真白黒荘

日本原産の室内犬、狆。
洋犬人気におされ、数が減少しすぎたために遺伝子疾患の個体が散見されるように。

こんなの本当の狆じゃない

その思いから狛犬のモデルともなったかつての狆を思い描き再現させることに。

真白黒舎は、狆の特徴をできる限り引継ぎ、健全さも備えた理想の白黒犬
真ノ狆
を提供します。



※真ノ狆は、当犬舎の独自ブランド交雑種です。(JKC非公認)

【取扱い3犬種】

JKC公認の2犬種、独自ブランドの1犬種
①【狆】3~6kgほど

日本で1500年にわたり改良されてきた室内和犬。JKC血統書お付けできます。
②【マルチーズ】3kgほど
人類最古の愛玩犬。
マルチーズ3000年の歴史>狆1500年。ブリーダーとして後世に引継ぎたい奇跡の純白犬。JKC血統書お付けできます。
③【真ノ狆】3~4kgほど

狆×パピヨンのミックス
(スヌーピー柄)
 飼育がとても簡単で、狆の保存にも役立つ犬。第三者機関の血統書は在りません、祖先犬の血統書コピーをお付けできます。

※写真はイメージです

【子犬情報】
~未定~

狆(チン)

生年月日:未定
■品種:狆(父:、母:)
■性別:-
■不妊去勢:未実施
■予防接種:5種混合を接種済み(●/●)。次回、●/●~●/●の間に5種混合2回目が必要。加えて、毎年1回4月に狂犬病予防が必要。
※5種混合:5~7千円ほど
※狂犬病(年1回):3~4千円ほど
※トリミング(月1回):5千円ほど

狆(チン)

生年月日:未定
■品種:狆(父:、母:)
■性別:-
■不妊去勢:未実施
■予防接種:5種混合を接種済み(●/●)。次回、●/●~●/●の間に5種混合2回目が必要。加えて、毎年1回4月に狂犬病予防が必要。
※5種混合:5~7千円ほど
※狂犬病(年1回):3~4千円ほど
※トリミング(月1回):5千円ほど

【最適な室内犬を提供したい】

①健康

■以下の予防を徹底します。
・年1回のワクチン接種、狂犬病予防接種
・(フィラリア含む)内部と外部の寄生虫予防薬
・ブルセラ病検査

■遺伝子検査を積極的に行います。

②スヌーピー柄
(白黒)

■独自ミックス犬は、特徴のない犬にならないよう、スヌーピー柄を独自スタンダードとします。

■マルチーズの場合、色素のしっかり入った個体を選別交配します。

③飼いやすい

■愛玩犬としての歴史が長い犬種を提供します。

④手入れがラク

■背負った尾:フンが付着しづらく衛生的。

■狆、真ノ狆はカット不要
→シャンプーのみでOK。

■マルチーズ、は月1のトリミングだけ
→抜け毛が少なく体臭もほとんどしない。

ご購入方法

方法①提携ペットショップへお問合わせ。

犬舎見学できない方。

当舎は小規模経営のため、飼育繁殖の管理に加え、お客様対応のすべてを単独で行うとなると疎かになってしまう部分がでてくると予想されます。
ですので、出来る限り飼育繁殖の管理に専念したいと思っております。
また提携ショップにより、定期的な健康診断・ワクチン予防接種の確実な実施が監査され、入荷基準をクリアしているかどうかの確認をしていただくことで独りよがりでない質の担保になっています。

子犬への負担に関しては、見学予約をショップにかけ、ショップ到着後すぐにご購入いただければ、犬舎にて生後2ヵ月間過ごさせること(社会化)・ショップにて展示される期間の短縮(ストレス軽減)も可能かと思います。

