40代でシミが…
市販でなんとかしたい
と思いました

40代になりシミが目立つようになってしまいました…

なんとかシミ消しをしたい!と考えてみた私の体験談も含めたブログになっています^^

市販で買ったプチプラのケシミンクリームの口コミ体験談

市販のプチプラなので、CMで見たケシミンクリームが値段も安かったので購入する事にしました。


2カ月くらい使ってみたのですが私のシミには効果がほぼなく…

テレビCMでケシミンクリームの宣伝を見ていると、毎日塗りこんでいるうちにシミがどんどん薄くなるというイメージがありました。

なので使うのが楽しみでした。シミがなくなるとまではいかなくても、かなり薄くなるのではと期待を持っていました。
  • 毎日忘れずに頑張ってシミに塗りこみました。
    1ヶ月程使いましたが全く変わらなかったのであきらめかけましたが頑張って使い続けました。

    しかし2か月程使いましたが、薄くなるどころか全く薄くなっていませんでした。
  • 毎日忘れずに頑張ってシミに塗りこみました。
    1ヶ月程使いましたが全く変わらなかったのであきらめかけましたが頑張って使い続けました。

    しかし2か月程使いましたが、薄くなるどころか全く薄くなっていませんでした。

@コスメ等を見てもケシミンクリームはシミ予防クリームって感じで微妙

@コスメをよく見ていますので、市販のケシミンクリームの体験談ついて見てみました。すると私の様に、あまり効果を感じられないという書き込みが多かったです。

ケシミンクリームは

  • ビタミンC誘導体
  • ビタミンE


配合されていて確かにメラニンの生成を抑えてくれます。

ケシミンクリームをシミに塗りこむと、浸透してシミをケアしてくれる効果はあります。

でも私が2か月間使った感想としては、シミ消しクリームというよりも、これ以上シミを酷くさせない為に塗りこむといった感じでした。

そこでより効果的な化粧品・クリームを探して見る事に

ネットでコスメ番長的な感じの方のブログ等を見まくり、私のシミに効くクリーム・化粧品の市販商品を探しをしてみました!

そうしたら何カ月か前まではシミが薄くなってきているので^^その方法を下記でシェアしておきますね。

自分に合うシミ消しクリームを選ぶ3つのポイント

選ぶポイント①美容有効成分

シミ消しクリームを選ぶポイントで大切なのは、どんな有効成分が入っているかという事

どんなに有名なメーカーの商品でもシミを消す成分がほとんど使われていない市販のシミ消しクリームもあるので、購入する時は美容有効成分を確認

シミ消しクリームを選ぶポイントで大切なのは、どんな有効成分が入っているかという事

どんなに有名なメーカーの商品でもシミを消す成分がほとんど使われていない市販のシミ消しクリームもあるので、購入する時は美容有効成分を確認

シミ消しクリームを選ぶポイントで大切なのは、どんな有効成分が入っているかという事

どんなに有名なメーカーの商品でもシミを消す成分がほとんど使われていない市販のシミ消しクリームもあるので、購入する時は美容有効成分を確認

選ぶポイント②使い続けられる価格で選ぶ事

強力なシミ消しクリームを見つけても、含有量が少なくて値段が高い物は使い続けるのが大変なので、価格も選ぶポイントの一つ。
特に海外の高級ブランドや広告に力を入れているブランドの市販商品は値段が高すぎて大量には使えず、長期的な問題解決になりません。
シミ消しクリームの多くは最低でも1か月以上続けることが必要で、大きなシミや範囲が広い部分は何か月も続けないと消えないので、価格の高いクリームだと予算を圧迫してしまいます。

選ぶポイント③お試しで試せ自分の肌に合うか出来るもの

どんなに口コミの評判がよかったり雑誌やサイトで紹介されている化粧品でも、自分の肌に合うとは限りません。
シミ消しクリームを選ぶポイントで自分に向いていて本当に効果が出るかどうかが重要なので、最初はお試しサンプルがもらえたりトライアルセットが用意されているものを使ってみるのが有効

美白成分は強力なものだと危険性もあるので

  • 肌荒れを起こしたり
  • かぶれたりする危険も


まずは少量で試すことができれば安心して続けられます。サンプルがなくても返金保証があって効果がなかったり肌に合わない場合はお金を返してもらえる市販商品なら気軽に購入できます。

芸能人が宣伝していたり専門家が推奨していても、全てのシミ取りクリームが自分に合うとは限らないのでお試し制度を活用してみましょう!

