シェアReadingの会
〜食を読む〜

食を通して世界をみる、本を介して対話を深める

初めまして。
シェアReadingの会のページへようこそ!

ファシリテーターのサカイ優佳子です。

本業はFood Activist。
一人一人の食べる力を束ねることで、未来の社会をちょっとよくする!
そんな思いで広い意味での食育活動を続けています。

レシピ本を作る、講座を開催する、メディアで発信する、その中で、
家で料理を作る人以外とも
食について一緒に考える場を持ちたいと思ってきました。

そして2017年終わりに立ち上げたのが、シェアReadingの会
主に「食」をテーマにした読書会です。

誰もが食べなくては生きていけません。
そして、食べることは、環境、産業、経済、国際関係、政治など
多くのことと関係しています。

本を介して、ともに知識を増やし、語り合い、
改めて食とその周りのことを自分ごととして捉え直して、
小さな行動に繋げていけたら、
きっと、私たちは、美味しく楽しく食べ続けていける未来を創ることができる。
そう信じています。

今までの本の読み方とは違います。
読書の体験をシェアする「シェアReading」
新しい世界を体験してみませんか?

サカイ優佳子
Food Activist
Read for Action認定リーディング・ファシリテーター

シェアReadingの会は
「本は一人で読むもの」
そう思っている方にこそ体験していただきたい読書会です

みんなの視点が入ることで、
一人では見逃していたことに気づいたり、
他の人の知見や体験の話から、
より深く考えることになったり。
大きな課題に対しても、
「自分にできることはなんだろう?」と
能動的に考え、小さな一歩を踏み出せるようになったり。

本を介して語りあうことを重視しています。

男性も女性も、初対面でも。
本を介することで、
深いテーマの話もできます。

本をあらかじめ読んでくる必要はありません
その場で読みます

テーマに沿って、本はご用意します。

ただ、可能であれば、テーマから連想する本を
一冊でもいい、図書館で借りてでもいいので
選んで持ってきていただけると
その時点から、シェアReadingは始まります。

本を事前に読んでくる必要はありません。
その場で読み、対話をし、自分ごとにしていく、
そんなファシリテーションをさせていただきます。

そして気になる本に出会ったら、
あとでお一人でじっくり読んでみてください。

でも、そのときにはすでに
その本とのお付き合いが始まっているので、
グッと深く読むことができるはずです。

食を中心に、
さまざまなテーマでシェアReadingを楽しんでいます。

今までのテーマ例
種/食の備蓄/食べもののホントのコスト/風土と食/発酵/肉食/漁業/これからの食 など

風土と食

これからの食

肉食

ご感想もたくさんいただいています

20代から60代までご参加いただいています。
本が間にあると、世代を超えて対話ができるのも魅力です。
普段とは違う本の読み方に驚かれる方が多いです。
目からウロコの読書会
そんなコメントも多くいただいています

参加者募集中の
シェアReadingの会

2019年3月17日(日)10:00~12:00
家庭での食の備蓄を考える
樹のソムリエ(大田区北千束2−3−2)
東急目黒線「洗足駅」徒歩5分、東急大井町線「北千束駅」徒歩6分
参加費 2,500円(税込)

お問合せ・お申込み

「自治体の備蓄は家にいられない人のみ。そうでない人は家庭での備蓄を」
国がそう呼びかけ始めています。
とはいえ、「何から始めたらいいのかわからない」
「どういうことを知っていたらいいの?」と
疑問は多いはず。
 
家庭備蓄について書かれた本をともに読み、話し合うことから始めてみませんか?
自分ごとにするためのワークも取り入れています。
 
ぜひ、一人でも多くの人と、家庭備蓄について考える機会を持ちたいと思います。
(出張にも応じます)
 
 

2019年3月21日(木・祝)10:00~12:00
「水の問題について考えてみる」
季楽荘(横浜市緑区中山町89−2)
JR横浜線・横浜市営地下鉄グリーンライン「中山駅」徒歩6分
参加費 2,500円(税込)