シェアリングエコノミー検定 TEL. 0120-640-702
シェアリングエコノミー検定
〜次世代ビジネスを創造する人材を育成します〜

シェアリングエコノミーって何?

個人が保有している遊休資産の貸出を仲介するサービス
自転車のシェアリング
自転車のシェアリング
シェアリングエコノミーについて
シェアリングエコノミーとは、
個人等が保有する活用可能な資産等(スキルや 時間等の無形のものを含む。)を、インターネット上のマッチングプラットフォームを介してやりとりをする経済活性化活動のことをいいます。

シェアリングエコノミーが登場した背景として、
1.スマートフォンの普及
スマートフォンが普及し、個人がいつでもどこでもインタ ーネットにアクセスできる環境が整い、これまで見えなかった個人等の資産や能力の活用可能な時間帯やその内容に関する情報を、リアルタイムに、不特定多数の個人の間で共有することを可能になりました。

2.ソーシャルメディアの普及
これまでインターネット上で信用度を推し量りにくかった個人について、一定程度の信用度が可視化され、個人等によるサービスも本人に関する情報やレビューを確認して、選別して利用・提供できるにようになりました。

シェアリングエコノミー型の代表的なサービスとしては、
民泊のAirbnB、ライドシェアのUber、フリーマーケットアプリのメルカリ、インターネット上で不特定多数の人へ発注できるクラドワークスなどがあります。

平成28年版情報通信白書によると、シェアリングエコノミーの各国合計の市場規模は、2013 年に約 150 億ドル (約1兆5千億円。1ドル=100 円で算出。以下同様。)であったが、2025 年までに約 3,350 億ドル(約 33 兆 5 千億円)に拡大すると予測されています。日本国内においても、今後の市場拡大が予想されており、シェアリングエコノミーの国内市場規模は 2014 年度に約 233 億 円であったが、2018 年度までに 462 億円まで拡大すると予測されています。

シェアリングエコノミーが解決する社会課題と効果

シェアリングエコノミーは、遊休資産を効率的に活用することや個人が多種多様なサービスを提供・享受することを可能とするものであり、現在日本が抱えている社会課題解決にも貢献が期待されています。
内閣府で進めている「シェアリングエコノミー検討会議」の中間報告書 のよると、シェアリングエコノミー発展により期待されている効果として以下の6つが挙げられています。

  1. 一億総活躍社会の実現
  2. 新しい体験の提供と経済成長への貢献
  3. 資源の効率的な活用
  4. 地方創生・地域共助
  5. イノベーション創出
  6. 国際動向と調和した日本の持続的発展
シェアリングエコノミーが解決する社会課題と効果

シェアリングエコノミーは、遊休資産を効率的に活用することや個人が多種多様なサービスを提供・享受することを可能とするものであり、現在日本が抱えている社会課題解決にも貢献が期待されています。
内閣府で進めている「シェアリングエコノミー検討会議」の中間報告書 のよると、シェアリングエコノミー発展により期待されている効果として以下の6つが挙げられています。

  1. 一億総活躍社会の実現
  2. 新しい体験の提供と経済成長への貢献
  3. 資源の効率的な活用
  4. 地方創生・地域共助
  5. イノベーション創出
  6. 国際動向と調和した日本の持続的発展
シェアリングエコノミー5つ種類
場所のシェア 駐車場・会議室・民泊・ルームシェア等
移動のシェア カーシェアリング・ライドシェア等
モノのシェア 各種フリーマーケット・衣服などのファッション等
スキル(ヒト)のシェア 労働力・技術等
お金のシェア クラウドファンディング・ソーシャルレンディング
スキル(ヒト)のシェア 労働力・技術等
次世代ビジネスの創造性をサポートする 
シェアリングエコノミー検定
シェアリングエコノミー検定を実施する目的

シェアリングエコノミーは、デジタル技術の発展やソーシャルメディアの普及によって可能になった新しい経済の仕組みで、社会、ビジネス、雇用を大きく変える可能性を秘めており、超高齢化社会が進む日本の諸課題を解決に資することが期待されています。