  • 下記に人気の高いシミ消しクリームのお試しランキングを掲載しておきましたので、ご参考になればと思います
  • 下記に人気の高いシミ消しクリームのお試しランキングを掲載しておきましたので、ご参考になればと思います

シミ消しクリームランキング

1位:ビーグレン ホワイトケア

◆◆ビーグレン ホワイトケアの特徴

色々な化粧品でシミ解消を目指してきたが駄目だった方に試してほしいのがビーグレン ホワイトケア

ビーグレン独自のテクノロジーで肌トラブルの元まで届き解消に近づきます!

価格 お試し1800円
評価 評価5 ★★★★★
備考 シミに何を使っても効果がなかった人へ試してもらいたい化粧品
◆ビーグレン ホワイトケアの総評

お試しトライアルは1800円送料無料で試す事が出来て、+365日返金保証もあるので安心して試す事が可能!

まず1週間試して見る価値あり

2位:アスタリフト ホワイト

◆◆アスタリフト ホワイトの特徴

富士フイルム化粧品独自のナノユニット技術で極小化したナノAMA開発。保湿やハリにこだわるアスタリフトシリーズの主成分も配合

美白ケアをしながら、ハリ・うるおいもキープしたい方にオススメ

価格 お試し1000円
評価 評価4 ★★★★☆
備考 シミの元に届く、働く美白ケアで透明感あふれる肌へ
◆アスタリフト ホワイトの総評

うるおい感・浸透感を試して見たい方はたっぷり試せる美白お試しトライアルキットを試してみて

3位:アンプルール ラグジュアリー

◆◆アンプルール ラグジュアリーの特徴

シミ肝斑治療センター併設の美容皮膚科総院長が開発・監修したスキンケアとなっており、美白成分ハイドロキノンを安定化させ化粧品に配合

乾燥しやすいというイメージを払拭する保湿力のクリームでシミとさよなら目指す

価格 お試し1890円
評価 評価4 ★★★★☆
備考 皮膚科医開発のドクターズコスメがアンプルール
◆アンプルール ラグジュアリーの総評

たっぷりと試せる6500円相当が1890円送料無料にて一人一個限定で試す事が出来る嬉しい特典

シミ消し化粧品は化粧水?クリーム?上手い使い分け方

シミ消し化粧品には化粧水とクリームがありますけど、この2つの違いを理解する事は大事!

シミ消し化粧品は化粧水とクリームどっちが良い?

化粧水は?

水分を補給する効果が高く、肌にうるおいを取り戻す効果を持っています。

ただ水を使ったものですから蒸発しやすいため、多めに使わなければいけません。

クリームは?
油を使ったものなので蒸発しづらく、長時間保湿を行うことができます。
クリームは?
油を使ったものなので蒸発しづらく、長時間保湿を行うことができます。
化粧水とクリームでは性質が違うので使い分けの工夫が必要です。

上手い使い分けをすればより高い効果を得られるので、シミの問題を短期間で良くできます。

両方使い上手く使い分けすると良い

シミ消し化粧品として使われる化粧水とクリームですが、特徴があるので使い分けが大事

化粧水は水分補給がしやすい点がありますし、つけていても油っぽくないので利用しやすい商品。そのためちょっとした時間に使うのが向いていて、保湿効果を得たい時に便利な化粧品。

クリームは油を使っているので乾燥しづらく、長時間保湿効果を得たいときに便りなものです。このタイプを使う時は夜間などに利用すると、お肌の状態を維持できるので便利です。

