シェアオフィスとレンタルオフィスの違いは?料金(費用)・メリットデメリットを徹底比較!

これから会社を起業しようと考えている、フリーランスとしての事務所を探している、副業を行う環境が欲しいなどといった人達はシェアオフィスやレンタルオフィスの利用を一度は考えた事があると思います。
では、具体的にシェアオフィスやレンタルオフィスとはどういうサービスを行っているのでしょうか?
また、シェアオフィスとレンタルオフィスの違いについても、メリットやデメリットを踏まえてまとめてみました。

シェアオフィスとは?

シェアオフィスの正式名称は「シェアードオフィス(Shared-Office)」と言います。
シェアオフィスの意味はというと、同じオフィススペースを複数の利用者が共有して使うことで成り立つシステムです。
オフィススペースだけではなく、複数の企業の人達と設備やサービスを共同で使うということになります。
また、オプションでインターネット回線・電子機器・文房具・会議室などをレンタルする事も可能。

共有とはいえ、各企業のオフィス空間はパーティションや簡易的な壁によって区切られている為、契約スペースはプライバシーが保護され自由に活用することができるようになっています。
更にシェアオフィスは、通常のオフィス物件よりも低料金で利用可能な為、現在都市部ではシェアオフィスの需要に伴い急増しており、遠方からの進出の際の拠点や個人事業主の小規模なビジネスなどに利用されることが多い。

シェアオフィスは、オフィスはもちろんその他設備を自前で整える必要がないので、より低料金且つ短時間で導入でき保守の心配もない為、利用を検討する事業者がとても多くなってきています。

シェアオフィスの機能を紹介

オフィススペースの提供

シェアオフィスは、共有のオフィススペースが提供されます。共有のされ方はシェアハウスの種類によって異なります。
フリーアドレススペース部分は好きなように使っても良いという形態もあれば、共有スペースの中に個人の専用ブースを借りる事もできるようだ。
専用ブース利用の場合は「坪単価×○倍の料金(費用)」が請求される。
フリーアドレスのみだと「坪単価×○倍÷坪当たりの利用人数」となり、利用料金(費用)は安くなる。

シェアオフィスの会議室

ほとんどのシェアオフィスでは、会議室を設置しています。ビジネスには会議が付きものですよね。会議室がないシェアオフィスは使い勝手が悪いでしょう。
この会議室もシェアオフィスによって部屋数や広さの種類が異なります。
また、セミナールームやスタジオなども種類は様々なので、自分に合うシェアオフィスを提供してくれる所なのか、よく考える必要がありそうです。
料金(費用)については有料のシェアオフィスが多い中、無料で会議室の設置をしているシェアオフィスもある。
料金(費用)の支払い方法によっては利用料金(費用)が安くなったり、会員の種別に応じて料金(費用)が変わったりするシェアオフィスがあります。

シェアオフィスの電話転送、秘書代行

シェアオフィスの中には、電話の転送や秘書代行を行ってくれるところもあります。
自身で契約して取得した電話番号を利用するパターンと、業者から電話番号が付与される場合がある。秘書代行についても余裕があれば、外注にお願いする方がより良い対応が期待できますね。

シェアオフィスの住所の貸出

ほとんどのシェアオフィスは、住所を利用することができます。
シェアオフィスの住所が利用できると名刺やWEB上でも住所を記載することができるので、クライアントに安心感を与えることができます。
また、法人登記をする際の住所として利用する場合には、別途料金を支払わなければならないシェアオフィスもあります。
その場合の注意点ですが、過去に犯罪に使われた事実がないか必ず、調べるようにしましょう。
犯罪に使われた住所は、銀行や法人口座開設ができない事に加え、クライアントに対しても悪いイメージを与えてしまう可能性があります。

シェアオフィスの郵便物の受け取り、転送

シェアオフィスでの住所が利用できるようになれば、郵便物が届くようになります。
届いた郵便物を直接ポストに投函して自分で取り出す方法もあれば、郵便物を受付で受け取り、自宅等に転送するといった方法のシェアオフィスもあります。