シェアリングビジネスを立ち上げるためには、シェアリングエコノミーの最新動向、ビジネスモデル構築、ICTに関する知識、シェアリングエコノミーに関連する法律知識など幅広く知識・スキルを身につけておく必要があります。

シェアリングエコノミー検定は、地方創生を担う次世代の人材育成やシェアリングビジネスのより一層の普及を目的として開始いたしました。

必要なスキル領域と出題範囲

カテゴリ 内容

国内外のシェアリングエコノミーに関する最新動向

海外、国内のシェアリングエコノミー事業者の事例、市場動向

シェアリングビジネスの基礎知識

インターネットビジネス動向、ビジネスモデル、利用規約、顧客対応、トラブル防止方法、決済、情報セキュリティ、信用の担保、シェアリングエコノミー・モデルガイドライン

シェアリングエコノミーと関連する最新技術

IoT、ブロックチェーン、AI、3Dプリントなどシェアリングエコノミー推進に関連する技術

シェアリングエコノミー関連する法律

個人情報保護法、業法(※)、税法、著作権法等
※業法:従来型の個別サー ビスの営業ごとに規定された現行法令

シェアリングビジネスの基礎知識

インターネットビジネス動向、ビジネスモデル、利用規約、顧客対応、トラブル防止方法、決済、情報セキュリティ、信用の担保、シェアリングエコノミー・モデルガイドライン

スキルレベル

  • シェアリングエコノミーに関する基本的知識を有しており、各専門家と連携しプロジェクト業務を遂行する事ができる。
  • シェアリングエコノミーに関するプロジェクトの企画立案や提案ができ、プロジェクトの推進ができる。
  • シェアリングエコノミーに関するプロジェクトを推進するにあたって、法律やセキュリティに関する知識を持ち、リスク管理ができる。
  • シェアリングエコノミープロジェクトの目的と達成するにあたって調達すべきリソースについて認識し、各専門家と連携し、プロジェクトに必要なリソースを調達し採用する理由を説明できる。
  • シェアリングエコノミーに関する基本的知識を有しており、各専門家と連携しプロジェクト業務を遂行する事ができる。

シェアリングエコノミー検定要項

試験方法 Webサイト、専用アプリなどを使った四肢択一
試験時間 60分
出題総数 70問
評価方法 合否(60%以上の正解で合格)
認定方法 シェアリングエコノミービジネスプロデューサーとして認定証を合格者に発行
受験料金 2,000円(税別)
試験時間 60分
2017年1月にスタートするシェアリングエコノミー検定に興味がある方は、 
以下の資料請求ボタンを押して、必要事項を送信ください。

こんな方にお薦め(対象者)

シェアリングビジネスに取り組む組織の経営者および管理者
シェアリングエコノミーを推進するプロジェクトの企画担当者や自治体担当者
シェアリングエコノミー領域で新規事業創造を行う担当者
シェアリングエコノミー型サービスを実現するシステムの構築・保守運用に携わるエンジニア
シェアリングエコノミー型サービスを実現するシステムの構築・保守運用に携わるエンジニア
シェアリングエコノミー検定に興味がある!
2017年1月にスタートするシェアリングエコノミー検定に興味がある方は、 
以下の資料請求ボタンを押して、必要事項を送信ください。

よくあるご質問

シェアリングエコノミー検定は民間資格ですか?国家資格ですか?
シェアリングエコノミー検定準備室(事務局:一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会)が発行する民間資格となります。
シェアリングエコノミー検定の目的は何ですか?
次世代ビジネスのメインストリームとなると目されているシェアリングエコノミーに関わる方々の能力向上をサポートし、シェアリングエコノミーに関する事業の活性化に繋げることを目的としています。
シェアリングエコノミー検定はどのような方が対象ですか?
シェアリングエコノミーのことをほとんどご存じない方や既にシェアリングエコノミー業界でご活躍されている方も含め、どなたでも受けていただけます。
シェアリングエコノミー検定はどのような方が対象ですか?
シェアリングエコノミーのことをほとんどご存じない方や既にシェアリングエコノミー業界でご活躍されている方も含め、どなたでも受けていただけます。