ハイドロキノン配合のクリームを特に使っていこ

シミ消し化粧品には特別な成分が含まれていて、ハイドロキノンと呼ばれる成分が使われています。

この成分は本来写真の現像に使われていて、美白効果があると分かってからは化粧品として使われています。
効果としてはシミの原因になるメラニン色素を抑制して、シミになりづらいお肌にしてくれます。

更にすでにできてしまったシミにも強い作用を与えるので、症状の改善にも効果があります。

ハイドロキノンは強い効果があるため含まれる量は使う前に確認

含まれている量が少なめのものは安全ですが、量が多い場合は注意も必要。

ハイドロキノンの含まれたクリームは、長時間お肌に効果を与えるのでシミ対策になります。

シミ消しクリームを使ってみた口コミ・評判まとめ

効果なしの口コミ・評判

シミ消しクリームを使った時の印象

40歳 香川県 タッチさん

市販のシミ消しクリームを使ってみて良かったと思ったのは、レーザーで焼き切るのとは違って痛みもなく、穏やかにシミが薄くなっていくので安心感が感じられたことです。

しかし、一定以上に濃くなってしまったシミが薄くなるまでには時間がかかり過ぎるので、多くの方が口コミでいっているほど効き目がないのではと思ってます


効果あった!良い口コミ・評判

口コミを参考にシミ消しクリーム選びしたら

36歳 広島県 江口さん
目尻にポツポツと目立ってきたシミを何とかしたくて、ビーグレンのお試しでシミ消しクリームを買ってみました!
口コミを見ても、すぐにシミが消える訳ではなく継続使用が効果的とあったのですが結果使ってみて非常に良かったです。

シミが完全に消えたわけではありませんが、肌全体は確実に明るくなりました。リピしようと思います。

ネットの評判高かったシミ取りクリーム体験

44歳 福岡県 まさママさん

シミ取りクリームなんて都合の良いものがあるはずがないと思っていたのですが、口コミが高評価だったので騙されてみたと思ってと市販商品を購入!付けた翌朝から肌がもっちり、透明感が出てビックリ。

しみ自体は変わらなくても肌の状態が良くなるだけでこんなにも印象が違うんだなとシミを言い訳にお手入れをさぼっていたことを反省です


これは継続するっきゃないな

38歳 宮城県 ちっちさん

頬の部分にシミが出来て今までは消えないと諦めていましたが、ママ友から効果があったと紹介され、評判の良かったアンプルールのクリームを使用してみました。

1週間ほど経過しましたが心なしかシミが薄くなってきたような気がします。シミだけでなく周りからお肌の艶がよくなったと褒められたので、継続して使用していきたいと思っています!



使い心地がとてもいいのが魅力

44歳 京都府 三さとさん
口コミでトライアルだけでも早い人は効果が現れると書いてあったので、はじめてお試しトライアルでシミ消しクリームを購入しました。

一日中メラニンを抑え込んでくれる感じがして、部分使いができるため大変便利で使い勝手が良かったです。

時間はかかるが期待が出来ますよ

50歳 神奈川県 ラッコさん
頬に目立つシミができたため市販のシミ消しクリームを使用しました。3カ月くらい使用していると濃かったシミが徐々に薄くなってきています。

シミ消しクリームを使う前まではメイクで隠すことが難しかったのですが、使用後はメイクで隠せるようになりました。

シミができる原因を知ることが大切

シミの原因が分かっているだけでも予防の対策が出来るのでぜひ知っておきましょう!