シェアオフィスの備品類

シェアオフィスでは様々な備品の貸し出しが行われています。文房具から、シュレッダー・3Dプリンター等の機械や、本、iPad等の貸し出しを行っているシェアオフィスなど様々です。
セミナー時や会議の際にちょっと使いたい場合なんかはとても便利ですよね。


参考URL:https://www.k-society.com/share_office/about/

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスとは、インターネット回線、デスク・イス、キャビネットなどその他一般の事務所にあるような設備が予め整っている貸事務所のことを表します。
そしてこの設備費用は、レンタルオフィスの利用料金に含まれてる為、一般の事務所より低料金でオフィスを構えることができます。

基本的には、共用部に会議室や複合機があるのでオフィス内に会議室を用意したり、複合機を用意せずに済むので、その分お得に利用できます。
また、物件によってはエントランスに受付が居るところもあり、来客対応をしてもらえるといった種類のレンタルオフィスもあります。

丸の内や大手町、六本木などの好立地な場所であっても、レンタルオフィスであれば月々の料金(費用)は賃貸オフィスに比べればかなりリーズナブルに利用できます。
お客様への信用や見栄えという点でも、マンションの1室を数十万円払って借りるよりは、印象もよさそうですよね。

レンタルオフィスの選び方を紹介

レンタルオフィスの選び方は、コスト・通いやすさ・サービス内容などそれぞれのビジネスによって重視するポイントが異なると思います。そして、オフィスの環境次第でビジネスの成功失敗が左右されるといっても過言ではない程、レンタルオフィスの選び方は重要なものになります。
それではどのような選び方・ポイントを見ればいいのか紹介していきます。

レンタルオフィスの設備

オフィス内の設備は充実しているに越したことはないはずです。
会議室やカフェ付きの落ち着いた休憩スペースがあるところは多くありますが、シャワーブースや郵便ポスト、イベントスペースなどの設備が付いたレンタルオフィスも最近では増えてきています。
高級感のある共用ラウンジ、デザイン性や座り心地にこだわったチェアなどを揃えているレンタルオフィスもあるなど、一流企業と比べてみても快適なビジネス環境が整っています。
逆に、外出する事が多く、机と椅子があればいいから安く済ませたいという方にとっては、必要最低限の設備が付いてる所が向いているのかもしれません。

レンタルオフィスの立地

ビジネスの拠点となるオフィスにとって、駅からの距離や移動のしやすさなどの立地条件はとても重要です。このように利便性だけでシェアオフィスを選ぶ人も居ますが、対外的イメージにこだわって立地を選ぶ方もいます。
クライアントによっては、名刺やホームページに記載されている住所を見て不安に思ったり、反対に信用されやすかったりと印象が変わる場合があるためです。

レンタルオフィスのサービス

最近のレンタルオフィスのサービスは、コンシェルジュが常駐していて来客対応をしてくれたり、不在時の郵便物を代わりに受け取ってくれると、充実したサービス内容のものが多くあります。
他にも、ルームクリーニングやフリードリングなどのサービスがあります。

レンタルオフィスのグレード

レンタルオフィスのグレードはソフト面、ハード面、またはその両方で判断できます。
業務に必要な環境が整っているか、事務作業を行う部屋の広さは十分か、外観に高級感があるか、サービス内容は手厚く受けられるか…などを考慮して、最適なグレードのレンタルオフィスを選んでみてください。
以上のポイントを総合的に鑑みて、最終的にはコストパフォーマンスが良いか悪いかで判断しましょう。
使わない機能が無いか、本当に必要な設備やサービスが揃っているか、費用に対して満足できるかなど、コストパフォーマンスの高さを考慮して、自分のビジネスが快適に行うことが出来るレンタルオフィスを選びましょう。

