個人情報の取り扱いについて

守秘義務がございます、ご安心して相談ください!

社会保険労務士は、社会保険労務士法により業務上知り得た情報について、厳格な守秘義務が課せられており、
当事務所においても、個人情報の適切な保護の重要性を認識し、個人情報に関する法規等を遵守してお客様の権利の
保護、その信頼に応えるため、以下の通り個人情報保護方針を定めて業務を遂行しております

①法令等の遵守

当事務所は個人情報に関する法令等を遵守し、お客様の情報を厳格に管理し、個人情報を守ります。

②個人情報の取得・利用

お客様の個人情報は目的及び業務上必要な範囲内とし、その利用についても業務上必要な範囲内とします。

よくある質問

Q
①中学生の時の怪我により障害者となりました。20歳になると障害基礎年金がもらえると聞きました。
また20歳になる前は何か保障があるのでしょうか?
A

昭和61年4月から、20歳までに初診日があった人につては、その人が20歳に達したとき
(20歳誕生日前日)から障害等級の1級または2級に該当する場合は、障害年金が支給されます。
くわしくは 下記のブログでご確認ください。

Q
②高校卒業後、就職しましたが19歳の時、休日に車を運転中、自損事故で左足を切断する大けがをしました。20歳前の障害基礎年金を請求することができますか?
A

厚生年金保険の適用事業所にお勤めならば、厚生年金被保険者として、納付要件を満たし障害等級に該当すれば、障害厚生年金1級~3が受給できます。障害等級1級又は2級であれば障害基礎年金1級または2級も同時に受給できます。

Q
③中学生の時の怪我により障害者となりました。20歳になると障害基礎年金がもらえると聞きました。
また20歳になる前は何か保障があるのでしょうか?
A

昭和61年4月から、20歳までに初診日があった人につては、その人が20歳に達したとき
(20歳誕生日前日)から障害等級の1級または2級に該当する場合は、障害年金が支給されます。
くわしくは 下記のブログでご確認ください。

Q
①中学生の時の怪我により障害者となりました。20歳になると障害基礎年金がもらえると聞きました。
また20歳になる前は何か保障があるのでしょうか?
A

昭和61年4月から、20歳までに初診日があった人につては、その人が20歳に達したとき
(20歳誕生日前日)から障害等級の1級または2級に該当する場合は、障害年金が支給されます。
くわしくは 下記のブログでご確認ください。

Q

④社会保険のある事業所に勤務していた折、体調がすぐれず心療内科で受診した際、

うつ病を診断されました。その後数年間、色々な病院を受診しましたが症状が悪化し

退職しました。現在も通院中ですが、うつ病で障害年金は請求できますか?
A

退職した後でも初診日が厚生年金加入中で納付要件を満たしていれば、障害厚生年

金を請求できます。初診日から1年6か月経過した障害認定日から3か月以内の現症

の診断書を当該通院中の病院から記載してもらって下さい。また…詳しくはブログをご覧ください。

Q

⑤昨年、腎炎が悪化し人工透析を受けるようになりました。
受給権はいつから発生するのでしょうか?

A

障害年金の場合、通常は初診日から1年6ヶ月が経過した障害認定日に受給権が発生します。

ただし…詳しくはブログをご覧ください。

Q

⑥受給権発生日について
8か月前に自宅で倒れ病院に救急搬送されました。脳内出血で現在もリハビリに通っています。
障害認定日は初診から1年6ヶ月経過した日と聞いていますが、
それまで障害年金は請求できないのでしょうか?

 

A

脳血管疾患の場合は初診から1年6ヶ月以内の期間であっても、初診から6ヶ月経過し、
症状固定と診断されれば症状固定の日を障害認定日として障害年金の請求は可能です。

Q
⑦20歳代の時、会社の健康診断で血糖値が少し高いと指摘されました。
しかし、自覚症状もなく仕事も多忙でしたのでそのまま放置していましたが
段々と視力が落ち、糖尿病性網膜剥離と診断され、
両眼視力(矯正)が併せて0.06しかありません。障害年金はどのように請求したらよいですか。
A
認定日において障害等級に該当しなかった場合、障害認定日から65歳に達する前
日(誕生日の前々日)までの間に現症の診断書により請求を行った日に受給権が発生
し障害等級に該当すれば障害年金が支給されます。詳しくはブログをご覧ください。
Q
⑧私は厚生年金加入中に糖尿病により人工透析を開始し、障害厚生年金2級を受給しています。その後、仕事を辞め国民年金加入中に新たに膠原病による内臓疾患で障害基礎年金2級を受給することとなりましたが、障害厚生年金と障害基礎年金の両方を受給できるのでしょうか?それとも、どちらかの選択になるのでしょうか?