原因①紫外線によるシミ

シミができる原因に紫外線による日焼けがあります。


太陽の光に含まれている紫外線を浴びすぎると、メラニンという肌を守る物質が体の中で過剰に作られてしまうと、新陳代謝による肌のターンオーバーが間に合わなくなるので、シミとして顔や体に残ることに

新陳代謝が活発な10~20代前半ならばあまり問題ないが

年齢が高くなるにつれて、ターンオーバーが正常に行われにくくなるのでシミが増えやすくなります。これを防ぐには紫外線をなるべく浴びない工夫が必要


原因②活性酸素

年齢が高くなるにつれて、ターンオーバーが正常に行われにくくなるのでシミが増えやすくなります。これを防ぐには紫外線をなるべく浴びない工夫が必要

若い人の場合は

メラニン色素が活性酸素による悪影響から肌を守っていますが、日焼けがひどくなると、肌細胞へのダメージを減らすためにメラニン色素が大量に作られて肌を保護しようとします。

正常に新陳代謝がおこなわれていれば、肌は元の色に戻りますが、メラニン色素が多すぎると色素が残ってシミになります。


原因③炎症

シミができる原因の多くが紫外線が完成したものですが

炎症によるシミの場合は

皮膚のかぶれ
打撲などによる傷
若い頃にできたニキビの間違ったケア

などが要因になります

炎症性のシミは一時的に色素が沈着しているだけのものと、慢性になって色素が皮膚の奥深くに達しているものがあります。

炎症による慢性のシミの多くは

アトピー性皮膚炎やニキビのように長期間症状が出続けるものが原因になっているので、これらの症状を軽減することが必要になります。

炎症が起きると掻いてしまったりするので、皮膚刺激による色素沈着もあります。

原因④女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンの乱れはシミができる原因になります。
シミの直接的な原因になるメラノサイトという細胞を刺激するのは、紫外線だけでなく女性ホルモンの変化もあります。
女性ホルモンには、排卵をする前に分泌されるエストロゲンと生理になりそうな時に分泌量が多くなるプロゲステロンがあります。

シミの原因になるのはプロゲステロンという女性ホルモン

この物質がたくさん分泌される女性は、シミができやすくなります。

この女性ホルモンは、イライラや腹痛などの原因にもなるので、女性特有のストレスによる活性酸素の増加も引き起こします。

対策は日々の心がけでしっかり予防していく

日々の小さい対策がシミを予防・対策になりますので^^


対策①正しい生活習慣・ストレスない生活

シミができてしまう原因にホルモンバランスも影響します。

睡眠がきちんととれていないとホルモンバランスが崩れてお肌の状態は悪くなり、バリア機能も低下してしまいます。
シミ消し対策を考えるのであれば、まずは生活習慣の見直しから始めていく事が重要
ストレスのない生活、その上で睡眠や食事のバランスも考えて摂取したり、血流をよくするために適度な運動も取り入れていくこともおすすめ。

まずは出来ることから始めていき、日々の心がけでお肌はよくなります。

対策②紫外線対策をしっかりと

シミができてしまう原因で一番大きいのが紫外線による影響。

メラニン色素が増えてしまうことで、シミは濃くなったり増えてしまったりします。まずはしっかりと市販の日焼け止め等で紫外線対策をすることから始めていきましょう
日焼け止めはとても有効な手段の一つ

夏場だけ使う方も多いのですが、シミ消しを行っている時に使うハイドロキノンは、紫外線の影響をとても多く受けてしまいますし、レーザーを使った治療をしていてもバリア機能がうしなわれていますので

