スタート! ICT
チャレンジ! プログラミング

〒567-0013 大阪府茨木市太田東芝町1-1
追手門学院大学中・高等学校 総持寺新キャンパス

【開場】12:00 【開始】12:30 【終了】17:30
参加費
¥1000

お申し込み
こちらから

ICTとプログラミングをこれから頑張りたい先生向けのセミナー

タブレットを渡されたけど、ICT活用と言ってもどうしていいのかわからない… プログラミング必修化と言われても何も知らない…そんな先生方にオススメのセミナーです。半日のセミナーでICT活用の第一歩を踏み出し、プログラミングにもチャレンジしてみましょう!基調講演とワークショップの2本立てです。

こんな方が対象です

    • ICT活用の流れについていけない
    • iPhone / iPadをもっと活用したい!
    • プログラミング教育て何!?
    • プログラミングで何ができるの?

センセイワークについて

当法人は全国の先生方のICT活用を支援するために2年前に設立されました。特にICT活用やプログラミングに対して「自分にできるのか」「何もわからない」と戸惑っている不安な先生方や「環境が整ってない」「予算があまりない」と困ってる学校様を応援しています。2ヶ月に一回の定例セミナーでは関西のみならず全国から多くの先生方が参加され、リピート率は9割を超えます。タブレットの基本的な使い方、授業に役立つアプリの活用方法、プログラミング教育の基礎知識を学んでおられます。セミナー後はほとんどの先生が「明日からさっそく使います」と目を輝かせて帰っていきます。学んだ先生方のサポートもばっちり。生徒主体で行うICT×アクティブラーニング×地域活性化の「iPadでプロジェクションマッピング」は地方テレビ局でも特集して放映していただきました。困りごとに寄り添ったICT活用を提案します。

今回のセミナーは

1年に1回、いつもよりお得に参加していただける夏のイベントセミナーです。ICTに慣れていない不安を抱えている先生方にぜひお越しいただきたいです。現場での実践報告とワークショップの2本立て。実際の取り組みでいかにICTが教育に不可欠なのかを体感していただけではなく、ご自分でやっていただく機会を設けることで知識とスキルの両方をgetすることができます。ICT活用エリアとプログラミングエリアに分かれますので、お好きな方をお選びください。

開催概要

大阪
名 称 スタート!ICT・チャレンジ!プログラミング
日 時 2019年8月2日12:30〜17:30
場 所

〒567-0013 大阪府茨木市太田東芝町1-1
追手門学院中・高等学校 総持寺新キャンパス

主 催 一般社団法人センセイワーク
参加費用 ¥1,000
(追手門教職員及びセンセイワーク一般会員は無料)
問い合わせ senseiwork2016@gmail.com(担当:平野)

*追手門学院中・高等学校様からのご厚意で会場をお借りしております。本イベントに関わる問い合わせを学校の方にはなさらないようお願いいたします。

問い合わせ senseiwork2016@gmail.com(担当:平野)

*追手門学院中・高等学校様からのご厚意で会場をお借りしております。本イベントに関わる問い合わせを学校の方にはなさらないようお願いいたします。

タイムテーブル

12:30
はじめに
①挨拶
②社団の紹介
③セミナーの流れ
④連絡事項
12:45
基調講演およびミニワークショップ 
   - ICTを活用した業務効率化-
通信制高校 倉本龍 先生

ご自身のICT活用の取り組みと働き方改革に不可欠な業務効率化でICTを活用して実践されていることをお話していただき、ミニワークショップで参加者の皆様にも体験していただきます。
14:00
実践してみる①
【A】iPadを活用しよう! Keynote編
【B】Scratch 3.0 基礎編: 5行プログラムで基礎を学ぼう
14:00
実践してみる①
【A】iPadを活用しよう! Keynote編
【B】Scratch 3.0 基礎編: 5行プログラムで基礎を学ぼう
15:10
実践してみる②
【A】iPadを活用しよう!動画編iMovie

【B】Scratch 3.0 応用編: 教科別使えるコンテンツ作成
16:10
実践してみる③
【A】iPadで教材を作成してみよう
【B】micro:bit体験でエネルギーの節約方法を考えよう
17:00
終わりに
質疑応答など
16:10
実践してみる③
【A】iPadで教材を作成してみよう
【B】micro:bit体験でエネルギーの節約方法を考えよう
*お申し込みの際、実践してみる①②③の【A】か【B】のどちらかをお選びください。
 参加人数はそれぞれ30名までです。

*実践してみる①②③【A】にお申し込みの先生は、各自でiPadをご用意の上、最新OSにバージョンアップをお願いします。iPhoneでもご参加は可能です。

*実践してみる①②③【B】にお申し込みの先生は、iPadでも参加できますが(iPadでは③のmicro:bitは実際に動かすことができません)、USBポート付きでWi-Fiに接続できるWindowsかMacをご用意できればお願いいたします。

基調講演&特別ワークショップ

倉本龍

理科教諭として2011年からiPadを用いた授業を実践。物理教科書の編集協力者も務める。 また、スーパーサイエンスハイスクール推進主任として授業開発や教材政策に携わる。 学事システムの導入や各分掌をつなぐシステム構築、一人一台iPad、classi完全導入下でのICT活用教育の推進を歴任する。 現在は通信制高校でITを駆使しながら教育活動を行っている。

講師紹介

住ノ江修
センセイワーク 理事
多くの学校でiPadをメインにICT活用のコンサルを行い、現在は複数の学校をiPadだけでプロジェクションマッピングを行うプロジェクトをに精力的に取り組んでいる。
中山涼一
センセイワーク理事
Scratchからロボットまで、多くの小中学校で生徒向けのプログラミング体験授業を開催。現場の先生と共にプログラミング教育実践も積極的に行っている。