 

A

障害給付(障害等級1級又は2級及び障害基礎年金が支給停止中のもの並びに障害
厚生年金が3級か支給停止中だが以前に1級または2級であったものを含む。)の受
給権者に更に障害基礎年金または障害厚生年金1級、2級を支給すべき障害が発生し
た場合は…詳しくはブログをご覧ください。

Q
⑨国民年金加入時に事故で左手の親指以外の指を失いましたが障害基礎年金は受給できませんでした。
その後も国民年金には加入していましたが、交通事故で右膝と右足首の関節が殆ど曲がらなくなり
力も入りません。日常生活は相当に不便となりました。障害基礎年金は受けられるでしょうか。

 

A

2つ以上の障害を併せて、初めて障害等級の2級以上に該当するに至ったとき、当該傷病を併合
(前発の障害は障害程度が3級以下で、制度・資格要件は問われません。後発の障害を基準障害と言い
受給要件を問われます。)し、…詳しくはブログをご覧ください。

Q
(12)健康保険加入中に脳出血で長期入院後、現在は自宅療養しています。健康保険から傷病手当を1年間受給していますが、体調がすぐれないため障害年金を請求しようと思いますが、その際障害年金と傷病手当は併給されるのでしょうか?
A
傷病手当金は連続した休業3日間の待機期間が過ぎた4日目から1年6か月を限度として支給されます。障害厚生年金を受け取ることができるようになると、傷病手当金は支給残期間があっても不支給となりますが…詳しくはブログをご覧ください。
Q
(13)現在、障害厚生年金を受給していますが、障害が重くなったり軽くなったりすると
どのような手続きが必要となりますか?

 

A

A:障害が重くなった場合は、その旨の申し立てにより、年金額が変更されることになります。年金額の改定の請求ができる日は次の通りです。
①年金を受ける権利が発生した日から1年を経過した日
②障害の程度の審査を受けた日から1年を経過した日
また…詳しくはブログをご覧ください。

Q

(14)障害厚生年金3級を受給していましたが、障害の程度が低くなり3級不該当となり支給停止となりました。しかしその後、傷病がひどくなりましたが、再び年金を受けることはできるのでしょうか?

A

65歳に達する日の前日(65歳誕生日の前々日)までの間(65歳の時点で支給停止から3年を経過していない場合は、3年を経過するまでの間)で障害の程度が障害等級に該当した場合は、再び年金を受給することができます。

Q
(15)厚生年金加入中に脳梗塞で倒れ、右半身は殆ど自由が利かず握力も無いため、日常生活は介助が無ければ生活できない状態です。そこで障害厚生年金を請求しようと思いますが、家族は妻(パート勤務)と20歳の長男と15歳の高校1年の長女、小学6年の二男の5人家族です。障害年金の加給年金は支給されるのでしょうか?
A
A:障害等級が2級以上の場合、障害厚生年金の受給者には障害基礎年金の受給権が発
生します。障害厚生年金には配偶者加給年金が、障害基礎年金には子に加算額が発生
します。配偶者加給年金は障害受給権者が受給権を取得した際、生計を維持している配偶者
に…詳しくはブログをごらんください。
Q
お問い合わせの多い20歳前の障害についてまとめました。詳細は下記リンク先でご確認ください。
A
https://sgnk119.jimdo.com/2017/03/01/20歳前の障害について/
Q
20歳前障害基礎年金の場合の所得証明について記事を投稿しました。
A
詳しくはブログをご覧ください。https://sgnk119.jimdo.com/2017/03/15/20歳前障害基礎年金の場合の所得証明について/
Q