毎日市販の日焼け止めを使う、そして美白化粧品を使うことも有効

対策③食材・サプリメント対策

シミ消しを行う際、内側からのアプローチも実は重要です。

シミ対策に有効なビタミンC、抗酸化作用のあるビタミンEは積極的に摂取していくようにしましょう。

なかなか普段の食事で摂取できない時には、サプリメントなどのインナーコスメで対応していくということもおすすめ

美肌のために有効な成分を効率よく摂取

できれば食事でも気を付けていきたい所ですが、ロスミンローヤルなどの医薬品を服用していくと効果が期待できる

対策④シミ消し化粧品を使う

シミ消しに有効と言われている美白成分はいくつかあります。

代表的なものは

  • アルブチン
  • ハトムギエキス
  • ビタミンC誘導体


などが挙げられます。

これらはシミ予防に効果がありますが、シミ消しとまでの力は及ばないことがあります。

漂白作用のあるハイドロキノンがおすすめ

皮膚科では濃度の濃いものを処方してもらうこともできますが、お肌が弱い方はハイドロキノン配合の市販化粧品から始めてみると良いでしょう。

使い続けていくことで、徐々にシミ消しに効果が期待できるかと

シミ消しなら正しいスキンケアを心がけると良いかと

美白ケアを行う上で、シミ消しするための正しいスキンケアは重要です。

適当なケアを行っていますと、数年後~十年後の肌に影響が出てきます。

ここでは正しいスキンケアをレクチャーしていきます。

正しいスキンケア①クレンジング・洗顔

老廃物をため込んでしまったり、角質が溜まってしまうことで、シミができやすい状態になりますので、クレンジングでまずは綺麗にメイクを落とすことが重要
洗顔料はよく泡立てて肌に負担がないように泡で洗う感覚で洗っていきましょう。
定期的にスクラブやピーリングジェルを使うと、角質がクリアになりシミ消しもしやすくなります。

正しいスキンケア②化粧水

シミ消しをする際、化粧水の成分で美白効果が高いものを選んでいくことは重要なポイント

正しいスキンケアには順序があります

  • 化粧水で潤いを与え
    美容液などで有効成分を入れて
    最後に油膜でバリアするのが理想
  • 化粧水で潤いを与え
    美容液などで有効成分を入れて
    最後に油膜でバリアするのが理想
化粧水には、ハトムギエキス、アルブチン、ビタミンC誘導体が配合されているものを選んでいきましょう。

市販されているものは濃度も低いので、お肌が弱い方はまず市販の化粧水から試してみましょう

正しいスキンケア③ゲルや美容液

シミ消しができるホワイトニングゲルや美容液がたくさん出ています。

各メーカーによって、配合されている美白成分に違いがあったり、ハイドロキノンという漂白作用の強いものが入っているものもあります。
お肌に合わせて使っていきましょう!
ゲルタイプの物でも特に、ワンステップのお手入れができるオールインワンゲルは、時短スキンケアができるうえに保湿、そして美白もできる二刀流の物も出ていますので要チェック

正しいスキンケア④乳液やクリーム

乳液やクリームは、油分を含んでいるものが多いため、お手入れの最後に使っていきます。

化粧水のうるおいや美容液の有効成分を取り入れたあと、蓋をする感覚で使っていきましょう。

成分が相乗効果を発揮するように作られていたりしますので、メーカーなども統一すると効果がより高まる場合もあります。

乳液やクリームは手で温めてから使うと馴染みやすくなります。

美白ケアで薄くできるシミと薄くできないシミをチェック

シミには種類があり美白ケアで薄くできるシミと薄くできないシミがあります。

代表的なシミについての特徴をおさえておきましょう。

薄くできるシミ

老人性色素斑

老人性色素斑は大きさが数ミリから数センチ程度の、比較的境界が明瞭で茶褐色の色合いを帯びています。

長年の紫外線の暴露によるメラニン色素の増加が原因のシミ。

美白効果のあるトレチノインやハイドロキノン配合の化粧品などの美白ケアで改善を期待できます。

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着も真皮に増加したメラニン色素が正体であることは共通していますが、発症のメカニズムが異なります。炎症性色素沈着はキズやニキビ跡、かぶれなどが原因で発生。

原因により一過性もものと、慢性のものがありケアが異なるのでどちらかを見極める必要があります。

キズなどがきっかけの一過性のものは放置していても消えますが、慢性の場合美白成分を含む化粧品等で美白ケアを行う必要があります。

薄くできるシミなので美白ケアを怠らないようにしましょう。

肝斑

肝斑とは頬骨にそって現れるシミで、左右対称の形のシミが出来るのが特徴。

老人性色素斑等のシミは形はバラバラですが、肝斑では左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れるので簡単に判別できます。

