一生働ける
「歯科技工士」を
目指しませんか?

✔国家資格を取得して
 就職を考えている方
✔進路に悩んでいる方

★ 入学金 10万円 ★

歯科技工士に
ついて

1.歯科技工士ってどんな職業?

国家資格で物作り

歯科技工士は、銀歯や入れ歯などお口の中に入れるものを作る職業です。
国家試験に合格し、歯科技工士免許を持っている人だけが制作することが許可されています。

2.歯科技工士の就職状況は?

歯科医院、歯科技工所など

現在、全国の歯科医院はコンビニの数より多いということをご存知でしょうか?それに伴い、歯科技工物必要とされています。

年配の歯科技工士が退職する中、歯科技工士になる若者の数は年々減っています。つまり、歯科業界では歯科技工士が不足してきており、就職しやすい状況にあるということです。

さらに、近代のIT社会の加速に伴い、歯科分野でもコンピューターシステムを導入して技工物を作製することが普及しています(CAD/CAM)。若者にとってスマホ普及の影響もあり、コンピュータの操作はとっつきやすいものです。CAD/CAM専門の歯科技工士は多くの歯科医院・歯科技工所で重宝されています。

独立して自分で歯科技工所を立ち上げることも可能です。
他にも歯科技工士免許を持っていると、歯科材料を扱うメーカーなどの就職にも有利です。

3.どんな人が向いているの?

  • 手先が器用な人
    ⇒歯を作りますので、器用な人にはとても楽しい分野です!

  • ものを作ることが好きな人
    ⇒自分の手がけたものが形になって患者さんのお口の中に装着されます。目に見える成果がでますので、やりがいを感じる人も多いです。

  • 手に職をつけたい人
    ⇒技術を磨き、どんどんスキルアップできます。まさに「職人」です。

  • 医療分野に携わりたい人
    ⇒歯科医療分野に貢献できます。中には、歯科衛生士と歯科技工士のダブルライセンスをもって活躍する方もいます。

  • 美術やプラモデル製作が好きな人
    ⇒歯の形・色を再現しますので、美術の要素もあります。絵を描くことが好き、彫刻が好き、工作が好きという人にはぴったりのお仕事だと思います。

  • 人と話すことが苦手な人
    ⇒仕事中、多くの時間は製作作業になりますので、他の業種よりも比較的会話することが少ない傾向にあります。歯科技工士を目指すきっかけとなる人もいます。

下関歯科技工専門学校に入学するメリット

1.夜間制の歯科技工専門学校は全国に4校だけ!

昼間に働きながら、夜は学校に通うことができます。希望の方には昼の仕事に歯科医院・歯科技工所を紹介しています。現場で先輩技工士の方から直接教えてもらいながら、技術・知識を磨くこともできます!

下関歯科技工専門学校の卒業生は「即戦力になる!」と評判がよく、就職後に活躍しています。

他専門学校と比べて、入学金が安いという特徴もあります。

2.国家試験合格率、
就職率100%!

教師の「国家試験、合格させる!」という熱い想いがあります!
その言葉通り、国家試験の合格率は100%!

また、色々な歯科医院・歯科技工所から求人情報が毎年届いており、就職率も100%!
県内・県外問わず、本人の希望にあった就職先がきっと見つかります。

さらに!
卒業後も就職先の斡旋、就業の相談も受け付けています!
「入社したけど、人間関係が・・・」
「自分のやりたいことができない」
「引っ越ししなければならなくなった」など
勤務先の悩み、就職先を再び探すなど、何でもお気軽にご相談ください。
生涯にわたってサポートします!

3.みんな仲良し

当校の生徒は色々な世代の人がいます。
・高校卒業後に入学する人
・大学に通いながら入学する人
・一度社会人になった後に入学する人

未成年者・成人、男子(男性)・女子(女性)、先生・生徒もみんな仲良く、和気あいあいとしています。少人数制のため、教師の目も届きやすく、学校でよく問題になる「いじめ」も当校ではありません。

みんなで球技大会をしたり、飲み会をしたり、試験勉強をしたり、将来について話し合ったり。
とても楽しい学校です!

4.最先端の機器
導入!

冒頭でも述べましたが、現在歯科業界にもITの波が押し寄せています。

技工の世界でも、「CAD/CAM」というシステムが浸透してきました。
カメラで模型を読み取り、コンピューター上で歯の形を設計し、機械で歯を削りだすというものです。

今後、CAD/CAMはさらに歯科業界に普及してくると考えられています。学生のときに最先端の機器に触れることができることは大きな強みになります。

生徒の声
”ここがいい!”

★下関歯科技工専門学校はこんなところです★

先生方がとても熱心に指導してくれる!

実技は「感覚」「感性」によるところが大きいですが、そんな中抑えるポイントをしっかりと教えてくれます。
また、学校で社会人になるための心得、マナーなどもしっかり教えてくれますので、就職してから大人として独り立ちするためにとても役に立つと思います。

夜間の学校なので
昼間働ける!

専門学校は授業料がかかりますが、昼間働けることで経済的に助かっています。歯科技工所で働いていますが、実際の現場の技工士さんがどんな様子で働いているのかを間近で見ることもでき、自分が将来どのように働くのかというイメージも沸きます。

市外から通う学生もいますが、駐車場があるので車で通学できることもうれしいです。

先生と生徒の
仲が良い!

卓球大会やボーリング大会など、学校のイベントがあります。先生と勝負することもあり、みんなわいわい楽しんでいます!大会の後はみんなで打ち上げ。(もちろん未成年はジュースです)
授業に関しても質問しやすいような人間関係がしっかり整っていますよ。

一年生から国家試験対策をしている!

当校は夜間3年制の専門学校ですが、1年の頃から国家試験対策をしています。学科試験・実技試験がありますが、学科は過去の国家試験でよく出る問題や抑えておくべきポイントもしっかり教えてくれます!実技もすべての基本は歯型彫刻(石膏の棒を削って歯を作ることです)。歯の形はすべて違いますが、それぞれ特徴を教えてくれます。イメージ通り削ることは難しいですが、1年生からの積み重ねが国家試験のときには大きな武器になりますよ。

少人数なので先生方が生徒一人一人を細かく指導してくれる!

技工の世界は「職人」と言われています。感性・感覚もみんな違うので、教える先生も大変だと思います。そんな中、生徒の数が多すぎると、先生も一人一人の指導にかける時間が短くなってしまいます。下関歯科技工専門学校は少人数ですので、一人一人に良いところ・悪いところをきちんと教えてくれます!生徒の数が多い学年には先生も人数を増やして丁寧に教えてくれ、とても柔軟性がある教育体制だと思います。

実習を主に取り入れているのでより実技が身につく!

実習はやればやるほど技術・知識が身につきます。どうしたらよい技工物が作れるのか、作業効率をあげる方法、そして技工に関する心得など様々なことを考えて取り組まなければなりません。2、3年生からは授業はほとんど実習形式です。やる気があればカリキュラム以外の課題も与えてくれ、さらに実力をつけることもできます!

見学会(オープンキャンパス)&資料請求

お問い合わせ

・見学会に参加したい
・詳細な資料(パンフレットや入学案内)を送ってほしい

以下のボタンからお申込みできます。

資料・見学会のお申し込みはこちら

アクセス

学校情報

下関歯科技工専門学校

〒751-0823
山口県下関市貴船町3丁目1-37
※駐車場もあります。

http://www.s-shikagikou.com/

083-223-4137

sdic@tip.ne.jp