シェアオフィスとレンタルオフィスの料金(費用)の違いを比較

シェアオフィスとレンタルオフィスの料金(費用)の違いはどれくらいなのか、それぞれ比較してみた。

◆シェアオフィスの料金相場(東京都内)◆


・東京都内のシェアオフィス:3万~10万円以上

東京都内と言っても首都圏や大都市のシェアオフィスは家賃は高く、最新のシェアオフィスで1人用を借りる場合でも8~16万円程度は掛かる。

<一般的なシェアオフィスで発生する初期費用の項目>

  • 敷金(賃料の1~3カ月程度)
  • 礼金・仲介手数料(賃料の1カ月分もしくは無し)
  • 初月家賃(初月の月額家賃)
  • 入居手数料(鍵交換費用・ホームページの掲載・ネームプレート等※物件により異なる)
  • オプション料金(費用)(会議室・インターネット回線・OA機器その他設備利用料金)

◆レンタルオフィスの料金相場(東京都内)◆


・1人用の個室レンタルオフィス:2万弱~10万円以上
・2~3人用のレンタルオフィス:3万弱~30万円以上

レンタルオフィスはタイプによっても料金(費用)は大きく変わる傾向にあります。

<一般的なレンタルオフィスで発生する初期費用の項目>

  • 入会金・事務手数
  • 料保証金(賃料の1~3カ月程度)
  • 共益費・管理費
  • 光熱費(電気・水道料金)
  • オプション料金(費用)(会議室・インターネット回線・OA機器その他設備利用料金)
  • 受付・電話対応の利用料金

画像引用元:http://office-search.biz/archives/3640
シェアオフィスとレンタルオフィスの料金(費用)の違いについてまとめてみました。シェアオフィスとレンタルオフィス、それぞれの立地によっても料金(費用)の相場の違いがあって、渋谷や青山などの人気も家賃も高いエリアは7~8万円くらいで、池袋や駒込、御徒町などは安く2万円前後から借りられます。

一般的な初期費用ですが、運営会社によっては基本料金に含まれたり、オプションとして別途料金が発生するものといった違いもあるので事前に確認しましょう。また、物件によっても料金(費用)の条件は大きく違いがある為、各業者に明確な確認を行ってください。

シェアオフィスとレンタルオフィス
それぞれのメリット・デメリットの違いは??

シェアオフィスの4つのメリット

シェアオフィスのメリット①
初期費用と利用料金が安く抑えられる
シェアオフィスのメリット1つ目は、圧倒的なコスト削減が見込めるということです。
一般的に事務所を開設しようとなると、様々な初期費用が掛かってきます。敷金や保証金、OA機器、インターネット回線、その他備品なども全て揃えたうえに毎月の賃料も掛かってきますよね。ですがシェアオフィスであれば、予め必要最低限の設備が整っているのですぐに業務に取り組むことができます。
これら設備は、毎月の利用料金(費用)に含まれていることが多い為、初期費用はもちろんランニングコストも安く抑えることができます。
シェアオフィスのメリット②
共有スペースを自由に使える
シェアオフィスのメリット2つ目は、ミーティング時などに使える「共有スペース」が自由に使えるというメリットです。
シェアオフィスは、共有スペースの設備が充実している場合が多く、休憩スペースには専用のカフェが入っているなど、ちょっとしたクライアントとの打ち合わせなんかにも便利です。
ミーティングや会議室の他にも、電話ブース、ロッカー室、シャワー室など自社で用意しようとすれば費用が掛かる施設・設備も、月額料金内もしくは格安で利用することができます。
シェアオフィスのメリット③
情報共有ができる・人脈が広がる
シェアオフィスのメリット3つ目は、人脈が広がり情報の共有ができるという事です。
ビジネスは『情報』が命ですから、様々な業種や年齢性別の異なる人種が共同で入居しているシェアオフィスであれば、入居者と交流を深める中でクリエイティブなひらめきがあったり、新たなビジネスチャンスが生まれ、シェアオフィス内の企業同士の契約に繋がる場合も少なくありません。
シェアオフィスの中には、セミナーや交流会のようなイベントを定期的に開催し、共創の機会づくりを積極的に行っている場所もあるようです。
シェアオフィスのメリット④
立地条件が良い
シェアオフィスのメリット4つ目は圧倒的な立地の良さです。
多くのシェアオフィスは、都内でも特に立地の良いエリア(丸の内、大手町、東京、渋谷、新宿、恵比寿、六本木…etc)に設けられていることが多いです。
個人だと家賃が高額になる有名なビルでもシェアオフィスなら格安で利用することができます。更に、ビジネス拠点の一等地であれば、来客時の打ち合わせにも便利ですし、対外的なステータスにも繋がる事でしょう。
シェアオフィスのメリット②
共有スペースを自由に使える
シェアオフィスのメリット2つ目は、ミーティング時などに使える「共有スペース」が自由に使えるというメリットです。
シェアオフィスは、共有スペースの設備が充実している場合が多く、休憩スペースには専用のカフェが入っているなど、ちょっとしたクライアントとの打ち合わせなんかにも便利です。
ミーティングや会議室の他にも、電話ブース、ロッカー室、シャワー室など自社で用意しようとすれば費用が掛かる施設・設備も、月額料金内もしくは格安で利用することができます。