発症するのは中年以降の女性に圧倒的に多いことから紫外線のほかに女性ホルモンの影響があると考えられています。

肝斑は薄くできるシミですが、トラネキサム酸を含む内服薬が有効

薄くできないシミ

遺伝のそばかす

そばかすとは、両頬から鼻にかけての部位にできる直径2-3ミリの褐色状のシミをさします。

日光を良く浴びる鼻に出来易いので、頬や鼻を中心にシミが出来ます。

そばかすの原因には幾つかありますが、子供時代に出来てくるそばかすの多くは遺伝的要因が関与しており、美白ケアを行っても薄くできないシミの特徴を持っています。

しかし遺伝性のそばかすは思春期以降に自然治癒することが多いと言われています。

花弁状色素斑

花弁状色素斑とは、紫外線により数ミリから1センチの大きさの花びらのような形状のシミが多発する症状。

花弁状色素斑が生じやすいのは、背中や肩に多発する傾向があるので本人は自覚していないこともあります。

このシミは短時間に強い紫外線にさらされたことを原因としているので軽度の火傷症状と同様に状態になっています。

美白ケアは効果を期待できませんが、放置しておいても自然治癒します。

花弁状色素斑については、予防の為に日焼け止めを活用するのが大切

シミ消しクリームのQ&Aまとめ

  • Q
    シミ消しクリームは男性でも効果あるの?
    A

    シミ消しクリームの効果については男女差はないと考えられます。
    男女差をつくるのはホルモンです。女性には女性ホルモンが、男性よりもはるかに多く分泌されています。
    女性ホルモンには、肌を美しく保つ効果がありますが、それとシミ消しは関係がありません。
    したがって、シミ消しクリームが女性に効果があるとしたら男性にも同様に効果があります。
    個人差はあるでしょう。しかし男女差があるとは言えません。

  • Q
    シミ消しクリームでほくろも消したり出来るの?
    A

    ほくろはメラノサイトと呼ばれるメラニンを産生する細胞が集まったものであり、消すとしたら医療機関を利用することになります。外科か皮膚科に相談しましょう。シミ消しクリームで消えることはありません。

    シミは本来なら新陳代謝で排出されるはずだったメラニン色素が残ってしまったものです。シミ消しクリームを使ったり、ビタミンCを大量摂取することで薄くしたり消したりすることが可能である場合もあるとされています。

  • Q
    シミ消しクリームのビーグレンは薬局など市販で買えないんですか?
    A

    ビーグレンを販売しているのは公式サイトだけです。通信販売で公式サイトから購入できます。他社に販売を依頼すると販売手数料がかかります。人気のある商品であれば安く卸して販売してもらう必要はないため、自社販売に限るという傾向があります。

    ビーグレンはもそうした商品であり、近所の薬局でも他の通販サイトでも扱ってはいません。しかし、インターネットが普及した現在は全国どこからでも公式サイトから通販で購入できます。

  • Q
    唇のシミもシミ消しクリームで消せますか?
    A

    唇は意外にシミのできやすい場所です。短期間に大きな変化があった場合は、念のために皮膚科を受診しましょう。すぐに唇のシミを消したい場合は、外科でレーザーを使うという方法になります。
    ただ、そうして良いかどうかあらかじめ皮膚科に相談することが望まれます。

    心配のない単なるシミであれば、他の皮膚のシミと同じですから対策をとることで、薄くしたり消したりできる可能性もなくはありません。

  • Q
    シミ消しクリームでほくろも消したり出来るの?
    A

    ほくろはメラノサイトと呼ばれるメラニンを産生する細胞が集まったものであり、消すとしたら医療機関を利用することになります。外科か皮膚科に相談しましょう。シミ消しクリームで消えることはありません。

    シミは本来なら新陳代謝で排出されるはずだったメラニン色素が残ってしまったものです。シミ消しクリームを使ったり、ビタミンCを大量摂取することで薄くしたり消したりすることが可能である場合もあるとされています。

最後に

市販のプチプラ化粧品などで最初はシミ消しに挑戦していたのですが、効果が低かったので…

ネットでお試しで試せるハイドロキノン配合のクリームを紹介しておきました!

少しずつですが良い方向に私は向かう事が出来ているので、 ぜひとも自分の肌に合う・合わないを感じてみてみてください!