒)
広告企画
新日本製薬の社員、水野 裕太

この世界で勝負すると決めたときから、
仕事が楽しくなった。

就職活動をスタートしたとき、人の役に立つ商品やサービスを自分で考え、世の中に発信したいという夢を持っていました。その夢を叶えられる環境がある企業を選びたかったので、業種や業態にこだわらず、アンテナを広く張って就職活動に臨んでいました。実際に取り組んでみると、やはり企業に直接足を運ぶことが大事だと痛感。興味を持った企業は必ず訪れるようにしていました。当社の選考の中で「就職活動で、不安に感じることは何でも聞いてください」と言われ驚いたことが。他の企業でそんな言葉を掛けられることはありませんでしたし、就活生には何でもアドバイスしてあげようという懐の深さを感じて、新日本製薬への印象が大きく変わりました。これは足を運んでみなければ分からなかったことだと思います。就職したい企業を選ぶとき、待遇や福利厚生を見ることももちろん重要。でもそれ以上に、そこで働く人たちの雰囲気を知ることが大切だと思います。ぜひ、自分の足でいろいろな企業を見てみてください。
水野裕太(新卒入社3年目/農学部卒)
コスメ広告制作

美と健康を通して
人と環境を豊かにしたい。

就職活動では、何をしたいか、どういう会社で働きたいかをしっかり考え、軸を持ってぶれずに取り組むことが大事だと思います。そのための自己分析は必須。自分はどういう人間なのか、まずは自分を知ることから始めてみるといいと思います。当社の面接を受けたとき、私のことを知ろうとしてくれているのが分かりました。一つの質問に対して、何度も深く掘り下げてもらったので、自分の考えも率直に伝えることができたと思います。最終面接はとても緊張しましたが、学生の私に対して社長が、「来てくれてありがとう」と感謝してくださり、思わず感動したのを覚えています。高校生のときから化粧品会社で働きたいという夢を抱いてきました。そして今、「ここで働き続けたい!」と思える会社で仕事ができています。自分の夢を叶えられるフィールドに身を置いている私はとても幸せだと思っています。元気で前向きな学生の皆さん、ぜひ私たちと会社の未来を創りましょう!
酒見安佳音(新卒入社2年目/工学部卒)
コールセンター


会社概要

新日本製薬株式会社の本社ビル
会社名 新日本製薬 株式会社
代表取締役 後藤 孝洋
本社 〒810-0074
福岡市中央区大手門1丁目4-7
TEL 092-720-5800(代表)
設立
1992年(平成4年)3月11日
資本金
2億2,000万円
売上高
28,372百万円 (2017年9月期)
従業員数
656名(派遣社員含む)
直営店舗数
10店舗
加盟団体・資格
日本通信販売協会/日本健康・栄養食品協会/化粧品公正取引協議会/西日本化粧品工業会/日本コールセンター協会/日本栄養評議会/日本薬学会/日本生薬学会/日本抗加齢医学会/日本抗加齢協会/日本OTC医薬品協会/日本オンラインドラッグ協会/日本漢方生薬製剤協会/化粧品製造販売業許可/医薬品店舗販売業許可/医薬品卸売販売業許可/第二種医薬品製造販売業許可/医薬部外品製造販売業許可
設立
1992年(平成4年)3月11日
  • 東京オフィス
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6-5 丸の内北口ビルディング23F
TEL 03-6837-1685

  • 吉塚オフィス
〒812-0041 福岡市博多区吉塚8丁目7-11
TEL 092-626-8822

  • 物流センター
〒812-0041 福岡市博多区吉塚8丁目5-75
TEL 092-626-8163

  • 岩国研究所
〒740-0602 山口県岩国市本郷町本郷275
TEL 0827-78-0025

沿革

1992年(平成4年) 新日本製薬株式会社設立
1994年(平成6年) 健康食品の通信販売開始
1997年(平成9年) コールセンター、物流センター開設
2000年(平成12年) 基礎化粧品の通信販売開始
2001年(平成13年) テレビ通販開始
2002年(平成14年) 創立10周年
2003年(平成15年) 医薬品事業開始
新日本ロジスティクスセンター開設
2005年(平成17年) プライバシーマーク認定取得
2006年(平成18年) ラフィネ パーフェクトワン発売
自社承認薬の通信販売開始
岩国研究所開設、機能性素材の研究開発開始(国産生薬)
2007年(平成19年) 創立15周年
コミュニケーションメッセージ「One to One health-care.」を掲げる
2008年(平成20年) ロゴマーク等グループⅥ刷新
社会貢献活動 エコプロジェクト・ワン開始
2009年(平成21年) 社会貢献活動 スマイルプロジェクト開始
2010年(平成22) コミュニケーションメッセージを「One to One halth&beauty-care.」へ刷新
新日本製薬オフィスタワー(本社ビル)開設
東京オフィス開設
福岡パルコに直営1号店出店
パーフェクトワン オールインワンジェルシリーズ累計販売実績1,000万個突破
2012年(平成24年) 創立20周年
2013年(平成25年) 経済産業省主催「おもてなし経営企業選」受賞
ふくおか共助社会づくり表彰(協働部門賞)受賞
パーフェクトワン オールインワンジェルシリーズ累計販売実績2,000万個突破
2014年(平成26年) パーフェクトブランド発表
自社生産の紫根エキスを配合した「パーフェクトワン リフティングジェル」発売(移行、順次配合)
2015年(平成27年) パーフェクトワン オールインワンジェルシリーズ累計販売実績3,000万個突破
2017年(平成29年) 創立25周年
第7回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞 実行委員長賞受賞
パーフェクトワン オールインワンジェルシリーズ累計販売実績4,000万個突破
1997年(平成9年) コールセンター、物流センター開設