方法②仲介サイトよりお問合わせ。

犬舎へ見学可能な方。
(仲介手数料の差額分)購入費用が方法①より抑えられます。

方法③名刺より直接お問合わせ。

ご紹介にて当犬舎の名刺をお持ちの方。
裏面の問合せ先へ直接ご連絡下さい。ご見学の際にご提示願います。

※留守電に折返し連絡先を残してください。

【安心サービス】

500円預かり

犬は、10年以上生きます。
旅行に行きたい、週末は出かけたいと毎日の世話が嫌になってしまうリスク。
頻繁に預けたいがペットホテルの金銭負担は負えない、、、

安心してください。

当舎の犬に限り1泊500円でお預かりします。

※餌のご用意と送迎/輸送はお客様側でお願い致しします。

売値引き取り

何らかの理由で飼えなくなるリスク。

安心してください。

当舎では、売値と同額を再度お支払いいただくことでお引取りいたします。
人により事情があると思いますので、理由は、特にお尋ねしません。

一人暮らしの方やご年配の方も安心してご購入ください。

※販売時の領収書をお持ちください。

インスピレーション

◎2重純血種内科的外科的に問題なく双方の利点が多く発現するような2種の純血種を掛け合わせ、血統管理の上、固定化させたもの。
例:チワワスムース×ポメラニアン=チワワロング
  ラサアプソ×ペキニーズ=シーズー
  Aコッカー×キャバリア=コッカリア

◎ハーフ犬上記の条件を満たせず、乱交雑させたもの。
例:チワワ×ダックス=チワックス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※どちらも雑種化矯正が働く。
※介助犬、使用犬の2重純血種は理解あるが、愛玩犬の2重純血種は批判が圧倒的に多い傾向。ゆえに、コッカリアは公認犬種とならず。(際立った特徴もなかったため)

ラブラドゥードル

ラブラドゥードルに使用する先祖犬は、
■ラブラドール・レトリーバー、
■プードル、
■アメリカン・コッカー・スパニエル、
■イングリッシュ・コッカー・スパニエル
の4犬種が用いられる。

ラブラドール・レトリーバーとプードルの2犬種のみの血統を持つものをラブラドゥードル・オリジン(LO)と呼ぶ。
LOは、コッカー・スパニエルの血統が加えられることにより、ラブラドゥードル・ファウンデーション(ALF)に昇格することができる。
LOどうし、ALFどうしの交配で世代を進めることができ、その進度は数字で示され「LO3」、「ALF2」のように表記される。
LOどうしの交配の場合、世代が大きい方の数字が1つ進み、ALFの場合、世代が小さい方の数字が1つ進む。

純血のラブラドゥードルはALF4以上とされる。

真ノ狆 作出プロセス

交配に使用する先祖犬は、
■パピヨン
■狆
の2犬種が用いられる。 

パピヨンと狆の2犬種のみの血統を持つものを真ノ狆と呼ぶ。(スヌーピー柄をスタンダードとす)
真ノ狆どうしの交配で世代を進めることができ、その進度は数字で示され「SI1」、「SI2」のように表記される。
世代が小さい方の数字が1つ進む。

「純血:4代にわたる同様の形質発現」に準じると、純血の真ノ狆はSI4以上の個体。
SI4以上の個体が一定数まで増えた際に、AKCやJKCに申請し公認されれば、新たな犬種「真ノ狆」が誕生します。
◎比内鶏(ひないどり)=主に秋田県にて古くから飼育されている家禽。天然記念物に指定されている。「成長が遅い」「体が小さい」「耐病性に劣る」などの理由で生産性が低く商品として販売するには難しい。
比内地鶏ための種雄需要によって維持保存が叶っている。

◎比内地鶏(ひないじどり)=雄の比内鶏と雌のロードアイランドレッドを掛け合わせた一代雑種(F1)を品種として固定した品種。
比内鶏を県の特産物とするため、比内鶏の特長を引継ぎながら生産性を向上させるよう作出された。現在、市場に出回っているのは、こちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
狆も、好まれる外見の一代交雑種を市場に出回らせ、原種は繁殖用としてブリーダーが犬舎内で保有する形をとれば、文化的断片を市場に提供しながら需要も一定に保てるのでは。

もし、真ノ狆が公認されず、最終的に狆と同化してしまったとしても、結果として遺伝子プールを少しでも広げられた、健全化できたということになれば試みは成功と思っています。

◎キング・チャールズ・スパニエル
=イギリス王室で飼育されていた愛玩犬に、
狆などを交配させて短吻、小型化させた犬種。

健康被害が出始めブームも去ると、マズルが長くサイズも大きめのかつての姿に戻し健康を取り戻すことが願われるようになった。

◎キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
=キング・チャールズ・スパニエルを改良した犬種。

健康面でも性格面でもキング・チャールズを大きく上回っていたキャバリアは人気を完全に奪い去り、本種に取って代わる人気犬種に。

無計画な繁殖により、ほとんどが遺伝子疾患をもつことに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
狆は、キング・チャールズと同様に改良の時期を迎えているのでは。