④社会保険のある事業所に勤務していた折、体調がすぐれず心療内科で受診した際、

うつ病を診断されました。その後数年間、色々な病院を受診しましたが症状が悪化し

退職しました。現在も通院中ですが、うつ病で障害年金は請求できますか?
A

退職した後でも初診日が厚生年金加入中で納付要件を満たしていれば、障害厚生年

金を請求できます。初診日から1年6か月経過した障害認定日から3か月以内の現症

の診断書を当該通院中の病院から記載してもらって下さい。また…詳しくはブログをご覧ください。

https://sgnk119.jimdo.com/2017/03/01/20
くわしくはブログにて

Q
9:昭和62年ころ急性肝炎で受診し通院していましたが、無事治癒してその後も働いていました。
ところが平成15年に再び急性肝炎となり、今は肝硬変で入院しています。障害厚生年金の請求を考えていますが、初診日は昭和62年ころと平成15年のどちらになりますか?
A
過去の傷病が治癒したのち、再び同一の傷病が発症した場合は、再度発症として過去の傷病とは別傷病となるため、初診日は平成15年となります。しかし、治癒したと認められない場合は、傷病が継続しているとしてものとして同一傷病として取扱われるため…詳しくはブログにて
Q
10:先日、交通事故で他車と衝突し左足に重大な損傷を受けました。相手側の居眠り運
転が原因でした。相手側加入の人身傷害補償金保険から損害賠償金が支払われるとの
ことですが、障害年金と併給されるのでしょうか?
A
第三者(相手側)の行為による事故の発生の場合、損害賠償の請求と同時に、その
事故による障害年金の請求ができます。しかし障害年金は損害賠償金(自賠責含む)
を受けた価額の限度内で調整され、障害給付は停止されます。調整の対象は損害賠償
金の全額ではなく生活保障費相当額(逸失利益)で、慰謝料等は対象となりません。
…詳しくはブログにて
Q
11:職場での作業中に機械に両腕を巻き込まれた影響で、障害厚生年金2級を受給することとなりましたが、同時に業務上の災害ということで、労働者災害補償保険の障害補償年金の受給もできると思いますが、この場合は全額受給できるのでしょうか?
A
労働者災害補償保険の障害補償と障害厚生年金法・国民年金法による障害年金の受給権を取得したときは、労働者災害補償保険において併給調整が行われます。調整は労働者災害補償保険の障害年金が減額して支給され…詳しくはブログにて
Q
12:夫とは平成25年1月に結婚しましたが、3か月後に夫は交通事故で障害厚生年金1級を受給することとなりました。妻の私は児童扶養手当を受給しようと思っていますが、夫は障害基礎年金1級を受給できるので、子の加算が支給されると聞きましたが、両方とも支給されるのでしょうか?
A
A:児童扶養手当は、子の両親の一方が児童扶養手当法施行令で定める障害状態(障害等級1級)の状態である時に、配偶者に支給されます。障害年金の子の加算は、あなたの夫は障害厚生年金1級ですので、障害基礎年金が併給されるため、子の加算の支給を受けることができます、従来は…詳しくはブログをご覧ください。
Q
9:昭和62年ころ急性肝炎で受診し通院していましたが、無事治癒してその後も働いていました。
ところが平成15年に再び急性肝炎となり、今は肝硬変で入院しています。障害厚生年金の請求を考えていますが、初診日は昭和62年ころと平成15年のどちらになりますか?
A
過去の傷病が治癒したのち、再び同一の傷病が発症した場合は、再度発症として過去の傷病とは別傷病となるため、初診日は平成15年となります。しかし、治癒したと認められない場合は、傷病が継続しているとしてものとして同一傷病として取扱われるため…詳しくはブログにて

障害認定基準について

Q
眼についての障害認定基準は?
A
認定基準についてのページを新しく掲載しましたのでご覧ください。http://sgnk119.jimdo.com
Q
耳(聴覚)についての障害認定基準はどの様になりますか?
A
認定基準についてのページを新しく掲載しましたのでご覧ください。http://sgnk119.jimdo.com
Q
鼻についての障害認定基準は?
A
認定基準についてのページを新しく掲載しましたのでご覧ください。http://sgnk119.jimdo.com
Q
平行感覚についての障害認定基準は?
A
認定基準についてのページを新しく掲載しましたのでご覧ください。http://sgnk119.jimdo.com
Q
そしゃく・嚥下(えんげ)機能についての障害認定基準は?
A
認定基準についてのページを新しく掲載しましたのでご覧ください。http://sgnk119.jimdo.com
Q
言語機能についての障害認定基準は?
A
認定基準についてのページを新しく掲載しましたのでご覧ください。http://sgnk119.jimdo.com
Q
上肢についての障害認定基準は?
A
認定基準についてのページを新しく掲載しましたのでご覧ください。http://sgnk119.jimdo.com
Q
下肢についての障害認定基準は?
A
認定基準についてのページを新しく掲載しましたのでご覧ください。http://sgnk119.jimdo.com
Q
体幹・脊柱の機能についての障害認定基準は?
A
認定基準についてのページを新しく掲載しましたのでご覧ください。http://sgnk119.jimdo.com
Q
肢体の機能についての障害認定基準は?
A
認定基準についてのページを新しく掲載しましたのでご覧ください。http://sgnk119.jimdo.com
Q
眼についての障害認定基準は?
A
認定基準についてのページを新しく掲載しましたのでご覧ください。http://sgnk119.jimdo.com

藤井社会保険労務士事務所へお問い合わせください!

  • お電話でのお問い合わせ・ご相談は
    月曜日~土曜日 午前09:00~午後08:00
  • 携帯:09027126152
    電話:0968-38-7188
メールでのお問い合わせはこちら