シェアオフィスの2つのデメリット

シェアオフィスのデメリット①
プライバシーやセキュリティは一般事務所より劣る
シェアオフィスのデメリット1つ目は、プライバシーやセキュリティ問題です。
まず出入りする人のセキュリティ問題ですが、特に会員ではない人の一時利用も多く行われているシェアオフィスでは、運営者も知らない人が出入りすることになる為、情報の管理には十分に注意が必要です。

また、多くのシェアオフィスでは、フロアが共有で使用する無線LANを用意してある為、ネットワークセキュリティを特に気にしている業種の企業、または通信量が多くネットワークスピードを気にしている業種の企業は注意しなければなりません。

プライバシーという面では、個室が用意されていないシェアオフィスですと、人によっては集中しずらいというデメリットを感じるかもしれません。
シェアオフィスのデメリット②
大人数での作業を有する場合は割高になる可能性もある
シェアオフィスのデメリット2つ目は、利用人数によっては割高になるかもしれないというデメリットです。
シェアオフィスでは、2~3人の事務所として考えると費用対効果が高いが、大人数で仕事をする場合は割高になってしまうことがある。
一緒に働く人数が増えるのであれば、レンタルオフィスや貸し出し事務所を考えた方が良さそうです。

参考URL:https://ziteki-base.com/share-office#i-7
シェアオフィスのデメリット②
大人数での作業を有する場合は割高になる可能性もある
シェアオフィスのデメリット2つ目は、利用人数によっては割高になるかもしれないというデメリットです。
シェアオフィスでは、2~3人の事務所として考えると費用対効果が高いが、大人数で仕事をする場合は割高になってしまうことがある。
一緒に働く人数が増えるのであれば、レンタルオフィスや貸し出し事務所を考えた方が良さそうです。

