コミュニケーション能力を高めるためには、どんな本を読むべきなのか

コミュニケーション能力は大切だという話をよく聞く機会があります。しかし、大切ということは知っていても「なぜ必要とされているのか」ということを詳しく知らない人もいるのではないでしょうか。今回はコミュニケーション能力のメリットや高めるために必要なこと、おすすめされている本について紹介していきます。

コミュニケーション能力のメリット

コミュニケーション能力がなぜ必要とされているのかは、メリットを知ることで分かってきます。こちらでは、コミュニケーション能力のメリットについて見ていきましょう。

信頼感を抱かせる

コミュニケーション能力が高い人は、すべてではないにしても信頼感を抱かせる雰囲気があります。例えばマンションで暮らしている際、毎朝会うのに挨拶をする人としない人ではどちらが信頼できる人に思えますか? 恐らくほとんどの人が「挨拶をする人」と答えるのではないでしょうか。小さな積み重ねが信頼関係を築くことになるので、挨拶という当たり前のコミュニケーションが取れる人は他人から信頼されやすいのです。

安心感を与える

コミュニケーション能力が高い人は周囲の気配りが上手な人が多くいます。落ち込んでいる人がいれば、露骨に励ますのではなく原因に触れないまま元気づけようとします。そういった気遣いはコミュニケーション能力がないと難しいとされているのです。

モチベーションの喚起

コミュニケーションによって、自分や周囲のモチベーションを喚起することが可能です。モチベーションは褒められること、頼られること、人によって喚起種類が異なります。しかし、褒めることも頼ること、頼られることも周囲とコミュニケーションを取っていなければできないことなのです。

コミュニケーション能力を高めるために必要なこと

コミュニケーション能力を高めたいと思っても、どのようなことをすればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。こちらでは、コミュニケーション能力を高めるために必要なことについて見ていきましょう。

挨拶を心掛ける

寂しいことに近年は知らない人とは挨拶もしない人が増えてきました。物騒な世の中になっているため、そういった自衛策が必要なのも当然です。しかし、コミュニケーション能力を高めたいと考えているなら挨拶はとても大切と言えます。知っている人に対してコミュニケーション能力が高くても仕事面では役に立たない場合があるからです。

相手の話に興味を持つ

コミュニケーション能力を高めたいのであれば、まず相手の話に興味を持ちましょう。しっかり話を聞くことがコミュニケーション能力を高めることに繋がるのです。話を聞くことによって、どんな対応をすればいいのかと常に考えるようになります。そうすることで、臨機応変に対応できる能力が身に付くと言っても過言ではありません。

 分かりやすく話す

相手の話に興味を持つだけではなく、自分の話にも興味をもってもらわないといけません。そのためには分かりにくく話していては相手も話すことに飽きてしまいます。相手から興味を持ってもらえる話の仕方として分かりやすく話すようにしましょう。回りくどい言い方だと相手も「何を伝えたいのか」が分からなくなってしまうからです。

コミュニケーション能力アップのために
おすすめされている本

こちらでは、コミュニケーション能力アップのためにおすすめされている本を見ていきましょう。コミュニケーション能力を高めるために必要なこと、アドバイスなどが書かれているのでぜひ読んでみてください。

伝え方が9割

コピーライターをしている人が書いている本です。言葉を仕事にしている人ならではの視点で書かれているのでビジネスだけではなく日常生活の中でも応用できる情報が多く含まれています。伝えたいことがあるのに伝わらないとやきもきしている人におすすめです。

アドラーに学ぶ職場コミュニケーションの心理学

アルフレッド・アドラーが生み出した心理学をコミュニケーション能力に応用するための一冊です。主に職場における人間関係で気をつけたいことが書かれています。上司や部下、同僚と良好な関係を築きたい人におすすめしたい一冊です。

コミュニケーション力

若者のコミュニケーション能力低下などの理由、改善方法などが書かれています。会話方法や文脈力の基盤を築くために重要なことなどを学ぶことができます。コミュニケーション能力を高めたいけど何をすればいいか分からない人におすすめです。

他にもおすすめされている本はありますが、それらの詳細が知りたい人はこちらをクリックしてみてください。

まとめ

コミュニケーション能力は軽視されがちですが、どんなに実力があってもコミュニケーションが取れなければ実力が半減してしまいます。近年は若者のコミュニケーション不足が重要視されているので本を読んでしっかり学ぶようにしましょう。