参考URL:https://ziteki-base.com/share-office#i-7

レンタルオフィスの4つのメリット

レンタルオフィスのメリット①
立地条件が良い
シェアオフィスのメリットでも挙げた立地の良さは、レンタルオフィスでも同じでレンタルオフィスも都心の一等地に建っている場合が多い為、ビジネスに適した環境の中で起業初期からスムーズに仕事を始めることができます。
レンタルオフィスのメリット②
家具・備品や内装も完備の為、初期費用を抑えられる
仕事に必要なオフィス家具やOA機器などの備品や内装も全て揃っている為、備品購入や内装工事も必要ありません。シェアオフィスと似ていて、初期コストが削減できるといったメリットがあります。
また、一般の貸事務所の場合は、賃料の12ヶ月分を保証金として支払う必要がありますが、レンタルオフィスは賃料の3カ月分程度の保証金だけで良いので、圧倒的に初期費用を安くでるというメリットがあります。ただ、入会金を設けているレンタルオフィス業者もあるので、契約前によく確認しましょう。
レンタルオフィスのメリット③
法人口座の開設・法人登記が可能になる
レンタルオフィスでも法人登記をすることが可能なレンタルオフィスがあります。
また、法人口座の開設も比較的簡単に行うことができる。
レンタルオフィスのメリット④
オフィスのサイズが様々ある
シェアオフィスではデメリットで挙げた事柄になりますが、レンタルオフィスの大きさは、少人数用の小さいものから大人数でも対応可能な大きいものまで様々な種類があります。会社の規模や業績に応じて変えられるのはメリットになります。
レンタルオフィスのメリット②
家具・備品や内装も完備の為、初期費用を抑えられる
仕事に必要なオフィス家具やOA機器などの備品や内装も全て揃っている為、備品購入や内装工事も必要ありません。シェアオフィスと似ていて、初期コストが削減できるといったメリットがあります。
また、一般の貸事務所の場合は、賃料の12ヶ月分を保証金として支払う必要がありますが、レンタルオフィスは賃料の3カ月分程度の保証金だけで良いので、圧倒的に初期費用を安くでるというメリットがあります。ただ、入会金を設けているレンタルオフィス業者もあるので、契約前によく確認しましょう。

レンタルオフィスの4つのデメリット

レンタルオフィスのデメリット①
料金(費用)が割高になることもある
レンタルオフィスでも会議室利用やその他オプションサービスがありますが、これらは追加料金を支払うことが多いです。その為、追加で沢山のオプションサービスを利用すれば、請求金額が高額になってしまう場合があります。
その代わりオプションサービスはあまり利用しないという方には向いていると思います。
レンタルオフィスのデメリット②
レンタルオフィス事業者が廃業する場合もある
小さな規模やあまり知られていない業者などでレンタルオフィスを利用する場合には、廃業してしまう可能性があるので注意が必要です。レンタルオフィス業者が廃業した場合は、また新しい事務所を探したり、住所変更の登記をしたりなど時間も手間もかかってしまいます。
レンタルオフィスのデメリット③
内装の変更ができない
レンタルオフィスはレンタルしている事務所に過ぎないので、内装は変更することが出来ません。内装にこだわりのない人にとっては、始めから完備されているのでメリットとして受け取りましょう。

参考URL:https://inqup.com/rental-office
レンタルオフィスのデメリット②
レンタルオフィス事業者が廃業する場合もある
小さな規模やあまり知られていない業者などでレンタルオフィスを利用する場合には、廃業してしまう可能性があるので注意が必要です。レンタルオフィス業者が廃業した場合は、また新しい事務所を探したり、住所変更の登記をしたりなど時間も手間もかかってしまいます。

シェアオフィスとレンタルオフィスの違いまとめ

シェアオフィスやレンタルオフィスの違いについては理解できましたでしょうか。似ているようで違いのあるメリットやデメリットもありましたよね。
シェアオフィスはオープンスペースをいつでも使うことができるオフィスの事で、自由な環境で仕事ができます。専有スペースを持たない点がレンタルオフィスとの大きな違いです。
また、クリエイターやデザイナー、イラストレーターやライターなど様々な職種の人が入居しているので異業種交流ができ、互いに仕事でコラボレーションすることになればビジネスの発展に繋がることもあるメリットに対して、プライバシーやセキュリティーは通常の事務所には劣ってしまうというようなデメリットがありました。

そしてレンタルオフィスは会社創業時に初期費用を抑える目的で利用する人や、条件に合う貸し事務所が見つかるまでに一時的に利用するといった人が多いようです。また、シェアオフィスとは違い会社の業績や規模に応じて事務所の大きさを変えることができるというメリットがある事に対して、レンタルオフィス運営事業者の都合によって事業撤退などの、想定外のあおりを受ける可能性があるといったデメリットがあるようでした。

シェアオフィスもレンタルオフィスも、通常の事務所を借りるより初期費用を抑えて借りることができるので、それぞれのメリットとデメリットの違いを理解したうえで、自身のビジネスに合うのかどうかを検討して上手に利用しましょう。